「電車」最新記事一覧

国内外の鉄道の最新ニュース・コラムを紹介します。

関連キーワード

ヘッドライン

東北新幹線から北陸新幹線へ、仙台~金沢間直通列車9月運転 - 旅行商品発売

JR東日本仙台支社、びゅうトラベルサービスは6月27日14時から、「直通新幹線で行く! 信州・北陸の旅」を発売する。東北新幹線から北陸新幹線へ、大宮駅で乗り換えることなくスムーズに移動できる新幹線の直通列車(仙台~金沢間)を利用した旅行商品。昨年11月にも運行され、好評につき第2弾が発売されることになった。

[21:18 6/25]

JR東日本、常磐線いわき~竜田間の普通列車2往復に651系を使用 - 7/22から

JR東日本水戸支社は23日、常磐線いわき~竜田間を「より快適にご利用いただくため」、普通列車2往復を7月22日から特急形電車651系4両編成に変更すると発表した。651系は常磐線特急「スーパーひたち」などで活躍した車両。基本編成(7両編成)と付属編成(4両編成)があり、いわき駅以北では過去に付属編成のみによる運用も見られた。

[20:50 6/25]

鉄道なんでもアンケート 第1回 鉄道旅行をしたいと思うのはどんなとき? 現実逃避を求める人も

梅雨が終われば本格的な夏到来。7・8月は3連休もあり、夏休みやお盆休みで長期休暇を取りやすい時期だけに、すでに夏の旅行計画を立て始めている人もいるかもしれない。そうした中、列車に乗車する旅番組や鉄道旅行の広告を見たときなど、なにかのきっかけでふと、「列車に乗って旅がしたい」と思ったことはないだろうか。

[07:00 6/25]

JR東日本、東海道本線横浜~国府津間開業130周年 - 記念スタンプラリーなど

JR東日本横浜支社は7月11日に東海道本線横浜~国府津間が開業130周年を迎えることを記念し、スタンプラリーや駅でのイベントなどの記念行事を実施する。スタンプラリーは7月11日から8月31日まで実施。子供たちが描いた絵の展示や子供駅長制服撮影会などの催しも順次開催され、開業130周年記念ロゴをデザインしたグッズも登場する。

[22:52 6/22]

東武鉄道70000系 - 2017年7月7日、7両編成の日比谷線直通新型車両デビュー!

東武鉄道は22日、東武スカイツリーライン・東京メトロ日比谷線直通の新型車両70000系の運行開始日を2017年7月7日と発表した。同日の北越谷駅10時4分発、中目黒行の列車から運行開始する。新型車両70000系は片側4ドア、20m車両の7両編成で、2019年度までに計22編成154両を導入予定。うち10編成70両を今年度中に導入する。

[19:09 6/22]

西鉄福岡(天神)駅、扉位置の違いに対応するホームドアを2021年度めどに整備

西日本鉄道は21日、駅ホームにおける安全性向上に向けた取組みとして、西鉄福岡(天神)駅にて2021年度をめどにホームドアの整備に着手すると発表した。天神大牟田線は車両形式によって扉の枚数や位置が異なるため、こうした条件にも適合できる新しいタイプのホームドアについて検討を進めていくとしている。

[12:43 6/22]

西鉄天神大牟田線8/26ダイヤ改正、大橋駅が特急停車駅に - 特急増発も実施

西日本鉄道は21日、天神大牟田線のダイヤ改正を8月26日に実施すると発表した。このダイヤ改正で大橋駅が特急停車駅に加わり、すべての特急が停車する。朝ラッシュ時間帯と平日夜間の特急の増発なども実施する。「新しい時刻は8月上旬ごろに天神大牟田線各駅および当社ホームページにてお知らせいたします」とのこと。

[10:46 6/22]

115系「横須賀色」が復活 - しなの鉄道115系復刻塗装の第3弾、7/29運行開始

しなの鉄道は7月から始まる「信州デスティネーションキャンペーン」に合わせ、旧国鉄の「横須賀色」を復刻した115系1編成を7月29日から運行開始する。4~5月に相次いで登場した「初代長野色」「湘南色」に続く復刻塗装の第3弾。復活当日の7月29日は、10時15分から戸倉駅で出発式を開催する。

[23:30 6/20]

JR西日本「新たな長距離列車」個室グリーン車も - 2020年夏までに運行開始

JR西日本が20日に実施した6月定例社長会見にて、「新たな長距離列車」の導入に向けた検討状況に関して説明が行われた。2020年夏までに運行開始する予定で準備を進め、グリーン車やフルフラットシートの車両も連結した6両編成をイメージしている。「新たな長距離列車」に関して、既存車両117系の改造であることも報じられた。

[20:49 6/20]

小田急電鉄、開業90周年記念のリアル宝探し「小田急道中謎栗毛」7~8月開催

小田急電鉄は7月1日から8月31日まで、開業90周年の記念イベントとして「リアル宝探しナゾトキ双六『小田急道中謎栗毛』」を開催する。このイベントの開催に合わせ、6月24日から8月31日まで「小田急線開業90周年記念1日全線フリー乗車券」を小田急線の各駅窓口にて発売する。

[20:52 6/18]

鉄道ニュース・プラス 第2回 京阪大津線(石山坂本線)700形が塗装変更、京阪線とイメージ統一へ

京阪電気鉄道は今年3月、大津線(京津線・石山坂本線)全車両のカラーデザインを順次変更すると発表。その1編成目となる700形707-708編成の塗装変更が完了し、6月から営業運転を開始した。今後も石山坂本線600形(計20両)・700形(計10両)、京津線800系(計32両)において塗装変更を進め、京阪線の一般車両とのイメージ統一を図るとしている。

[17:44 6/18]

鉄道トリビア 第409回 西武鉄道で全区間複線化された路線はひとつだけ

大手私鉄というと、大都市で通勤電車が頻繁に走るという印象が強い。ターミナル駅付近では複々線や相互直通運転もあってにぎやかだ。しかし、広大な路線網の中には単線区間もある。意外なことに、西武鉄道の旅客営業路線で全線複線化された路線はひとつだけだった。どの路線かというと……。

[08:00 6/17]

JR東日本「NO.DO.KA」使用「上越線てつしょっぷ」車内で鉄道グッズなど販売

JR東日本新潟支社は13日、全国的にも珍しいという展望カーペット列車「NO.DO.KA」を使用し、車内で鉄道グッズ(廃用部品)の特別販売を行う旅行商品専用列車「上越線てつしょっぷ」を運転すると発表した。7月16日に新潟~水上間で1往復運転され、国鉄時代の車両に搭載された部品をはじめ、鉄道にまつわるグッズが車内で販売される。

[19:41 6/13]

西武鉄道「いままでに見たことのない」新型特急車両の基本デザインを公開!

西武鉄道は13日、新型特急車両の基本デザインについて発表した。外観・内装ともに「いままでに見たことのない新しい車両」をめざし、建築家・妹島和世氏監修の下、同社内で選抜されたプロジェクトチームメンバーを中心に取り組んでいるという。新型特急車両の導入車両数は計56両(8両編成×7編成)、2018年度末の運行開始を予定している。

[17:41 6/13]

流鉄5000形「流馬」7/30さようなら運転 - 新塗色・新愛称で来春再デビュー

流鉄は12日、流山線(馬橋~流山間)の車両5000形のうち「流馬」の愛称を持つ編成の「さようなら記念運転」を行うと発表した。7月1日から「流馬」にヘッドマークを掲出し、記念入場券と記念のペーパークリップも販売される。「流馬」は8月の全般検査入場に合わせて塗色変更を行い、新塗色・新愛称で来年春頃に再デビュー予定だという。

[16:07 6/13]

東京メトロ銀座線・日比谷線など34駅「注意喚起シート」年末までに追加設置

東京メトロは12日、駅ホームでの線路内転落・列車接触事故防止を目的とした「注意喚起シート(スレッドライン)」の追加設置について発表した。すでに設置完了している4路線41駅に続き、今年12月末までに5路線34駅で「注意喚起シート」を設置していく予定。ホーム上のさらなる安全性向上をめざすとしている。

[18:24 6/12]

JR西日本「ICOCA」和歌山~和歌山市間に7/15導入 - 南海とのIC連絡定期券も

JR西日本は8日、紀勢本線和歌山~和歌山市間でのICカード乗車券「ICOCA」サービスを7月15日から開始すると発表した。和歌山市駅を接続駅とする「南海・JR西日本IC連絡定期券」も同日から販売開始となる。南海電鉄が進める「和歌山市駅活性化計画」の駅施設部分の供用開始を受け、JR西日本の改札と南海電鉄の改札を分離することも発表された。

[21:10 6/11]

北神急行電鉄、営業開始30周年記念ロゴマーク・記念ヘッドマークを一般公募

北神急行電鉄は、営業開始30周年にあたる2018年度に使用する記念ロゴマークと記念ヘッドマークのデザインを一般公募する。結果発表は11月上旬の予定。最優秀作品の記念ロゴマークは社員が付ける缶バッジやグッズなどに、記念ヘッドマークは同社の車両7000系のヘッドマークにそれぞれ使用する。

[20:48 6/11]

鉄道トリビア 第408回 夏目漱石の小説『坊っちゃん』の主人公は路面電車の会社に転職した

明治の文豪、夏目漱石が書いた『坊っちゃん』は愛媛県の松山が舞台。現在も伊予鉄道で「坊っちゃん列車」が走り、鉄道ファンにも親しまれている。『坊っちゃん』の主人公「おれ」は教師として松山に赴任したけれど、帰京後は鉄道会社に転職している。小説では最後に軽く書かれただけで、意外と見過ごされやすい話かもしれない。

[08:00 6/10]

愛知県豊橋市、豊橋鉄道の路面電車運転体験を「ふるさと納税」返礼品に採用

愛知県豊橋市は今月から、豊橋鉄道の路面電車運転体験を「ふるさと納税」(豊橋市ふるさと寄附金)の返礼品に加えた。6万円以上の寄付で体験することができる。豊橋鉄道市内線で活躍する3500形のいずれかの車両を使用し、車庫内の線路で運転体験を行う。路面電車の車庫内見学や、点検ピット内から車両の床下を見学する体験もできる。

[21:44 6/8]

「泉北ライナー」増発! 南海高野線・泉北線8/26ダイヤ改正、利便性向上図る

南海電気鉄道・泉北高速鉄道は8日、「泉北ニュータウン・トリヴェール和泉と大阪市内間の移動の利便性・速達性・快適性の向上」「泉北地域の活性化」を目的に、8月26日に南海高野線・泉北線のダイヤ改正を実施すると発表した。特急「泉北ライナー」の増発をはじめ、両路線を直通する列車の利便性向上を図る施策を実施する。

[21:09 6/8]

新京成電鉄8000形、ベージュに茶色帯「標準色」1編成のみ復活! 6/9から運行

新京成電鉄は8000形8512編成をかつての標準色に塗り替え、6月9日から定期運行を開始する。当面の間、リバイバルカラーのまま運行を続けるとのこと。同社の全26編成のうち1編成のみの変更で、「ジェントルピンクのカラーリングが主になっている中、忠実に再現した昔懐かしいリバイバルカラーにぜひご乗車ください」と発表している。

[19:57 6/6]

JR東日本、山手線E235系に車内防犯カメラ - 各車両に4台、2018年春から設置

JR東日本は6日、さらなる車内セキュリティレベル向上のため、山手線の新型車両E235系に車内防犯カメラを設置すると発表した。E235系の量産車は今年度中に計15編成、2018年度以降に計34編成を投入する予定。車内防犯カメラの設置時期は2018年春以降とされ、山手線に投入される全50編成550両を対象に順次設置される。

[15:22 6/6]

相鉄20000系、新型車両12月デビュー! 日立製作所が製造、今年度は1編成導入

相模鉄道は5日、都心直通用新型車両20000系の導入を発表した。日立製作所も同日、相鉄の新型車両受注を発表した。新型車両20000系は相鉄グループの創立100周年に合わせ、2017年12月から営業運転を開始する予定。今年度は7000系の代替として1編成導入される。2022年度下期に開業予定の相鉄・東急直通線の車両として使用されるという。

[19:34 6/5]

東京メトロ東西線深川車両基地、普段何が行われている? 近隣住民向けに公開

近所にある、地下鉄の車両がいっぱいあるあの場所はどんなところだろうか。なにやら電車が出たり入ったりしているけれど、そこでは何をしているのだろうか。そんな疑問に答える車両基地見学会が6月4日に開催された。場所は東京都江東区にある東京メトロ深川車両基地。東西線の拠点となっているこの車両基地に、近隣住民300名が招待された。

[07:00 6/5]

鉄道トリビア 第407回 ブルーリボン賞・ローレル賞「該当車なし」の年があった…なぜ?

鉄道愛好家団体、鉄道友の会が毎年5月下旬にブルーリボン賞・ローレル賞を発表している。前年にデビューした優秀な営業車両を表彰しており、鉄道事業者にとって名誉ある賞だ。ところが、過去の受賞歴をみると、ブルーリボン賞は4回、ローレル賞は3回、「該当車なし」という年がある。どんな事情があるのだろう。

[08:00 6/3]

鉄道ニュース・プラス 第1回 JR山手線E235系、5月に量産車3編成デビュー - ローレル賞受賞も

JR東日本が山手線へ投入を進める新型車両E235系。2015年度にデビューした量産先行車(第1編成)に続き、5月22~30日にかけて量産車3編成(第2~4編成)が営業運転を開始した。E235系の投入は2020年春頃まで続き、E231系500番台を置き換える予定だ。E235系が鉄道友の会ローレル賞に選ばれたことも、鉄道ファンらの間で話題となった。

[07:00 6/1]

銚子電気鉄道「超レトロ電車」2018年1月お披露目 - 2000形1両の内装を改造

銚子電気鉄道はこのほど、同社保有車両のうち1両を改造し、今年度末に「超レトロ電車」として運行開始すると発表した。2000形1編成(2001・2501の2両編成)の1両を対象に、レトロ感あふれる内装へと改造を行う。8月末に内装デザインを決定し、10月の改造工事着工を経て、2018年1月の車両内装お披露目、運行開始を予定している。

[22:27 5/30]

「東武鉄道クレヨンしんちゃんラッピングトレイン」運行期間を8月まで延長

東武鉄道は30日、50050型に『クレヨンしんちゃん』のキャラクターデザインを施した「東武鉄道クレヨンしんちゃんラッピングトレイン」の運行期間を延長すると発表した。当初の運行期間は5月までとされていたが、利用者から好評だったことを受け、今年8月下旬まで期間が延長されることになった。

[20:10 5/30]

東京都交通局、日暮里・舎人ライナー5/29ダイヤ改正 - 平日朝の列車を増発

東京都交通局は29日、日暮里・舎人ライナーのダイヤ改正を実施する。朝ラッシュ時間帯の混雑緩和を図るため、日暮里・舎人ライナーでは今月から新型車両320形が営業運転を開始しており、5月29日から混雑緩和と利便性向上を目的に平日のダイヤが一部変更される。なお、土休日のダイヤの変更はないとのこと。

[17:30 5/28]

電車 バックナンバー

2017年
2016年

このキーワードについて (旅と乗りもの>鉄道>電車)

電車 トップへ
国内外の鉄道の最新ニュース・コラムを紹介します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事