ヤフー、「3.11」と検索すると復興支援に10円を寄付 - 昨年は2,918万円に

 

ヤフーは3月11日0時~23時59分、「Search for 3.11 検索は応援になる」を実施する。

「Search for 3.11 検索は応援になる」

この期間、「Yahoo! 検索」で「3.11」と検索すると、1人(ユニークブラウザー数で集計)につき10円を「Yahoo! JAPAN」がユーザーに代わって被災地の復興支援団体に寄付をする。

この取り組みは、3月11日に改めて東日本大震災の被災地に想いを寄せ、現在の状況を知り、その先にある未来をともに考えてもらうことを目的とし、2014年から実施されている。寄付金額は、2014年に2,568万3,250円、昨年2015年はそれを上回る2,918万2,780円になったという。

寄付金は等分割にして、10団体に寄付される。支援先団体は、漁業再生支援の「一般社団法人 フィッシャーマン・ジャパン」(宮城県)、避難解除地域支援の「小高ワーカーズベース」(福島県)、障がい者支援の「一般社団法人 ドリームプロジェクト」(岩手県)、仮設住宅在宅業務支援の「特定非営利活動法人 南三陸ミシン工房」(宮城県)、農業再生支援の「一般社団法人 COOL AGRI」(福島県)、自然エネルギー支援の「いわきおてんとSUN企業組合」(福島県)、林業再生支援の「特定非営利活動法人 吉里吉里国(岩手県)、子供の貧困支援の「特定非営利活動法人TEDIC」(宮城県)、シングルマザー支援の「特定非営利活動法人マザーリンク・ジャパン」(岩手県)、除染支援の「ごしごし福島基金」(福島県)。

また、復興支援特集企画「震災から5年、いま応援できること。」というテーマで、Yahoo! JAPANが行っている主な取り組みをテーマと同名の特集サイトにまとめて掲載。寄付によって応援できることを紹介するムービー「検索することは、想うこと篇」と、この5年間で検索された東日本大震災に関するキーワードを可視化したムービー「ビッグデータ篇」を公開している。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事