「タブレット」最新記事一覧

Windowsタブレット、Androidタブレット、iPad、iPad miniなど、タブレット端末の情報をお届け。

関連キーワード

ヘッドライン

Chrome 62 Beta、注目すべき新機能

Chromium Blogに9月20日(米国時間)に掲載された記事「Chromium Blog: Chrome 62 Beta: Network Quality Estimator API, OpenType variable fonts, and media capture from DOM elements」が、Chrome 62 Betaに追加された新機能や変更点について伝えた。

[18:30 9/23]

「冴えカノ」コラボの8型Windowsタブレット - デジタイザペンモデルも

サードウェーブデジノスは21日、TVアニメ「冴えない彼女の育て方♭」とのコラボレーションとして、Diginnos Tablet「冴えない彼女の育てかた♭」シリーズ6モデルを発表した。9月21日から10月22日まで予約を受け付け、10月下旬に発売する。価格は36,852円より(税別)。

[16:25 9/22]

「LINE Beacon」を活用して、ソフトバンクが渋谷で動画付きメッセージ配信

ソフトバンクは9月21日、渋谷のハチ公前広場に掲出されている同社の屋外広告で、2017年9月22日午後6時から23日午後5時59分までの期間限定トライアルとして、「LINE Beacon」を活用した限定動画が見られるメッセージを配信すると発表した。

[15:40 9/21]

ASUS、10.1型Androidタブレット「ZenPad 10」にWi-Fiモデル - 税別22,800円

ASUS JAPANは9月20日、10.1型Androidタブレット「ASUS ZenPad 10」のWi-Fiモデル「ASUS ZenPad 10 (Z301M)」を発表した。ダークブルー、アッシュグレー、クラシックホワイトの3色を用意し、9月23日に発売。店頭予想価格は税別22,800円。

[12:40 9/20]

Amazon、フルHD化した10.1型タブレット「Fire HD10」- 32GBモデルは1万円台

Amazon.co.jpは19日、10.1インチタブレット「Amazon Fire HD10」を発表した。10月11日に発売する。前モデルと比較して30%高速化され、ストレージ容量の拡張やバッテリー持続時間の延長も実現。価格は32GBモデルが税込18,980円、64GBモデルが税込22,980円。Amazonプライム会員はクーポンの利用で4,000円引きとなる。

[11:08 9/20]

キーボード&スタイラスペン付属の12.2型2in1「Switch 3」 - 日本エイサー

日本エイサーは9月21日に、2in1 PC「Switch 3」シリーズとして、12.2型の液晶ディスプレイを持つ「SW312-31-A14Q」を発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は80,000円前後(税別)。本体背面にキックスタンドを備え、キーボードドックはマグネットによる着脱式となっている。

[09:37 9/20]

BLUEDOT、1万円台の10.6型フルHD液晶搭載Androidタブレット

BLUEDOTは15日、10.6型Androidタブレット「BNT-1061W」を発表した。10月20日に発売する。OSにAndroid 6.0を搭載する10.6型タブレット。ディスプレイには解像度1,920×1,080ドットのIPS液晶パネルを採用しており、視野角が広く鮮やかな画面で操作できる。価格は15,980円(税込)。

[19:10 9/15]

ASUS、3K解像度の12.6型Windows 10タブレット - キーボードカバー付き

ASUS JAPANは13日、12.6型の3K(2,880×1,920ドット)液晶を搭載するWindows 10タブレット「ASUS TransBook 3 T305CA」シリーズ2モデルを発表した。キーボードカバーが標準で付属する12.6型Windows 10タブレットで、9月15日に発売する。価格はオープン、店頭予想価格は69,800円前後から(税別)。

[16:54 9/13]

ASUS ZenPad 10レビュー - 動画を快適に楽しめるSIMフリータブレット

ASUSのZenPad 10(Z301MFL)は、デザイン、液晶、音響にこだわる10.1型SIMフリーのAndroidタブレット。ハードとソフトの両方から動画再生をはじめとしたコンテンツ視聴に最適化したという。充実のAV機能と性能をレビューでチェックしたい。

[15:49 9/8]

東電、タクシー4000台を活用したIoT見守りサービスを提供

JapanTaxi、otta、東京電力ホールディングス(以下、東電HD)は、東電HDが提供するIoT見守りサービス「tepcotta(テプコッタ)」の「動く基地局」としてタクシーを活用するシステムを開発し、同日より東京都渋谷区を中心に本格運用を開始したと発表した。

[11:30 9/8]

日本NCR、顧客体験を向上させるセルフレジやPOSレジ端末など発表

日本NCRは9月7日に新製品発表会を開催し、セルフペイメント端末「NCR Fastlane SelfServ Checkout Release 6J NCRフレックスセルフ」、POSレジ端末「NCR RealPOS XR7J」、ショッピングソリューション「NCR Fastlane モバイルショッパー」の3製品を発表した。これらのサービスは2018年春からの提供を予定している。

[10:33 9/8]

フラットデザイン、ユーザーにとってはわかりづらい? - 研究者ら発表

Nielsen Norman Groupは2017年3月2017日(米国時間)、「Flat UI Elements Attract Less Attention and Cause Uncertainty」において、フラットデザインを採用したページはそうではないページと比較して、ユーザーが平均で22%ほど長い時間をかけてどこをクリックすればよいかを探す傾向が見られると伝えた。フラットデザインを採用したページでは、どこがリンクやボタンになっているのかを判断することが難しくなり、その分時間をかけているようだという。

[07:22 9/8]

W3C CSSワーキンググプール、メディアクエリLevel4の実装呼びかけ

World Wide Web Consortium、CSSワーキンググプールは9月5日(米国時間)、「W3C Invites Implementations of Media Queries Level 4|W3C News」において、「Media Queries Level 4 - W3C Candidate Recommendation, 5 September 2017」の実装を呼びかけた。メディアクエリの機能を利用することにより、ディスプレイサイズやユーザーエージェントごとに利用するデザインを変更するといったことが可能になる。

[06:59 9/8]

音声アシスタントが実現する「便利な生活」とは? IFAで見つけたスマート家電まとめ

今年のIFAは「AIボイスアシスタント」と家電の融合に大きな注目が集まった。ここでは、出展各社が発表したスマートスピーカーやスマート家電にどんなものがあったのか振り返りながら、これからの家電の未来について考えてみたいと思う。

[21:55 9/6]

住友電工情報システム、文書管理・情報共有システムの最新版

住友電工情報システムは9月6日、直近で閲覧した文書を一覧表示する機能を追加し、多様な環境でも文書を見やすく表示できるビューワを搭載した文書管理・情報共有システムの最新版「楽々Document Plus(らくらくドキュメント プラス) Ver.4.4」を同4日から販売を開始したと発表した。パッケージライセンス価格は150万円から(税別)。

[16:30 9/6]

ジャストシステム、小学校向けドリル学習ソフトのクラウド版を発表

ジャストシステムは9月6日、パソコンやタブレット端末で取り組む、小学校向けドリル学習ソフト「ジャストスマイル ドリル」をクラウド環境で利用できる「ジャストスマイル ドリル クラウド」を、11月28日から発売開始すると発表した。価格はオープン。

[15:30 9/6]

ブレイン、食店専用POSレジの「月額無料版」を提供開始

ソフトウェアの開発などを手がけるブレインは9月6日、飲食店専用POSレジの「月額無料版」を提供開始すると発表した。POSレジ機能と年中無休の電話メールサポートを無料で利用できる。月額無料版は業界で初だという。

[13:04 9/6]

Lenovo、第8世代Coreプロセッサ搭載2in1「Yoga 920」など - IFA2017

Lenovoは、IFA 2017開催に合わせてスマートフォンやPCの新製品を発表した。本稿ではその中から、PCの新製品を取り上げる。液晶ディスプレイが360度開閉するコンバーチブルスタイルの2in1 PC「Yoga 920」では、「Star Wars Special Edition Yoga 920」などのバリエーションも用意されている。

[16:56 9/5]

Chromeが増加 - 8月モバイルブラウザシェア

Net Applicationsから2017年8月のモバイル/タブレットブラウザシェアが発表された。2017年8月はChromeがシェアを増やし、SafariとAndroid Browserがシェアを減らした。

[14:00 9/4]

Android増加、AndroidとiOSで97.69% - 8月モバイルOSシェア

Net Applicationsから2017年8月のモバイルOSシェアが発表された。2017年8月はAndroidがシェアを増やし、iOSがシェアを減らした。

[13:00 9/4]

デルの27型QHD液晶タブレット「Canvas」発売、税別179,980円

デルは1日、27型液晶ディスプレイを備え、デジタルペンでの操作をサポートするデジタルキャンバス「Dell Canvas」を発売した。ディスプレイと入力機能が1つのデバイスに統合された、「デジタルキャンバス」をうたう製品。価格は179,980円(税別)。

[18:50 9/1]

NTTテクノクロス、双方向サイネージにSNS連携などの4つのオプション機能

NTTテクノクロスは8月30日、スマートフォンなどの情報端末間で情報を共有できる双方向サイネージである「BizFront/RIC」(ビズフロント/リック)において、SNS連携やチャット連携などオプション機能4種類を販売開始した。

[11:12 8/31]

Acer、第8世代Intel Core i7とGeForce MX150を搭載したファンレスPC

Acerは30日(ドイツ時間)、第8世代Intel Coreプロセッサを搭載したタブレットPC「Switch 7 Black Edition」を発表した。北アメリカと欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域で12月に販売予定。価格は北アメリカが1,699ドル(約18万7,000円)から。EMEA地域では1,999ユーロ(約26万3,000円)から。

[21:53 8/30]

ファーウェイ、「mineo」対応の9.6型SIMフリーAndroidタブレット

ファーウェイ・ジャパンは30日、9.6型WXGA液晶を搭載したAndroidタブレット「MediaPad T3K 10」を発表した。発売日は10月1日。ケイ・オプティコムの光回線と連携するタブレットサービス「eoスマートリンク」を通じて販売する。

[16:25 8/30]

デル、MIL規格に準拠したType-C搭載11.6型堅牢タブレット

デルは29日、Windows 10 Proを搭載した11.6インチの堅牢タブレット「Latitude 12 Rugged タブレット (7212)」を発表した。耐衝撃性素材を装備し、MIL-STD 810Gに準拠した1.28kgの堅牢タブレットで、プロセッサには第6世代/第7世代Intel Coreプロセッサを採用する。直販価格は税別339,500円から。

[19:01 8/29]

子供は楽しく、親は快適に買い物できる「スマートキッズカート」の実証実験

エンタープライズ向けICTサービスを提供しているネオスは8月24日、ナビゲーションサービスを提供しているゼンリンデータコムと共同で、タブレットと位置情報センサーを搭載した「スマートキッズカート」の実証実験を開始したと発表した。

[13:52 8/24]

【特別企画】業務効率とセキュリティ向上を期して「デスクトップ仮想化」を導入

政府が推し進めている「働き方改革」は、場所や時間に束縛されず業務に従事することにより生産性を上げていこうという取り組みだ。一人ひとりのニーズにあったら働き方を実現しようと多くの企業がこの取り組みに賛同し、取り組んでいる。こうした状況から、業務の根幹を成すITインフラも変革の時を迎えており、中でも「デスクトップ仮想化」の導入に踏み切る企業が近年増加している。

[14:30 8/23]

ファーウェイ、高音質・高画質のエンタメ向け8型タブ「MediaPad M3 Lite」

ファーウェイ・ジャパンは22日、エンターテインメント向けの機能を重視した「M」シリーズの8インチAndroidタブレット「HUAWEI MediaPad M3 Lite」を発表した。発売は8月25日。Wi-FiモデルとLTEモデルの2モデルが用意され、推定市場価格はWi-Fiモデルが税別24,980円、LTEモデルが税別29,800円となる。

[19:19 8/22]

日本エイサー、液晶が360度回転するコンバーチブルPC「Spin 1」新モデル

日本エイサーは22日、タブレットなど4種類のモードで使用できる「Spin 1」シリーズの11.6型モデル「SP111-32N-A14P」を発表した。ディスプレイ部が360度回転するノートPC。Windows Ink対応の「Acer アクティブスタイラスペン」も付属する。8月24日に発売。価格はオープンで、店頭予想価格は60,000円前後(税別)。

[17:12 8/22]

Surfaceでも使える! ワコムの新スタイラス「Bamboo Ink」が面白い - 第2回 気になる使い勝手は?

ワコムが7月31日に発表、8月4日に発売した「Bamboo Ink」は、Windows搭載タブレットや2 in 1 PCなどで利用できるスタイラスペンです。最大の特徴はワコムAESテクノロジーとMicrosoft Penプロトコルの両規格に対応していること。もちろんそもそもスタイラスに対応していないPCでは利用できませんが、下記のとおり非常に多くのタブレットや2in PCをサポートしています。

[11:21 8/20]

タブレット バックナンバー

このキーワードについて (パソコン>PC本体>タブレット)

タブレット トップへ
Windowsタブレット、Androidタブレット、iPad、iPad miniなど、タブレット端末の情報をお届け。

人気記事

一覧

新着記事