サムスンの12型Windowsタブレット「Galaxy Tab Pro S」が約900ドルで発売

 

Samsung ElectronicsのWindows 10搭載タブレットPC「Galaxy TabPro S」が、米国で現地時間3月18日に発売した。当初はBest Buyで取り扱い、価格は899.99ドル(約10万円)。Microsoftストアやオンラインのmicrosoftstore.comでも、現地時間4月4日から発売する。

Galaxy TabPro S

「Galaxy TabPro S」は、2,160×1,440ドットの12型有機EL(AM-OLED)ディスプレイを搭載した、Windowsタブレット。米国で2016年1月に開催した2016 International CESで発表された製品で、当初の販売開始は2月から、価格は未定となっていた。

第6世代Intel Core m3プロセッサやNFCの搭載などが特徴で、2段階の角度調節に対応したフルサイズのカバーキーボードが標準で付属するため、通常のノートPCのように2-in-1 PCとしても利用できる。接続はPogoピンで、充電やペアリング作業は不要だ。

本体サイズは290.3×198.8×6.3mm、重量はWi-Fiモデルが693g、LTEモデルが696g。バッテリ容量は5,200mAhで、最大10.5時間利用できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

AKB総監督・横山由依の苦悩の3カ月に密着「海外に逃亡したいと思ったことも」
[23:00 6/25] エンタメ
Iカップ青山ひかる、初のパンスト姿は「すごくソソられます」と自画自賛
[23:00 6/25] エンタメ
Fカップ永井里菜、加山雄三に胸キュン「ぽっちゃりとしたおじさまが好き」
[23:00 6/25] エンタメ
エレガンスイブでコナリミサト新連載、心に傷持つ28歳女性の節約ライフ
[22:12 6/25] ホビー
別花で藤原規代の一寸法師×年の差ラブ開幕、羅川真里茂の小冊子付録も
[21:45 6/25] ホビー