ミステリーの重鎮・西村京太郎、マツコの殺し方を思案「隠すのが難しいね」

作家の西村京太郎氏が、21日(22:00~23:24)に放送されるフジテレビ系バラエティ番組『アウト×デラックス スペシャル』に登場し、マツコ・デラックスの殺し方を思案する。

西村京太郎氏(前列)とマツコ・デラックス(後列左)、矢部浩之=フジテレビ提供

ミステリー小説界の重鎮の登場に、矢部浩之とマツコ・デラックスのは「ようこそお越しくださいました」と丁重にお迎え。マツコが「本当にありがたいです。こんなおかしい番組に出ていただいて」と感謝すると、西村氏は「どうしてありがたいの?」という応える。

さらに、「今87歳。40歳までに死なないやつはだめだと思っていたのに、倍も生きちゃった。邪魔だと思うけど」としんらつな発言が続き、その迫力にスタジオのメンバーは圧倒されっぱなし。「人を殺しにくくなった。嫌な世の中になった」という発言まで飛び出す。

そして、もし矢部、マツコを主人公にしたミステリー小説を書くとしたら…ということで、マツコの殺し方に話題が及ぶと「なかなか隠すのが難しいね」「だったら橋の上で…」など、西村氏からは次々にアイデアが。話題は、矢部の過去の女性関係にもなり、過去の女性たちを登場人物にする提案がなされるなど、トークは大いに盛り上がる。

収録には、西村氏の夫人も立ち会っていたが、若いころに通っていた風俗の話になっても、夫人は終始笑顔。そんな姿にマツコは「すてきな奥さま!」と感激しきりになる。

この日の放送では他にも、加藤一二三が夢をかなえるためのバスツアーを敢行し、ロックバンドのゲスの極み乙女。は、『アウト×デラックス』のためにオリジナル曲を即興で作ることになる。

(C)フジテレビ

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事