【特別企画】

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

[2020/09/01 10:00] ブックマーク ブックマーク

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ)は、社会の在り方を大きく変えた。リモートワークの普及はその際たるものである。様々な理由で実現されていなかったリモートワークは、コロナの影響で否応なしに採用せざるを得ない状況になった。これから先、リモートワークが “当たり前の働き方”になっていくことは想像に難しくない。伴って、いま、各社がIT基盤の見直しを進めている。リモートワークにおいては、社外にある各ユーザーのPCが安全かつ快適に社内システムへと接続されている必要があるからだ。

「ポストコロナにおけるデータセンターの活用方法」

「ポストコロナにおけるデータセンターの活用方法」資料ダウンロードはこちら

この基盤整備では、多くの企業がシステムのクラウド化を検討するだろう。だが、企業で利用される全てがクラウド化できるかといえば、そうではない。特殊なプロトコルを使っていて外部とのゲートウェイ機器を通すことができなかったり、ホスト系のレガシーシステムが現役として稼働していたりなど、企業の中にはこうした「内を向いたシステム」が存在するからだ。

クラウドとデータセンター、双方の強みとシステムの特性を踏まえながら、基盤整備を進めていくことが求められる。では、データセンター活用の要諦はどこにあるのか。本稿ではColtデータセンターサービスがまとめたホワイトペーパー「ポストコロナにおけるデータセンターの活用方法」から、この点について一部を解説していく。

ホワイトペーパー
「ポストコロナにおけるデータセンターの活用方法」
> > 資料ダウンロードはこちら

データセンターは「内を向いたシステム」を「外に向ける」力を持つ

一般にCRMやSFAといった企業のフロントで利用されるシステムは、リモートアクセスを想定してSaaSを利用するなど、従来から「外を向いたシステム」として構成されていることが多い。ただ、全社的なリモートワークを進める場合、基幹系システムやバックオフィス系システムといった「内を向いたシステム」であることの多いITについても、外に開かせていく必要がある。データセンターの強みは、一言でいえば “「外に向ける」力を持っている” ということだ。

「外に向ける」力の一例として、データセンターの持つ多様な接続性をみてみよう。データセンターでは、複数のネットワーク事業者のサービスを制約なく利用できるケースがほとんどだ。各ユーザーがそれぞれ異なる環境から社内システムへアクセスする。そこでの接続性を担保する上で、ネットワークに複数の選択肢が用意されていることは極めて有効に機能する。また、データセンターにあるシステムは同一ネットワーク内にあるため、システム間の連携も容易となる。

*  *  *

ホワイトペーパーではこの他にも、リモートワーク環境を整備する上で留意しておくべきデータセンターの特徴を解説している。コロナの拡大はとどまることを知らず、リモートワークの推進は企業において優先すべき経営課題だ。ポストコロナ時代の働き方を実践していくために、ホワイトペーパーにある情報を役立ててほしい。

ダウンロード資料のご案内

ホワイトペーパー
「ポストコロナにおけるデータセンターの活用方法」

>> 資料ダウンロードはこちら

[PR]提供:Coltデータセンターサービス

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る