auから6月上旬以降に発売される予定のファーウェイ・ジャパン製スマートフォン「HUAWEI P20 lite HWV32」は、5.8インチの大画面液晶を採用しながらコンパクトで持ちやすいデザインを実現した注目の1台。今回は実際に操作した感覚や、基本的な性能や設定項目、ダブルレンズカメラによる多彩なカメラ機能などをチェックしてみました。

  • 5.8インチ画面のスマホ「HUAWEI P20 lite」レビュー

    auから発売されるHUAWEI P20 lite HWV32、カラーバリエーションは、ミッドナイトブラック、クラインブルー、サクラピンクの3色。今回は深い青が美しいクラインブルーの製品をレビューしました

使い勝手をよくするための工夫が随所に

HUAWEI P20 lite HWV32(以下、P20 lite)を箱から取り出して、まず感じたイメージは「意外と小さい」です。筆者は、P20 liteの前モデルといえるHUAWEI P10 lite(SIMフリー版)を使っていたこともあり、5.8インチは持ちにくそうだな、と思っていました(P10 Liteは5.2インチ)。

ところが、P20 liteを持ってみると、すんなりと手になじみます。画面は確かに大きいのですが、ベゼルがこれでもかといわんばかりに削られているため、P10 Liteと同じ感覚で持てました。重量も145gと軽く、人によって異なるとは思いますが、片手でもスムーズに操作できました。画面上部はノッチデザインとなっており、より画面占有率が高く感じられます。

  • 5.8インチ画面のスマホ「HUAWEI P20 lite」レビュー

    約5.8インチ、2,280×1,080ピクセルの大画面ディスプレイが特徴。上部のインカメラやセンサー部分がノッチ(切り欠き)デザインになっています

  • 5.8インチ画面のスマホ「HUAWEI P20 lite」レビュー

    大画面ディスプレイながら、画面の占有率が高いため、ボディは意外にコンパクト。ワンサイズ小さい端末と同じくらいの持ちやすさにビックリしました

背面には、ダブルレンズのメインカメラと指紋センサーがあります。指紋センサーは片手で持ったときに指を当てやすいところに配置されており、この辺りの細かな調整が全体的な使い勝手のよさにつながっていると感じられます。

手ごろな値段のミドルレンジクラスでありながら、ダブルレンズを採用して充実のカメラ機能を搭載しているのがP20 liteの大きな魅力といえますが、背面のロゴやメーカー名なども横向きです。つまり、横持ちで撮影するときに見栄えするようなデザインになっており、カメラ機能への自信がうかがえます。

外観を全体的にチェックしていくと、右側面に電源キーと音量キー、底面にヘッドホン端子とUSB Type-C端子を配置した、シンプルで使い勝手のよいデザインになっていることがわかります。個人的には、ケーブルの向きを気にしなくていいUSB Type-C端子や、最近の端末では省かれることも多いヘッドホン端子の搭載は高ポイント。単に先進機能を盛り込むのではなく、使い勝手を考慮した設計になっており、実用性の高い端末に仕上がっていると感じました。

  • 5.8インチ画面のスマホ「HUAWEI P20 lite」レビュー

    デュアルレンズを採用したカメラ機能が魅力の本端末は、背面のデザインが横持ちに合うものになっています

  • 5.8インチ画面のスマホ「HUAWEI P20 lite」レビュー

    サイドはスリム&シンプル。右側面に電源と音量キー、左側面にはSIMカード&SDカードスロットが用意されています

  • 5.8インチ画面のスマホ「HUAWEI P20 lite」レビュー

    ボディ底面にはUSB TypeC端子とヘッドホン端子を搭載しています

  • 5.8インチ画面のスマホ「HUAWEI P20 lite」レビュー

    前モデルのP10 Lite(写真左)が手元にあったので外観を比較(ただしSIMフリー版とau版なので、あくまで参考としてです)。5.2インチのP10 Liteとほとんど変わらないボディサイズで大画面化を実現していることがわかります