マイナビニュース | テクノロジー | 組み込み/IoT

関連キーワード

イチオシ記事

どうなる2017年以降のディスプレイ市場? 第3回 中小型FPD全体の出荷量が頭打ちの中、高い成長を見せる有機EL

2016年の中小型FPD市場は、スマホの需要が回復してきたものの、そこに需要を奪われたその他の機器の出荷量の落ち込みが激しく、出荷数量全体ではマイナス成長となった。ただし、有機ELについては成長が続いており、有機ELへの傾倒が際立つ様相を呈してきている。

[09:00 2/23]

新着記事

一覧

セコムとKDDI、5G活用に向けた技術実証で提携

セコムとKDDIは2月22日、次世代移動通信システム「5G」を、セコムが提供する各種サービスにて活用し、次世代のセキュリティシステムの実現を目指す技術実証を共同で進めることで合意したと発表した。

[14:07 2/22]

KDDI、5Gの技術検証として28GHz帯によるハンドオーバーの実験に成功

KDDIは2月22日、次世代移動体通信システム「5G」の検証として、5Gの対応周波数帯域候補の1つである28GHz帯を用いた複数の基地局間をまたぐハンドオーバーの実験に成功したと発表した。

[13:39 2/22]

新着記事

一覧

650円の低価格入門版「Raspberry Pi Zero」国内販売を開始-ケイエスワイ

ケイエスワイは21日、超低価格のワンボードコンピューター「Raspberry Pi Zero(ラズベリーパイ ゼロ)」を日本国内にて販売開始することを発表した。

[12:48 2/22]

アールエスコンポーネンツ、Raspberry Pi専用ノートPC自作キット「pi-top」

電気・電子部品、産業用部品の通信販売を手掛けるアールエスコンポーネンツは21日、名刺サイズのシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」用のノートPC自作キット「pi-top(パイトップ)」の販売を開始した。

[09:41 2/22]

メカトラックス、小型化を実現したRaspberry Pi屋外稼動キット発売

IoT機器の開発・販売を手がけるメカトラックスは、太陽光パネルや3G通信モジュールなど必要機材一式をまとめた、置くだけでIoT機器として稼動する「ラズベリーパイ屋外稼動キット」の販売を開始した。

[17:08 2/21]

ウェアラブルセンサでイヌの自律神経の活動状態を評価 - 阪府大

大阪府立大学(阪府大)は2月14日、イヌの自律神経の活動状態を心拍変動から評価できる解析手法を開発したと発表した。

[13:46 2/21]

Intel、産業機器/車載分野のニーズに対応するFPGA「Cyclone 10」を発表

Intelは2月13日(米国時間)、産業機器や車載、マシンビジョン、業務用AVシステムなどのニーズに対応する新たなFPGA「Intel Cyclone 10ファミリ」として、10Gトランシーバを搭載した「Cyclone 10 GX」ならびに低消費電力を実現した「Cyclone 10 LP」の2シリーズを発表した。

[15:13 2/17]

ST、高い分解能と低消費電力&低ノイズの3軸加速度センサ「LIS2DW12」発表

STマイクロエレクトロニクスは、低消費電力および低ノイズの複数の設定に対応した3軸加速度センサ「LIS2DW12」を発表した。2017年第1四半期に量産開始の予定。参考価格は約0.75ドル/個(1000個購入時)。

[12:21 2/17]

アフレル、2017年WRO説明会+ワークショップイベント「WRO体験day」開催

アフレルは、教育的なロボットコンテスト「World Robot Olympiad(以下、WRO)」の2017年実施説明会と、同コンテストで使用するロボットを使ったワークショップを行う「WRO体験day」を、教育関係者(小中高、高専、専門、大学、塾)向けに開催する。開催日時は3月25日 9:00~17:00。会場は東京都・蒲田の日本工学院専門学校 蒲田キャンパス3号館 B1F 片柳記念ホール。

[15:18 2/16]

ST、組み込みシステム開発用のパソコン版MCU Finderを無償公開

STマイクロエレクトロニクス(ST)は、ARM Cortex-M搭載の32bitマイクロコントローラ STM32および8bitマイコン STM8を使った組み込みシステムの開発時に、必要な設計リソースへのパソコンからのアクセスを可能にするMCU Finderを発表した。

[11:50 2/16]

どうなる2017年以降のディスプレイ市場? 第2回 パネルの大型化と有機EL移行で設備投資額は史上最高値を継続

2017年のディスプレイ業界全体の"天気予報"は快晴とのことで、領域別にみると、パネルメーカーの経営状態、製造装置市場、需給バランス、ファブ稼働率、小型有機EL市場はともに快晴、マクロ経済と生産能力増強は晴れ、在庫、大型有機EL市場は曇りという予報である。

[09:00 2/16]

HTML5モバイルアプリ開発プラットフォーム「Monaca」がJINS MEMEアプリ対応

アイウエアブランド「JINS」を展開するジェイアイエヌは、アシアルが提供するHTML5モバイルアプリ開発プラットフォーム「Monaca」と、センシング・アイウエア「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」との連携アプリ開発を支援する開発キット「JINS MEME SDK for Monaca」を提供することを発表した。

[07:30 2/16]

ST、低入力オフセット電圧が特徴のデュアル・オペアンプ「TSZ182」発表

STマイクロエレクトロニクスは13日、温度安定性に優れた低入力オフセット電圧を特徴とする高精度デュアル・オペアンプ「TSZ182」を発表した。

[12:42 2/13]

ルネサス、車載組込みソフトの開発時間を削減する次世代エミュレータを発売

ルネサス エレクトロニクスは2月9日、同社マイコン「RH850ファミリ」、「RXファミリ」、「RL78ファミリ」および一部の車載用SoC向け開発環境として次世代オンチップデバッギングエミュレータ「E2エミュレータ」の提供を開始したと発表した。

[06:00 2/10]

どうなる2017年以降のディスプレイ市場? 第1回 テレビ用大型パネル供給不足による価格高騰で業界は黒字転換

市場調査企業である英国IHS Markitの日本法人IHSグローバルが主催する「ディスプレイ産業フォーラム2017」が、2017年1月25日~26日の2日間にかけて開催された。同社のディスプレイ部門およびコンシューマ・エレクトロニクス部門の各分野担当アナリストが一堂に介して、世界規模のフラットパネルディスプレイ(FPD)産業の2016年の市場調査結果を発表したほか、2017年および2018年以降の動向を予測した。

[10:00 2/9]

サイバネット、有機EL向けのムラ補正機能を搭載したドライバICを開発

サイバネットシステムは、有機ELディスプレイ向けに独自開発のムラ補正機能IPを搭載したディスプレイドライバICを複数の半導体メーカーと共同で開発したと発表した。

[18:45 2/8]

レノボ、電子部品の信頼性を高める低温はんだ付けプロセスを発表

レノボ大和研究所およびレノボグローバル本社は2月7日、PC製造時のエネルギー削減と電子部品の信頼性を高めることを目的に開発した低温はんだ付け(LTS)プロセスを発表した。

[20:30 2/7]

Telit、米GainSpanを買収 - IoT向けWi-Fi/低消費電力ソリューションを追加

Telit Wireless Solutionsは、米GainSpanを買収することで合意に達したと発表した。

[18:10 2/7]

ユビキタス、IoTクラウドプラットフォーム「dalchymia Enterprise」を発売

ユビキタスは2月7日、自社のIoTクラウドプラットフォーム「dalchymia(ダルキュミア)」を、自社内で大規模なIoTシステムを構築したい企業や、今後、IoTサービスを本格展開するにあたって自社でIoTクラウドプラットフォームを所有したい企業などに向けて、システムパッケージ「dalchymia Enterprise」として提供すると発表した。

[17:42 2/7]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第30回 動く人・物を追跡する(4) - OpenCVのトラッキング手法(後編)

第27回から第29回にわたって、OpenCVを用いたトラッキングの実装方法、トラッキング手法についてご紹介してきました。今回は、OpenCVに実装されているトラッキング手法のうち最後の1つであるKCFを紹介したいと思います。

[10:00 2/7]

ETロボコン2016チャンピオンシップ大会を振り返る -実行委員会が見た2017年大会への課題とは

2016年11月16-17日、ETロボコン2016チャンピオンシップ大会(組込み総合技術展 主催:組込みシステム技術協会 JASA 併催)がパシフィコ横浜にて開催された。同大会では同年9-10月に実施された全国12地区大会から選抜された優秀40チームによるハイレベルな競技が展開された今回、主催者であるETロボコン実行委員会にチャンピオンシップ大会の様子をレポートしてもらった。

[08:00 2/3]

日揮とNEC、AI/IoTを活用した効率的なプラント操業に向けた協業を開始

日揮とNECは2月2日、AI(人工知能)およびIoTを活用したプラント運転データ解析サービスの提供に関する協業を開始したことを発表した。

[14:37 2/2]

エプソン、高速ラインインクジェット複合機/プリンタ用ラインヘッドを開発

セイコーエプソンは2月2日、オフィス向けインクジェット複合機/プリンタ「WorkForce Enterprise」として、最高100枚/分の印刷を実現する「LX-10000Fシリーズ」および同75枚/分の印刷を実現する「LX-7000Fシリーズ」を発表し、これらに新開発の「高速PrecisionCoreラインヘッド」を採用したことを明らかにした。

[09:00 2/2]

ソニー、カラフルなブロックが楽しいプログラミング学習キット「KOOV」

ソニー・グローバルエデュケーションは2月1日、ロボットプログラミング学習キット「KOOV」を2月18日に発売すると発表した。

[18:08 2/1]

ルネサス、産業用制御ボードの受託開発・製造事業などを日立マクセルに譲渡

ルネサス エレクトロニクスは1月31日、同社子会社のルネサス セミコンダクタパッケージ&テストソリューションズ(RSPT)の受託開発・製造および画像認識システム開発・製造・販売事業を、日立マクセルへ譲渡することで合意したことを発表した。

[16:32 1/31]

RSコンポーネンツ、Raspberry Pi対応プロトタイプ開発用ボードの販売を開始

アールエスコンポーネンツ(RSコンポーネンツ)は1月31日、名刺サイズのワンボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」に対応したプロトタイプ開発用ボード「Raspberry Pi用タグボード」の販売を開始したと発表した。

[15:20 1/31]

パナソニック、高コントラストを実現した透明スクリーンを発売

パナソニックは1月30日、店舗の窓ガラスなどをデジタルサイネージ(電子看板)に変えることができる高コントラストな透明スクリーンを2017年3月22日より発売すると発表した。

[15:26 1/30]

16ビットDACで18ビットDACの伝達関数をコスト効率良く実現する方法

近年、多数の高分解能の高精度D/Aコンバータ(DAC)製品が、産業用テスト・計測機器に採用されるようになりました。設計者は総システム・コストを削減するため、しばしば、低分解能を余儀なくされることがあります。本稿では、A/Dコンバータを統合したマイコンを活用することで、市場に供給されている最も高精度の18ビットDACの半分の価格で、低いDNLを可能にするとともに、伝達関数全体で単一増加性を保証するアルゴリズムについて説明します。

[10:00 1/30]

サイレックス、Linux搭載のアプリ組込用無線LANプラットフォームを発表

サイレックス・テクノロジーは、Linux OSを搭載したアプリケーション組込用無線LANプラットフォーム「LB-100AN」を1月31日により発売すると発表した。

[19:52 1/27]

TI、モバイル機器向け0.33型フルHD DLP Picoチップセットを発表

Texas Instruments(TI)は1月26日、モバイル機器の1080pプロジェクション・ディスプレイ向けソリューションに対するニーズに対応することを目的とした「DLP Pico 0.33型フルHDチップセット」として、デジタル・マイクロミラー・デバイス(DMD)「DLP3310」とコントローラ「DLPC337」を発表した。

[19:08 1/27]

バックナンバー

このカテゴリーについて (テクノロジー>組み込み/IoT)

 トップへ
次世代家電や通信機器、電子工作などで活用される話題をお届けします。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事