【連載】

鉄道ニュース週報

57 葛飾区が南北鉄道路線の調査費を計上 - 東京の新路線構想に動き

57/66

先週は東京の新路線構想に動きが2つ。2017年度予算で葛飾区が貨物線を利用したLRT構想に調査費を計上した。南北方向の鉄道路線を整備し、地域の一体化をめざす。地下鉄よりも投資額が小さいから、実現の可能性は高そうだ。

葛飾区の鉄道路線と主要道路。赤線が新金貨物線。赤い点線が地下鉄延伸構想。環状7号線沿いにメトロセブン構想がある

葛飾区は南北交通の鉄道を検討

2月6日、葛飾区は平成29年度当初予算案を発表した。テレビの関東ローカルニュースとして報道されたほか、翌日の全国紙東京版に掲載された。妊婦さん向け無料バス乗車証「マタニティパス」の発行などの子育て支援、伝統工芸などの産業振興の取組み、モンチッチなどのキャラクターを生かした地域活性化などの他に、区内の南北を結ぶ鉄道路線について検討するという。調査費として2000万円を計上するという。

この調査費の中には、新金貨物線を区内の南北を結ぶ新しい交通機関として検討するほか、地下鉄8号線・11号線延伸、メトロセブン構想の調査費用も含まれる。

新金貨物線は総武本線の支線で、総武本線小岩駅と常磐線金町駅を結ぶ。開業は1926(大正15)年と歴史が長い。当時は総武本線がまだ両国橋駅を起点としており、都心に直通していなかったため、千葉方面と都心方面を結ぶ貨物列車は新金貨物線を経由した。総武本線~新金線~常磐線と経由して、隅田川を渡っていた。

地下鉄8号線・11号線延伸計画は、葛飾区内の京成押上線四ツ木駅付近を結節点として、東京メトロ有楽町線・半蔵門線を延伸する計画だ。有楽町線はさらに葛飾区内を亀有へ延伸し、千葉県野田市へ延伸する構想がある。半蔵門線も葛飾区内をさらに延伸し、金町経由で千葉県松戸市方向へ延伸する構想がある。

メトロセブンは都道環状7号線沿いの軌道系交通構想だ。全体としては江戸川区葛西臨海公園駅から葛飾区青戸・亀有、足立区北綾瀬・西新井、北区赤羽を結ぶルートとなる。葛飾区内では新金貨物線とほぼ並行する形になる。新小岩操車場付近と亀有付近で、新中川の対岸にあたる。

しかし、新金貨物線以外の3ルートは他の自治体と協議が必要だ。葛飾区単独では動けない。新線建設となるため、建設費も膨大で、地質調査、環境アセスメントの手続きなど時間がかかる。それに比べると新金貨物線の旅客線化はすでに線路があるし、ほぼ葛飾区内のため、決定は早そうだ。費用も駅施設と車両の調達程度で済む。

総武本線との分岐点は新小岩~小岩間の新小岩操車場にあり、実質的には新小岩操車場~金町間の6.6kmだ。新小岩操車場は新小岩駅側から分岐しているため、上記の貨物列車は新小岩操車場で機関車の前後付替え、貨車の入替えを行った。貨物の荷役もあったけれど、貨物駅としての機能は廃止されている。貨物時刻表によると、現在は定期貨物列車が1日4往復、臨時貨物列車が1日1往復、計5往復が設定されている。

新金貨物線は総武本線を分岐後、新中川を渡り、川に沿って北上する。沿線はほぼ住宅街で、途中にはプレジャーボートの保管場、テニスクラブなどがある。南北のちょうど中間付近で京成電鉄本線の下を通り、付近に京成高砂駅がある。京成本線の他に金町線・北総線が分岐する結節点だ。西側の青砥駅は京成押上線が分岐する。

現在は単線だけど線路の両側に余地も多く、すれ違い設備もつくりやすい。複線化が望ましいけれど、等間隔にすれ違い設備を設ければ、北行き・南行きともに10分間隔程度の運行は可能だろう。小岩は江戸川区だし、新小岩操車場の分岐形態を見ると、葛飾区が新金貨物線を旅客化する場合は、新小岩~金町間の運行になると考えられる。

課題があるとすれば、新金貨物線の新小岩操車場から北の地域が江戸川区にかかっている。複線化するにしても、駅を設置してすれ違い設備を設けるにしても、江戸川区との協議が必要だ。もっとも、この付近は小岩駅と新小岩駅の中間地点で、線路があっても駅がない。駅を設置するなら江戸川区にとって悪い話ではない。

沿線に大規模な集客施設がないけれども、新金貨物線の旅客化には大きな意味がある。葛飾区の南北を結び、行政や経済の一体化を促進する効果が期待できるからだ。葛飾区の鉄道は、東西方向に常磐線、京成本線、総武線がある。ここに京成押上線、京成金町線、北総線を加えると、区の中央部の青砥・高砂エリアから5方面に放射線ができる。しかし、北の市街地の亀有と、南の市街地の新小岩を結ぶ軌道系交通がない。

江東区も豊洲から住吉までの地下鉄8号線延伸を構想しているし、越中島貨物線を使ったLRT構想もある。越中島貨物線は新金貨物線ともつながっているから、葛飾区と江東区が協業すれば南北方向の長いルートができるだろう。江東区もまた、南北の鉄道路線がなく、東西方向の路線ばかりだ。地域の一体化を進めたいと考えている。

南北方向の交通機関の整備は、地域を一体化する意味で重要だ。たとえば横浜市北部の青葉区と都筑区は、地下鉄ブルーラインが開業するまで横浜駅へ直行できる鉄道路線がなかった。このあたりはバスで東急田園都市線の駅に向かい、東京へ通勤・通学する世帯が多かった。横浜に住みながら東京の経済圏で生活する地域だ。そのため、青葉区・都筑区・(新)緑区に分割される前の旧緑区は「東京都緑区」と揶揄された時期もある。

現在もこの地域は東京都との結びつきが強い。しかし南北方向の地下鉄ブルーラインがあざみ野駅まで延伸されたため、田園都市線沿線から横浜へ向かう流れができた。国道246号線元石川交差点の立体交差化も功を奏し、港北ニュータウン地域も新都心として発展している。首都高速神奈川線も横浜北線が来月18日に開業予定、横浜環状北西線も建設中だ。「横浜に住み、横浜で学び、横浜で働き、横浜で遊ぶ」理想の形態に近づいている。

南北の交通を整備して地域を一体化する。葛飾区や江東区がめざすところも同じだろう。鉄道ファンとしては、新金貨物線や越中島支線のLRT化を応援したい。地下鉄と違って景色が見えるし、電車の撮影もできる。街歩きも楽しそうだ。計画の実現が楽しみだ。

57/66

インデックス

連載目次
第66回 南阿蘇鉄道は復旧可能と国交省が発表 - 国と地域の宝として価値を示そう
第65回 神岡鉄道「おくひだ1号」復活運転 - 廃線の町に新しい祭りができた
第64回 旧国鉄用地の売却完了へ - あの土地も鉄道用地だった
第63回 2階建て新幹線、終焉へ - E4系に引退報道
第62回 JR豊肥本線と南阿蘇鉄道、復旧に向けた取組みが始まる
第61回 電車初の重要文化財指定へ - ともに日本の電車時代幕開けの象徴だった
第60回 2017年3月ダイヤ改正、市販の時刻表に最も影響を与えた路線は?
第59回 観光列車の新段階「トワイライトエクスプレス瑞風」「HIGH RAIL 1375」
第58回 さようなら583系、鉄道旅行全盛期の象徴だった
第57回 葛飾区が南北鉄道路線の調査費を計上 - 東京の新路線構想に動き
第56回 減少続く車内販売、廃止発表より事業者公募を望みたい
第55回 神岡鉄道「おくひだ1号」復活 - 廃線を観光に活用する組織設立へ
第54回 「リバティ」「SL大樹」運行、その先の観光列車も乗り継ぎたい
第53回 紀州鉄道「キハ603」廃車予定を地元商店街が救うか
第52回 阿佐海岸鉄道、DMV路線へ転換なるか - 甲浦駅も大改造
第51回 "初夢"に終わらせたくない「第2青函トンネル構想」
第50回 JR只見線災害不通区間、上下分離方式で鉄道復旧へ
第49回 2017年3月4日ダイヤ改正 - 全国紙・地方紙はどう報じたか
第48回 三井造船の鉄道ヤード用自動化コンテナクレーン、日本導入あるか
第47回 留萌本線留萌~増毛間廃止で「JR最短の本線」記録が更新された
第46回 ひたちなか海浜鉄道の気動車を御神体に!? 鉄道車両保存の新提案
第45回 北陸新幹線、大阪延伸どのルートに? 東北方面へ定期運行の可能性も
第44回 東京メトロ銀座線一部区間運休、鉄道ファンの関心は方向幕だった
第43回 JR九州上場、鉄道ファンの関心は株主優待制度とローカル線の行方
第42回 JRの赤字ローカル線に相次ぐ廃止報道 - 鉄道路線を看取る時代が来た
第41回 復活か解体か…命運分かれる蒸気機関車
第40回 京急線・京成線・都営浅草線…ダイヤ改正はなぜ秋に?
第39回 神戸電鉄粟生線、存続に黄信号 - 年間10億円の赤字
第38回 「鉄旅オブザイヤー」に一般部門創設、鉄旅プランを作って賞金5万円!
第37回 北海道鉄道網の危機 - 道も国も塩対応、交通政策の矛盾
第36回 福井鉄道「ヒゲ線」を環状線に…福井県が調査費を予算化
第35回 JR西日本、三江線廃止を表明 - 「地域に必要」だけでは生き残れない
第34回 リニア中央新幹線の開業繰上げへ - ブルトレ世代も新大阪開業に間に合う?
第33回 「鉄道」という言葉の名付け親に新説 - 日本最古の文献見つかる
第32回 小池都知事が取り組むべき鉄道改良計画はそれじゃない
第31回 JR北海道「鉄道維持困難」を表明 - もっと輸送密度が低い路線はどうなる?
第30回 『ポケモンGO』鉄道事業者にとって悩みか好機か
第29回 夏休みに向けて大型鉄道イベントが続々登場
第28回 JR可部線可部~あき亀山間1.6km、踏切問題を乗り越え復活
第27回 南阿蘇鉄道復旧へ前進 - JR九州上場、留萌~増毛間廃止日繰上げ
第26回 東海道・山陽新幹線「N700S」車両個別の形式名はどうなる?
第25回 只見線被災区間、三江線の存続問題に動き - タイムリミット近づく
第24回 大井川鐵道に来た14系客車は「ワイド周遊券」愛好家の常宿だった
第23回 青函トンネルより長い世界最長鉄道トンネル、スイスで開通
第22回 ブルーリボン賞・ローレル賞、候補車両の顔ぶれに疑問
第21回 JR夏の臨時列車、「乗り鉄」おすすめ列車はコレ!
第20回 私鉄各社の鉄道事業計画に垣間見える、鉄道趣味的な車両情報
第19回 南阿蘇鉄道復旧の見通し経たず - 義援金は「焼け石に水」ではない
第18回 留萌本線廃止届、285系気動車廃車、新幹線札幌駅問題…JR北海道の試練
第17回 ひたちなか海浜鉄道の延伸案固まる - 2024年度運行開始目標
第16回 熊本地震で被災、JR九州は「JR会社法」から離脱したばかり
第15回 2030年の東京圏鉄道計画、交通政策審議会が認めた24路線
第14回 手回り品ルール改正 - 列車に持ち込める・持ち込めないものは?
第13回 北海道新幹線開業! 日本縦断、東京・札幌日帰り…鉄道ファンの楽しみ方
第12回 西武鉄道と京王電鉄、それぞれの新型車両が示す世相
第11回 常磐線の全線開通は2020年3月に - 幻の特急計画はどうなる?
第10回 養老鉄道、青い森鉄道、日高本線 - 赤字路線の存続へ向けた動き
第9回 九州新幹線(西九州ルート)に「リレー方式」案、それってどうなの?
第8回 若者よ! お得な「若者限定四国フリーきっぷ」「ガチきっぷ」で旅立とう
第7回 西武安比奈線、正式に廃止へ - 休止路線は都内にもあった
第6回 北海道新幹線に接続するバス路線新設で「乗り鉄」が歓喜する理由
第5回 北海道新幹線、最高速度210km制限でも東北新幹線ダイヤに影響なし?
第4回 JR春の臨時列車、「乗り鉄」おすすめ列車はコレ!
第3回 さようなら熊本電鉄「青ガエル」、東急東横線のエースだった
第2回 北海道新幹線に最も安く乗れるきっぷはどれ?
第1回 140円きっぷで1035.4km「大回り乗車」決行する"猛者"現る

もっと見る

関連キーワード

関連製品をチェック

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事