「文豪ストレイドッグス」AJで公開録音、宮野真守&谷山紀章迎えるMC上村祐翔

 

(左から)谷山紀章、上村祐翔、宮野真守。 (c)2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会

朝霧カフカ・春河35原作によるテレビアニメ「文豪ストレイドッグス」の「文豪ストレイラヂヲ」公開録音が、去る3月27日に東京ビッグサイトにて催された「AnimeJapan 2016」内のステージにて実施。パーソナリティを務める中島敦役の上村祐翔のほか、ゲストとして太宰治役の宮野真守、中原中也役の谷山紀章が登場した。

インターネットラジオステーションの音泉にて現在プレ放送中の「文豪ストレイラヂヲ」は、4月にオンエアされるテレビアニメ「文豪ストレイドッグス」の作品に関する情報番組。初めて1人でラジオのMCを務める上村は、谷山と事務所の先輩である宮野を迎え少し緊張した様子を見せる。しかし冒頭から2人にイジられつつも、楽しげな表情を浮かべトークを行った。

ステージでは宮野と谷山より原作を読んだ感想などが語られ、中にはオーディションの裏話や、アフレコ現場でのエピソードも飛び出す。アニメ「文豪ストレイドッグス」の感想や出演者への質問などを募集する「武装メール」のコーナーでは、「初顔合わせのときのお互いの印象は?」などのメールがファンより届けられた。

そのほか、上村を主人公にした小説のあらすじを考えて送ってもらうコーナー「上村賞」も展開。毎回届いたあらすじの中から、「芥川賞ならぬ上村賞」が選ばれる。今回は3通の作品が届けられ、それぞれ宮野、谷山、上村が読み上げた。その後もにぎやかなトークが繰り広げられ、第1回の収録は幕を閉じた。なおこの模様は、4月7日に音泉にて配信される。気になる人は聴き逃さないようにチェックしておこう。

アニメ「文豪ストレイドッグス」は五十嵐卓哉が監督、榎戸洋司が脚本、ボンズが制作を手がけ、4月6日よりTOKYO MXほかにて放送される。また10月より13話以降も放送されることが発表されている。

(c)2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ベッキー、さんま&中居に「ただただ感謝」- 突然の電話出演「びつくり」
[17:31 7/24] エンタメ
J・デップと離婚調停中のA・ハード、起業家イーロン・マスクと新ロマンス!?
[17:01 7/24] エンタメ
「メディアに出れば出るほど誤解される」バンド、jealkbが本音で語る"武道館"への思い
[17:00 7/24] エンタメ
深田恭子の水着姿に「人魚みたい」「ナイスボディ」の声 - インスタ開設
[16:43 7/24] エンタメ
2016年プログラミング言語トップ21が発表、1位は昨年と同様
[16:30 7/24] 企業IT

本音ランキング