サムスンの12型Windowsタブレット「Galaxy Tab Pro S」が約900ドルで発売

 

Samsung ElectronicsのWindows 10搭載タブレットPC「Galaxy TabPro S」が、米国で現地時間3月18日に発売した。当初はBest Buyで取り扱い、価格は899.99ドル(約10万円)。Microsoftストアやオンラインのmicrosoftstore.comでも、現地時間4月4日から発売する。

Galaxy TabPro S

「Galaxy TabPro S」は、2,160×1,440ドットの12型有機EL(AM-OLED)ディスプレイを搭載した、Windowsタブレット。米国で2016年1月に開催した2016 International CESで発表された製品で、当初の販売開始は2月から、価格は未定となっていた。

第6世代Intel Core m3プロセッサやNFCの搭載などが特徴で、2段階の角度調節に対応したフルサイズのカバーキーボードが標準で付属するため、通常のノートPCのように2-in-1 PCとしても利用できる。接続はPogoピンで、充電やペアリング作業は不要だ。

本体サイズは290.3×198.8×6.3mm、重量はWi-Fiモデルが693g、LTEモデルが696g。バッテリ容量は5,200mAhで、最大10.5時間利用できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

木南晴夏、滝沢秀明演じる海里の妻役に -『せいせいするほど、愛してる』
[23:00 7/26] エンタメ
坂上忍、南キャン山里の酒癖の悪さ暴露「あれはヤバイ」「最低だよ!」
[22:54 7/26] エンタメ
[浪川大輔]リメーク版「ルーツ」吹き替えしみじみ 「行き当たりばったりの人生だったな」
[22:31 7/26] エンタメ
[ボイメン水野豊]夢は紅白&レコ大 結成6年目のメジャー契約で「恩返ししたい」
[22:31 7/26] エンタメ
ツチカ、error403らユースカ作家が、閉館する渋谷パルコの壁に落描き
[22:23 7/26] ホビー