アマチュアからプロフェッショナルまで幅広いユーザーに愛用されているDigital Audio Workstation(DAW)、Steinbergの「Cubase」。音楽制作ソフトウェアとして、先進性と多彩な機能性から多くのクリエイターに支持されている。昨年末、最新バージョンとなるCubase 9.5シリーズが登場、オーディオエンジンの完全64bit対応など、さらなる進化を遂げた。今回は、そんなCubaseを中心とした音楽制作環境をさらに強力&快適にすべく、Native Instrumentsのスマートキーボードコントローラー「KOMPLETE KONTROL S-Series」(KOMPLETE KONTROL MK2)を追加し、そのセットアップ方法や使い勝手についてレポートしていこう。 KOMPLETE KONTROLは、昨年末にリリースされたバージョン1.9.2で、待望のCubaseとNuendoへの対応を果たしている。

  • Native Instrumentsの次世代ハードウェア「KOMPLETE KONTROL S49 / S61」は、高解像度ディスプレイと人間工学に基づいたレイアウトが素早い音楽制作とパフォーマンスをサポートする

最新アップデートを導入するだけで簡単セットアップが完了!

「KOMPLETE KONTROL S49 / S61 mk2」は、高品位な鍵盤に加え、高解像度のカラースクリーン、DAWとの高度な連携機能、さらには厳選されたソフト音源などを兼ね備えたスマートキーボードコントローラーとして、最近ではプロフェッショナルのスタジオでもほぼ定番化している。このKOMPLETE KONTROLキーボードと、Cubase(今回はCubase Pro 9.5を使用)を組み合わせて利用するには、最初にNative InstrumentsのNative Accessソフトを介して、KOMPLETE KONTROLソフトをダウンロード(無償)しておく必要がある(Ver1.9.2以降)。このアップデートにより、CubaseまたはNuendoを使用時に、KOMPLETE KONTROLキーボード本体上のカラースクリーンにフィードバックが表示され、トランスポートの完全制御、トラックのナビゲーション、ミックスなど高度な連携が可能となるのだ。なお、最新のKOMPLETE KONTROLソフトを適用した状態で、Cubaseを起動しKOMPLETE KONTROLキーボードをUSB接続すると、自動的にデバイスが認識され各種機能が利用可能となるので、基本的にユーザーは設定などをまったく意識する必要はない。

  • Native Accessは、Native Instruments製品のダウンロードや、バージョン管理などを一括して行えるソフト。KOMPLETE KONTROLの最新アップデートも、このソフトを介して入手する

  • もし、KOMPLETE KONTROLキーボードが上手く動作しない場合は、Cubaseの「スタジオ」メニューにある「スタジオ設定...」を開いて、リモートデバイスとして、「Komplate Kontrol S-Series」がリストされているかをチェックしてみよう

Cubaseを手元で直感的にコントロールし録音や曲作りに集中する

KOMPLETE KONTROLキーボードが、Cubaseに正しく認識されると、本体左側にあるトランスポートボタンなども使用可能となる。対応するコントロールは、再生、リスタート、録音、停止、ループのオン/オフ、メトロノームのオン/オフ、クオンタイズ、オートメーションのオン/オフ、アンドゥ/リドゥ、ソロ、ミュート、トラックセレクトなどとなっており、そのおかげで録音や制作作業の途中でPCのキーボードやマウスに手を伸ばすようなシチュエーションも激減する。また、ミキサーのコントロール機能も装備されており、音量や定位のバランスを本体のノブでダイレクトに調整できる。クリエイターは、Cubaseのトランスポートやミキサーを手元のボタンとノブから直感的にコントロールすることで、より録音や曲作りに集中できる環境を実現できるというわけだ。一見するとささいな違いに思えるかもしれないが、創造的な思考や作業が中断されることなく行えるのは非常に重要で快適なことなのだと、個人的にも今回のレビューを通じて再認識させられた。

  • KOMPLETE KONTROLキーボードでは、各種トランスポート操作などに加え、8つのタッチセンサー付きノブ、4方向のプッシュ式エンコーダにより、ミキサーのコントロールも行える

光って教える初心者にも優しい「ライドガイド」は上級者にも便利

KOMPLETE KONTROLキーボードの鍵盤には、プロからも高い評価を得ているFatar社製の高品質キーベッドが採用されており、滑らかな弾き心地は素直に演奏を楽しめた。また、鍵盤上部に搭載されたマルチカラーLEDライトは、スケールなどのさまざまな状況を光とカラーで教えてくれるライドガイド機能を備えている。これに加え、鍵盤演奏が苦手といった初心者には、白鍵だけで演奏を行える「イージーモード」や、指1本でコード演奏が行える「コードモード」なども用意されているのも見逃せないポイントだ。なお、このライトガイドは、サンプルの種別やアサイン位置、キーゾーンなども明示してくれるので、上級者にとってもサウンドを視覚的に把握でき、制作シーンのみならず、ライブシーンなどでも重宝することだろう。

  • 自室で、鍵盤上部に搭載された「ライトガイド」が光る様子は、弥が上にもテンションが上がる。初心者だけでなく、多数のプロからも愛用される理由は、高品位な鍵盤や機能だけでなく、そのクールなルックスにもあり!

キーボードだけじゃなくソフト音源も一緒にパワーアップしよう

実は、KOMPLETE KONTROLキーボードには、Native Instrumentsの厳選されたインストゥルメント&エフェクト・コレクション「KOMPLETE 11 SELECT」が無料で付属している。無料と聞くと、なんとなくオマケ的なものを想像するかもしれないが、侮ることなかれ! このKOMPLETE 11 SELECTには、11種類のインストゥルメントとエフェクト(2,500以上のサウンドと25GB以上のサンプルライブラリ含む)が収録されているのだ。Cubaseにも、さまざまなインストゥルメントやエフェクトが標準付属しているが、「少し物足りなくなってきたかな?」といった初心者のアップグレードに最適かつ最良の選択といえそう。また、適度な容量は持ち運びやすく、かつ、バリエーション豊かなサウンドは、プロフェッショナルにとってもモバイル用音源として活用してみるのも面白いだろう。

  • 大人気のMASSIVEはじめ、MONARK、THE GENTLEMANなど即戦力となるソフト音源が11種類も収録された「KOMPLETE 11 SELECT」。同社サイトでは、24,800円で販売されている製品が、そのまま無償で付属するのがお得過ぎる!

そんな数多くの音色の中から、目的のサウンドをいかに効率的に見つけるのか? その回答として用意されたのが、専用のブラウズ機能だ。KOMPLETE KONTROLプラグインをCubaseのインストゥルメントトラックに読み込むと、KOMPLETE KONTROLキーボードのカラースクリーンには、自動的にKOMPLETE 11 SELECTをはじめとしたNKS(Native Kontrol Standard)対応音源が、分かりやすいサムネールと共に画面に表示される仕組みとなっている。後は、手元のノブを操作して、音色名やタイプを選択するだけで直感的にサウンドの選択が可能。音色を選んだ瞬間に、そのサウンドを読み込むことなくすぐさま試聴(プレビュー)できるのも秀逸! これにより、劇的に音色選びがスムーズになり、音楽制作ワークフローがさらに加速することは間違いない。なお、試聴には、Native Accessから「Previews」(NATIVE BROWSER PREVIEW LIBRARY)をインストールする必要があるので注意。

  • KOMPLETE KONTROLキーボードのカラースクリーンに表示された専用のブラウズ画面。KOMPLETE KONTROLプラグインを前もって読み込んだ状態のプロジェクトを、あらかじめCubaseのテンプレートとして用意しておくと効率的だ

  • 音色ブラウジングの際には、サウンド試聴(プレビュー)機能や「★」(Favorite)機能が威力を発揮する。また、音色パラメーターの変更についても、本体上の8つノブを操作することで最適な変化を簡単に得られるようになっている

このように、プロも絶賛する鍵盤、便利なライトガイド、高度なDAW連携機能、豊富なインストゥルメント&エフェクトなどを兼ね備えたKOMPLETE KONTROLキーボードを、そもそも多彩かつ強力な機能を持つDAWソフト「Cubase Pro」を組み合わせることでアップグレードし、より強力で快適な音楽制作環境を手軽に構築することができる。KOMPLETE KONTROLキーボードは、高品位な鍵盤や使い勝手の良い音源を手に入れたい上級者の方はもちろん、これから本格的な音楽制作を始めたいという初心者の方にもオススメしたい使い勝手とコストパフォーマンスに優れた製品だ。

さらに、音源/エフェクターを充実させたいのなら、45製品、13,000以上のサウンド、155GBにも及ぶインストゥルメントとエフェクトを格納する「KOMPLETE 11」、87製品、18,000以上のサウンド、500 GBにも及ぶインストゥルメントとエフェクトを詰め込んだ、「究極」の名に相応しい「KOMPLETE 11 ULTIMATE」をチョイスしてみてはいかがだろうか。それぞれ、KOMPLETE 11 SELECTから44,800円/109,800円でアップグレードできる。ちなみに、KOMPLETE 11/KOMPLETE 11 ULTIMATEは、1月8日までの期間限定で単体販売のビッグセールを開催している。KOMPLETE 11は通常価格69,800円のところ、57,800円で、KOMPLETE 11 ULTIMATEは通常価格139,800円のところ、114,800円で入手可能だ。KOMPLETE KONTROLの導入で制作環境を充実させるというのはともかく、手っ取り早くサウンドのバリエーションを増やしたいというなら、これらのセレクトも大いにアリだろう。