米国「ビザ免除プログラムの改定」でJAL・ANAともに渡航前に注意喚起

 

米国が1月21日に「ビザ免除プログラムの改定およびテロリスト渡航防止法」を施行したことに伴い、JALとANAはともに同法律の施行による条件変更について注意を促している。

同法律は、日本を含むビザ免除プログラム参加国の国籍で、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航・滞在したことがある人、または、ビザ免除プログラム参加国の国籍と、イラン、イラク、スーダン、シリアのいずれかの国籍を有する二重国籍の人は、ビザ免除プログラムを利用できず、非移民ビザの取得が必要になるというもの。

ただし、国際・地域・政府機関の代表公務、人道支援を行うNGO、ジャーナリストの報道渡航、合法的な商用目的によるイラン・イラク渡航等、個々の審査により免除される場合もある。この条件に該当する渡航者は、最寄りの米国大使館・領事館に相談することを推奨している。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

マックの「テキサスバーガー」が復活! 45周年記念で人気メニューを続々復刻
[12:34 9/28] 趣味
ソニー、Aマウント一眼レフ最上位機「α99 II」国内でも発表
[12:25 9/28] スマホとデジタル家電
ヘルパーT細胞の分化にはプロテインキナーゼDが必須 - 九大発表
[12:14 9/28] テクノロジー
Apple Watch Series 2とiPhone 7 Plusで、ニューヨークの街を歩いてきた - 松村太郎のApple深読み・先読み
[12:14 9/28] スマホとデジタル家電
ジュエリースナップ 第390回 あらいさん
[12:00 9/28] ライフスタイル