米国「ビザ免除プログラムの改定」でJAL・ANAともに渡航前に注意喚起

 

米国が1月21日に「ビザ免除プログラムの改定およびテロリスト渡航防止法」を施行したことに伴い、JALとANAはともに同法律の施行による条件変更について注意を促している。

同法律は、日本を含むビザ免除プログラム参加国の国籍で、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航・滞在したことがある人、または、ビザ免除プログラム参加国の国籍と、イラン、イラク、スーダン、シリアのいずれかの国籍を有する二重国籍の人は、ビザ免除プログラムを利用できず、非移民ビザの取得が必要になるというもの。

ただし、国際・地域・政府機関の代表公務、人道支援を行うNGO、ジャーナリストの報道渡航、合法的な商用目的によるイラン・イラク渡航等、個々の審査により免除される場合もある。この条件に該当する渡航者は、最寄りの米国大使館・領事館に相談することを推奨している。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ポケモンGO効果でARソフト市場が2020年に3兆円規模に - TradeForce
[11:22 7/25] テクノロジー
【特別企画】卵を食べ過ぎると○○○は都市伝説だった!? 卵とコレステロールの関係とは
[11:14 7/25] ヘルスケア
総務省、国内インターネットのトラフィック公表 - 増加続くが鈍化傾向も
[11:12 7/25] 企業IT
中小企業にとってのマイナンバー制度とは? 第43回 中小企業・小規模事業者からマイナンバー取り扱いの委託を受ける税理士の現状
[11:00 7/25] 企業IT
富士フイルムファーマが取り組んだBIツールを活用した営業改革
[11:00 7/25] 企業IT