マイナビニュース | パソコン (PC) | 自作 / テクノロジ

関連キーワード

新着記事

一覧

300機のドローンが夜空に描く"光のアート" - ハウステンボスで日本初のIntelドローン・ライトショー

ハウステンボスとhapi-robo stは、ハウステンボス開業25周年を記念したスペシャル企画として、300機のドローンを使った「Intel Shooting Starドローン・ライトショー」を7月22日からスタートした。8月5日までの2週間、毎日上演される。今回は開催初日のショーを見ることができたので、その模様をお届けしたい。

[01:49 7/25]

ドスパラ、抽選で1名にGTX 1080搭載カードをプレゼントするキャンペーン

ドスパラは7月24日、「夏の自作PC応援企画!GTX1080Tiが抽選で当たるキャンペーン」を開始した。同社の公式Twitterアカウントをフォローし、キャンペーンの告知ツイートをリツイートしたユーザーの中から抽選で1名に、NVIDIA GeForce GTX 1080を搭載したPalit製グラフィックスカード「Palit GeForce GTX1080Ti 11GB GameRock」をプレゼントする。

[19:40 7/24]

新着記事

一覧

マウス、デスクトップ向けの第7世代Intel Coreを搭載した15.6型ノートPC

マウスコンピューターは24日、デスクトップ向けCPUを搭載した15.6型ノートPC「m-Book P500」シリーズを販売開始した。デスクトップ向けの第7世代Intel Coreプロセッサと、NVIDIAの最新アーキテクチャのミドルレンジGPU、GeForce GTX 1050を搭載し、高い処理性能を持つ。直販価格は税別99,800円から。

[11:52 7/24]

CORSAIR、RGBファン3基と強化ガラス採用のミドルタワーPCケースに新色追加

リンクスインターナショナルは7月21日、前面や側面などに強化ガラスを使用するCORSAIR製のATX対応ミドルタワーPCケース「CORSAIR Crystal Series 570X RGB」のカラーバリエーションとして、新たにホワイトとレッドの2色を追加した。7月29日の発売を予定する。希望小売価格はともに30,080円(税込)。

[15:54 7/21]

GIGABYTE、水冷クーラーを備えたGeForce GTX 1080 Ti搭載カード

CFD販売は7月19日、NVIDIA GeForce GTX 1080 Tiを搭載したGIGABYTE製グラフィックスカード「GV-N108TAORUSX W-11GD」と「GV-N108TAORUSX WB-11GD」の取り扱い開始を発表した。7月下旬の発売を予定し、店頭予想価格は「GV-N108TAORUSX W-11GD」が税別110,000円前後、「GV-N108TAORUSX WB-11GD」が税別108,000円前後。

[19:00 7/19]

GIGABYTE、GeForce GTX 1070カードを搭載したGPUボックス - 税別8万円前後

CFD販売は7月19日、GIGABYTE製の外付けGPUボックス「GV-N1070IXEB-8GD」の取り扱い開始を発表した。NVIDIA GeForce GTX 1070搭載グラフィックスカードと450W電源を内蔵し、Thunderbolt 3でPCと接続することで、外付けGPUのパフォーマンスを活用することができる。7月下旬の発売を予定し、店頭予想価格は税別80,000円前後。

[17:37 7/19]

玄人志向、税別11,000円前後のRadeon RX 550搭載グラフィックスカード

玄人志向は7月18日、AMD Radeon RX 550を搭載したグラフィックスカード「RD-RX550-E2GB/SHORT」を発表した。長さが150mmのショート基板を採用したコンパクトカードで、小型ゲーミングPCの構築に好適という。7月下旬の発売を予定し、店頭予想価格は税別11,000円前後。

[19:34 7/18]

PowerColor、ショート基板採用でOC仕様のRadeon RX 560搭載カード

CFD販売は7月18日、PowerColor製グラフィックスカードの新モデルとして、オーバークロック仕様のAMD Radeon RX 560を搭載した「AXRX 560 2GBD5-DHV3/OC」の取り扱い開始を発表した。シングルファン搭載のショート基板を採用する。7月下旬の発売を予定し、店頭予想価格は税別12,500円前後。

[18:14 7/18]

今週の秋葉原情報 - ようやくCore Xシリーズが発売に、マイニングマザーには12枚刺しモデルも!

Intelの新型ハイエンド向けCPU「Core X」シリーズの発売が開始。第1弾として入荷したのは、「Core i9-7900X」「同i7-7820X」「同i7-7800X」の3モデルで、これでようやく、先行して発売が開始されていたX299チップセット搭載マザーボードが利用できる環境が整った。

[18:12 7/18]

アイティーシー、左サイドパネルがフルアクリルのマイクロATXケース

アイティーシーは7月15日に、中国・Guangzhou Aojie Science & Technology社のSAMAブランドより、ATXケース「黒透(kurosuke)」(JAX-02W)のマイクロATXバージョン「舞黒透(maikurosuke)」(MK-01W)を発売する。店頭予想価格は3,480円(税込)。

[16:08 7/14]

AMD、4コアの「Ryzen 3」を7月27日発売 - "1300X"は税別16,500円

AMDは7月13日(米国時間)、同社のデスクトップ向けCPU「Ryzen」シリーズのエントリーモデル「Ryzen 3」を7月27日に発売すると発表した。現時点でアナウンスされているラインナップは「Ryzen 3 1300」と「Ryzen 3 1200」で、どちらも4コア製品となっている。「X370」「B350」「A320」といった既存のAM4プラットフォームに対応する。

[14:55 7/14]

AMD、Ryzen Threadripperの価格を発表 - 16コア「1950X」で999ドル

AMDは7月13日(米国時間)、同社のハイエンドデスクトップ向けCPU「Ryzen Threadripper」の投入時期と価格を発表した。いずれも8月上旬に出荷を開始し、価格は「Ryzen Threadripper 1920X」が799ドル、「Ryzen Threadripper 1950X」が999ドル。

[12:58 7/14]

MSI、GeForce GTX 1080 Ti搭載のOC向けハイエンドグラフィックスカード

台湾MSIは7月13日、同社のフラグシップグラフィックスカード「LIGHTNING」の新モデルとして、GeForce GTX 1080 Tiを搭載した「GeForce GTX 1080 Ti LIGHTNING X」を発表した。選別したチップやより攻めたオーバークロック設定も試せる独自基板などを採用する。店頭予想価格は税別114,800円。

[19:36 7/13]

ASUS、高耐久マザーボード「TUF」シリーズにX299搭載モデル

ASUSTeK Computerは7月13日、高耐久仕様のマザーボード「TUF」シリーズの新モデルとして、チップセットにIntel X299を搭載した「TUF X299 MARK 1」および「TUF X299 MARK 2」を7月14日に発売すると発表した。24時間365日の連続稼働が必要なPCなどを想定した設計を採用する。どちらも価格はオープン。

[16:42 7/13]

無線LAN、Bluetooth搭載の超低価格ワンボードPC「Raspberry Pi Zero W」

ケイエスワイは、Raspberry Piシリーズに無線ネットワーク機能を追加した入門モデル「Raspberry Pi Zero W」を18日19時から販売開始する。ワンボードPC「Raspberry Pi Zero」に無線LAN、Bluetoooth機能を追加した低価格の入門機。直販価格は税込1,296円で、購入は1人1点限り。発売は7月18日19時から。

[13:25 7/13]

ASUS、X299搭載のゲーミングマザーボード「ROG STRIX X299-E GAMING」

ASUSTeK Computerは7月13日、チップセットにIntel X299を搭載したゲーミングマザーボード「ROG STRIX X299-E GAMING」の国内販売を発表した。M.2スロットにヒートシンクを搭載するほか、冷却ファンの取り付けも可能となっている。7月14日の発売を予定し、価格はオープン。

[12:29 7/13]

MSI、メインストリーム向けのX299マザーボード「X299 GAMING PRO CARBON」

台湾MSIは7月12日、Intel X299チップセット搭載マザーボードの新モデルとして、コストパフォーマンスを重視した、メインストリーム向けのゲーミングマザーボード「X299 GAMING PRO CARBON」を発表した。7月14日の発売を予定し、店頭予想価格は税別42,980円。

[18:37 7/12]

MSI、OC向け機能を搭載したX299マザーボード「X299 XPOWER GAMING AC」

台湾MSIは7月12日、Intel X299チップセット搭載マザーボードの新モデルとして、オーバークロック性能の追求をうたう「X299 XPOWER GAMING AC」を発表した。デジタル制御の14フェーズ電源回路を備え、CPUによっては5GHz超のオーバークロックも狙えるという。7月21日の発売を予定し、店頭予想価格は税別61,980円。

[18:03 7/12]

MSI、X299マザー購入で「台湾旅行券」などが当たるキャンペーン

台湾MSIはこのほど、Intel X299チップセットを搭載した同社製マザーボードの購入者を対象に、台湾旅行券6万円分や、全国百貨店共通商品券1万円分など、総額20万円分の賞品をプレゼントするキャンペーンを開始した。キャンペーン終了日は2017年8月18日。

[16:19 7/12]

Intel、サーバ向けCPU「Xeon Processor Scalable Family」を正式発表 - アーキテクチャを刷新し、多様なワークロードへの対応を狙う

Intelは7月11日(米国時間)、データセンター向けプロセッサ「Xeon Processor Scalable Family」を正式発表し、製品ラインナップやアーキテクチャの詳細を公開した。マイクロアーキテクチャをSkylake世代に刷新したほか、キャッシュ構成の変更、AVX-512のサポートなど従来世代から大きな変貌を遂げている。

[10:31 7/12]

今週の秋葉原情報 - あのマイニング特化マザーボードが発売に、なんとグラボ13枚刺しが可能!

今年のCOMPUTEXで注目を集めたASRockのマイニング向けマザーボード「H110 PRO BTC+」が早くも日本に上陸、発売が開始された。マイニング向けを謳う製品はすでにいくつか登場しているのだが、この製品の大きな特徴は、ずらりと並んだ拡張スロットの数だ。その数はなんと13本で、より多くのGPUを利用できるというわけだ。価格は16,000円前後。

[18:22 7/11]

Core i9-7900XとCore i7-7820Xを試す - いち早く登場する10コアと8コアCPUのパフォーマンスを徹底検証

2017年のCOMPUTEX TAIPEIでその存在が明らかとなったIntelのハイエンドCPUであるCore Xシリーズ。CPUの出荷開始は7月14日になる模様だが、これに先駆けて10コアのCore i9-7900Xと8コアのCore i7-7820Xを使用することができたので、前世代ハイエンドのCore i7-6950Xに加えて、競合であるRyzen 7 1800Xと比較しながら検証したい。

[21:05 7/10]

インテル、7月15日に「Core X」シリーズ発売記念イベントを秋葉原で開催

インテルはこのほど、同社の最新CPU「Core X」シリーズの発売記念イベントを秋葉原地域で開催すると発表した。開催日時は2017年7月15日の13時から18時で、秋葉原のPCショップ各店でマザーボードメーカーなどがトークセッションを行う。また、セッションの様子をSNSで拡散したユーザーにロゴ入りグッズをプレゼントするという。

[13:01 7/10]

プログラミング教育向けドローン&ホバークラフト「Airblock」 - 7つのパーツが磁石で合体、アプリで多彩な動きを

ソフトバンクコマース&セールスは7月6日、中国Makeblock社のプログラミング教育向けドローン「Airblock」の取り扱いを発表した。7月14日から発売する。参考価格は22,000円(税別)で、全国の量販店およびオンラインストアでの販売を予定している。7月6日に行われた発表会の内容をお伝えしよう。

[19:22 7/8]

細かい作業が楽になる、10灯LED+拡大鏡セットのはんだごてスタンド

ドスパラは6日、LEDと拡大鏡を備えたはんだごてスタンド「DN-914827」の販売を、同社が運営する「上海問屋」にて開始した。2本のクリップアームで部品を固定し、拡大鏡で確認しながらはんだ付けができるはんだごてスタンド。LEDは10灯備え、細かい部品でも明るく作業できるとする。価格は税込1,999円。

[22:20 7/7]

クリエイティブ、32bit/384kHzのハイレゾ再生に対応したPC用サウンドカード

Creative Technologyの日本法人であるクリエイティブメディアは7月5日、最大32bit/384kHzのハイレゾ再生に対応したゲーミングサウンドカード「Sound BlasterX AE-5」を発表した。7月下旬の発売を予定し、同社の直販サイト「クリエイティブストア」での価格は税別15,800円。

[23:42 7/5]

今週の秋葉原情報 - X299搭載マザーが発売開始に、Ryzen向けのマイニング用マザーも登場

Intelの新チップセット「X299」を搭載するマザーボードが各社より発売された。今回、入荷が確認できたのは、MSI、GIGABYTE、ASUS、ASRockの計10モデル。いずれもフォームファクタはATXで、価格は3万円台後半からとなっている。ソケットが従来と互換性の無いLGA2066になるため、対応する新型のCPUが必要となるが、そちらは未発売。

[15:57 7/4]

ASRock、「グラボ13枚刺し」が可能なマイニング向けマザーボードを国内販売

マスタードシードは6月30日、ASRock製マザーボード「H110 Pro BTC+」の取り扱いを発表した。COMPUTEX TAIPEI 2017で公開されたマイニング向けの製品で、13基のPCIeスロットを備えており、13枚のグラフィックスカードが装着できる。7月7日の発売を予定し、店頭予想価格は税別14,800円前後。

[22:49 6/30]

ASRock、Ryzen対応のMini-ITXマザーボード 2モデル

マスタードシードは6月30日、AMD Ryzenシリーズに対応したMini-ITXマザーボードとして、AMD X370チップセットを搭載した「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」とAMD B350チップセットを搭載した「Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac」の取り扱いを発表した。いずれも7月12日の発売を予定し、店頭予想価格は「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」が税別18,500円前後、「Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac」が税別14,800円前後。

[19:44 6/30]

ASUS、X299マザーボードの購入で299名に「ハンドスピナー」をプレゼント

ASUSTeK Computerはこのほど、Intel X299チップセットを搭載したASUS製マザーボードの購入者から抽選で299名に「ASUSオリジナルハンドスピナー」をプレゼントするキャンペーンの開催を発表した。キャンペーンの応募受付期間は2017年6月27日から7月31日まで。

[19:10 6/30]

バックナンバー

このカテゴリーについて (パソコン>自作 / テクノロジ)

 トップへ
CPU、マザーボード、グラフィックスカードなど、各種パソコンパーツの製品情報から関連する最新テクノロジまで、パソコンの自作に関するさまざまな情報を発信。

人気記事

一覧

新着記事