【連載】

親になって「働く」と向きあう

8 独身女性の上司とうまく付き合っていくには?

8/20

独身女性の上司とうまく付き合っていくには?

子育てしながら仕事を続けていくためには、職場環境は重要なテーマです。子育てしながら働く人が、組織内で(特に日々の業務で接する人たちの中で)どう受け止められているかによって、働きやすさや居心地の良さは変わってくるでしょう。そして、これに強く影響してくるのが、チームをまとめるリーダー・管理職の考え方です。上の立場の人間がどのような雰囲気を作り出しているかによって、チーム内の受け止め方は大きく違ってくるでしょう。

この手の会話で度々トピックに上がるのが、上司が女性で、しかもストイックな働き方をしている独身女性だと、子育て中の女性部下はやりづらいという話。やはり「女の敵は女」なのでしょうか?

部下も上司も実は同じ悩みを抱えている!?

「結婚や出産といったライフイベントを経ても女性が働きやすい職場のイメージは? 」と聞くと、女性がたくさん働いていて女性管理職も当たり前のようにいる会社、という答えが大半の人から返ってきます。このように、女性がたくさんいた方が働きやすいとイメージする一方で、女性の上司だからこそ「やりづらい」と感じてしまうのは、自分の中に働き方像が確立されていないからではないでしょうか。

女性はこんな風に働くものだ、こんなキャリアパスを目指すべきだと、どこかの雑誌やネットで見たイメージをなんとなく描いていて、それが自分の思いだと思い込んでいる人が案外多いと感じています。自分自身に問いかけて、自分の中から出てきた「こう働いていきたい! 」という思いが見いだせていないと、他人の働き方に翻弄(ほんろう)されたり、自分と他人の働き方が違ったとき、不安を感じやすくなったりします。先ほどの例でいうと、ストイックな働き方の独身女性を上司に持った時に「私も彼女みたいな働き方をしないといけないんじゃないか」というプレッシャーをより強く感じてしまうのです。

そして、同じことが上司側の女性にも言えるのですが、上司自身も自分の働き方に自信がなかったり迷っていたりします。だからこそ、自分と他人(部下)の働き方が違うことに不安を感じてしまい、結果的に「私のように働きなさい」という無言のプレッシャーを部下に感じさせてしまうのです。

もしかしたら、あなたの身近な上司だって、実際には弱気な面を隠しつつ無理して頑張る日々と実力のギャップに悩んでいるのかもしれません。そして、その姿にどこか引け目を感じてしまうあなた自身にも、似たような悩みがあるのではないでしょうか? そんな風に、上司も部下も同じ悩みを抱えているのだと知ると、お互いイライラして対立していること自体がなんだか滑稽な気もしてきます。

※画像は本文と関係ありません。

著者プロフィール

株式会社ここるく 代表取締役 山下真実
「わが子を大切するために、ママが自分自身を大切にできる子育てスタイル」を提案し、人気のレストランが託児付きで楽しめるサービス「ここるく」を運営するママ起業家。
投資銀行や金融系コンサルなど金融業界でキャリアを積みつつ、2011年に第一子を出産。初めての子育て中に「今まで気にもとめていなかった当たり前の事が、産後は一 気にできなくなるんだ! 」と感じたことがきっかけとなり、現代に合った子育て支援を実現するため2013年に株式会社ここるくを設立。同サービス運営を通じて得られる働くママ達のリアルな視点とコンサル経験を活かして、企業に対する女性活躍推進コンサルティングを行う。
全プラン託児付き! 新しい子連れランチ・おでかけスタイル「ここるく」

8/20

インデックス

連載目次
第20回 多様性社会で親として「働く」ということ
第19回 共働きパパほど頑張っている!? 働く父親のワークライフバランス
第18回 ワーママの「やりたいことが分からない」が危険な理由
第17回 仕事満足度の高い時短勤務者が陥りやすい落とし穴とは
第16回 産後の夫婦関係が悪化する理由は「コミュニケーション認識」の違いにあった
第15回 子どもを保育園に通わせる親がやっておくべき防災対策とは
第14回 共働き家庭の防災対策は、予想以上に準備が必要!
第13回 産休・育休から職場復帰後、「やる気がない」と誤解される理由
第12回 4割以上が「妻は家庭を守る」に賛成 - それでも自信を持って私が働ける理由
第11回 ママたちの議論は有効に機能する? - 「育休プチMBA勉強会」の秘密
第10回 働く母になる前の思考トレーニング「育休プチMBA勉強会」
第9回 専業主婦が妻の上司に、働く母の気持ちなんて分かるワケがない!?
第8回 独身女性の上司とうまく付き合っていくには?
第7回 妻が「夫の家事・育児協力に不満」の理由
第6回 上司の「早く帰りなさい」が働く母親を傷つける理由
第5回 今年もよく頑張った! 今こそこの1年で身につけた「チカラ」の総決算を!!
第4回 働く母親は揺らぎやすく、揺らぎやすいから悩みやすい
第3回 埼玉県和光市の日本版「ネウボラ」、施設長に取材
第2回 フィンランドをお手本にした「ネウボラ」、妊娠期から継続的に働く親を支援
第1回 「時短トラップ」は"当たり前"の中に潜む

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

2016年12月7日の運勢

イチオシ記事

新着記事