初心者もDIYを思いっきり楽しめる賃貸住宅が誕生--DIY指導に原状回復免除も

大阪府100%出資の公的団体・大阪府住宅供給公社は、泉北ニュータウン(大阪府堺市南区)の茶山台団地において、DIY初心者でも自宅のカスタマイズが実現可能な「DIYで育てる暮らしプラン+マンツーマンレクチャー」をモデル事業として実施。2月4日・5日にオープンルーム開催と入居申込受付を行う。

DIYインストラクターによる5日間のレクチャー付き。DIYレクチャー終了後もインストラクターに相談可能(写真はイメージ)

今回の取り組みは、若年層の新規入居促進を狙うため、団地再生事業のリーディングプロジェクト団地である泉北ニュータウン茶山台団地(堺市南区)にて展開。このDIYインストラクターによるレクチャー付き賃貸住宅は、公的賃貸住宅では日本初(自社調べ)の取り組みとなる。同プランにおけるDIYは、既製品に合わせた生活を送るのではなく、理想とする生活に合わせて「自分らしい暮らし」を自らの手で作り出すライフスタイルを目指している。

同プランでは、3カ月間を「DIYレクチャー期間」とし、家賃が無料(フリーレント)になる。また、"自分の手でつくるDIY"ができるよう、住宅内部のDIY施工部分については退去時の原状回復義務を免除。レクチャー終了後も初心者から本格派まで、思いっきりDIYを楽しめれば、という想いが込められている。

DIYインストラクターはアルブル(アルブル木工教室)から派遣し、DIYインストラクターによるレクチャーは5日間実施。材料も道具も講師が用意するため、DIYをしたことがない初心者でも安心。なお、用意したメニューの範囲内であれば、レクチャーにかかる費用負担は発生しない。DIYレクチャー終了後、住まいながらのDIYについて分からないこと・困ったことがあればインストラクターに相談でき、アドバイスや道具の貸し出しなどのフォローが受けられる(相談内容によっては有料サービスとなる)。

およそ10種類のDIYメニューの中からレクチャー5回の範囲で好きなものを組み合わせ、オリジナルのDIYレクチャーメニューと実施スケジュールを決定(写真はイメージ)

DIYレクチャーメニューについては、入居資格審査と並行して、実際の住戸を見ながらインストラクターと打ち合わせを行う。およそ10種類のDIYメニューの中からレクチャー5回の範囲で好きなものを組み合わせ、オリジナルのDIYレクチャーメニューと実施スケジュールを決定する。メニューの例として、キッチンにカウンターテーブルを設置、押入れ内にワークデスクを制作、ペンキや壁紙を使用した壁の装飾、付け鴨居を利用した飾り棚、床材の変更(畳⇒木材)、間柱を利用した可動棚の取り付けなどを予定。

茶山台団地の所在地は大阪府堺市南区茶山台2丁1番・2番で、泉北高速鉄道「泉ケ丘」駅から徒歩約10分。築年は昭和46(1971年)4月であり、募集する戸数は2戸(3DKタイプ)。家賃は3万9,500円(共益費別途)、敷金は家賃の3カ月分となる。なお、3月31日までに申し込むと「住むトクキャンペーン」適用で家賃1カ月分に減額される。

2月4日、5日10時~16時に実施するオープンルームは、茶山台団地2-4棟110号室が会場となる。そのほか詳細はホームページを参照。

関連キーワード

人気記事

一覧

2017年6月23日の運勢

イチオシ記事

新着記事