iPhoneやiPadなどのApple製品を楽器として巧みに操り、有名曲をカバーしたムービーをYouTubeで公開し一躍世界的人気を集めた"Applegirl"ことYeo Hee(ヨヒ)が、10月17日に日本で初めて楽曲をリリースし、メジャーデビューを果たす。

Yeo Heeの日本国内オフィシャルサイト

彼女のブレイクのきっかけは、100カ国以上の国でアクセスが殺到し、再生回数が500万回を超えたレディー・ガガ「ポーカー・フェイス」のカバー動画だ。複数のiPhoneを楽器として奏でる様子がネットユーザーやApple製品フリーク、クリエイターらの注目を集め、そこからCNN、THE SUN、Mashable、NHKなどのマスメディアで報道された。歌手デビューはすでに果たしているが、今回初めて日本国内で楽曲を発売することとなった。

日本メジャーデビュー以前にも、彼女は日本国内でいくつかの実績を残している。日本のクラブ・シーンでよく知られる人物のひとりであるDJ KAWASAKIのアルバムにもゲストとして参加し、Apple製品を特集するマイナビ発行の雑誌『Mac Fan』のカバーを飾ったこともある。

彼女の日本初リリースとなる楽曲は、10月17日発売のシングル「You & I」。11月7日には、アルバム「Green or Red?」を発売する。アルバムにはシングル曲「You & I」をはじめ、「Raindrop」、「Tell Me」など全7曲を収録予定。どちらもiTunesでの限定配信となっており、"Applegirl"らしいリリース方法と言えるだろう。

なお、10月17日21:00からシングル「You & I」のリリースにあわせ、Yeo Hee本人がUstreamの番組「akasakaplus」に出演する。Twitterにて公募したリクエスト楽曲の演奏も行われるとのことなので、彼女の演奏が気になる人はこの機会にチェックしてみてはいかがだろうか。