ペンタックス初のフルサイズ・デジイチ「PENTAX K-1」 - ついに正式発表

 

リコーイメージングは2月18日、35mmフルサイズのCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1」を発表した。4月下旬の発売を予定しており、価格はオープン。推定市場価格は税込278,000円前後。

PENTAX K-1 (HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WRを装着)

PENTAX K-1は、昨年2月のCP+2015でモックアップが参考出品され、さらに9月よりWeb上でティザー情報を発信、まさに満を持して投入されたKマウント対応のフルサイズ一眼レフだ。

35.9×24mmのCMOSイメージセンサーの有効画素数は3,640万画素。ローパスフィルターを省いた仕様となっている。画像処理エンジンには新開発の「PRIME IV」を組み合わせており、14bit RAW記録、最高ISO204800の高感度撮影に対応する。ボディサイズはW136.5×H110.0×D85.5mm。フルサイズ機としてはかなりコンパクトな設計で、とくに横幅を抑えている。

有効3,640万画素のフルサイズセンサー

新開発の画像処理エンジン「PRIME IV」

5軸手ブレ補正機構「SR II」をカメラ本体に内蔵し、シャッター速度5段分の補正効果を実現。また、イメージセンサーを1画素ずつずらしながら4回撮影して、1枚の写真に合成する超解像技術「リアル・レゾリューション・システム」も利用可能だ。ハードウェア的にはローパスフィルターレスだが、SR IIを使ってイメージセンサーを微細に動かすことでモアレを軽減する「ローパスセレクター」機能を搭載。その効果のオン/オフや強弱を選択できる。

液晶モニターの設計はユニークな「フレキシブルチルト式」。レンズの光軸上をキープしながら、上下44度、左右35度の範囲で画面の向きを斜めにも変えられる。「SAFOX 12」と名付けられたAFシステムは33点の測距点(中央25点クロス)からなる。ボディは防塵・防滴、マイナス10℃までの耐寒仕様となっている。最新のD FAレンズはもちろんのこと、クロップ機能を使うことでAPS-C向けのDAレンズもサポート。すべてのKマウントレンズを使用可能であるという。

本体内手ブレ補正はペンタックスの伝統芸。K-1は5軸補正機構を搭載した

フレキシブルチルト式の液晶モニター。ワンタッチで縦横無尽に角度を変更できる

背面と天面、左右側面。天面・ペンタ部の脇にある機能ダイヤルに注目

各所にLEDを仕込んだ「操作部アシストライト」機能。夜景や星空撮影に重宝しそうだ

主な仕様は以下の通り。

  • レンズマウント:ペンタックスKマウント
  • 撮像素子:有効約3,640万画素、35mmフルサイズ、CMOSセンサー
  • 画像処理エンジン:PRIME IV
  • 対応感度:ISO100~204800
  • シャッター速度:1/8,000~30秒、バルブ
  • 連続撮影:4.4コマ/秒 (APS-Cクロップ時は6.5コマ/秒)
  • ファインダー:視野率100%、約0.70倍
  • 液晶モニター:3.2型・約104万ドット、フレキシブルチルト式
  • 記録メディア:SD/SDHC/SDXCカード (UHS-I対応、スロット2基装備)
  • 撮影可能枚数:約760枚
  • サイズ:W136.5×H110.0×D85.5mm
  • 重量:約1,010g (バッテリーとメモリーカード含む)

クリックで拡大と連続表示

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Windows 10ミニTips 第122回 スリープ復帰時のパスワード入力設定はどこへ?
[12:04 10/1] パソコン
TVアニメ『うどんの国の金色毛鞠』、10月放送開始! 第1話場面カットを紹介
[12:00 10/1] ホビー
『魔法つかいプリキュア!』、第35話の場面写を公開! 新キャラ役にニーコ
[12:00 10/1] ホビー
[SCOOP!]福山雅治が中年パパラッチ役で新境地 陰と陽のバランスが絶妙なエンタメ作
[11:40 10/1] エンタメ
どっち!? 500 ~みんなのホンネが見えてくる~ 第24回 こんな被害に遭ったことある?
[11:30 10/1] 読者プレゼント