マイナビニュース | テクノロジー | 組み込み/IoT | ヘッドライン(2016)(1ページ目)

ヘッドライン

2016年12月30日(金)

半導体で実現するセキュリティ-IoTを追い風にMaximが進める新たな取り組み

半導体による認証デバイスやセキュアマイコンを長年にわたって手がけてきたMaxim Integrated。これまで、ポータブル医療機器、ウェアラブルのヘルスケア機器、決済端末、製品認証といったものを注力市場としてきたが、2016年の中ごろから、より幅広い市場に製品を展開していく方向性へと戦略を変更した。

[10:00 12/30]

2016年12月28日(水)

【特別企画】IoTのビジネス利用に向けた4つのデータ分析のプロセスと課題 - インフォテリア森氏

2016年12月7日、マイナビニュース主催の「マイナビニュースフォーラム2016 Winter for データ活用 ~IoT時代の機先を制す~」が開催され、インフォテリア 森一弥氏は「失敗しないためのデータ活用の勘所」と題した講演を行った。IoT市場の拡大成長が進む中、増加していく大量のデータをどのようにビジネスに活用していくのか、データの分析と活用に焦点をあて、解説した。

[17:34 12/28]

これが日本のものづくり力 - 高品質の実現を影で支えるOEG

IoTに代表されるような電子機器に対し、ユーザーは基本的に、何の疑問も抱かずに、普通に使えば、普通に使える、という思いがある。しかし、実際の製品開発の過程においては、不具合が生じ、開発チームはその原因の特定を1つずつ行い、問題の解決を図っている。そんな開発の現場で、顧客の研究開発を影から支えてきた企業がある。1973年に設立されたOKIエンジニアリング(OEG)だ。

[13:00 12/28]

2016年12月27日(火)

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第28回 動く人・物を追跡する(2) - OpenCVのトラッキング手法(前編)

樋口未来 第27回では、OpenCVを用いたトラッキングの実装方法、トラッキング結果についてまとめました。今回は、OpenCVに組み込まれている5つのトラッキング手法のうち、Boosting、MIL、Median Flowの3つをご紹介します。

[10:00 12/27]

【特別企画】「IoT Forest -IoTの森-」に見る注目の最新IoTソリューション - ウイングアークフォーラム 2016

2016年11月9日、ウイングアーク1st主催による帳票&BIカンファレンス「ウイングアークフォーラム 2016」が開催された。今回は、特別企画展「IoT Forest -IoTの森-」の中から注目のブースを紹介する。

[08:30 12/27]

2016年12月26日(月)

Wi-Fi型スマートロック「RemoteLock」の国内展開を開始-構造計画研究所

構造計画研究所は26日、LockStateが開発したWi-Fi型スマートロック「RemoteLock」の日本での販売およびサービスを開始することを発表した。提供開始は2017年1月中を予定している。

[17:20 12/26]

中国製の有機ELパネルの出荷枚数が四半期ベースで100万枚を突破 - IHS

市場動向調査会社である英IHS Markitは12月22日(欧州時間)、中国メーカーからのスマートフォン用有機ELパネルの出荷量が2016年第3四半期にはじめて100万枚を超えたと発表した。

[16:28 12/26]

Lattice、モバイル/IoT機器での分散処理を可能とする低消費電力FPGAを発表

Lattice Semiconductorは、12月12日に高エネルギー効率を実現したMHCソリューションとして、新たなFPGA「iCE40 UltraPlus」を発表を行った。それを受けて日本で同20日に、同シリーズの説明が行われた。

[09:30 12/26]

2016年12月22日(木)

セルラー通信が起こす革新 - スマートメーターが真にスマートになるとき

スマートメーターは、エネルギーの消費抑制とコスト削減を実現するために世界的に欠かせないツールとなってきています。このような変化は電力業界から始まりましたが、通信技術の進化と相まって、自動請求やエンドユーザーの使用状況データの生成、そしてメーター機器の改ざんによる不正使用の排除と収益の確保など、消費者と事業者の双方にメリットがもたらされています。

[09:00 12/22]

2016年12月21日(水)

安川電機、IoT・AI活用の次世代工場を新設

安川電機は21日、埼玉県入間市のモーションコントロール事業部の入間事業所内に、IoTやAI(人工知能)を活用した最新の次世代生産工場「ソリューションファクトリー」を新設することを決定した。

[16:04 12/21]

2016年12月20日(火)

IDT、Qi規格1.2.2対応15Wワイヤレス給電リファレンスデザインキットを発表

Integrated Device Technology(IDT)は12月20日、高効率な15Wワイヤレス給電リファレンスデザインキットを発表した。

[14:45 12/20]

DMM、IoTプロトタイプのビジネス化に向けたサポートプログラム開始

DMM.com(以下DMM)は、同社の運営するモノづくり施設「DMM.make AKIBA」にて、IoTプロトタイプのビジネス化に向けたブラッシュアップをサポートするプログラム「DMM.make AKIBA Open Challenge」の参加者の募集を開始した。応募期間は12月17日~2017年1月20日。

[14:34 12/20]

最大10人で同時通話可能なアウトドア向けヘッドセット「BONX Grip」一般販売開始

BONXは12月20日、ウェアラブルトランシーバー「BONX Grip」の一般販売を開始した。

[13:07 12/20]

2016年12月19日(月)

東北大、スピントロニクス素子を使った人工知能の基本動作の実証に成功

東北大学は12月19日、磁石材料から構成されるミクロなスピントロニクス素子を使った人工知能の基本動作の実証に成功したと発表した。

[17:28 12/19]

imecとHolst Centre、IoT向けソリッドステートマルチイオンセンサを発表

ベルギーimecとオランダの姉妹機関Holst Centreは共同で、流体中のpHと塩化物イオンレベルを同時に測定する小型センサを開発したと発表した。

[12:05 12/19]

ST、ボタン電池で25年以上動作する超低消費電流小型オペアンプを発表

STマイクロエレクトロニクス(ST)は12月15日、超低消費電流(標準値900nA)の小型オペアンプ「TSU111」を発表した。

[07:00 12/19]

2016年12月16日(金)

メガネスーパー開発の両眼視ウェアラブル「b.g.」プロトタイプを発表

メガネスーパーは16日、メガネ型ウェアラブル端末「b.g.(ビージー)」に関して、最新の商品プロトタイプを発表した。

[12:53 12/16]

2016年12月15日(木)

眼の動きで電子機器を操作可能にするIoTアプリ「JINS MEME BRIDGE(仮)」発表

アイウエアブランド「JINS」を展開するジェイアイエヌは15日、同社のセンシング・アイウエア「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」の瞬き・視線移動データによって電子デバイスの操作を可能にするAndroidアプリケーション「JINS MEME BRIDGE(仮称)」を2017年2月上旬よりリリース予定であることを発表した。

[14:50 12/15]

日立システムズPS、IoT+AIでごみ焼却炉の運転効率を向上させるPoCサービス

日立システムズパワーサービスは12月15日、IoTに人工知能(AI)分析を加えてごみ焼却炉の運転効率を向上させるPoC(Proof of Concept:概念実証)サービスの提供を2017年度より開始すると発表した。

[11:49 12/15]

ST、32bitマイコンSTM32F4シリーズに高機能製品2品種を追加

STマイクロエレクトロニクス(ST)は、高性能32bitマイクロコントローラ(マイコン)「STM32F4シリーズ」の新製品として「STM32F413」および「STM32F423」の2製品を追加したと発表した。

[10:34 12/15]

2016年12月14日(水)

犬の気持ちが分かるデバイスなど、IoTスタートアップが集結 - SEMICON Japan 2016

12月14日から16日にかけて東京ビッグサイトにて開催されているエレクトロニクス製造サプライチェーン総合展示会「SEMICON Japan 2016」。その一角に技術系・ものづくり系スタートアップが集合する展示スペース「INNOVATION VILLAGE」が設けられている。本稿では、IoT機器を手がけるスタートアップの展示内容をお届けする。

[17:01 12/14]

DNP、スマホのLEDで真贋判定ができる新型ホログラムを開発

大日本印刷(DNP)は12月14日、スマートフォンなどに搭載されている点光源のLEDを照射すると、表面に文字や絵などが浮かび上がり、真贋判定できる新しいタイプのホログラム製品「DNPホログラム LED判定」を開発し、同月中に販売を開始すると発表した。

[15:27 12/14]

三菱電機、連続駆動光出力2.1Wを実現した赤色高出力半導体レーザー

三菱電機は12月14日、連続光を使用する大型プロジェクターの光源として、赤色高出力半導体レーザー「ML562G85」を発表した。

[15:14 12/14]

2017年にはPSoCとの統合も検討-Cypressの最新開発環境「WICED Studio 4.0」

日本サイプレスは12月12日、同社のWICED Studio 4.0に関する記者説明会を開催した。WICED Studioは元々はBroadcomが開発していた、同社のWICED製品向けの開発環境である。

[09:30 12/14]

発売から5年、広がり続けるラズパイの世界 - 財団創設者がこれまでを振り返る

プログラミング教育への関心が世界的に高まる中、シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズパイ)」の存在感が増している。このほど、Raspberry Pi Foundation(財団)の創設者であるエベン・アプトン氏が来日し、発売から約5年が経過した「ラズパイ」の足跡を振り返った。

[08:00 12/14]

"尿発電電池"を用いた尿失禁センサでおむつの交換時期がわかる - 立命館大

立命館大学は12月13日、同大学東京キャンパスにてプレスセミナーを開催し、同大学理工学部電子情報工学科 道関隆国教授らの研究グループが開発するおむつ交換時期を検知できる電池不要のワイヤレス尿失禁センサシステムのデモンストレーションを公開した。

[07:00 12/14]

2016年12月13日(火)

コンテック、-20~60℃の温度範囲に対応した小型組み込み用スイッチングHUB

コンテックは12月13日、-20~60°Cの広温度範囲に対応した小型組み込み用スイッチングHUB(型式: SH-8008F )を開発し、ネットワーク周辺機器の製品ブランド「FLEXLAN」の新製品として同日より販売開始すると発表した。

[15:39 12/13]

ルネサス、マイコン内蔵の電源管理ICソリューションを発表

ルネサス エレクトロニクス(ルネサス)は12月13日、電動工具などの産業機器向けリチウムイオン二次電池の電池管理用に、3~8セルに対応したIC「RAJ240090」と、3~10セルに対応したIC「RAJ240100」を中心とした電池管理IC ソリューションの販売を2017年1月より開始すると発表した。

[15:30 12/13]

ST、IoT機器開発に適した小型センサボード「SensorTile」を発表

STマイクロエレクトロニクス(ST)は12月13日、加速度センサやジャイロセンサなど各種MEMSセンサとMEMSマイクロフォンを集積した小型ターンキー・センサ・ボード「SensorTile」を発表した。

[15:04 12/13]

2016年12月12日(月)

Mouser、Silicon Labsのメッシュ・ネットワーク・モジュールを取り扱い開始

Mouser Electronics(Mouser)は12月12日、Silicon LabsのMGM111 Mighty Gecko メッシュ・ネットワーク・モジュールの取り扱いを開始したと発表した。

[12:12 12/12]

2016年12月09日(金)

東京工科大、小型軽量なモーションキャプチャシステムを開発

東京工科大学は12月9日、腕時計サイズの高精度モーションキャプチャシステムを開発したこと、ならびに、医療分野などでの活用に向け、同大医療保健学部などと共同で実証実験を開始したことを発表した。

[19:32 12/9]

KDDI、イスラエル企業と共同でLow Power Wide Area技術の検証を実施

KDDIは12月9日、イスラエルのAltair Semiconductorと共同で省電力かつ広域なエリアカバレッジを実現するIoT向け通信技術であるLow Power Wide Area(LPWA)技術の1つであるLTE標準規格「Cat-M1」の検証を実施したと明らかにした。

[16:50 12/9]

2016年12月08日(木)

日清食品、IoT技術を活用した新工場の建設を発表

日清食品は12月7日、滋賀県栗東市に関西工場 (仮称)を新たに建設すると発表した。完成は2019年12月を予定。

[16:52 12/8]

ビーコンで学生の出欠管理 - 東洋大学が新キャンパスで導入へ

富士通は12月8日、同社のバッテリーレス・フレキシブルビーコンが2017年4月に開設される東洋大学 情報連携学部INIAD Toyoの赤羽台キャンパスに採用されると発表した。

[16:12 12/8]

Bluetooth 5提供開始、通信距離4倍、速度2倍に

Bluetooth Special Interest Group(Bluetooth SIG)は12月7日(米国時間)、Bluetooth技術の最新コア仕様としてBluetooth 5を採択したと発表した。

[14:45 12/8]

2016年12月06日(火)

ソフトバンク、藤枝市全域をカバーするIoTプラットフォームの構築を表明

藤枝市とソフトバンクは6日、LPWA(Low Power Wide Area)ネットワークを活用したIoTプラットフォームを藤枝市全域を目標に構築し、実証実験を行うことで合意したと発表した。

[16:21 12/6]

富士通研、グラフェン利用の高感度ガスセンサを開発 - NO2感度は従来比10倍

富士通研究所(富士通研)は12月5日、グラフェンを利用した新原理の高感度ガスセンサの開発に成功したと発表した。

[13:12 12/6]

ST、スマート製品をサイバー攻撃から守るセキュリティ・モジュール

STマイクロエレクトロニクスは12月6日、コンピュータやコネクテッド・デバイスをサイバー攻撃から保護するためのシールド機能を持った2種類のセキュリティ・モジュール「ST33HTPH2ESPI」および「ST33HTPH20SPI」を発表した。

[11:55 12/6]

ローム、Wi-SUN対応アダプタボードとUSBドングルの販売を開始

ロームは12月6日、国際無線通信規格「Wi-SUN(Wireless Smart Utility Network)」対応のBP35C0搭載アダプタボード「BP35C0-T01」およびUSBドングル「BP35C2」のインターネット販売を開始した。

[11:41 12/6]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第27回 動く人・物を追跡する(1) - OpenCVによるトラッキング

本連載の第13回から16回にわたって機械学習による顔・人・物体の検出、識別についてご紹介しました。1枚の画像から顔・人・物体を検出するだけでなく、動画像の連続するフレームから検出する場合は、トラッキング処理が必要となります。トラッキング処理を用いた場合、一度物体を見つけた後はその周辺のみを探索すれば良いので、誤検出や未検出を抑制することができます。さらに、フレーム間の物体の対応関係から動きの軌跡を求めることができます。

[10:00 12/6]

富士通SSL・凸版・和歌山大、高さ11mの彫刻を光で彩る展示の実証実験

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリと凸版印刷、和歌山大学 システム工学部の天野研究室は5日、光と音によるインスタレーションの実証実験を12月12日から開始する。

[07:30 12/6]

2016年12月05日(月)

トレンドマイクロ、家庭内のIoT機器への攻撃を防ぐセキュリティ製品を発表

トレンドマイクロは12月5日、スマート家電をはじめとするホームネットワークに接続されるさまざまなIoTデバイスをサイバー攻撃から保護することを可能とするセキュリティ製品「ウイルスバスター for Home Network」を発表した。

[19:56 12/5]

2016年12月02日(金)

データ活用のトップベンダーを自負する日立のIoTソリューションとは

12月1日に開催されたPTCジャパンの年次イベント「PTC Forum Japan 2016 ~IoT時代のモノの新しい見方がわかる!~」。同イベントの基調講演では、日立製作所(日立) 執行役専務でサービスプラットフォームビジネスユニット CEOの小島啓ニ氏が日立のIoTに向けた取り組みについていくつかの事例を紹介した。

[17:52 12/2]

2016年第4四半期のSSD価格は前四半期比6~10%増の見通し - TrendForce

台湾TrendForceは、2016年第4四半期のPC-OEM市場向けMLC NAND採用クライアントグレードSSDの平均契約価格は前四半期比で6~10%の上昇が見込まれること、ならびにTLC NAND採用SSDも同6~9%の上昇が見込まれることを発表した。

[17:22 12/2]

2016年12月01日(木)

乾電池型IoT「MaBeee」に新機能-イルミネーションを操作可能に

ノバルスは、スマートフォンでコントロールできる乾電池型IoT「MaBeee(マビー)」に、アプリケーションの新機能を追加した。

[14:42 12/1]

ST、Sigfoxグローバルネットワーク対応の低消費電力・長距離無線ICを発表

STマイクロエレクトロニクス(STマイクロ)は12月1日、Sigfoxグローバル・ネットワークに対応した低消費電力・長距離無線IC「S2-LPトランシーバIC」を発表した。

[13:07 12/1]

ラピス、スマートメータ通信向けのサブギガ帯域無線通信LSIを開発

ラピスセミコンダクタ(ラピス)は12月1日、サブギガ帯域無線通信LSI「ML7345」を開発したと発表した。

[12:50 12/1]

2016年11月30日(水)

自社開発のLTE Cat 1チップを搭載 - u-bloxのIoT向けセルラモジュール

スイスu-bloxは今年ドイツで開催されたElectronicaにおいて、LTE Cat 1向けのセルラモジュールを発表したが、これに関する説明会を11月28日に都内で開催した。

[09:00 11/30]

低照度イメージングの新基準を確立 - インターライントランスファEMCCD技術

光感受性はあらゆるイメージセンサにとって重要な仕様の1つですが、用途によっては、標準的なイメージセンサでは対応できない超低照度条件で動作可能なデバイスが必要です。歴史的に電子増倍型電荷結合素子(EMCCD)技術は、超低照度のシーンを捉える用途では大きな成功を収めてきましたが、現在、さらに進化したインターライン・トランスファEMCCD技術が台頭しつつあります。

[07:00 11/30]

SELTECH、米SequiturとIoT向けセキュアプラットフォーム構築で提携

SELTECHは11月28日(米国時間)、米Sequitur LabsとIoT機器向けセキュリティニーズに対応することを目的としたパートナーシップを締結したと発表した。

[07:00 11/30]

2016年11月29日(火)

アズジェント、自動車/IoT向け自動・自立型セキュリティ製品の販売を開始

アズジェントは11月29日、イスラエルKaramba Securityとの間で販売契約を締結し、同社のコネクテッドカー向けセキュリティ「Carwall」ならびにIoT用セキュリティ「IoTwall」の国内での販売を開始すると発表した。

[18:02 11/29]

ams、白色調整機能を搭載したスマート照明制御ICを発表

amsは11月29日、白色調整機能を搭載したスマート照明制御IC「AS7221」を発表した。

[16:44 11/29]

産業機器/POSで手軽にRAID1構築を可能とする「ミラーSSD」を発表-ハギワラ

ハギワラソリューションズは11月29日、2.5インチフォームファクタに2台のmSATA SSDを搭載することで、RAID1(ミラーリング)の構築を可能とした「2.5インチミラーSSD」を発表した。

[16:32 11/29]

ソフトバンク、IoT製品で米国進出したい日本企業にサポートを提供へ

ソフトバンクは11月29日、米b8taと連携し、11月30日よりIoT商品を開発する日本企業の米国進出をサポートする取り組みを開始すると発表した。

[15:41 11/29]

Kionix、フィットネス機器の衝撃検知に適した高G対応小型加速度センサ

ロームは11月29日、グループ会社のKionixが産業機器やスポーツ・フィットネス機器の衝撃検知に適した高G対応の小型加速度センサ「KX222/KX224」を開発したと発表した。

[15:01 11/29]

パナソニック、コントラスト100万:1以上の産業向けIPS液晶パネルを開発

パナソニック液晶ディスプレイは、放送機器や医療機器、車載用途などに向けて、コントラスト100万対1以上を実現する新たなIPS液晶パネルを開発したと発表した。

[12:01 11/29]

IoT活用の課題解決に向けた知識の提供を目指す - TIの挑戦

IoTを活用してみたいが、何から始めればよいのか、センサは何を選んで、エッジの端末はどう開発すれば良いのか、そういった初手でつまずいている企業はまだまだ多い。そうした企業の課題を解決し、半導体市場での成長を狙うのがTIだ。同社は近年、IoTに注力しており、積極的に製品のみならずソリューションを提供することで、こうした課題の解決に挑んでいるという。

[10:00 11/29]

クラウドビジョン、フルカラーLEDビジョンに屋内向け製品シリーズを追加

クラウドビジョンは11月28日、同社のフルカラーLEDビジョン「VEGAS VISION(ベガスビジョン)」に、屋内用透過性フルカラーLEDビジョン「Mシリーズ」ならびに屋内用透過性吊り下げ型LEDビジョン「MBシリーズ」の2シリーズを追加すると発表した。

[08:00 11/29]

世界最大級の在庫を武器に、グローバルで躍進 - 徹底した自前主義で世界に挑む半導体商社Future Electronics

「在庫は"罪子"」という言葉もあるが、逆に在庫を持つ、ということを信念にビジネスを拡大してきたのがカナダの半導体商社Future Electronicsだ。なぜ同社は他社よりも多い在庫を有していながらも成長を続けてこれたのか、日本法人であるフューチャーエレクトロニクスの代表取締役を務める徳永郁子氏に話を聞いた。

[07:00 11/29]

2016年11月28日(月)

ACCESS、自動車保険向けに加速度センサ搭載のビーコン端末を開発

ACCESSは11月28日、セゾン自動車火災保険(セゾン自動車火災)の「おとなの自動車保険」契約者向けに新サービスで提供する「つながるボタン」を、ACCESSのビーコン端末「ボタンビーコン」をベースに共同開発したと発表した。

[15:29 11/28]

NEC、状況を音で認識する技術を開発 - 防犯や見守りでの活用に期待

NECは11月28日、事象を音で認識する「音状況認識技術」を開発したと発表した。

[11:57 11/28]

快挙!国際学生ロボットコンテストで日本チームが金メダル獲得

11月25日~27日までインド・ニューデリーで開催されている学生国際ロボットコンテスト「WRO ( World Robot Olympiad) 2016国際大会」で日本の高校生が金メダルを受賞した。

[10:12 11/28]

2016年11月24日(木)

凸版とオルタス、台湾の中小型液晶パネルメーカー「Giantplus」を買収

凸版印刷とオルタステクノロジーは11月24日、台湾CPTの子会社で、中小型液晶パネル製造を手掛けるGiantplusの株式を取得し、子会社化することを決定したと発表した。

[18:09 11/24]

NXP、マルチプロトコル互換モジュラー型IoTゲートウェイ・ソリューション

NXP Semiconductors(NXP)は11月24日、Thread、ZigBee、Wi-Fiなどの広範なワイヤレス通信プロトコルをサポートし、事前に統合化、機能検証、およびRF認証を完了したモジュラー型IoTゲートウェイ・ソリューションを発表した。

[17:24 11/24]

AIがオフィスでのコミュニケーションに与える影響を検証 - Nextremer

Nextremerは、プラスが11月24日~25日に開催する「PLUS Furniture Fair 2017」において、オフィスにおけるAI活用対話システムを展示することを発表した。

[12:44 11/24]

ニフティ、即時アンケート集計が可能なスティックライト型IoTデバイスを発表

ニフティは24日、三和酒類とのコラボレーションにより、IoTを活用したリアルタイムアンケートシステムを開発したことを発表した。このシステムは、同社が2016年12月7日より渋谷に移転オープン予定のイベントハウス型飲食店「東京カルチャーカルチャー」で導入する予定となっている。

[12:19 11/24]

スマートウェアの情報にあわせた音楽リズムが自分だけに聞こえる技術 - 産学連携で"運動したくなる社会"を目指す立命館大

11月22日に立命館大学東京キャンパスにて開催されたプレスセミナーでは、スマートウェアを活用し、同ウェアが収集した生体情報にあわせた最適な音楽リズムを、超音波スピーカーから流すというデモンストレーションが公開された。

[07:30 11/24]

2016年11月23日(水)

デジタル化でビジネスはどう変わるのか? - 「第3回ダスト・コンソーシアム」基調講演

リニアテクノロジーは10月27日、都内にて「第3回ダスト・コンソーシアム」を開催。基調講演として、東京大学 先端科学技術研究センターの森川博之 教授が登壇し、「デジタルが社会・経済・産業・ビジネスを変える」と題し、あらゆるところでデジタル化が進んでいること、それにより何が起こるのか、といったことを語った。

[07:00 11/23]

2016年11月22日(火)

IoTに本腰を入れている企業の割合は約2割 - エスキュービズム調べ

エスキュービズムは11月21日、同社が10月18日に開催した「S-cubism IoT conference」にて来場者に実施したIoTへの取り組みについてのアンケート結果を発表した。

[17:02 11/22]

2016年11月21日(月)

ハギワラ、高速化と長寿命化を実現した産業機器向けSD/microSDカードを発売

ハギワラソリューションズは、産業機器向けに小バイトのランダムアクセスを高速化したSDカードおよびmicroSDカード「Sシリーズ」を11月下旬より順次発売すると発表した。

[16:23 11/21]

u-blox、IoT向けRPMAモジュールと4つのLTE Cat 1モジュールを発表

スイスu-bloxは、LPWA(Low Power Wide Area Network)IoTアプリケーション向けRPMA(Random Phase Multiple Access)モジュール「NANO-S100」ならびに、LTEカテゴリ(Cat)1セルラモジュール「LARA-R211/TOBY-R202/TOBY-R204/TOBY-R211」を発表した。

[14:45 11/21]

2016年11月17日(木)

IoT検定の受検機会を拡大 - 日本国内は150カ所以上、国外でも実施

IoT検定制度委員会は、世界中に試験会場ネットワークを有するプロメトリックとグローバル契約を締結し、「IoT検定」を12月から日本国内で、2017年には全世界で試験を開始すると発表した。

[12:03 11/17]

2016年11月16日(水)

3カ月でIoTのPoCスタートアップを可能とするアットマークテクノ - ET 2016

2016年11月16日から18日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2016」「IoT Technology 2016」において、アットマークテクノは、IoTの概念実証に必要なモノとサービスをまとめて提供する「Armadillo-IoT PoCパッケージ」などの紹介を行っている。

[19:48 11/16]

FPGAの複製や偽造を防止する技術を東芝が展示 - ET 2016

2016年11月16日から18日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2016」「IoT Technology 2016」において、東芝はFPGAの複製や偽造を防止する技術などの紹介を行っている。

[19:36 11/16]

FPGAの応用範囲の拡大を目指すザイリンクス - ET 2016

2016年11月16日から18日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2016」「IoT Technology 2016」において、ザイリンクスは、同社のAll Programmable SoC「Zynq-7000」の活用に向けた各種ソリューションの紹介を行っている。

[19:27 11/16]

電池不要で駆動する小型BLEビーコンを日本サイプレスが展示 - ET 2016

2016年11月16日から18日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2016」「IoT Technology 2016」において、Cypress Semiconductorの日本法人である日本サイプレスは、USB PD対応のType-C HUB「EZ-USB HX3C」のデモなどを行っている。

[19:08 11/16]

拡大する組み込みコンピュータの適用分野を紹介するPFU - ET 2016

2016年11月16日から18日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2016」「IoT Technology 2016」において、PFUは、最新型の組み込みコンピュータ各種の紹介や、そうした組み込みコンピュータを活用したさまざまなソリューションのデモを行っている。

[18:47 11/16]

IoTから車載まで幅広いソリューションを一挙に紹介するNXP - ET 2016

最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2016(Embedded Technology 2016)」「IoT Technology 2016」が2016年11月16日から18日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている。

[18:30 11/16]

NEC、5Gの基地局用28GHz帯超多素子アンテナシステムを開発

NECは11月16日、次世代無線通信規格である5Gの実用化に向けて、28GHz帯対応の約500素子の基地局用多素子AASを開発したと発表した。

[12:20 11/16]

2016年11月15日(火)

日立、動画の撮影後でもピント調節が可能なレンズレスカメラ技術を開発

日立製作所は11月15日、レンズの代わりに同心円パターンを印刷したフィルムを用いて、動画撮影後に容易にピント調整ができるレンズレスカメラ技術を開発したと発表した。

[18:16 11/15]

宇宙遊泳をVR体験するゴーグル型デバイス「JOY!VR」限定版を発売-+Style

ソフトバンクは15日、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」内にて、タカラトミーのゴーグル型VRデバイス「JOY!VR(ジョイ・ブイアール)宇宙の旅人」を発売した。

[13:07 11/15]

NTTドコモ、複数の周波数帯に対応可能なIoT向けフィルム型アンテナを開発

NTTドコモは11月14日、M2M/IoT機器に向けて800~900MHz/1700~2600MHzのすべての周波数に対応可能な「フィルム型広帯域マルチバンドアンテナ」を開発したと発表した。

[12:30 11/15]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第26回 インターネット上の画像群からTime-lapse映像を自動生成する手法の概要

Time-lapseという言葉をご存知でしょうか? 一定間隔で写真を撮影し、それらをつなぎ合わせて作成した映像です(動画1)。雲がものすごく早く流れ、一気に日が暮れていく映像、植物が瞬く間に成長する映像などがそれです。

[10:00 11/15]

クリーニング×IoT=? - 宅配ネットクリーニングサービス「リネット」がRFIDタグを導入した理由

宅配ネットクリーニングサービス「リネット」を運営するホワイトプラスは2016年10月、クリーニングに出した衣類のためのRFIDトラッキングシステム「エスコートタグ」を開発したと発表した。クリーング品をトラッキングするメリットはどこにあるのだろうか。今回、ホワイトプラスの井下孝之 代表取締役社長に話を伺った。

[09:00 11/15]

【特別企画】あらゆるモノとサービスを融合する「IoT時代のOS」とは? - 2016 Japan IT Week 秋

10月26日~28日にかけて、幕張メッセで開催された「2016 Japan IT Week 秋」。本記事では、その中から「第2回 IoT/M2M展 秋」に出展したオプティムのブースを訪問。同社の展示概要からソリューション開発の背景などを聞いた。

[08:30 11/15]

TIのSub-1GHzワイヤレスマイコン開発キット、Sigfox日本仕様の認証を取得

日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は11月14日、Sub-1GHz(1GHz未満)の周波数帯を使ったIoT製品向け低消費電力ワイヤレスマイコンの開発キット「CC1310 LaunchPad」が、Sigfox日本仕様の認証を取得したことを発表した。

[08:30 11/15]

Hitexとイーソルトリニティ、組込ソフト単体テスト自動化ツール販売で提携

独Hitexとイーソルトリニティは11月14日、Hitexの組込みソフトウェア単体テスト自動化ツール「TESSY」の日本での販売について合意したことを発表した。

[06:30 11/15]

2016年11月14日(月)

独シーメンスがMentor Graphicsを買収 - 買収額は約45億ドル

独Siemens(シーメンス)とMentor Graphicsは11月14日(独時間)、シーメンスがMentorを買収することで合意したと発表した。

[21:13 11/14]

ロームなど、Wi-SUN FANに対応した無線機の基礎開発に成功

京都大学 大学院情報学研究科の原田教授の研究グループは11月14日、ロームならびに日新システムズと共同で、IoT向け国際無線通信規格「Wi-SUN FAN」に対応した無線機の基礎開発に成功したと発表した。

[12:42 11/14]

2016年11月11日(金)

Cypress、IoTデザインを簡素化するターンキー開発プラットフォームを発表

Cypress Semiconductorは、ワイヤレス接続を数分で実現可能なIoT向け開発プラットフォームの最新版となる「WICED Studio 4プラットフォーム」を発表した。

[08:00 11/11]

アットマークテクノ、IoTの導入に向けたPoC向けトータルパッケージを提供

アットマークテクノとウフルは11月10日、IoTシステムの迅速な構築を支援するサービスについて協業し、2016年末より、IoTの概念実証(PoC)に必要なモノとサービスを一括して、すぐに使える状態で提供する「Armadillo-IoT PoCパッケージ」を提供すると発表した。

[07:30 11/11]

TED、放送・医療機器向けのビデオコーデックモジュールの販売を開始

東京エレクトロン デバイス(TED)は11月10日、ベルギーImage Mattersと、放送・医療機器向けビデオコーデックモジュール「ORIGAMI MODULE B20」の製造許諾権と日本などでの販売権契約を締結したと発表した。

[07:00 11/11]

RSコンポーネンツ、「Raspberry Pi」の国内生産モデルの販売を開始

アールエスコンポーネンツ(RSコンポーネンツ)は11月10日、ワンボードコンピュータ「Raspberry Pi」シリーズの国内生産モデル「日本製Raspberry Pi 3 Model B」の150個セットの販売を開始したと発表した。

[06:30 11/11]

2016年11月10日(木)

ソシオネクスト、8K HEVCリアルタイムエンコーダソリューションを発表

ソシオネクストは11月10日、8K/60p映像のHEVC/H.265方式によるリアルタイムエンコード処理をPCI Expressボード1枚で実現可能なソリューションを発表した。

[17:05 11/10]

ソシオネクスト、4K/60p HEVC対応マルチフォーマットコーデックを開発

ソシオネクストは11月10日、HEVC/H.265、AVC/H.264、MPEG-2方式といったさまざまな映像および音声データのエンコード、デコード、トランスコードなどの機能を1チップで提供するマルチフォーマットコーデックLSI「MB86M30」を開発したことを発表した。

[17:04 11/10]

KCCS、SIGFOXでLPWAに参入 - 低価格でIoTネットワークを提供

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は11月9日、仏SIGFOX社が提供するIoTネットワーク「SIGFOX」を日本で展開し、2017年2月からサービスを開始すると発表した。

[08:00 11/10]

2016年11月09日(水)

ホウレン草にCNTを組み込んで地中の危険物を検知、スマホに警報送信 - MIT

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、地面に植えたホウレン草などの植物を使って、地中の化学物質を検出する技術を開発した。ホウレン草の葉にはカーボンナノチューブ(CNT)を組み込む。検出した情報はスマートフォンなどに無線で伝達される。爆発物や土壌汚染物質の検知、警報発信に利用できる。研究論文は学術誌「Nature Materials」に掲載された。

[13:28 11/9]

シリコン・ラボ、IoTデバイス向けBLE対応SiPモジュール

シリコン・ラボラトリーズ(シリコン・ラボ)は11月9日、Bluetooth Low Energy(BLE)対応の新製品「BGM12x Blue Gecko」SiPモジュールを発表した。

[11:12 11/9]

2016年11月08日(火)

Telit、森の中でも高い位置情報精度を実現するGNSSモジュールを発表

Telit Wireless Solutions(Telit)は11月8日、内蔵のジャイロセンサ、加速度センサ、および気圧センサで取得した情報を利用して、トラック&トレースシステムや車載システムなどの応用分野で推測航法(DR)ナビゲーションを行うGNSSモジュール「SL869-3DR」を発表した。

[15:48 11/8]

ローム、鮮明なドットマトリクス表示を実現する高輝度3色LEDを発表

ロームは11月8日、ウェアラブル機器やアミューズメント製品のドットマトリクス光源などの民生機器向けに、リフレクタ付きLED「MSL0402RGBU」を開発したと発表した。

[15:00 11/8]

2016年11月07日(月)

金沢上空の雷雲は「天然の加速器」か!? - 宇宙物理学者が挑む、カミナリ雲の謎

最近の研究から、地球上の雷雲のなかで電子が高いエネルギーにまで加速されている証拠が見つかってきている。京都大学白眉センターの榎戸輝揚特定准教授は、この雷雲の謎に迫るべく、2015年に「雷雲プロジェクト」を立ち上げた。榎戸准教授はもともと、中性子星の研究を行う宇宙物理学者だ。なぜ宇宙の専門家が、「カミナリ」という身近な現象に興味を持ったのだろうか。また、このプロジェクトで明らかになることは何なのだろう。

[11:00 11/7]

2016年11月02日(水)

注力市場では平均比で2倍の成長を目指す - ルネサスの中期成長戦略

ルネサス エレクトロニクスは11月2日、2016年12月期第2四半期決算の発表に併せて、中期の成長戦略を発表した。それによると、注力市場においては平均市場成長率の2倍の成長率を目指すことを強調。具体的には、おおむね6~7%を狙っていくとした。

[20:33 11/2]

IoTにセキュリティを提供するCortex-M23/33とSIE-200/SSE-200 - ARM TechCon 2016

既報の通り、ARM TechCon 2016でARMは新しく「Cortex-M23/33」と、これをサポートするAMBA 5 System IPであるSIE-200、さらにサブシステム全体を含んだSSE-200を発表した。これについてもう少し細かい話をご紹介したい。

[17:26 11/2]

ARM、ARMv8-Mアーキテクチャ採用のIoT向けCPUコア「Cortex-M23/33」を発表

ARMは2016年10月25日~27日に開催したプライベートイベント「ARM TechCon 2016」にて、ARMv8-Mアーキテクチャを採用したセキュアIoTの実現に向けたCPUコア「ARM Cortex-M23/33」を発表した。

[13:23 11/2]

2016年11月01日(火)

Maxim、ヘルスケア機器などの開発期間を短縮できるプラットフォームを発表

Maxim Integratedは10月31日(米国時間)、ウェアラブル機器やポータブルヘルスケア機器から、ハイエンドのフィットネスといった幅広いヘルスケアアプリケーションの開発期間を短縮することを可能とする開発/評価向けプラットフォーム「hSensor Platform」を発表した。

[17:39 11/1]

日本TI、逆極性保護付きワンチップ60V eFuse製品を発表

日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は11月1日、2個のバック・ツー・バックFETを集積し、最大60Vと業界最高クラスの保護定格を提供するワンチップeFuse製品「TPS2660」を発表した。

[16:06 11/1]

ローム、独自回路技術で感度を向上させたウェアラブル機器向け脈波センサー

ロームは11月1日、スポーツバンドやスマートウォッチなどのウェアラブル機器向けに、脈波信号を測定する脈波センサー「BH1790GLC」を開発したと発表した。

[15:35 11/1]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第25回 一人称視点(3) - Social Saliency

前々回より、頭部に装着することができるウェアラブルカメラで撮影する一人称視点映像に関する技術について解説しています。今回は、複数の人物が存在するシーン中で、どこのエリアが人々の注意を集め得るかを推定する、Social Saliency Predictionについて紹介します。

[10:00 11/1]

【特別企画】IIoTとマシンビジョンの最新事例紹介セミナー開催! ヤマハ発動機、新光電気工業など登壇

リンクスは来たる11月16日(水)、17日(木)、18(金)の3日間、東京・大阪・名古屋の3都市で、産業界における最新の動向と豊富な事例を紹介する「LINXDays 2016」を開催する。

[08:30 11/1]

2016年10月31日(月)

Telit、ビジネスチャンスを広げる小型GNSSモジュール

Telit Wireless Solutionsは10月31日、小型で低消費電力のGNSSモジュール「SE873Q5」の販売を開始した。

[17:00 10/31]

2016年10月28日(金)

ST、セキュア機能を搭載した産業機器/IoT向けCortex-M7マイコンを発表

STMicroelectronicsは10月28日、同社の32ビットマイコン「STM32ファミリ」として、最大級となる最大1MBのSRAMと最大2MBのデュアルバンク フラッシュメモリを搭載したARM Cortex-M7搭載品「STM32H7シリーズ」を発表した。

[19:07 10/28]

"明日にでも使えそうな技術"が集結した「デジタルコンテンツEXPO2016」

デジタルコンテンツ技術をテーマとした国際イベント「デジタルコンテンツ EXPO 2016」が日本科学未来館で開催中だ。10月27日~30日まで行われており、日本科学未来館の入館料は不要で、入場無料で参加できる。

[16:05 10/28]

IoT機器を現場のニーズに合致させる「DIY型IoT」を提供- インフォテリア・Cerevo

インフォテリアとCerevoは28日、企業が自社ニーズ適したIoT機器と対応ソフトウェア双方をカスタム開発できる「DIY型IoT」開発環境を協業で提供していくことを発表した。提供開始時期は2016年度第4四半期から。

[14:24 10/28]

ゴーグル不要の「8KVR」から失禁疑似体験まで、先端技術を無料で体験! - デジタルコンテンツEXPO2016

デジタルコンテンツ技術をテーマとした国際イベント「デジタルコンテンツ EXPO 2016」が日本科学未来館で開催中だ。10月27日~30日まで行われており、日本科学未来館の入園料は不要で、入場無料で参加できる。

[12:04 10/28]

2016年10月27日(木)

ARM TechCon 2016 - カンブリア爆発で始まった基調講演

10月25日~27日に「SCCC(Santa Clara Convention Center)」で今年もARM TechCon 2016が始まった。初日の基調講演には当然ながら先日ARMを買収した孫正義社長が登壇、いきなり"カンブリア爆発"から話が始まった

[13:33 10/27]

2016年第3四半期のスマホ生産台数は10%の伸び - 中国ブランドは18%成長

台湾TrendForceは、2016年第3四半期(7~9月期)の世界スマートフォン(スマホ)生産数が3億5000万台に達し、前期比で10.4%増となったと発表した。

[07:30 10/27]

有機ELパネルの不足で需要に供給が追いつかないVRゴーグル - TrendForce

VR製品の出荷は需要に追い付かないだろう。主要な部材、特に有機ELパネルが不足するため、メーカーはもっと出荷したくてもそれができそうにない。と語るのは市場動向調査企業である台湾TrendForceのアナリストだ。同氏は、今後1~2年はVR機器向け部材の供給はタイトな状態が続くと見ている。

[07:00 10/27]

2016年10月26日(水)

Cerevo、音楽と同期し光るスマート・ヨーヨー「7-Magic」発表

Cerevoは26日、Bluetooth経由でPCと接続し、ヨーヨー内に内蔵されたLEDの光を制御できるスマートトイの新製品「7-Magic(セブン・マジック)」を発表した。同日、同社ウェブサイトで予約受付を開始し、11月上旬に出荷する。販売価格は2万7,777円(税別)。

[20:32 10/26]

ITとOTの融合には業界を超えた連携が重要 - NIDays 2016

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は10月26日、同社の「LabVIEW」を中心としたNIプラットフォームベースアプローチを活用した、最新システムや業界動向などを紹介するイベント「NIDays 2016」を開催。併せてプレス向け説明会を開催し、同社のIoTに向けた取り組みとして、他社との連携によるソリューション活用の紹介などを行った。

[18:28 10/26]

NXP、マルチプロトコル対応ワイヤレスMCUソリューションの量産を開始

NXP Semiconductorsは、1チップマルチプロトコル対応ワイヤレスMCU「Kinetis KW41Z MCUファミリ」の量産を開始したと発表した。

[16:07 10/26]

富士通セミコンダクター、4MビットReRAM「MB85AS4MT」を提供開始

富士通セミコンダクターは10月26日、パナソニックセミコンダクターソリューションズと共同製品開発した4MビットReRAM「MB85AS4MT」の提供を開始したと発表した。

[14:16 10/26]

DNPなど、高セキュリティなIoTデバイス向け組み込み用パッケージを開発

大日本印刷(DNP)とアットマークテクノ、NXPセミコンダクターズジャパン(NXP)は10月26日、高セキュリティなIoTデバイス向けの組み込み用パッケージを開発し、来春に販売を開始すると発表した。

[12:48 10/26]

ルネサスなど、IoT向け次世代Renesas Synergyプラットフォームの技術を発表

ルネサス エレクトロニクス(ルネサス)、米下エクスプレス・ロジック、IARシステムズ(IAR)は10月26日、ARMの新たなアーキテクチャ「ARMv8-M」を採用したセキュリティ対応IoT向け次世代Renesas Synergyプラットフォームの技術を発表した。

[12:25 10/26]

富士通エレクトロニクス、96Boards仕様準拠の名刺サイズCPUボードを発表

富士通エレクトロニクスは10月25日、Linaroの96Boards仕様に準拠した名刺サイズの小型CPUボード「F-Cue」を開発し、11月14日から受注を開始すると発表した。

[07:00 10/26]

日本NI、ソフトウェア開発環境「NI VeriStand」の最新版を発表

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は10月25日、ソフトウェア開発環境NI VeriStandの最新版「NI VeriStand 2016」を発表した。

[06:00 10/26]

2016年10月25日(火)

DNP、シートを貼り付けてコンクリートのひび割れを検知するシステムを開発

大日本印刷(DNP)は10月25日、トンネルや橋梁などの老朽化にともなって拡大するコンクリートのひび割れを検知するシステムを開発したと発表した。

[12:31 10/25]

メンター、マルチボードシステム設計の効率化実現する新ソリューション

メンター・グラフィックス(メンター)は10月25日、新製品となるXpeditionマルチボードシステム設計ソリューションを発表した。

[11:00 10/25]

ローム、高耐圧ファンモータドライバの評価用リファレンスボードを発表

ロームは10月25日、ルームエアコンやシーリングファンなど家電製品のインバータ化を高効率で実現することが可能な高耐圧ファンモータドライバの評価用リファレンスボード「BM620xFS-EVK-001 シリーズ」を開発し、インターネット販売を開始したと発表した。

[10:18 10/25]

SBTとミラクル・リナックスがルネサス向けLinux BSP開発で協力

ソフトバンク・テクノロジー(SBT)とミラクル・リナックスは10月24日、ルネサス エレクトロニクスが開発した組み込みHMI向けLinuxプラットフォームソリューション 「RZ/G Linux プラットフォーム」におけるクラウド上での開発ツールの開発支援を行ったことを明らかにした。

[08:00 10/25]

2016年10月24日(月)

トレンドマイクロ、IoT機器の開発に向けたセキュリティガイドラインを公開

トレンドマイクロは10月24日、組込機器などを含むIoTデバイスの開発者向けにセキュリティリスクとその対策を解説した「IoTセキュリティガイドライン -デバイスライフサイクルの概要-」を公開したと発表した。

[14:01 10/24]

これが日本のものづくり力 - チームものづくりジャパンの一角を目指すOTC

日本からものづくりの火を消してはならない。その思いを胸に、日本でのものづくりにこだわってきた会社がある。OKIグループにおいてEMS事業の中核を担うOKIサーキットテクノロジー(OTC)だ。なぜ同社は、日本でのものづくりにこだわるのか。同社の本質を工場の様子から探ってみた。

[13:00 10/24]

高品質映像のみならず演算性能にも期待 - GPUの活用が進む産業分野

NVIDIAは10月18日、都内で7月に発表したQuadro Pascalプラットフォーム「Quadro P6000/P5000」の国内販売スタートに併せて産業分野に向けた取り組みに関する説明会を開催し、VRやデザインが迎える新たなステージの紹介を行った。

[09:00 10/24]

ITでも組み込みでもアナリティクスの活用が可能に - MATLAB EXPO 2016

マスワークスジャパンは10月19日、都内でプライベートカンファレンス「MATLAB EXPO 2016」を開催。併せて、「MATLAB/Simulink」の最新リリース「Release 2016b(R2016b)」に関するメディア向け説明会を開催した。

[08:00 10/24]

2016年10月20日(木)

TED、1000fps/8bit階調の高速プロジェクタ「DynaFlash」を発売

東京エレクトロン デバイス(TED)は10月19日、1000fpsで8bit階調の映像を、最少遅延3msで投影できる世界最速レベルの高速プロジェクタ「DynaFlash」を発売した。

[11:34 10/20]

【特別企画】マイナビニュースフォーラム2016 Winter for データ活用 ~IoT時代の機先を制す~

間もなく到来するIoT(Internet of Things)時代には、Webの世界で起きているようなトラッキングが、現実の世界にも適用されることになると予想されます。人やものがどのように動き、どういった状態にあるのか――そうした情報がつまびらかになることで、過去や今のみならず、近未来も把握できるようになるはずです。本セミナーでは、さまざまな分野の事例をご紹介しながら、今後に向けて何を準備するべきかについて一案をご提示していく予定です。

[08:30 10/20]

ラズパイと専用3G通信モジュールがセットになったIoTスターターキット

IoT機器の開発・販売を手がけるメカトラックスは10月19日、シングルボードコンピューター「Raspberry Pi(ラズパイ)」と自社製品であるラズパイ用3G通信モジュール「3GPi」などの機材をセットにしたIoT向けスターターキット「anyPi」の販売を開始したと発表した。

[08:00 10/20]

2016年10月19日(水)

ADI、電力品質モニター機能搭載の高集積多層AFEを発表

アナログ・デバイセズ(ADI)は10月19日、電力品質モニター機能を搭載した高集積多相AFE(アナログ・フロント・エンド)「ADE9000」を発表した。

[18:17 10/19]

PFU、IIoTの普及に伴いEtherCATカードを機能強化

PFUは10月19日、産業向けIoTの普及に伴う多様な市場ニーズに対応するため、フィールドネットワークの機能を強化するEtherCATカードや、組込みコンピュータの主要モデル追加を行い、同日より販売を開始した。

[15:11 10/19]

ON Semi、モバイルバッテリー向けインテリジェント充電コントローラを発表

米ON Semiconductor(ON Semi)の日本法人であるオン・セミコンダクターは10月19日、パワーバンク(モバイルバッテリー)向けインテリジェント充電コントローラ「LC709501F」を発表した。

[14:22 10/19]

Qualcomm、Snapdragon 410E/600EのIoT向け外販を国内で開始

Qualcommは米国時間の9月29日、IoT市場に向けて同社のSnapdragon 410/600の組み込み向け製品となる「Snapdragon 410E/600E」を発表すると共に、この2製品を同社からの直販ではなくArrow Electronics経由で購入できるようにしたことをアナウンスしたが、この内容に関して同社の日本法人が説明を行った。

[13:26 10/19]

2016年10月18日(火)

キヤノン、InPイマージョン回折素子の開発に成功

キヤノンは10月18日、InP(リン化インジウム)のイマージョン回折素子の開発に成功したと発表した。

[18:37 10/18]

パナソニック、大型タッチパネルを製造しやすくなるフィルム材料を製品化

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズは10月18日、電子黒板、サイネージ、アミューズメント機器などの大画面ディスプレイ用タッチパネルセンサーに適した「両面銅張PETフィルム材料 R-H825」を製品化し、2016年12月から量産を開始すると発表した。

[18:22 10/18]

ADI、心臓モニタリング機器の小型化/軽量化を実現する生体電位AFEを発表

アナログ・デバイセズ(ADI)は10月18日、心臓モニタリング機器を小型化/軽量化し、動作寿命を延長する、新しい生体電位AFE「AD8233」を発表した。

[12:22 10/18]

ST、1.8Vから動作可能な超小型コンパレータを発表

STマイクロエレクトロニクス(ST)は10月18日、バッテリ動作に適した低い消費電力と高速性を備えたコンパレータ「TS985」を発表した。

[12:02 10/18]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第24回 一人称視点(2) - Social Interaction

今回は、頭部に装着したGoProを用いてアメリカのディズニーランドで長時間撮影した映像から、会話しているシーンを抽出し、会話の種別(1対1か1対多かなど)を推定する手法を紹介します。

[10:00 10/18]

2016年10月14日(金)

三菱電機、組込機器向けディープラーニング高速学習アルゴリズムを開発

三菱電機は10月14日、車載機器や産業用ロボットなどの組込機器上で実現する推論処理に必要な事前学習時間とメモリ量を短縮・削減した「ディープラーニングの高速学習アルゴリズム」を開発したと発表した。

[16:13 10/14]

メンター、IIoT向け組み込みミドルウェアのRTIと提携

メンター・グラフィックス・コーポレーション(メンター)は10月14日、インダストリアルIoT(IIoT)向け組み込みミドルウェア大手のReal-Time Innovations(RTI)とのパートナーシップを発表した。

[15:44 10/14]

KDDI、周波数利用効率947bit/s/Hzの光ファイバの伝送容量拡大技術を開発

KDDI総合研究所は10月14日、光ファイバ通信の伝送容量を拡大するために必要となる周波数利用効率を向上する技術を開発し、LTEの約60倍の周波数利用効率となる947bit/s/Hzの伝送実験に成功したことを発表した。

[13:25 10/14]

NEC、新生児/乳幼児向け指紋撮像機器の試作機を開発

NECは、新生児/乳幼児専用の指紋撮像機器の試作機を開発し、米ミシガン州立大学と共同でインド共和国にて実証実験を実施し、生後6時間の新生児をはじめ生後6カ月未満の新生児・乳児100人以上の指紋撮像に成功したことを発表した。

[11:59 10/14]

2016年10月13日(木)

サイレックス、IEEE 802.11ac対応のワイヤレスブリッジを発表

サイレックス・テクノロジー(サイレックス)は10月13日、高速無線通信規格IEEE 802.11ac対応のワイヤレスブリッジ「BR-310AC」の販売を11月11日に開始すると発表した。価格(税別)は1万9800円。

[19:55 10/13]

NICT、透明なスクリーンにホログラム映像が浮かぶ3D映像技術を開発

情報通信研究機構(NICT)は10月13日、透明なスクリーンにホログラム映像が浮かぶプロジェクション型ホログラフィック3D映像技術を開発したと発表した。

[16:54 10/13]

オプティムのCloud IoT OSとオムロンのヘルスケア機器が連携

オプティムは10月13日、IoT端末の管理・制御向けOS「OPTiM Cloud IoT OS」が、オムロン ヘルスケアが11月1日より日本で提供を開始する予定のアプリケーション「OMRON connect」に対応する機器と連携することで、バイタルデータをAIで分析し、遠隔医療や予防医療などの各種医療サービスの発展を支援していくことを発表した。

[13:01 10/13]

2016年10月12日(水)

プレート1枚で何もない空中に映像を出現させるもう1つの「AI技術」

アスカネットは10月12日、何もない空中に映像を映し出すことができる「AIプレート」のメディア向け体験会を開催した。

[18:36 10/12]

サイレックス、2系統LAN環境でプリンタを共有できるUSBデバイスサーバを発表

サイレックス・テクノロジーは10月12日、エンタープライズセキュリティ対応の無線(IEEE 802.11a/b/g/n)USBデバイスサーバ「DS-520AN」を10月31日より発売すると発表した。

[17:44 10/12]

KDDI総研、加速度センサの個体差から固有IDを生成する技術を開発

KDDI総合研究所は10月12日、加速度センサの最大値・最小値の個体差を利用した固有ID生成技術を開発したと発表した。

[15:46 10/12]

ルネサス、Renesas Synergyプラットフォーム向けBACnet VSAを提供開始

ルネサス エレクトロニクス(ルネサス)と独CS Labは10月12日、ビルオートメーション向け通信プロトコルであるBACnetソフトウェアをRenesas Synergyプラットフォーム向けVerified Software Add-on(VSA)としてリリースすると発表した。

[12:48 10/12]

SII、パワーモニタ用出力機能を搭載した低消費電流LDOレギュレータ

セイコーインスツル(SII)の関連会社であるエスアイアイ・セミコンダクタは10月12日、ウェアラブル機器・IoT機器の低消費電力化を実現するパワーモニタ用出力機能付き、超低消費電流LDOレギュレータ「S-174xシリーズ」を10月より発売すると発表した。

[10:51 10/12]

Mouser、通販サイトでの製品検索を強化 - 3つの目的別タブを新たに追加

Mouser Electronicsは、同社が運営する通販サイトの製品検索/閲覧におけるユーザービリティの向上を目的に、標準的な「製品検索」タブに加え、「データシート」「画像」「最新製品」の3つのタブを追加したと発表した。

[07:00 10/12]

2016年10月11日(火)

ルネサス、400Gbps通信機器の開発を10カ月短縮できるリファレンスデザイン

ルネサス エレクトロニクス(ルネサス)は10月11日、基幹通信分野のルータ・スイッチ向けに、通信業界最速クラスの400Gbps通信機器の開発期間を大幅に短縮するネットワーク検索エンジンLSIのリファレンスデザインを提供開始したと発表した。

[15:52 10/11]

2016年10月07日(金)

ST、ウェアラブル機器向けワイヤレス給電用チップセットを発表

STマイクロエレクトロニクス(ST)は10月7日、バッテリ駆動機器向けワイヤレス給電用チップセットを発表した。

[11:31 10/7]

直射日光下でも使用可能なToF方式CCDセンサー「epcシリーズ」 - リンクス

画像処理技術を扱うリンクスは10月6日、スイス・ESPROS社製のToF(Time of Flight)方式CCDセンサー「eocシリーズ」の販売を11月より開始すると発表した。

[09:03 10/7]

imecディレクターが語った直感的かつ拡張可能なIoTを実現するテストベッド

ベルギーの独立系研究機関imecとオランダの独立系研究機関Holst Centreは共同で、IoT構築を支援するテストベッドを開発した。今回、両機関を結び付けるプログラムディレクターを務めるKathleen Philips博士にテストベッド開発の背景やその活用法、そして今後の展望について聞く機会をいただいたので、その模様をお届けしたい。

[08:00 10/7]

2016年10月06日(木)

VIAのUSB 3.1 Gen2-SATAブリッジコントローラ、ネイティブUSB-C認証を取得

VIA Technologiesは10月5日(台湾時間)、同社子会社であるVIA LabsのネイティブUSB Type-C対応USB 3.1-SATAIIIブリッジコントローラ「VL716」が、USBの標準化団体である「USB-IF(USB Implementers Forum)」のSuper Speed USB 10Gbps認証を取得したと発表した。

[18:42 10/6]

クリーニングの熱・衝撃に耐えるRFIDタグで衣類をトラッキング - ホワイトプラス

クリーニングに出した衣類に取り付けられる耐熱・薄型のRFIDタグが開発された。

[17:29 10/6]

金沢村田製作所の新生産棟が完成 - スマホ向け部品の需要増に対応

村田製作所は10月6日、高周波電子部品およびセンサの開発・製造を行う金沢村田製作所の敷地内において建設を進めていた新生産棟が完成したと発表した。

[16:53 10/6]

Maxim、IoT機器などのセキュリティを強化する次世代セキュア認証用ICを発表

Maxim Integratedは10月5日(米国時間)、産業機器や医療機器、IoT機器などのIPならびにデバイス完全性の保護を強化することを目的に、DeepCoverセキュア認証用ICの新製品「DS28C36」を発表した。

[13:25 10/6]

ADI、インフラモニタリング向け3軸MEMS加速度センサーを発表

アナログ・デバイセズ(ADI)は10月6日、3軸MEMS加速度センサーの新製品「ADXL354」および「ADXL355」を発表した。

[12:14 10/6]

imecなど、高エネルギー効率なバイオメディカルセンサハブSoCを開発

ベルギーimecとオランダHolst Centreは共同で、ウェアラブル健康デバイス向けにSoCとして集積された、エネルギー効率が高いセンサハブを10月4日(欧州時間)発表した。

[07:00 10/6]

2016年10月05日(水)

CEATEC JAPAN 2016 - 近未来の街並みをみせる特別展示「IoTタウン」

新しくIoT/CPSの展示会となった「CEATEC JAPAN 2016」では、主催者特別展示「IoTタウン」が行われた。「新生」CEATECの掲げるキーワードとして「異業種」、「ベンチャー」、「海外」があるが、その中の一つ「異業種」を示すものとして、「IoTタウン」には従来CEATECに出展しないような企業・団体が参加し、未来の街を描いていた。

[12:39 10/5]

京都工繊大、書き換え可能な3Dホログラフィックディスプレイを開発

京都工芸繊維大学(京都工繊大)は10月4日、書き換え型3Dマルチカラーホログラフィックディスプレイデバイスの開発に成功したと発表した。

[10:29 10/5]

CEATEC 2016 - 8K放送の本格的な普及を見据えるソシオネクスト

2016年10月4~7日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されているCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2016」にてソシオネクストは、2018年に予定されている4K/8Kの実用放送に向けた8K対応半導体デバイスのデモなどを行っている。

[09:00 10/5]

CEATEC 2016 - 進化するクルマの運転席を見せるコンチネンタル

2016年10月4~7日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されているCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2016」にてコンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンはクルマとドライバーをつなぐ「Holistic Connectivity」を掲げ、ドライバーとクルマの間を直感的なダイアログ・対話で取り持つ未来の運転席の在り方を紹介している。

[08:00 10/5]

CEATEC 2016 - ハプティックで新たな体験を提供するアルプス電気

2016年10月4~7日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されているCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2016」にてアルプス電気は、IoTの活用事例や、「ハプティック(触覚)」技術の紹介を行っている。

[07:00 10/5]

CEATEC 2016 - VRハンググライダーで大空を翔る体験ができるTE

2016年10月4~7日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されているCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2016」にてタイコエレクトロニクス ジャパン(TE Connectivity)は、自社のセンサやリレーなどの製品を活用したVR ハングライダー体験デモを行っている。

[06:00 10/5]

2016年10月04日(火)

CEATEC 2016 - 無限のアイデアをカタチにするロームの挑戦

2016年10月4~7日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されているCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2016」にてロームは、前回のCEATECで衝撃的なデビューを果たした空飛ぶ折り鶴「ORIZURU」を進化型のデモや、およそ60件ほどの応募があった「ROHM OPEN HACK CHALLENGE」の優秀作品のデモなどを行っている。

[19:33 10/4]

オムロンヘルスケア、スマホ向け健康管理アプリを11月より提供開始

オムロンヘルスケアは10月4日、スマートフォン向けの健康管理アプリ「OMRON connect」の提供を、11月1日から開始すると発表した。

[16:24 10/4]

ロームなど、作業車の屋内位置や稼働状況を可視化するIoTソリューション

電通国際情報サービス(ISID)、ローム、ラピスセミコンダクタ(ラピス)の3社は10月4日、共同開発中のIoTインフラ「SynapSensor」を用いて、屋内で稼働する作業車の位置や稼働状況などをリアルタイムで可視化するシステムのプロトタイプを開発したと発表した。

[13:10 10/4]

CEATEC 2016 - ロボット技術でIoTの未来を示すデンソー

2016年10月4~7日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2016」にてデンソーブースでは、自社のロボット技術の応用範囲が自動車の製造にとどまらず、医療やドローン分野などに広がっていることが見ることができる。

[11:00 10/4]

CEATEC 2016 - OTとITの組み合わせでIoTの未来を示す日立

2016年10月4~7日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2016」にて2012年以来4年ぶりの出展となる日立製作所のブースでは、ロボットや電気自動車などのOTとITを融合させることで生み出されるIoTソリューションの紹介などが行われていた。

[11:00 10/4]

CEATEC 2016 - さまざまなIoTの活用を見せるパナソニック

2016年10月4~7日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2016」にてパナソニックブースでは、半導体デバイスからそれを搭載したコンポーネント、さらにはそれを活用したソリューションまで、IoTの活用をさまざまなレイヤに分けて提案を行うという形でブースが出展されている。

[10:30 10/4]

CEATEC 2016 - 人とICTをつなげるロボットを活用する富士通

2016年10月4~7日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2016」にて富士通ブースでは、メディエイタロボット「RoboPin(ロボピン)」がそこかしこに設置され、来場者とコミュニケーションを図ることが可能となっている。

[10:00 10/4]

CEATEC 2016 - 3Dプリンタをクルマで活用するホンダの取り組み

2016年10月4~7日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2016」にて本田技研工業(ホンダ)は、3Dプリンタを実際のクルマに適用した場合の活用シーンをイメージさせるブース展示を行っている。

[09:30 10/4]

CEATEC 2016 - 自動車の未来を見せるトヨタの取り組み

2016年10月4~7日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2016」にてトヨタ自動車では、人の友達としての活用が期待できる小型ロボット「KIROBO mini」の展示や、FCV「MIRAI」のカットモデルの展示などを行っている。

[09:30 10/4]

2016年10月03日(月)

ソニー・FESとISSEY MIYAKE、電子ペーパー採用の「色の変わるバッグ」を開発

ソニーの新規事業創出プログラムから生まれたFashion Entertainmentsプロジェクト(以下、FES)は3日、フレキシブル電子ペーパーをISSEY MIYAKEと共同開発したことを発表した。

[16:04 10/3]

NEDO、事業会社と共同研究を行う研究開発型ベンチャーを支援する事業を開始

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は10月3日、事業会社と連携して共同研究等を行う研究開発型ベンチャーを支援する新たな事業を開始すると発表した。

[14:53 10/3]

NEC、電波の利用状況をリアルタイムに可視化するシステムを開発

NECは10月3日、電波の利用状況を計測してリアルタイムに可視化する電波環境センシングシステムを開発したと発表した。

[14:35 10/3]

Oculus社の講師がVRコンテンツ制作を解説 - デジタルコンテンツEXPO2016

ポリゴン・ピクチュアズは、経済産業省、一般財団法人デジタルコンテンツ協会が主催するデジタルコンテンツEXPO2016において「アニメーションマスタークラス2016」を開催することを発表した。

[13:00 10/3]

2016年09月30日(金)

シャープ、有機ELディスプレイのパイロットラインに574億円を投資

シャープは9月30日、有機ELディスプレイのパイロットライン構築に向け約574億円を投資すると発表した。

[18:49 9/30]

NEDO、IoTデバイス開発のためのオープンイノベーション拠点を産総研に構築

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は9月30日、IoTデバイス開発のためのオープンイノベーション拠点を産業技術総合研究所(産総研)に構築すると発表した。

[15:44 9/30]

個人の感覚特性を脳情報から取得 - ウェアラブル型の脳波形システムが登場

科学技術振興機構(JST)などは9月29日、微妙な見え方の好みなど言葉で表現しにくい個人の感覚特性を脳情報から取得するウェアラブル型の「視覚評価用脳波計システム」を設計開発したと発表した。

[14:46 9/30]

2016年09月29日(木)

ソシオネクスト、ISDB-S3/ITU-T J.183の両方式に対応した復調LSIを開発

ソシオネクストは9月29日、⾼度広帯域衛星デジタル放送⽅式(ISDB-S3)・複数搬送波伝送⽅式(ITU-T J.183)の両⽅式に対応したデジタル放送復調LSI「SC1501A」を開発したと発表した。

[18:18 9/29]

次世代PLC向けリファレンスの最適解となれるか? - Maximの「Pocket IO」

Maxim Integratedは米国時間の9月28日、第2世代のMicroPLCとして「Pocket IOプラットフォーム」を発表したが、これに関する説明会が事前に行われたのでその内容を紹介したい。

[16:28 9/29]

ルネサス、小型センサー・ハブ向けローエンド汎用マイコン「RL78/G11」

ルネサス エレクトロニクス(ルネサス)は9月29日、複数のセンサーにつながセンサーの出力信号をデジタルデータに変換するセンサー・ハブ向けに小型パッケージのローエンド汎用マイコン「RL78/G11」を開発したと発表した。

[16:24 9/29]

Maxim、Industry 4.0の機器開発を支援する小型PLCプラットフォームを発表

Maxim Integratedは9月28日(米国時間)、既存のMicro PLCプラットフォーム比で、2/5に小型化しつつ、消費電力も30%低減した小型PLC(Programmable Logic Controller)プラットフォーム「Pocket IO」を発表した。

[16:17 9/29]

ラピス、SDカードサイズのマイコンボード「Lazurite Mini」販売開始

ラピスセミコンダクタは9月29日、IoTのプロトタイプを簡単に実現できるリファレンスデザイン「Lazurite」の新シリーズで、24 × 32mmのSDカードサイズに小型化した「Lazurite Mini」シリーズのインターネット販売を開始すると発表した。

[15:43 9/29]

パナソニック、厚み0.55mmのフレキシブルリチウムイオン電池を開発

パナソニックは9月29日、厚み0.55mmのフレキシブルリチウムイオン電池を開発したと発表した。

[15:25 9/29]

Hot Chips 28 - Sentonsの超音波タッチスクリーンセンサ

現在、携帯電話などのタッチスクリーンは、マトリクス上に透明電極があり、指を近づけることにより、透明電極との間の静電容量が変ることで、タッチ位置を検出している。これに対してSentonsは、Hot Chips 28において、超音波を使うタッチセンサを発表した。

[11:00 9/29]

エプソン、メモリー液晶コントローラー搭載の低消費電力32ビットマイコン

セイコーエプソン(エプソン)は9月28日、ARM Cortex-M0+プロセッサーを搭載した低消費電力32ビットフラッシュメモリー内蔵マイコンの「S1C31」シリーズの新製品として、メモリー液晶コントローラーを搭載した「S1C31D01」を開発したと発表した。

[06:00 9/29]

2016年09月28日(水)

ON Semi、家電冷却ファン向けモータドライバーの新製品

米ON Semiconductor(ON Semi)の日本法人であるオン・セミコンダクターは9月28日、180度の正弦波により3相BLDCモータを駆動する新製品「LV8811」「LV8813」「LV8814」を発表した。

[17:32 9/28]

Microchip、IoT機器の参照クロックに適したMEMS発振器ファミリを提供開始

Microchip Technology(Microchip)は9月27日、ウェアラブルやIoT機器など、小型・低消費電力、長期信頼性が重要な小型バッテリ駆動機器の参照クロックとして適したMEMS発振器「DSC6000 ファミリ」を発表した。

[16:47 9/28]

太陽誘電、IoT機器向けBLE対応デュアルモードモジュールを発表

太陽誘電は9月28日、Bluetooth Low Energy(BLE)に対応したデュアルモードモジュール「EYSGCCAXX」、「EYSGCCSXX」を発表した。

[16:25 9/28]

OKI、簡単かつ安価に“つながる”IoT導入パッケージ「IoTファストキット」発売

OKIは、920MHz帯無線を用いたIoT導入パッケージ「IoTファストキット」の販売を開始する。発売開始日は10月3日。

[13:26 9/28]

なぜ、今CPS/IoTなのか? - 生まれ変わるCEATEC

2016年、CEATEC JAPANが変わる。これまでの最先端IT・エレクトロニクス総合展という立ち位置から、新たにCPS/IoT Exhibitionと銘打って、新たな船出を迎えるが、その背景には何があったのか。新生CEATECのキーマンにして、主催団体の1つである電子情報技術産業協会(JEITA)の代表理事 専務理事を務める長尾尚人氏に、話を聞いた。

[09:55 9/28]

2016年09月27日(火)

ビット・トレード・ワン、ラズパイを使ったIoT実験を実現する拡張ボード2種

ビット・トレード・ワンは9月27日、ラズベリーパイでさまざまなIoT実験が可能となる拡張ボード2種を10月8日に発売すると発表した。

[16:12 9/27]

ST、LoRA対応IoT機器向け低価格開発キットを発表

STマイクロエレクトロニクス(ST)は9月27日、省電力広域ネットワーク無線通信技術であるLoRAに対応したIoT機器の試作を可能とする低価格の開発キット「P-NUCLEO-LRWAN1」を発表した。

[11:08 9/27]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第23回 一人称視点(1) - 概要

今回から、頭部に装着することができるウェアラブルカメラで撮影する一人称視点映像に関する技術についてご紹介していきます。一人称視点は、英語ではFirst-person vision、またはEgocentric visionと呼ばれています。

[10:00 9/27]

GEと東電、火力発電向けIoTソリューションの共同開発で合意

GEパワーと 東京電力フュエル&パワー(東電FP)は9月26日、GEの産業向けIoTプラットフォーム「Predix」を活用し、火力発電分野におけるIoTソリューションを共同で開発・導入することに合意したと発表した。

[07:00 9/27]

2016年09月26日(月)

バルブ開閉異常のリアルタイム検知をソフト改修無しで実現する記録ユニット

産業用バタフライバルブメーカーの巴バルブは9月26日、バルブ作動を常時記録することができるクォーターターンバルブの作動記録ユニット「TPro1100」と、作動記録ユニットを遠隔通信で操作できるリモートコントロールユニット「TPro1700」の提供を11月1日より開始すると発表した。

[18:32 9/26]

ルネサス、ウェアラブル機器向けワイヤレス充電ソリューションを発表

ルネサスエレクトロニクス(ルネサス)は9月26日、ウェアラブル機器や補聴器などの小電力アプリケーション向けに、電力を非接触で送受電するワイヤレス充電システムソリューションを開発したと発表した。

[17:50 9/26]

2016年09月23日(金)

Bluetooth SIG、Bluetooth開発ツールキット最新版をリリース

Bluetooth Special Interest Group Bluetooth SIG)は9月21日(米国時間)、開発者向けツールキット製品群のアップデート版をリリースした。

[12:18 9/23]

2016年09月21日(水)

ADI、高性能RFおよびマイクロ波標準モジュール4製品を発表

アナログ・デバイセズ(ADI)は9月21日、RFおよびマイクロ波用高性能標準モジュール4製品を発表した。

[14:25 9/21]

MathWorks、MATLAB/Simulinkの最新版「Release 2016b」を発表

MathWorksは9月15日(米国時間)、エンジニアや科学者が、メモリに収まらないような大規模データを容易に操作できるようなMATLABでのビッグデータの処理方法を簡略化する新しい機能を追加した最新リリース「Release 2016b(R2016b)」を発表した。

[07:00 9/21]

2016年09月20日(火)

WDC、記録容量1TBのSDXCカードのプロトタイプをフォトキナ2016にて公開

Western Digital(WDC)は9月20日(独時間)、写真や映像のプロ向け展示会「フォトキナ2016」にて、記録容量1TBのSanDisk SDXCカードのプロトタイプを発表した。

[18:30 9/20]

京セラ、0603サイズで4.7μF/0402サイズで0.47μFのMLCCを開発

京セラは9月20日、スマートフォンなどの通信機器に搭載される積層セラミックコンデンサ(MLCC)として、0603サイズで静電容量4.7μF品「CM03X5R475M06A」、および0402サイズで0.47μF品「CM02X5R474M06A」を開発したと発表した。

[18:00 9/20]

FOSSILやSKAGEN等7ブランドからスマートウォッチ発売

フォッシルジャパンは、スマートウォッチ、ハイブリッドスマートウォッチ、トラッカーのファッションウェアラブル製品を、FOSSIL、Misfit、SKAGENなどの7ブランドから全107種のデザインバリエーションで発売する。

[18:00 9/20]

村田製作所、従来よりも高性能・低コストなSAWデュプレクサを商品化

村田製作所は9月20日、従来のSAWデバイスに比べて高い急峻性、低損失、安定した温度特性を実現したSAWデュプレクサ(1.8×1.4mm)を商品化し、2017年年初より量産を開始すると発表した。

[10:15 9/20]

2016年09月16日(金)

IIoT普及の鍵を握るWind RiverのITとOTをつなぐ技術

ビジネスシーンで聞かない日がないほど注目を集めている「IoT」だが、現在、ネットワークに接続する機器の多くはコンシューマ向けとなっている。しかし、さまざまな企業がビジネスとして期待している分野は、そうしたコンシューマが活用するのではなく、産業界が活用するIndustrial IoT(IIoT)だ。

[08:00 9/16]

2016年09月15日(木)

ザインと東大、ノイズ耐性に優れた高速起動完全デジタル型CDR技術を開発

ザインエレクトロニクス(ザイン)は9月15日、東京大学(東大)と共同でノイズ耐性に優れた高速起動完全デジタル型クロック・データ・リカバリ(CDR)技術を開発したと発表した。

[17:06 9/15]

2016年09月14日(水)

TheHand、VR体感の増幅が可能な触覚デバイス「SubPac」を10月13日より発売

TheHandは9月13日、米SubPacが開発した触覚デバイス「SubPac M2」および「SubPac S2」を日本国内向けに2016年10月13日より発売すると発表した。

[20:24 9/14]

凸版印刷、32インチのフレキシブルカラー電子ペーパーを開発

凸版印刷は9月14日、台湾のE Ink Holdings(E Ink)と共同で32インチのフレキシブルカラー電子ペーパーの試作品開発に成功したと発表した。

[15:31 9/14]

もうアダプタは要らない - USB Type-Cコネクタ向けHDMIオルトモードが発表

HDMI Licensingは9月14日、USB Type-Cコネクタ向けHDMIオルタネートモード(オルトモード)の提供を開始すると発表した。

[15:01 9/14]

レゴのロボット教材「WeDo 2.0」で楽しくプログラミングを学ぼう!

レゴの「WeDo 2.0」は、小学生でも楽しくプログラミングを学習できるよう考えられたロボット教材である。今回、「レゴ WeDo 2.0 for home by アフレル」を借りることができたので、筆者の子供(小4男子+小1女子)と一緒に試してみた。

[13:55 9/14]

ゼロからわかるEMC 第6回 EMCの動向

本連載では、EMCの概念、国際および地域規格・規制の概要、EMCの測定方法の基礎などを6回の連載にまとめていく。電子機器の設計、製造に関わる若い技術者の方々がEMCへの理解を深めることへ、少しでも役に立てたら幸いである。

[08:00 9/14]

2016年09月13日(火)

76%の企業がIoTは将来の成功に「不可欠」と認識 - ボーダフォン調査

ボーダフォン・グローバル・エンタープライズ・ジャパン(ボーダフォン)は9月13日、「2016年度版ボーダフォンIoT普及状況調査レポート」の記者説明会を実施した。本稿ではその主だった調査結果と、それに対するボーダフォンの見解を紹介する。

[17:33 9/13]

Synopsys、組込機器向け32ビットセキュリティプロセッサを提供

Synopsysは9月12日(米国時間)、スマートメーターやNFC決済、eSIMなどの低消費電力が要求される組み込みアプリケーションに向けたセキュリティプロセッサ「DesignWare ARC SEM110/SEM120D」を発表した。

[16:45 9/13]

産総研、微小間隙に生じる毛細管力を利用した高精細印刷技術を開発

産業技術総合研究所(産総研)は9月12日、微細構造の毛細管力を利用した超高精細・厚膜印刷技術を開発したと発表した。

[14:12 9/13]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第22回 行動認識(3) - Two-stream ConvNets

前々回より、動画像中から人物の行動を認識する技術について解説してきました。今回は深層学習(Deep Learning)を用いた動作認識についてご紹介します。

[10:00 9/13]

2016年09月12日(月)

IoTソリューションのプロトタイプ作成を数時間で実現するキット - Telit

Telit Wireless Solutionsは、従来、数カ月かかっていたIoTソリューションのプロトタイプ作成を数時間へと短縮することができるクラウドベースのTelit IoTポータルにセルラー・コネクティビティを統合した開発キット「Rapid IoT Development Kit」を発表した。

[13:00 9/12]

2016年09月09日(金)

Telit、IoT/M2M向けリアルタイムビデオ録画機能を提供

Telit Wireless Solutionsは、自社のdeviceWISEプラットフォームにイスラエルOzVisionのプラットフォームを活用したクラウドベースのリアルタイムビデオ録画機能を追加したことを発表した。

[08:00 9/9]

2016年09月08日(木)

アート×ICTの融合でUXを高度に - NTTとアルスエレクトロニカが共同研究

日本電信電話(NTT)とメディアアート研究機関アルスエレクトロニカ・フューチャーラボは8日、共同研究について合意したことを発表した。

[18:58 9/8]

ニッポン放送×Cerevo×グッスマによるURLを送れるラジオ「Hint」、製品化が確定

ニッポン放送は、Cerevo、GOOD SMILE COMPANYと共同で開発したラジオ「Hint(ヒント)」に関して、クラウドファンディングにおける支援額が目標に達し、製品化が確定したことを発表した。

[18:09 9/8]

2016年09月06日(火)

富士通研、5G向け低消費電力10Gbps通信技術を開発

富士通研究所は9月6日、第5世代(5G)移動体無線通信の基地局やアクセスポイント向けに、10Gbps超の高速通信をWi-Fi並みの低消費電力で実現するサブアレイ間符号化技術を実装した無線装置を試作し、複数の端末に対して同時に電波を送信する実証実験に成功したと発表した。

[18:56 9/6]

ポートと東京女子医大、IoT活用で高血圧を対象に遠隔診療の実証研究を開始

ポートと東京女子医科大学は9月6日、高血圧治療におけるIoTを活用した都市部での非対面型遠隔診療の安全性および有効性に関する実証研究を共同で開始すると発表した。

[16:20 9/6]

2016年09月05日(月)

東芝とアルパイン、ドローン利用の電力インフラ巡視・点検システムを開発へ

東芝とアルパインは9月5日、産業用ドローンによる電力インフラの巡視・点検サービス分野において提携関係を構築することで合意したと発表した。

[13:38 9/5]

2016年09月01日(木)

東陽テクニカ、無線通信デバイスの型式認証情報を集約したWebデータベース

東陽テクニカは9月1日、無線機器の電波法規および関連情報を集約した、型式認証WEBデータベース「TACS4」のライセンス販売を同日より開始すると発表した。

[16:23 9/1]

橋のたもとから橋梁を撮影した画像で橋のたわみを計測する技術 - 産総研

産業技術総合研究所(産総研)は8月31日、ネクスコ・エンジニアリング東北と共同で、デジタルカメラで橋のたもとから橋梁を撮影した画像を用いて、車両が通行する際に橋梁に生じるたわみの分布を計測できる技術を開発したと発表した。

[13:18 9/1]

京セラとアルフレックス、紫色LEDを光源に用いた居住空間用照明器具を開発

アルフレックスジャパンは京セラと共同で、紫色LEDを光源に採用した居住空間向け照明器具「LIGHT CONE(ライトコーン)」を開発、9月3日より発売すると発表した。

[07:00 9/1]

2016年08月31日(水)

三菱電機、ドレイン効率74%の移動通信システム基地局用高周波デバイス

三菱電機は8月31日、移動通信システム基地局の電力増幅器に使用される高周波デバイスの新製品「2.6GHz帯 第4世代移動通信システム基地局用 220W GaN HEMT」を発表した。

[16:14 8/31]

これが日本のものづくり力 - 国内製造にこだわり、"ならでは"を提供するOPC

「ものづくり」にかける日本人の精神。それは今もなお、日本の製造業の根底に存在している。「1枚からでも顧客が要望すれば製造を受託します」と語るのは国内製造ならではの品質にこだわりをみせるプリント基板製造大手の「OKIプリンテッドサーキット(OPC)」だ。

[12:00 8/31]

ゼロからわかるEMC 第5回 EMCの試験 - EMS

本連載では、EMCの概念、国際および地域規格・規制の概要、EMCの測定方法の基礎などを6回の連載にまとめていく。電子機器の設計、製造に関わる若い技術者の方々がEMCへの理解を深めることへ、少しでも役に立てたら幸いである。

[09:00 8/31]

2016年08月30日(火)

認識技術を武器に消費活動の見える化を目指す - Zebraの挑戦

オムニチャネルやO2Oといった技術の発展を追い風に消費者の購買行動を活発化し、ビジネスの拡大を図る。近年、こうした動きが加速している。そうした動きを背景に小売店舗や物流・配送といった分野におけるIT化が進んでおり、そこで活用される機器に対するニーズも変化している。そうした動きに対する課題をコンシューマ分野の技術を活用して解決しようとしているのがZebra Technologiesだ。

[10:30 8/30]

【特別企画】NTTデータが新入社員研修に「教育版レゴ マインドストーム EV3」を導入した理由

システムインテグレーター大手のNTTデータは、今年度の全新入社員(約380人)に対し、LEGO社の「教育版レゴ マインドストーム EV3」を利用して開発したアフレルの研修、「システム開発・実践シリーズ」をカスタマイズのうえ実施した。その背景にあるのは、NTTデータの社員教育を改革するという狙いだ。本稿では同社の人事部 人事担当 人財開発グループ 課長代理 清水直幸氏へのインタビューをお届けする。

[10:00 8/30]

2016年08月29日(月)

Zebra、Android/iOS対応RFIDリーダーの国内提供を開始

Zebra Technologiesの日本法人であるゼブラ・テクノロジーズ・ジャパンは8月25日、マルチOSに対応したRFIDリーダー「RFD8500」の提供を開始したと発表した。

[14:07 8/29]

2016年08月26日(金)

メンター、Xpeditionフロー最新版を発表-先端リジッドフレックス設計に対応

メンター・グラフィックス・コーポレーション(メンター)は8月26日、Xpedition Enterpriseプリント基板(PCB)設計フロー(Xpeditionフロー)の最新版を発表した。

[15:15 8/26]

アルデック、Linux OSの基本も学べるTySOM組込開発キット

アルデックはこのほど、TySOM組込開発キット(EDK)のリリースを発表した。

[14:26 8/26]

【特別企画】IoTとモビリティがもたらす「つながる」世界はいかにして実現されるか - ハードウェア開発者必見のPCB Systems Forum 2016が、9月8日(木)より開催

IoT元年と呼ばれる昨今、電子機器設計における複雑性が高まっている。こと、ウェアラブルなどの小型IoT機器から、サーバや医療機器、大型プリンタ、産業ロボット、自動車、航空機に至るまで、ありとあらゆるハードウェアで使用されている高速デジタルプリント基板(PCB)の設計においては、多くの技術的課題と戦わなければならない。

[08:30 8/26]

2016年08月23日(火)

ジェイアイエヌ、「JINS MEME」アプリ開発者向けのレンタルサービス開始

アイウエアブランド「JINS」を展開するジェイアイエヌは、同社のセンシング・アイウエア「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を用いたアプリケーション開発を促進するためのアプリ開発者向けサポート「JINS MEME DEVELOPER SUPPORT」を、8月23日より、東京都・原宿の「JINS MEME Flagship Store原宿」にてスタートした。

[12:54 8/23]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第21回 行動認識(2) - 動きの特徴量(HOF、MBH)

前回の記事では、Dense Trajectoriesをご紹介しました。今回は、そのDense Trajectoriesでも採用されているHistogram of Optical Flow(HOF)、Motion Boundary Histograms(MBH)を説明したいと思います。

[10:00 8/23]

2016年08月22日(月)

従来比50%超の消費エネルギー削減を果たしたAES暗号処理回路を開発-東北大

東北大学およびNECは8月22日、「ガロア体」と呼ばれる特殊な数体系に基づく演算圧縮手法を発見し、それを用いて、消費エネルギーを従来比で50%以上削減した高効率のAES暗号処理回路を開発したと発表した。

[19:36 8/22]

2016年08月17日(水)

ゼロからわかるEMC 第4回 EMCの試験 - EMI

本連載では、EMCの概念、国際および地域規格・規制の概要、EMCの測定方法の基礎などを6回の連載にまとめていく。電子機器の設計、製造に関わる若い技術者の方々がEMCへの理解を深めることへ、少しでも役に立てたら幸いである。

[08:00 8/17]

2016年08月16日(火)

レンジャーシステムズ、monoコネクトに温湿度/加速度/赤外線センサーを追加

MVNO構築支援やIoTデバイス開発・販売を行うレンジャーシステムズは8月16日、IoTコネクティングサービス「monoコネクト」のBLEビーコンセンサーのラインアップ拡充を図り、新たに温湿度センサー、加速度センサー、赤外線センサーの提供を同日より開始すると発表した。

[15:44 8/16]

2016年08月10日(水)

CANDY LINE、Raspberry Piに搭載可能なLTE通信モジュールを発売

CANDY LINEは8月10日、シングルボードコンピューター「Raspberry Pi」にLTE通信機能を追加する拡張ボード「LTEPi for D」の販売を開始したと発表した。

[15:11 8/10]

凸版、生物模倣で顔料や染料などを使わずに色を示す構造発色シートを開発

凸版印刷は8月9日、光の反射と散乱を制御するナノ構造設計技術と多層薄膜形成技術を組み合わせることで、顔料や染料などの色素を使わずに、色を示す構造発色シート「モルフォシート」を開発したと発表した。

[10:00 8/10]

モレックス、ターミナル位置固定機構/ハウジング一体化リセプタクルを発表

日本モレックスは、端子の確実な位置決めを可能にするターミナル位置固定(TPA)機構を、別部品として用意するのではなく、あらかじめハウジングに組み込んだワンピース型の製品となる「Micro-Fit TPA 1列リセプタクル」を発表した。

[06:00 8/10]

2016年08月09日(火)

Windows 10 IoT CoreもAnniversary - Raspberry Pi 3に公式対応

Microsoftは8月2日(以下すべて現地時間)に公開したPC向けWindows 10 Anniversary Updateに合わせて、IoTデバイス向け「Windows 10 IoT Core」のOSビルド14393を公開した。

[13:27 8/9]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第20回 行動認識(1) - Dense Trajectories

動画像中から人物の行動を認識する技術もあります。今回は、その行動認識のために開発された「Dense Trajectories」をご紹介いたします。

[10:00 8/9]

2016年08月08日(月)

Maker Faire Tokyo 2016で見た「驚異の〇〇」

オライリー・ジャパンは8月6-7日、東京ビックサイトにて「Maker Faire Tokyo 2016」を開催した。要するに「オレが欲しいものを作る! そのための技術は無制限(予算は最小限)」という感じの展示会。出品者(Maker)も他の面白そうなものにはメがないので交流も多く、筆者も関連する話、関連しない話でいくつかのブースで雑談に興じていた。

[18:11 8/8]

電通の社内横断組織「電通宇宙ラボ」、"宇宙ビッグデータ"活用のビジネス

電通は8月8日、同社の社内横断組織「電通宇宙ラボ」とアクセルスペースとの協働により、超小型衛星のデータ解析を通じた新たなマーケティングソリューションの開発に乗り出すことを発表した。

[17:40 8/8]

ST、1500V耐圧パワーMOSFETを含む製品ポートフォリオを発表

STマイクロエレクトロニクス(ST)は8月8日、アーク放電耐性を持つ新しいTO-220 FullPAK(TO-220FP) wide creepageパッケージで提供されるパワーMOSFETの製品ポートフォリオを発表した。

[17:18 8/8]

Maker Faire Tokyo 2016を写真でふりかえる

8月6~7日にかけて、東京ビッグサイトにて、ものづくりをする人々=「Maker」が集う祭典として世界的に開催されている展示会「Maker Faire Tokyo 2016」が開催された。ここでは、会場にひしめく数多のMakerたちの作品の中から、筆者が周遊していた中で特に気になったものをお届けする。

[16:51 8/8]

2016年08月05日(金)

長瀬産業とバイオニクス、屋外での使用が可能な薄型血流認証技術を開発

長瀬産業は8月5日、バイオニクスと共同で開発した屋外での使用が可能な接写式血流認証技術を開発したと発表した。

[12:56 8/5]

LG Display、約2兆ウォンを投じてフレキシブル有機ELの新工場を建設

韓国LG Displayは約2兆ウォン(約1800億円)を投じてスマートフォン向け中小型有機EL(AMOLED)パネルの生産ライン(P9-E6)を同社坡州(Paju)工場に新たに設置すると7月末に発表した。

[11:00 8/5]

ST、バンプレス・パッケージ技術採用の超小型低LDOレギュレータを発表

STマイクロエレクトロニクス(ST)は8月5日、超小型低ドロップアウト(LDO)レギュレータ(200mA)「LDBL20」を発表した。

[10:57 8/5]

2016年後半以降のディスプレイ市場はどうなる? 第4回 急成長する車載イメージング/半導体市場

今回のディスプレイ産業フォーラムから、新たに車載イメージング市場に関する独立した市場予測が加わった。車載イメージングは、リアビューカメラの搭載や衝突防止機能などのADAS機能の搭載により2021年までの年平均成長率は2桁の伸びが予想される。

[07:00 8/5]

2016年08月04日(木)

2016年後半以降のディスプレイ市場はどうなる? 第3回 スマホ・テレビ・モニタなどアプリ分野の動向

中小型液晶ディスプレイのけん引役であるスマートフォン市場では、その需要に飽和感が2016年上期では見られた。下期に新型iPhoneの登場などにより挽回が期待できるとはいえ、通年の出荷数量は前年並みとなる可能性が高い。

[07:00 8/4]

2016年08月03日(水)

ゼロからわかるEMC 第3回 EMC試験の基礎

本連載では、EMCの概念、国際および地域規格・規制の概要、EMCの測定方法の基礎などを6回の連載にまとめていく。電子機器の設計、製造に関わる若い技術者の方々がEMCへの理解を深めることへ、少しでも役に立てたら幸いである。第三章では、EMCの「試験法」について説明する。

[09:00 8/3]

ams、小型のカラー/照度/近接センサモジュールを発表

amsは8月2日(オーストリア時間)、カラー(RGB)、照度、近接センサを組み合わせた、小型の光センサモジュール「TMD3700」を発表した。

[08:30 8/3]

パナソニック、OHラジカルの生成量を従来比10倍に高めたデバイスを開発

パナソニックは8月2日、山形大学工学部電気電子工学科の東山禎夫教授と共同で、OHラジカル生成量を従来比で10倍に高めた高機能帯電微粒子水「ナノイーX」デバイスを開発したと発表した。

[08:00 8/3]

2016年後半以降のディスプレイ市場はどうなる? 第2回 パネル業界・部材業界の生き残り作戦

大手FPDメーカーを2015年の売上高および出荷パネル面積の規模で分類すると、図5に示すように、ダントツでトップ争いを繰り広げる韓国勢、今は中小規模だがぐんぐん成長する新興の中国勢、第2グループ以下を引き離そうと必死の韓国勢と急成長で第2グループに入ろうとする中国勢に板挟み状態の台湾勢に3分類できる。

[07:00 8/3]

2016年08月02日(火)

SIMカードの挿し換えが面倒くさい人へ - Cerevoとドコモが新デバイス発表

CerevoとNTTドコモ(ドコモ)は8月2日、ドコモが開発した「ポータブルSIM」技術を含む「PSIM Suite」のライセンス契約を締結し、SIMを自由に切り替えて通信が可能なデバイス「SIM CHANGER デルタ」を発表した。

[17:33 8/2]

2016年後半以降のディスプレイ市場はどうなる? 第1回 将来有望なAMOLEDへ投資が集中

市場調査会社IHS主催の「2016年後期ディスプレイ産業フォーラム」が7月27日~28日の2日間、東京都内で開催され、世界規模のフラットパネルディスプレイ(FPD)産業の今年前半の市場調査結果や、同年後半以降の動向を予測が発表された。

[07:00 8/2]

2016年07月29日(金)

マイナビ出版、コンピュータ関連の電子書籍を販売する専門サイトを開設

マイナビ出版は、コンピュータ関連の電子書籍を販売する専門サイト「Tech Book Zone Manatee(テックブックゾーン マナティ)」を2016年8月1日付けでオープンすると発表した。

[18:58 7/29]

2016年07月28日(木)

TI、産業機器向けにQi規格対応の15Wワイヤレス充電トランスミッタを発表

日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、WPCのv1.2仕様に準拠し、Qi標準規格認定取得済の15Wワイヤレス充電トランスミッタIC「bq501210」を発表した。

[09:00 7/28]

トレンドマイクロ、IoTセキュリティに関する専門情報サイトを公開

トレンドマイクロは7月27日、IoTデバイスや組込機器などを開発・製造・販売する事業者やIoTを導入し活用していく事業者を対象としたIoTセキュリティ専門情報サイト「IoT Security Headlines」を公開した。

[08:30 7/28]

2016年07月27日(水)

進化するWi-Fi - 次世代の高速通信を支える802.11ac Wave2

Wi-Fi Allianceは7月27日、都内で会見を開き、Wi-Fi技術に関する最新動向として、6月29日より提供を開始した「Wi-Fi CERTIFIED ac」の新機能「Wave2」に関する説明などを行った。

[16:48 7/27]

新日本無線、ウェアラブル機器に特化した反射型オプトセンサの量産を開始

新日本無線は7月27日、ウェラブル機器に特化した反射型オプトセンサ「NJL5311R」および「NJL5513R」の量産を開始したと発表した。

[11:11 7/27]

ケイデンス、演算集中型のSoCデザインに適した多用途・高性能DSPを発表

米ケイデンス・デザイン・システムズ(ケイデンス)は7月26日(現地時間)、演算集中型のSoCデザインに適した、多用途で高性能なDSP(Digital Signal Processor)、テンシリカFusion G3 DSPを新たに発表した。

[10:28 7/27]

モバイル近赤外線分光器で何を測定しますか?

ハンドヘルド型の近赤外線(NIR)分光器は小型化と低コスト化がますます進んでいますが、その理由の1つに、MEMS部品を活用した新しいシステム・アーキテクチャの登場があります。では、こうしたハードウェアの最適化によって、今後の分光器産業における簡素化とポータブル化がどのように進んでいくのかを考えてみましょう。

[08:30 7/27]

2016年07月26日(火)

XilinxのZynq UltraScale+ MPSoC、Android 5.1に対応

Xilinxの日本法人であるザイリンクスは、Android 5.1(Lollipop)がXilinxが提供する「Zynq UltraScale+ マルチプロセッサSoC(MPSoC)」をサポートすることを発表した。

[12:54 7/26]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第19回 視線計測(3) - カメラのみを用いた視線計測

視線推定手法は、近赤外の点光源(LED)を用いた手法と、カメラのみを用いて通常の画像から視線を推定する手法の2つに大別できます。今回は、カメラのみを用いて画像処理により視線を推定する手法をいくつかご紹介します。

[10:00 7/26]

2016年07月25日(月)

ポケモンGO効果でARソフト市場が2020年に3兆円規模に - TradeForce

市場動向調査会社の台湾TrendForceは7月21日、ポケモンGOの世界的な人気により、グローバルAR(拡張現実)ソフト市場が2020年までに300億ドル(3兆円超)に達するだろうと発表した。

[11:22 7/25]

2016年07月22日(金)

ラピス、Bluetooth SMART対応の小型モジュールのUSB評価キットを発表

ラピスセミコンダクタは7月22日、スポーツ&フィットネス機器、ヘルスケア機器などに最適なBluetoothスペックv4.1対応2.4GHz無線モジュールを搭載した評価キット「MK71251-xxx-EK」のインターネット販売を開始すると発表した。

[13:15 7/22]

ams、スマホのセンサ開口部を最大50%縮小する近接センサを発表

amsは7月19日(オーストリア時間)、近接センサ「TMD2620」および近接センサ/照度センサ「TMD2725」を発表した。

[07:30 7/22]

Nordic、低消費電力なセルラーIoT向け製品ロードマップを発表

Nordic Semiconductorは、セルラーIoT向け低消費電力LTE技術の製品ロードマップを発表し、3GPP Release 13のLTE-MとNB-IoTのセルラー技術に対応したチップセットおよびソフトウェアを開発中であることを明らかにした。

[07:00 7/22]

2016年07月21日(木)

パナソニック、家電領域の新規事業創出と人材育成を目指す取り組みを始動

パナソニック アプライアンス社は、家電領域を中心とした新規事業の創出とそれらをリードする人材育成の加速を目的とした取り組みである「Game Changer Catapult(ゲームチェンジャーカタパルト)」を始動すると発表した。

[15:19 7/21]

ドコモ、足裏からアセトン/エタノール/水蒸気を計測する健康管理装置を開発

NTTドコモ(ドコモ)は7月20日、皮膚から放出される複数種類のガスのうち、脂肪代謝・飲酒・脱水の指標となる3種類のガスを足裏から同時に計測できる健康管理装置を開発したと発表した。

[12:53 7/21]

2016年07月20日(水)

ニッポン放送とCerevo、音声によるURLの放送を実現する新しいラジオを開発

ニッポン放送、Cerevo、グッドスマイルカンパニーの3社は7月20日、ワイドFM対応ラジオ「Hint」を開発したと発表した。

[16:35 7/20]

ゼロからわかるEMC 第2回 EMCの規格

本連載では、EMCの概念、国際および地域規格・規制の概要、EMCの測定方法の基礎などを6回の連載にまとめていく。電子機器の設計、製造に関わる若い技術者の方々がEMCへの理解を深めることへ、少しでも役に立てたら幸いである。今回は、EMCの規格にはどのようなものがあり、どのように決められているかを説明していきたい。

[09:00 7/20]

半導体市場をけん引するのは今後も携帯電話 - IC Insights

半導体市場調査会社である米IC Insightsは7月14日(米国時間)、スマートフォンを含む携帯電話向けのIC市場が2019年まで年平均成長率6.7%で成長し半導体市場をけん引し続けるという予測を発表した。

[07:00 7/20]

2016年07月19日(火)

ソフトバンク孫社長がARM買収で語った半導体にかける夢

ソフトバンクグループの代表取締役社長である孫正義氏は7月18日、ロンドンで会見を開き、同日付で発表したARM買収に関する説明を行い、将来的にARMがグループの中核事業となるという展望を語った。

[07:00 7/19]

2016年07月14日(木)

アフレル、小学生のプログラミングデビューを応援するキャンペーンを開始

アフレルは7月14日、2016年の夏休みに初めてプログラミングに挑戦する小中学生を応援することを目的に、「夏のEV3デビューキャンペーン」を開催することを発表した。キャンペーン期間は2016年7月15日~8月15日までを予定している。

[18:48 7/14]

富山村田製作所、新生産棟を建設へ - スマホ向け電子部品の需要増に対応

村田製作所は7月14日、圧電セラミックスをベースとした電子部品の開発・設計・生産を行う富山村田製作所の敷地内に新しい生産棟を建設すると発表した。

[13:08 7/14]

凸版印刷と東大、遠隔地からの超臨場体験ができるロボットの共同研究を開始

凸版印刷と東京大学は7月14日、IoTの次の概念とされるIoA(Internet of Abilities)の研究成果の事業創出を目指し、テレプレゼンス・ロボットなどを用いたIoAの共同研究を開始したと発表した。

[12:15 7/14]

ハサミで好きな形に切ることができる不揮発性ディスプレイ - NIMSが開発

物質・材料研究機構(NIMS)は7月13日、ハサミを使って好きな形に切ることができるディスプレイを開発したと発表した。

[08:00 7/14]

2016年07月13日(水)

オムロン、7種類の環境情報を取得できる「環境センサー」を発表

オムロンは7月13日、温度や湿度、光、音など7種類の環境情報を取得できる、Bluetooth Low Energy技術によるビーコン通信に対応した無線センサー「環境センサー」の法人向け販売を7月15日より開始すると発表した。

[16:24 7/13]

日本NI、従来比5倍の帯域幅と33%の設置面積削減を実現した第2世代VSTを発表

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は7月13日、ベクトル信号トランシーバ(VST)の第2世代品として「NI PXIe-5840」を発表した。

[14:59 7/13]

ADI、IoT時代のエッジノードの開発容易化を実現するRFトランシーバを発表

Analog Devices(ADI)は6月22日、IoTなどに向けた低消費電力なRFトランシーバ「ADF7030-1」を発表した。このADF7030-1について同社から聞くことが出来たので、製品に詳細などについてご紹介したい。

[08:00 7/13]

2016年07月12日(火)

ST、1.8Vで動作する超小型モータ・ドライバICを発表

STマイクロエレクトロニクス(ST)は7月12日、超小型・低消費電力の新しいモータ・ドライバICを発表した。

[10:09 7/12]

2016年07月11日(月)

デル、スマートシステムとIoTの統合を促進する産業用PC 2シリーズを発売

デルは7月11日、スマートシステムとIoTの統合を促進する組込向けPC「Embedded Box PC 3000/5000シリーズ」を発表した。

[18:31 7/11]

DNP、約225型の曲面デジタルサイネージを10月より販売 - LGの有機ELディスプレイを活用

大日本印刷(以下、DNP)は11日、有機ELディスプレイを活用した業務用デジタルサイネージの販売を本年10月より開始すると発表。販売開始に先駆け、同社はLG エレクトロニクス・ジャパンと共同で大型デジタルサイネージ「DNP マルチサイネージ トールビジョン 有機EL曲面タイプ」を、DNP五反田ビル内ショールームに導入した。

[16:57 7/11]
  • <<
  • <

1/2

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事