「ワークライフバランス」最新記事一覧

仕事と家庭・子育てを両立したい働く男女にための、最新ニュースやレポート、ハウツー、アンケートなどを発信

関連キーワード

ヘッドライン

Web会議導入で注文住宅の接客サービス拡充と働き方改革を実現 - パパママハウス

名古屋を中心に注文住宅の建築やリノベーションを手掛けるパパママハウス。Web会議サービス「V-CUBE」を導入することで、インターネット完結する注文住宅の接客サービスを開始した。同サービスは、同社の働き方改革にも貢献しているという。

[11:30 7/25]

共働きパパたちの覆面座談会 - 妻の言うことは"ごもっとも"なんだけど……

これまでマイナビニュース編集部では、男性学の第一人者、大正大学の田中俊之准教授と共に、博報堂、丸井グループ、サイバーエージェントと、さまざまな職場で働くパパたちのお悩みを伺ってきました。今回は特別編として、異なる業種のパパたちに集まってもらい、覆面座談会を開催。顔出し・名前出しナシだから話せる、より深い"パパの本音"とは?

[11:30 7/21]

ママ・パパが、夏休みに最もストレスを感じることは?

アクトインディが運営するおでかけ情報サイト『いこーよ』は7月12日、夏休みについてのアンケート調査結果を発表。アンケートは、2017年5月1日~6月5日の期間、同社のサイト上で行い、子どもを持つ親743名から回答を得たもの。夏休み中に親が感じるストレスや、子どもに期待することなどを尋ねている。

[16:30 7/12]

働き方革命、阻害の要因は? ヴイエムウェアが調査 - ロバートソン社長、自社の取り組み披露

ヴイエムウェアは7月4日、7月24日の「テレワーク・デイ」を前に、「ビジネスにおけるスマートデバイスの利用動向」の調査結果を発表した。同調査では、「テレワーク」「在宅勤務」の導入意向、進まない要因などについても聞いている。

[10:52 7/6]

東京23区、自治体によるベビーシッター事業広がる - 認可保育園と同額で

待機児童解消のための緊急的な対応策として、家庭にベビーシッターを派遣する「居宅訪問型保育事業」を利用する動きが、東京23区で広がりつつある。これまでは主に重度障害児に限定していた同事業の対象を、希望する保育園に入れなかった0~2歳児にも広げることで、施設が整備できるまでの間の受け皿にしたい考えだ。待機児童向けに事業を始めた区の担当者に話を聞いた。

[06:30 6/28]

上司が残業していても仕事が終われば帰る、過去最高 - 新入社員調査

日本生産性本部の「職業のあり方研究会」と日本経済青年協議会は6月26日、平成29年度新入社員1882人を対象にした「働くことの意識」調査結果を発表した。同調査では、「デートか残業か」「生活価値観」「対人関係」などについて聞いている。

[11:46 6/27]

育児中、夫の前で号泣……ママたちの涙の理由を聞いてみた

待望のわが子に恵まれ、その成長を身近に見守りながら、日々子育てに励む。大変だけど、大きなやりがいも感じているという人は多いはずだ。ただ、中にはどうにもつらくなってしまい、思わず感情が高まって泣いてしまったという体験がある人もいるかもしれない。今回は、子どもを持つ女性マイナビニュース会員300名に、「子育て中、夫の前で号泣してしまったことはあるか」を聞いた。

[20:00 6/26]

マネージャーが成功のカギを握る!? 生産性向上を目指す日本オラクルの「働き方改革」とは?

昨年10月、ワークスタイルの変革を目指し、東京本社にカフェテリア型の社員食堂「デジタルカフェテリア」を新設した日本オラクル。同社は2016年には「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」を受賞している。本稿では、同社における働き方改革の取り組みについてお届けする。

[11:30 6/21]

パパ・ママが最も働きやすい町はどこ? イクボス自治体ランキング

NPO法人ファザーリング・ジャパンはこのほど、「第一回イクボス充実度アンケート調査」の結果を発表。部下の育児参加に理解のある上司・経営者を指す"イクボス"の充実度を調べたもので、都道府県では三重県、市区町村では北九州市がそれぞれ1位を獲得した。

[11:12 6/19]

伊藤忠、今月より金曜日に「脱スーツ・デー」を実施

伊藤忠商事は6月14日、今年6月より金曜日に「脱スーツ・デー」を実施すると発表した。これまで、金曜日はカジュアルウェアで仕事をする「カジュアルフライデー」としてきたが、新たな金曜日の装いを社員に推奨する。

[10:31 6/15]

妻の代わりに家事をしたことがある男性の割合は?

主婦向け生活情報誌『サンキュ!』は6月8日、家事に積極的に取り組む男性に関するアンケート調査の結果を発表した。同調査は2017年4月17日~23日の期間、『サンキュ!』読者モニターの配偶者(男性)197名を対象に、インターネット上で行ったもの。出産や体調不良の妻の代わりに家事をしたことがある男性は60%だった。

[10:43 6/9]

クラウド型イベント管理システム「Event Cloud Mix」提供開始

メジャースは6月7日、クラウド型イベント管理システム「Event Cloud Mix(イベント クラウド ミックス)」をサービスリリースしたと発表した。

[16:02 6/7]

育休取得者の割合、女性は81.8%、男性は3.16%でともに微増

厚生労働省は5月30日、「平成28年度雇用均等基本調査(速報版)」の結果を取りまとめ、公表した。調査は毎年行われていて、今回の速報版では、育児休業取得者割合に関する調査項目について取りまとめている。その他の項目を加えた確定版は、7月末頃に発表予定。

[11:15 5/31]

帝人、社員の子どもを保育所に入所させるための「保活」を支援

帝人グループは、社員の仕事と育児の両立を支援する施策の一環として、5月22日より、社員が子どもをスムースに保育所に入所させるための活動(保活)をサポートする「保活コンシェルジュサービス」を導入した。

[08:00 5/25]

働くパパママ川柳の入賞作品17句が決定 "欲しいのは 子供と主婦を もう1人"

オリックスグループは4月17日、「オリックス 働くパパママ川柳」の入賞作品、17句を発表。2017年1月20日から2月20日まで、働きながら子育てに奮闘するパパとママの日常をテーマに募集していたもので、全国から合わせて4万9,623作品が寄せられていた。大賞には「カバンには パソコンスマホ 紙おむつ」が選ばれている。

[17:57 4/17]

働いてみたい「働き方改革」推進企業、第1位は?

スパークス・アセット・マネジメントは4月13日、全国の20歳~79歳の男女1000名を対象に実施した「日本経済と株式投資に関する意識調査2017春」の結果を発表した。同調査では、こんな環境で働きたい"働き方改革推進"企業などについて聞いている。

[12:14 4/14]

NEC、SMB市場向け顔認証ソリューション事業を強化 - 製品ラインアップ拡充

NECは4月13日、都内で記者会見を開き、SMB市場(中堅・中小企業)向け顔認証ソリューション事業を強化し、ISV/ハードウェアメーカーなどソリューションパートナーとのアライアンスプログラムの新設や、全国の販売パートナーに対する支援体制の強化、また顔認証関連製品のラインアップ強化を行うと発表した。

[11:00 4/14]

三井住友海上火災、4月より19時前退社ルールを開始

三井住友海上火災保険は3月31日、4月から働き方改革の一環として、全社員を対象とする「19時前退社ルール」を開始すると発表した。これにより、やむを得ない理由がある場合を除き、19時までの退社を徹底するという。

[11:00 4/3]

ヤフー、週休3日制度導入 - まずは育児や介護を行う従業員対象

ヤフーは3月31日、4月より、小学生以下の同居の子を養育する従業員や家族の介護や看護が必要な従業員を対象に、土日の休日に加え1週当たり1日の休暇を取得できる「えらべる勤務制度」を導入すると発表した。

[10:23 4/3]

スターフライヤーがイクボス宣言--ホスピタリティあふれるリーダーを

スターフライヤーは3月29日、社員を生かすダイバーシティ推進の一環として、管理職の意識改革促進に向け、ファザーリング・ジャパンの主宰する「イクボス企業同盟」に加盟し、「イクボス宣言」。今後も、効率的で柔軟な働き方を推進し、社員がいきいきと働き続けられるよう、制度や職場風土の改革を行っていくとしている。

[06:00 3/30]

保育園へ入園できず、仕事を諦めたママの割合は?

妊娠・出産・育児情報サイト「ベビカム」は3月28日、「保育園への入園」についてのアンケート結果を発表。2017年入園における保育園探しの状況について調べた。その結果、保育園探しを行ったにも関わらず、入園がかなわなかった人のうち、「仕事復帰(開始)を諦める」と回答した人の割合は24%となった。

[16:30 3/29]

「しかるべき理由」がなくても在宅勤務OK - 製薬会社・MSDに聞く働き方改革

2016年4月から、在宅勤務制度を日数の制限なく利用可能にした製薬会社のMSD社。制度改定以降、内勤部署の社員のうち毎月2~3割近くの社員が制度を利用し、1人あたりの利用日数も月平均2.5日以上に伸びたという。そこで今回は、同社のテレワーク(在宅勤務)を中心とした働き改革の取り組みや運用実績についてお話を伺った。

[08:00 3/29]

夫婦4組が家事・育児分担を公開! ワンオペ育児&夫婦の危機を打破するには?

育休後の職場復帰。どうしたら、夫婦間の家事・育児分担をうまく進めることができるのか。3月18日に行われた「復職前の両親学級! 『脱・ワンオペ育児』をするための夫婦の『働き方改革』イベント」(クラウドワークス、CaSy、キッズライン主催)に参加した、共働き子育て夫婦4組の声を聞いてきた。

[11:30 3/28]

女性版働きがいのある会社ランキング、従業員1000人以上の企業1位は?

世界約50カ国で展開している意識調査機関であるGreat Place to Workは3月13日、2017年版「働きがいのある会社」女性ランキングを発表した。同ランキングは2017年版日本における「働きがいのある会社」ランキングのベストカンパニー100社から、女性の働きがいに優れた企業を大中小各部門別に上位5社を選出したもの。

[11:55 3/14]

先輩ママが語る! 小学校入学前に身に付けておきたいこと&学童対策

東京都江戸川区で、働きながら子育てをしている親のネットワーク「えどがわ学童保育フォーラム」が2月19日に開催したイベント「はじめての学童クラブ登録 in えどがわ」の内容を紹介する。

[20:00 3/6]

プレミアムフライデー、定時より早く退社した人はわずか3.7%

インテージは3月3日、2017年2月24日に開始した「プレミアムフライデー」の事後調査の結果を発表した。これによると、実際に定時よりも早く退社することができた人は3.7%だったという。

[10:46 3/6]

丸井グループの"イクメン"は意外と普通のパパだった - 田中俊之の職場訪問

2013年度、子が1歳になるまで最大7日間、有給で取得できる短期育児休職制度を導入した丸井グループ。そんな恵まれた企業で働くパパたちの悩みを、男性学の第一人者、武蔵大学の田中俊之 助教に聞いてもらった。

[11:30 2/28]

働きながら子育てするのに良さそうな街、首都圏2位は吉祥寺、1位は?

不動産・住宅情報サイト「HOME'S」を運営するネクストは2月22日、「働きながら子育てするのに良さそうな街ランキング」を発表。首都圏で最も支持を得たのは「横浜」(神奈川県)となった。

[10:56 2/23]

自分を振り返ると仕事のスタイルが変わる - Office 365「MyAnalytics」

日本マイクロソフトは2月16日、働き方改革支援の一環として、Office 365の「Office Delve」「MyAnalytics」を活用した事例を発表した。

[19:58 2/16]

小池都知事「ワークの前に生活を大切に」、働き方改革の実現に意欲

小池百合子 都知事は2月8日、「東京ライフ・ワーク・バランス認定企業」の認定状授与式に出席。「誰もがそれぞれに最適なワークスタイルを実現することが目標」と働き方改革に意欲を見せた。

[17:46 2/8]

ワークライフバランス バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2010年
2009年
2008年
2007年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (ライフスタイル>妊娠・子育て>ワークライフバランス)

ワークライフバランス トップへ
仕事と家庭・子育てを両立したい働く男女にための、最新ニュースやレポート、ハウツー、アンケートなどを発信

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事