サムスンの12型Windowsタブレット「Galaxy Tab Pro S」が約900ドルで発売

 

Samsung ElectronicsのWindows 10搭載タブレットPC「Galaxy TabPro S」が、米国で現地時間3月18日に発売した。当初はBest Buyで取り扱い、価格は899.99ドル(約10万円)。Microsoftストアやオンラインのmicrosoftstore.comでも、現地時間4月4日から発売する。

Galaxy TabPro S

「Galaxy TabPro S」は、2,160×1,440ドットの12型有機EL(AM-OLED)ディスプレイを搭載した、Windowsタブレット。米国で2016年1月に開催した2016 International CESで発表された製品で、当初の販売開始は2月から、価格は未定となっていた。

第6世代Intel Core m3プロセッサやNFCの搭載などが特徴で、2段階の角度調節に対応したフルサイズのカバーキーボードが標準で付属するため、通常のノートPCのように2-in-1 PCとしても利用できる。接続はPogoピンで、充電やペアリング作業は不要だ。

本体サイズは290.3×198.8×6.3mm、重量はWi-Fiモデルが693g、LTEモデルが696g。バッテリ容量は5,200mAhで、最大10.5時間利用できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

札幌市時計台の動力は今も手動! 実は中がおもしろい札幌の観光名所3選
[06:00 9/25] 趣味
古舘伊知郎、報ステ裏で月1ラジオレギュラー - 曲なし宣言「逆JASRACだぁ!!」
[05:00 9/25] エンタメ
TVアニメ『政宗くんのリベンジ』、来年1月放送! 第ニ弾キービジュアル公開
[23:26 9/24] ホビー
TVアニメ『ハイスクール・フリート』、後日談を描く新作OVAを来年発売
[23:05 9/24] ホビー
モフモフ人外×男子高校生「人外さんの嫁」1巻、しおりや缶バッジ特典
[22:37 9/24] ホビー