東京都・原宿の薬膳カフェで「春の高カカオ美腸メニュー」発売

 

grinが運営するオリエンタルレシピカフェ(東京都渋谷区)は3月1日、季節限定「春の高カカオ美腸メニュー」を提供開始した。

手前右下より右回りに、「レッグチキンと春野菜の山椒チョコソース添え」(1,000円・税別)、「タバスコチョコソースのピザサラダ」(800円・税別)、「自家製チョコ桜餅」(1個300円・税別)

「春の高カカオ美腸メニュー」は、チョコレートに含まれるカカオが持つ 「便通改善効果」と「腸内環境の変化を促進する効果」に着目して開発したもの。

高カカオチョコレートに多く含まれる「カカオプロテイン」は、カカオの成分の一種。食品メーカーの明治と帝京大学の共同研究では、カカオプロテインは消化されにくい難消化性であるため、小腸では消化されずに大腸に届くことが判明。そのため、便の基材となってかさを増したり、腸内細菌のエサとなって腸内フローラを変化させたりといった便通改善につながる働きがあると考えられている。

さらに同研究では、便秘がちの女性にチョコレートを摂取させる実証実験を行った。その結果、カカオ成分をほとんど含まないホワイトチョコレート摂取群は摂取前と数値がほとんど変化しなかったのに対し、高カカオチョコレート摂取群は排便回数、便量が2倍以上に増加し、腸内の菌叢(きんそう)の変化も見られたとのこと。

今回のメニューには3品がラインアップ。「レッグチキンと春野菜の山椒(さんしょう)チョコソース添え」(1,000円)は、参鶏湯(サムゲタン)風に煮込んだチキンレッグと、新じゃがいも、そら豆、菜の花の春野菜を、山椒入りのチョコソースに絡めて食べるメイン料理。チョコのビターな甘さは、山椒の香りと相性が良いという。

ソースにはそのほか、シナモンやクローブ、オリーブオイルといった整腸効果が期待できる材料をブレンドしている。

「タバスコチョコソースのピザサラダ」(800円)は、素焼きした薄いカリカリのピザ生地に生ハム・サニーレタス・ミニトマト・パプリカ・カッテージチーズ、リコッタチーズを乗せ、タバスコ入りのチョコソースで仕上げた。ソースにはヨーグルトを混ぜ、まろやかさをプラスしている。

「自家製チョコ桜餅」(1個300円)は、チョコの甘さと桜の葉の塩味がマッチした和洋折衷デザート。小麦粉と白玉粉を水で溶かし、クレープ状に焼いた皮に、生クリーム入りの高カカオチョコあんを包み、桜の葉の塩漬けで巻いた。注文を受けてから1個ずつ調理するため、作りたての味と食感を楽しめるという。

※価格はすべて税別

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事