マイナビニュース | テクノロジー | 組み込み/IoT

関連キーワード

イチオシ記事

日本HP、ケーブル1本接続するだけで没入型VR体験ができるヘッドセット発売

日本HPは、マイクロソフトのWindows Mixed Realityに対応するヘッドセット「HP Windows Mixed Reality Headset(コントローラー付き)」を発売した。 同社オンラインストア[HP Directplus](http://www.hp.com/jp/directplus_personal)およびHP Directplusコールセンターで購入することができる。

[11:38 10/19]

新着記事

一覧

日本科学未来館、5GやAI、VRによる"ちょっと先の未来"を体感できるイベント

日本科学未来館は、NTTドコモと共催で「見えてきた、"ちょっと先"の未来 ~5Gが創る未来のライフスタイル~」を、11月9日~11日の3日間、東京都・お台場の同館1F 企画展示ゾーンにて開催することを発表した。参加費は無料(ただし、日本科学未来館の常設展の観覧は入館料が必要)。

[09:31 10/20]

「つなげる技術」でスマートファクトリー化を実現するオークマ - MECT2017

2017年10月18日から21日にかけて愛知県のポートメッセ名古屋にて開催されている西暦奇数年における国内最大規模の工作機械展「メカトロテックジャパン2017(MECT2017)」において、オークマは、スマートファクトリー化をすすめるための、IoTサービス「Connect Plan」や次世代型超複合加工機などの展示を行っている。

[13:39 10/19]

新着記事

一覧

imecとADI、次世代IoTデバイスに向けた共同開発契約を締結

独立系半導体研究機関であるベルギーimecとアナログ半導体サプライヤである米Analog Devices(ADI)は10月12日(米国時間)、次世代IoT向けデバイスの共同開発に向けた戦略的研究開発協業の契約を正式に締結したと発表した。

[11:19 10/18]

ルネサスの「RZ/G Linux プラットフォーム」、10年間超のサポートが可能に

ルネサス エレクトロニクスは、「RZ/G Linux プラットフォーム」をバージョンアップし、CIP SLTS(Super Long Term Support)Linuxカーネルに対応したことを発表した。これにより、ユーザは長期サポートを行う場合に年間数千万円単位でかかっていたメンテナンスコストを削減できるほか、ライフサイクルの長い機器へのLinuxの採用を期待できる。

[10:51 10/18]

遺伝子解析からビッグデーア解析まで、すべてのデータ処理を加速させるFPGA - ソフトウェアの会社へと変貌するXilinx

Xilinxの日本法人であるザイリンクスは10月17日、東京にてソフトウェアアプリケーション開発者やエンベデッドソフトウェア開発者、ハードウェア開発者が、同社開発チームやパートナー、ユーザーコミュニティと直接交流することを提供する場「ザイリンクス開発者フォーラム 2017(XDF 2017)」を開催した。

[17:10 10/17]

ウインドリバー、IIoTデバイス管理プラットフォームの最新版を発表

ウインドリバーは、セキュアなデバイスライフサイクル管理プラットフォーム「Wind River Helix Device Cloud」の最新版を発表した。

[11:01 10/17]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第44回 ディープラーニングの基礎(3) - 回帰・2クラス分類・多クラス分類の出力層

今回は、「回帰」、「2クラス分類」、「多クラス分類」におけるディープラーニングの出力層の違いについて解説したいと思います。独自のネットワークを設計する際は、注意しておきたいポイントとなります。

[11:00 10/17]

OSS、河川などの水位計測センサー+遠隔監視通報装置のパッケージ製品を発売

オムロン ソーシアルソリューションズ(OSS)は、台風や集中豪雨などによって起こる水害から住民や農作物、構造物を守るために、河川などの水位を計測できるセンサーをパッケージ化した「IoTerminal for BCP -水位計測-」の販売を10月16日より開始した。

[09:16 10/17]

リコー、高耐圧電源ICシリーズ「R1560/R1561シリーズ」などを発売

リコー電子デバイスは、車載一般電装品など向けにCMOSプロセス技術を用いた高耐圧電源ICシリーズのボルテージレギュレータ「R1560/R1561シリーズ」とボルテージディレクタ「R3160シリーズ」を発売した。

[17:20 10/16]

村田製作所、BEMS向けCO2センサを商品化

村田製作所は、BEMS向けCO2センサとして「IMG-CBシリーズ」を商品化したことを発表した。同シリーズは主に、ビル空調用ダクト内にCO2センサを設置し、モニタリングすることで必要なときのみ喚起を行い、ビル全体の省エネに貢献する。9月よりハクイ村田製作所にて量産を開始している。

[15:57 10/16]

Telit、米ウインドリバーと協業しインダストリアルIoTの導入を加速

Telit Wireless Solutions社(テリット ワイヤレスソリューションズ)は、インダストリアルIoT(IIoT)の導入を加速するため、インテルの子会社であるウインドリバーと協業を行っていることを発表した。両社は今回の協業により、IoTデバイス管理の複雑さを軽減し、企業がIIoTソリューションの十分な恩恵を迅速かつ確実に実感できるよう支援するという。

[12:49 10/16]

スマホ用電子部品の需要増加を見越し、新生産棟を建設 - ワクラ村田製作所

電子機器用電源装置の製造を行うワクラ村田製作所は、2018年2月より同社敷地内(石川県七尾市)において、新生産棟を建設すると発表した。

[12:32 10/16]

ミズノ、耳たぶにつける脈拍計「MiKuHa」のプロトタイプを発表

ミズノは、耳たぶに装着する脈拍計「MiKuHa(ミクハ)」の開発を進め、プロトタイプを完成させたことを発表した。

[13:53 10/13]

日立製作所、IoT活用した経営・製造ダッシュボードを開発- ダイセルが協力

日立製作所は12日、ダイセルの協力のもと、IoTを活用し、経営情報から製造現場の状況までのKPIを一元的に見える化する経営・製造ダッシュボードを開発したことを発表した。

[12:03 10/13]

imec、医学向けマイクロオプトメカニカル圧力センサや神経プローブを発表

ベルギーimecは10月3日(米国時間)、米国カリフォルニア州サンディエゴで「imec Technology Forum Health 2017」を開催し, 2つの医学向け電子デバイスを発表した。

[08:30 10/13]

OEG、24時間で組込システム搭載基板の故障個所を特定するサービスを開始

OKIエンジニアリング(OEG)は、組込システムを搭載したプリント基板の故障箇所を非破壊で24時間以内に特定するサービス「組込システム搭載基板向け故障診断サービス」を10月13日より提供開始すると発表した。

[18:37 10/12]

KCCS、Sigfoxの下りサービスを提供開始-サーバからIoTデバイス制御が可能に

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、IoTネットワーク「Sigfox」の下りのネットワークサービスを2017年11月から提供開始すると発表した。

[15:17 10/12]

KCCS、Sigfox基地局レンタルサービスを開始

京セラコミュニケーションシステムは、ユーザーが自由にSigfoxネットワークを構築できる、Sigfox基地局のレンタルサービスを開始したと発表した。

[14:20 10/12]

NVIDIA、リアルな物理現象で開発モデルを確認できるVR環境の試用申込開始

ドイツのNVIDIAは、限られた数の設計者および開発者を対象に、インテリジェントバーチャルリアリティープラットフォーム、NVIDIA Holodeckのアーリーアクセスの申し込み受付を開始したことを発表した。

[12:58 10/12]

「大量データ時代」の鍵は、FPGA - インテル テクノロジー・デイ2017

インテルは10月11日、都内にて「FPGA テクノロジー・デイ2017」を実施した。イベントでは、同社のFPGA製品およびFPGAを用いたソリューションの最新情報が、講演およびパートナー企業20社によるデモ展示にて紹介された。

[11:00 10/12]

キヤノン、低照度性能を向上させたモデルなどネットワークカメラ9機種発売

キヤノンは、ネットワークカメラの新製品として、高感度CMOSセンサーの搭載によりカラー撮影における最低被写体照度0.05ルクスを実現した「VB-H45 / VB-M44」など9機種を11月上旬より順次発売すると発表した。

[10:59 10/12]

PSソリューションズなど3社が協業し「e-kakashi」の第2世代サービスを開発

PSソリューションズは、CKD、エリクソン・ジャパンとの3社が協業して、AIにCPSを実装した農業向けIoTソリューション「e-kakashi」の第2世代サービスを開発することを発表した

[10:09 10/12]

KCCSの「Sigfox Shield for Arduino」、ソラコムなどでネット販売を開始

京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)は、SigfoxパートナーであるソラコムおよびスイッチサイエンスがSigfox開発ボード「Sigfox Shield for Arduino」のインターネット販売を開始したと発表した。

[15:42 10/11]

インフォコムと帝人、センシングデバイス内蔵「スマート消防服」を共同開発

インフォコムは、帝人が「消防機能向上への取り組み」の一環として開発した「スマート消防服」に内蔵するセンシングデバイスを、同社と共同開発したことを発表した。

[08:00 10/11]

VRの祭典「Japan VR Summit 3」ブース出展企業が決定

グリーは、同社とVRコンソーシアムが共同で主催しているVRカンファレンス「Japan VR Summit 3」に関して、JVRSショーケース(デモブース)への出展企業が決定したことを発表した。同イベントの開催期間は10月11日~13日(10:00~17:30)。会場は東京ビッグサイト。

[16:31 10/6]

NTT Com、横河電機ら3社、製造業のIoT/AIによる生産技術高度化への実証実験

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、横河電機、および横河ソリューションサービスと共同で、IoT/AI(人工知能)技術を連携させることで、製造業における生産技術の向上を目的にした高度EMS(エネルギー・マネジメント・システム)の構築に関する実証実験を、2017年10月より開始することを発表した。

[18:49 10/5]

日立とトヨタ、IoTを用いた高効率生産モデルの構築に向けた実証実験を開始

トヨタ自動車と日立製作所は10月4日、IoTプラットフォームを活用した高効率生産モデルの構築に向けた協創として、同月よりトヨタのモデル工場で実証実験を開始すると発表した。同実証実験では、AI(人工知能)やビッグデータ解析などのデジタル技術を活用した日立のIoTプラットフォーム「Lumada」を用いる。

[17:38 10/4]

CEATEC 2017 - 4つのスマート分野にフォーカスするLattice

2017年10月3~6日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2017」にてLattice Semiconductorは、4つのスマート領域(スマートホーム、スマートシティ、スマートファクトリー、スマートカー)に向けた半導体ソリューションの紹介を行っている。

[09:00 10/4]

CEATEC 2017 - ファナック、「なんでも接続」で工場をインテリジェント化

2017年10月3~6日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2017」にてファナックは、「なんでも接続」をキーワードとする、同社外の製品も接続可能な製造業向けIoTオープンプラットフォーム「FIELD system」の展示を行っている。

[08:00 10/4]

CEATEC 2017 - 5Gのある日常を提案するau

2017年10月3~6日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2017」にてauは、来たる5G時代に合わせ「BE THE NEW. あたらしい日々を。au 5Gと。」というテーマで、コミュニケーション、ソサイエティ、エンターテイメントという3つの分野での5G技術を用いた技術の展示を行っている。

[07:30 10/4]

バックナンバー

このカテゴリーについて (テクノロジー>組み込み/IoT)

 トップへ
電子機器、いわゆる組み込みシステムや、センサやデバイスとインターネットを接続することで、社会の在り方そのものを変革させると言われるIoTに関する情報やセキュリティなどのトレンド、ホットなニュースを毎日更新。特にIoTに関しては、IIoTを中心に、さまざまな活用事例などを交えて紹介します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事