不動産投資を20代から行うメリットとは!成功のための準備を解説

不動産投資

「20代の資産運用で不動産投資がおすすめって本当?」「お金に余裕はないけど始められる?」「不動産投資のメリットって何?」このような疑問があり、不動産投資を始めたくてもなかなか決心できない人も多いのではないでしょうか。

不動産投資は、20代から始めることで長期的に資産を作り、将来へ備える土台にもなります。しかし20代だからこそ、不動産投資を始める前に知っておきたい注意点や失敗するリスクがあることも事実です。

この記事では、20代から不動産投資を行うメリットやおすすめの投資法、あらかじめ知っておきたい注意点、資金を確保する方法などを解説します。最後まで読むことで、20代の今、不動産投資を始めるべきかどうか決断できるようになるでしょう。

不動産投資を始めようと考えているなら、『FJネクスト』の無料の相談会やセミナーがおすすめ!

  • 創業41年東証一部上場企業の不動産投資プロフェッショナルだから安心して相談できる
  • 参加者限定で非公開物件を紹介
  • 「入居率99%」×「管理戸数17,000戸超」の資産価値が高いマンションを提供
  • 首都圏投資用マンション供給ランキング2年連続第1位(※1)

信頼できるプロに相談しながら、将来に備えて資産の運用を始めましょう。

FJネクストの詳細はこちら

※1 不動産経済研究所調べ(2019・2020年)

不動産投資を20代で始める3つのメリット

不動産投資を20代から始めることで、次の3つのメリットを得られます。

  • 不労所得を得られる期間が長い
  • 不動産投資に充てられる資金を確保しやすい
  • 投資の経験が人生の糧となる

不労所得を得られる期間が長い

投資をスタートする年齢が若いほど、結果として不労所得を得られる期間が長くなり、先を見据えた資産形成を行いやすくなります。その理由は不動産投資によって利益を得る方法にあります。不動産投資によって収入を得る方法は次の2つです。

  • インカムゲイン:自ら不動産を購入し賃貸として家賃収入を得る
  • キャピタルゲイン:購入した不動産を別の人に売却して利益を得る

自ら不動産を購入する場合も、実際には不動産投資ローンを組んだうえで、家賃収入からローンを返済しながら投資を行います。20代から経営を始めれば、早ければ40代で不動産投資ローンを完済することも可能です。それ以降の不動産の売買や家賃収入は自分で自由に行えるため、今後の資産形成にも役立ちます。

また、購入した不動産を他の人に売却する際も、20代から経営を始めて経験を積むことで、次の投資対象や物件を選ぶ目を養うことにもつながるでしょう。ここまで読んでみて、不動産投資の仕組みやメリット・デメリットについて詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせて読んでみてください。

不動産投資はどんな仕組みで稼げる?メリットやリスクを徹底解説!
不動産投資の仕組みをよく知らないまま始めてしまうと、失敗してリスクを抱える可能性があります。この記事では、不動産投資の種類一覧や仕組み、メリットやリスク、成功させるためのポイントについて、初心者にもわかりやすく解説しています。

不動産投資に充てられる資金を確保しやすい

20代であれば自由に使える金額も多く、不動産投資を始めるにあたり初期投資を確保しやすくなります。実際に不動産投資を行う際は、諸費用と頭金として物件の購入価格の30%程度が必要です。もし1,000万円の物件を買うのであれば、300万円程度は用意しておく必要があります。

また投資ローンを借りる場合にも、20代という年齢は信用力の一つとして効果を発揮します。たとえば25歳でローンを借りた場合は、定年退職まで40年近くあるため返済を完了できる可能性も高いからです。返済期間を35年や新築マンション向けに45年など、長期に設定できる可能性があります。ローン返済期間が長期になれば、1ヶ月あたりの返済額も小さくなり長期的な投資も可能になるでしょう。

投資の経験が人生の糧となる

投資の経験は、失敗でも成功でも人生の糧となります。20代の人が投資を行うにあたり、インターネットやセミナーで情報収集したにもかかわらず、不動産営業担当の営業トークを見抜けずに、失敗するケースも少なくありません。

こうしたリスクを回避するためには、投資を実際に行って経験を積むだけでなく、人と実際に会うことや多くの物件を確認することも重要です。20代で始めれば、失敗を次のチャンスに生かせる機会も多く持てます。

不動産投資を始めて収入源を作っておけば、ある程度の余裕を持って、自分が進みたい道のベンチャー企業に転職することも可能です。そしてベンチャー企業に就職した際は、手厚さが減る可能性がある福利厚生制度などのカバーに回すことができます。

20代向けおすすめ不動産投資3選

不動産投資とひとくちにいっても、ワンルームマンションや一軒家、土地の貸し出しなどさまざまな方法があります。ここでは、20代からでも始めやすく、初期費用を抑えつつ管理もしやすい不動産投資を厳選して3つ紹介します。

賃貸経営の入門でワンルームマンション投資

マンションの1部屋を買い上げ、賃貸物件として貸し出すワンルームマンション投資は、初期費用を大幅に下げて始められる投資です。立地条件が良い物件も見つかりやすく、複数個所所有することでリスク分散にもつながります。

利回りの平均相場 新築:3~4%、中古:6%
メリット
  • 1室から始められるため初期費用が少ない
  • 担保価値の高い物件を選べば全額融資を受けられる可能性がある
  • 好立地の物件が手に入りやすい
  • 複数個所へ投資しやすい
  • 管理にかかる手間が少ない
デメリット
  • 空室が発生すると収入減につながる
  • 他の部屋のオーナーの家賃設定に左右される可能性がある
  • 物件の資産価値が減少しやすい
おすすめな人
  • 長期的に投資による利益を得たいと思っている人
  • 借金をして返済することに前向きな人
  • 長期間のローン返済を具体的に考えられる人

※利回りとは、初期投資を年にどのくらい回収できるか示した割合のこと

ワンルームマンション投資では、収支をしっかりと把握することが重要です。実際に、人気のあるワンルームマンションの購入には、数千万円近い費用がかかります

次の記事では収益をプラスにする方法も解説しているので、あわせて参考にしてください。

ワンルームマンション投資の収支とは?収益をプラスにする方法を解説
不動産投資の中でも比較的手軽に始められるワンルームマンション投資の収支の仕組みはご存知ですか?収支や利回りの仕組みを理解して投資計画を立てることが大切です。この記事では収支の基本からプラスで経営する方法まで詳しく紹介します。

土地代だけで始める駐車場経営

広い土地にコインパーキングや月極駐車場を設置し、その収益を得るのが駐車場経営です。車を停めたいという需要がある地域なら、田舎や郊外でも始められます。土地だけのため、購入にかかる費用も数百万円から1,000万円ほどで始められます。すでに土地を持っている人なら、より初期費用を下げられるでしょう。

利回りの平均相場 月極駐車場:5%~15%、コインパーキング:15%~30%
メリット
  • 比較的土地の形状に左右されない
  • 自己資金が0円でも始められる
  • 建物を建てないので他の土地活用にも転用できる
  • 土地をすぐに売却できる
  • 短期間でも活用しやすい
デメリット
  • 思ったより利益が得られない可能性がある
  • 固定資産税や相続税など節税効果がない
  • 車を停めたいという需要がない地域では利益が出ない
おすすめな人
  • 相続などで土地を所有している人
  • 売りやすい状態で土地を所有しつつ投資もしたい人
  • 将来的には売却したいので短期間だけ投資したい人

駐車場経営を行う場合は、まず駐車場としての需要があるかどうかが重要です。たとえば観光地が近くにあるなら、短時間停車できるコインパーキングの需要があるかもしれません。

駐車場経営に興味がある方は、以下の記事も参考にしてください。

ローリスクな土地活用方法の定番!駐車場経営の基礎知識を徹底解説
他の土地活用と比べると、駐車場経営はローリスクです。駐車場経営を始める前には知っておきたい向いている土地の見極め方やメリット・デメリットがあります。失敗しないためには土地のニーズや地域の相場に合わせた料金設定があることを説明していきます。

少額でも可能な不動産投資信託

10万円から100万円前後の投資で始められるのが、不動産投資信託(REIT、J-REIT)です。簡単にいえば不動産のクラウドファンディングのことで、複数のオーナーが不動産投資法人に対し投資を行います。不動産投資法人は受け取った投資を元に不動産物件を運営し、その利益を投資してくれたオーナーへ、年に1~2回配分する仕組みです。

分配金の平均利回り(10年間) J-REIT:3.47%、長期金利:0.08%、東証一部:1.96%、スプレッド:3.39%
メリット
  • 10万円から投資が始められる
  • ローンを借りなくても自己資金だけで投資できる
  • REIT自体を売買することで現金化しやすい
  • 投資のプロが運用してくれるため初心者でも利益を得やすい
デメリット
  • 株式市場よりも不況の影響を受けやすい
  • 運営法人が倒産する可能性がある
  • 災害で投資した物件が被災することがある
向いている人
  • 10万円くらいから投資を始めてみたい人
  • できるだけリスクを少なくしたい人
  • いざというときに現金化が簡単なものを選びたい人

参考:ARES J-REIT Viewマーケット概況|J-REIT.jp | Jリート(不動産投資信託)の総合情報サイト

REITは投資証券であるため、価格は常に投資家の需要と供給の間で売買が行われています。そのため、通常の不動産よりも市場の影響を受けやすい点が特徴です。ただし、マンション+商業施設+居住用物件のように、複数の分野に投資することもできるため、リスクを減らして投資できるという見方もあります。

20代で始める不動産投資を選ぶコツ

不動産投資に失敗する要因として、長期的な計画が立てられないことが挙げられます。投資を始めてすぐに結果が出るとは限らず、何年も経ってからようやく利益が出ることも多いです。

ここでは不動産投資を20代から始めるにあたり、どのように選べばよいかを検討するための3つのポイントを解説します。

選ぶ不動産投資で目的を達成できるか

いつまでにどれだけ稼ぎたいのか計画を立てることで、不動産投資の止め時や選び方が決まります。そもそも、投資の成功は数値化されておらず、いくら稼いだから成功とはいえません。そのため自分がなぜ投資するのか、目的と計画を持つ必要があります。

たとえば、副業程度に安定した少額収入が欲しいという目的があるとします。それを達成するためには、どうすればよいのかを具体的に考えていくことで、いつまでに何を始めればよいのか分かるようになるでしょう。

  • なぜ少額でもよいから安定した収入が欲しいのか
  • 少額収入とはいくらなのか
  • その額に見合う利益が得られそうな不動産投資にはどんな方法があるのか
  • 選んだ不動産投資を実現するためにはいくら貯めればよいのか

具体的な方法を考える中で、疑問にぶつかることもあるでしょう。その場合は書籍を通じて知識を得たり、セミナーやネットで情報を集めたりして、一つずつ解決していくことが大切です。

現実的な数字でシミュレーションする

不動産投資によって、毎月いくら収支を得ていくら支出が発生するのか、現実的な数字でシミュレーションを行いましょう。シミュレーションなので必ずしも現実的に起きるとは限りません。しかし、計画段階でいつまでにいくら用意すればよいのか、毎月どのくらいの支出が起きるのかなど想定しておくことで、リスクに対処しつつ事前にその投資が儲かるかどうかを判断できるようになります。

数字のシミュレーションを行う際に欠かせないものとして、表面利回りと実質利回りが挙げられます。利回りとは投資した費用に対し、1年あたり利益をいくら得られたのかを計算した数値のことです。

利回り 概要 計算方法 計算例(物件価格3,000万円、家賃10万円の場合)
表面利回り 大まかな収益力を計算する (年間の家賃収入÷物件価格)×100 (120万円÷3,000万円)×100=4.0%
実質利回り 諸費用も含めて収益力を計算できる {(年間の家賃収入ー年間の経費)}÷物件価格)×100 {(120万円ー40万円)}÷3,000万円)×100=約2.6%

実質利回りを計算する場合は、どのような支出が発生するのかを検討することが求められます。たとえばワンルームマンションなら、次のような支出が起こりうるでしょう。

  • 電球などの備品代
  • 共有部の光熱費
  • 火災保険料
  • 管理委託料
  • アパートのローンの利子
  • 固定資産税や都市計画税

ざっくりと年間の家賃収入を計算するのも手ですが、より正確に計算したい場合はツールの利用がおすすめです。たとえば東急リバブルの「収益シミュレーション」や楽待の提供する「CF(キャッシュフロー)シミュレーション」など、最低限の情報でもシミュレーションを行えるツールもあります。

不動産投資の利回りについて詳しく知りたい方は、単語の意味も含めて解説したこちらの記事もおすすめです。

不動産投資の利回りって何?その種類や計算方法、平均的な相場を解説
 不動産投資において、重要視されるのが「利回り」です。利回りが高い物件が必ずしも良い物件とは限らず、注意が必要です。この記事では利回りの種類やその概要、計算方法を解説します。正しい知識を身につけて、より高い利回りの不動産投資を成功させましょ

本業に支障がでない不動産投資にする

不動産投資を行うにあたり、本業の会社で副業の規制はないか確認しておきましょう。近年は副業も認められることが多くありますが、実際に禁止されている会社の場合は解雇には至らなくても、何らかの影響が出る恐れも考えられます。

また副業が禁止されていなかったとしても、不動産投資が忙しくなるあまり、業務に影響が出ては本末転倒です。本業に支障は出ないか、自分が管理者としてすべきことは何かを把握してから取り組みましょう。

次の記事では、サラリーマンがマンション経営を行うにあたり、失敗しないためのコツを解説しています。ぜひ参考にしてください。

マンション経営はサラリーマンでもできる!失敗をしないコツとは
サラリーマンであっても、将来の資産を増やすためにマンション経営を始められますが、成功させるためにはそのコツを知っておく必要があります。この記事では、主に一棟マンションを購入して運営するときのメリットや失敗しないためのコツなど取り上げます。

マンション投資を始めようかと考えているなら、「FJネクスト」の無料セミナー・相談会がおすすめ

不動産投資を検討しているなら、専門家による相談会・セミナーに参加することがおすすめです。中立的な立場から、物件を選ぶポイントや実際のおすすめ不動産を教えてくれます。

特に、編集部のおすすめはFJネクストです。FJネクストがおすすめな理由を以下にまとめています。

  • 創業41年東証一部上場企業の不動産投資プロフェッショナルだから安心して相談できる
  • 参加者限定で非公開物件を紹介
  • 「入居率99%」×「管理戸数17,000戸超」の資産価値が高いマンションを提供
  • 首都圏投資用マンション供給ランキング2年連続第1位(※1)

※1 不動産経済研究所調べ(2019・2020年)

不動産投資向けに20代で資金を確保する方法

不動産投資ローンを借りて、自己資金をあまり使わずに不動産投資を始めることも可能です。しかし、自己資金が少なすぎると、最終的に回収すべき費用や月々の返済額が高くなってしまいます。ここでは、不動産投資のための自己資金を20代でも確保するためのポイントを解説します。

家計簿をつけてお金の流れを把握

毎月の支出や日々の細かなお金の流れを家計簿で把握することで、お金が残らない原因や貯められない理由が分かります。大きな節約にはつながらなくても、無駄遣いの理由を確認して貯金が計画的に行えているかを、確かめることが可能です。

家計簿のつけ方として、たとえば買い物したときのレシートや領収書をこまめにノートへ貼り、無駄だと感じた部分にペンでマークをつける方法があります。一目で無駄を確認できるだけでなく、ノートへ書き込む必要もないため気軽に始められるでしょう。

また、クレジットカードや電子マネーを使うことが多い場合は、スマホの家計簿アプリのほかに、利用情報を自動で蓄積してくれる銀行やカード会社のアプリを使うのも手です。自分が続けやすい方法でお金の流れを把握していきましょう。

節約効果を実感しやすい固定費の見直し

家賃やスマートフォンの利用料、光熱費など、毎月同じ額がかかる出費を見直しましょう。一度見直して節約することで効果が長期間続き、貯蓄に回す額も増やしやすくなります。さらに固定費なら、こまめな節約のように日々の生活スタイルを変える必要もないため、継続しやすいのがポイントです。

固定費 見直しポイント
電気代 電力会社やプランの切り替えをして今の使い方に合わせる
ガス代 ガス会社やプランの切り替えをして今の使い方に合わせる
家賃 手取りの30%以下に収めるようにする
通信費(スマホ代金) 格安SIMに乗り換える、オプションを解約する
保険料 保険内容の重複が起きていないか確認する
車の維持費 駐車場やガソリン代の見直し、そもそも車を所有しないことを検討する

事業を始めるため支援制度を利用する

20代からの不動産投資に利用できる支援制度として、日本政策金融金庫が行う「女性、若者/シニア起業家支援資金」が挙げられます。融資限度額は7,200万円で、通常の不動産投資ローンと比べると金利が低く、担保不要なら1.41~2.65%、担保が必要の場合は0.51~2.35%です。

「貯蓄した自己資金だけでは不安がある」「無保証人で申し込みたい」という場合に、検討してみてもよいかもしれません。

不動産投資を20代で始める注意点

メリットも多い20代からの不動産投資ですが、実際には注意しなくてはならないポイントもあります。ときには、20代という年齢自体がネックになるケースもあることを把握しておきましょう。

融資を受ける審査の難易度が上がる

20代の方の場合は融資が受けられずに、目指していた投資が始められない可能性があります。融資を受ける審査の基準として、その物件が安定的な利益を生み出すかどうかだけでなく、年収や勤続年数といった個人の信用度が関係するためです。

たとえ公務員や会社員として勤めていても、まだ20代でこれまでに借り入れの返済実績がなかったり、年収が低かったりすると、融資における信用度が低いと判断されかねません。対策として、あらかじめ若い世代向けの融資を利用して、少しずつ実績を積む方法が考えられます。融資を受ける金融機関を、不動産投資に積極的かどうかで判断するのもよいでしょう。

不動産投資の融資を銀行から受ける際はどのようにすればよいのか、次の記事でポイントについて詳しく解説しています。

不動産投資は銀行からの融資が重要!申請方法や審査について徹底解説
不動産投資は銀行からの融資が大変重要です。銀行によっては提供しているローンも異なり、審査の基準や融資額も様々です。ここでは、投資ローンを提供している銀行の特徴と、申請の方法や融資のコツ、選び方や融資に対する注意点について解説していきます。

情報収集をネットに頼りすぎる

情報収集はネットだけではなく、物件を現地に見に行ったり不動産の営業担当者と話し合ったりして、リスクがあることを理解した情報収集を行うことが重要です。ネットの情報収集は確かに簡単ですが、一方で「この情報は見たくない」と思えば、閲覧せずに放置することもできてしまいます。結果として片寄った知識しか得られず、利益の低い物件を選んでしまうかもしれません。

運用状態については、現地に足を運んだ上で周辺地域や物件の様子など、最低限のリサーチを行うことをおすすめします。担当の営業マンにはリサーチした際に気になったことを相談し、疑問を解決したうえで購入に踏み切りましょう。

短期間での成功を望まない

不動産投資は宝くじのように、一瞬で大金を生み出してくれるものではありません。1ヶ月目の収益が良かったとしても、1年で赤字に転ずることもあります。

実際に不労所得が期待できるようになるのは、借り入れた融資の返済が終わってからです。長期的に利益を積み重ねて、少しずつ資産を形成していくものと考えましょう。

20代の不動産投資で失敗リスクを下げる方法

不動産投資で目的を達成していくためには、リスクを下げるための準備が重要です。ここでは不動産投資のリスクを下げるために、今日からできることを解説します。

初心者向けの不動産投資セミナーに参加する

不動産投資に関する情報を集めるために、不動産会社が開催している不動産投資セミナーへ参加してみましょう。参加するメリットは次の4つです。

  • 講師となる専門家に直接相談できる
  • 最新のデータに基づく情報が仕入れられる
  • 自分が目指したい投資の種類に合わせて参加できる
  • 未公開物件の情報が得られる可能性がある

ただし注意したいことは、不動産投資セミナーと一口にいっても、入門向けもあれば区分マンション向けもあり、講師の質もまちまちということです。選ぶ際には次のようなポイントに注目してみましょう。

  • 自身の目指したい投資の種類や目的に合うセミナーを選ぶ
  • 不動産会社が管理する物件の稼働状況を確認
  • 開催数が多いセミナーを選ぶ
  • 公認会計士やファイナンシャルプランナーなど専門家に直接相談できるかで選ぶ
  • オンライン開催があるかどうかで選ぶ

選んだセミナーの質によっては、知っている情報しか聞けなかったり、思うような情報が得られなかったりするかもしれません。自分が現在必要とする情報は何なのかを明確にして、計画的に参加していきましょう。

本で不動産投資について学ぶ

不動産投資についてそれぞれの要素を広く学び、全体的なルールを勉強したい場合には本の活用がおすすめです。基礎から分かりやすく解説してあるだけでなく、具体的な失敗例を通じてリスクを学ぶこともできます。本を選ぶ際は、次のポイントで自分に合うものを選ぶのがおすすめです。

  • 自分のレベルに合う内容かどうかで選ぶ
  • 活字だけでなくイラストや漫画など読みやすさを重視して選ぶ
  • 投資対象にしたい不動産に関連する本を選ぶ
  • 出版時期が新しい本を選ぶ

また本を購入する以外にも、投資の専門家や企業の社員が手掛けるコラムやブログを読むのもおすすめです。本に比べると情報更新が早く、昨日や今日に出たニュースや市場変化がすぐに反映されます。専門家ごとに文体も異なり、独自の視点から切り込まれた情報を手にできるでしょう。

ただし注意点として、アフィリエイトブログのように、何らかの商材に片寄った情報発信している可能性もあります。サイト自体の信頼性を考慮し、フラットな視点で選びましょう。

挑戦する不動産投資に関連した資格を取得する

不動産投資自体に資格は必須ではありませんが、投資に関する情報を詳しく理解するために、資格を取得することも一つの手です。状況によっては不動産投資に役立てることもでき、独学でも取得できます。比較的役に立つ資格の例を以下に挙げました。

資格 メリット 取得難易度
FP(ファイナンシャルプランナー)
  • 資産運用に関する知識を幅広く手に入れられる
  • 最終的な出口戦略に活用できる
比較的簡単、3級なら1ヶ月ぐらいでも取得可能
簿記
  • 投資や税金対策など幅広く役立てられる
  • 確定申告書の作成に役立てられるため実用的
比較的簡単、3級くらいでも十分活用できる
公認ホームインスペクター
  • 物件の欠陥や修繕の知識を得られる
  • 業者に依頼すべき欠陥が分かるようになる
独学でも取得可能、ネットでも勉強できる

ほかにも、半年以上の時間はかかりますが、宅地建物取引士や不動産鑑定士といった就職に有利な資格を取得する方法もあります。現在の収入では投資が難しい場合は、こうした資格を取得してより安定した企業へ勤めるのも手です。

ただし、不動産投資のための勉強の一環であることは忘れてはなりません。時間がかかりすぎて、本業や不動産投資そのものがおろそかになっては本末転倒です。資格を取ることで目的を達成するためにどんなメリットが得られるのかを、十分に意識して勉強することをおすすめします。

まとめ

不動産投資は長期的に資産を形成するため、20代で始めることで将来に備えやすくなります。不労所得を得る期間が長く、投資に充てる資金も確保しやすいので投資の経験を今後に生かすこともできます。

そのためには投資を行う目的を明確にし、本やセミナー、資格取得を通じて知識を身につけましょう。現実的な数字でシミュレーションを行ったうえで、本業に支障が出ないようにスタートすることも重要です。まずは、どうして不動産投資を始めたいのか、目的を明確することから始めてみませんか。

不動産投資は高利回りで少額から始められる『COZUCHI』がおすすめ!

COZUCHIは、1口1万円・最短2カ月から気軽に不動産投資が始められるサービスです。1999年創業のLAETOLI株式会社が厳選した、想定利回りが10%以上の物件を多く扱っているのが特徴です。

また、優先劣後方式という、元本や配当金に損失が生じた際は、運営会社のLAETOLI社がまず請け負う仕組みが採用されている点も利点です。元本保証がされているわけではないため注意が必要ですが、比較的資金が守られやすいサービスと言えるでしょう。

さらに、不動産クラウドファンディングサービスでは珍しく、途中解約ができ、手数料を払えば投資期間中でも換金できることもメリットの一つです。

■「COZUCHI」はこんな人におすすめ
  • 不動産投資が初めての人
  • 高利回りが期待できる物件に投資したい人
  • 好きな時に現金化したい人

公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました