長澤まさみ主演作、10年以上温め続けた企画だった - TCP受賞監督の制作秘話

TSUTAYAがプロ・アマ問わず映画企画を募集するコンテスト「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2017(以下TCP)」の開催を記念したトークイベントが18日、都内で行われ、TCP初代グランプリの中江和仁監督と第2回準グランプリのヤングポール監督らが出席した。

中江監督(左)とポール監督

中江監督は、受賞作『嘘を愛する女』で長澤まさみを主演、高橋一生、吉田鋼太郎らをキャスティングし、2018年に全国東宝系で公開されることも決定。撮影はすでに終了し、編集作業に入っている。同作は10年以上温め続けた作品で、TCP以外にもさまざまなコンテストに応募したが、なかなか通らなかったという。その後、独学の脚本にアドバイスしてくれるプロデューサーが見つかり、企画を修正。TCPに応募したところ、見事にグランプリの座を射止めた。

「夫は誰だった?」というセンセーショナルな見出しの新聞記事に着想を得た同作。飲料業界の第一線を走るキャリアウーマン・川原由加利(長澤)は、研究医で面倒見の良い恋人・小出桔平(高橋)と同棲5年目を迎えていた中、突然訪ねてきた警察官に「一体、彼は誰ですか?」と聞かれる。くも膜下出血で搬送された桔平は、名前や職業がすべて「嘘」だと発覚。由加利は「彼が何者なのか」を知るため、私立探偵・海原匠(吉田)に調査を依頼したところ、桔平が書き留めていた700ページにも及ぶ書きかけの小説が発見される。

イベントの最後にコメントを求められた2人。中江監督は「(受賞すると)企画を出してから撮影までが長いので、作品と長い付き合いになる。なので、自分の好きなものをいかに楽しく、みなさんにウケるように考えていただければ」、ポール監督は「締切があると、自分が何を考えているかとか向き合えるチャンスにもなるし、成長にもつながる。とりあえず書いてみることがいいと思う」と応募者にアドバイスを送った。

3回目を迎えるTCPは、今年も『ALWAYS 三丁目の夕日』の阿部秀司プロデューサー、『のぼうの城』の久保田修プロデューサー、『おくりびと』の中沢敏明プロデューサーなどが審査員として参加。現在、企画を募集中(WEBエントリー締め切り:6月13日/企画書など郵便物送付締め切り:6月16日必着)。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事