「一眼レフ」最新記事一覧

ミラーレスはAFが遅いという人には一眼レフ。キヤノン「EOS」やニコンなど。

関連キーワード

ヘッドライン

タムロン、超望遠ズーム「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD」を開発発表

タムロンは9月15日、超望遠ズームレンズ「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」を開発したと発表した。35mmフルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ向きの設計で、ニコン用とキヤノン用を用意する。2017年内の発売を予定しており、価格は未定。

[21:36 9/15]

ニコン D850、実写作例16点で語るレビュー

ニコンFXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ「D850」が9月8日に発売された。、D850と約1週間過ごしてシミジミと感じたのは、光学ファインダーを持つ一眼レフで撮影する楽しさを詰め込んだカメラだということ。少し格好付けて言うならば「写真する」カメラだった。

[16:00 9/12]

ニコンのデジタル一眼レフカメラ「D850」、予約殺到のため発送遅れる可能性

ニコンは、2017年9月8日に発売を予定していたデジタル一眼レフカメラ「D850」について、多くの予約があったため一部ユーザーへの発送が遅れる場合があると陳謝した。

[19:42 8/31]

キヤノン、チルトシフトレンズ「TS-E」シリーズに50mm/90mm/135mmの3本

キヤノンは8月29日、チルトシフト機構を搭載した交換レンズ「TS-E」シリーズの新製品として、「TS-E50mm F2.8L マクロ」「TS-E90mm F2.8L マクロ」「TS-E135mm F4L マクロ」の3本を発表した。希望小売価格はいずれも税別315,000円。デジタル一眼レフカメラ「EOS」シリーズ向けとなる。

[13:30 8/29]

キヤノン「EF85mm F1.4L IS USM」、手ブレ補正がついた大口径中望遠レンズ

キヤノンは8月29日、デジタル一眼レフカメラ「EOS」シリーズ向けの交換レンズ「EF85mm F1.4L IS USM」を発表した。キヤノンの高級レンズラインナップ「Lレンズ」に属する。希望小売価格は税別200,000円。11月下旬の発売を予定している。

[13:30 8/29]

ニコン D5、宇宙へ

ニコンは8月25日、米国航空宇宙局(NASA)からデジタル一眼レフカメラ「ニコン D5」を53台受注、納入したと発表した。今後、宇宙飛行士が地上で行う訓練や、国際宇宙ステーション(ISS)内外での撮影機材として活用される予定だ。ニコンは今後も、過酷な環境に耐えうる製品開発を通じて、宇宙の観測や研究に貢献していくという。

[11:17 8/28]

濃密! ニコン創立100周年記念ファンミーティング - D850の撮影体験も

ニコンは創立100周年を記念して、東京で8月26日・27日、初のファンミーティングイベント「NIKON 100TH ANNIVERSARY FAN MEETING 2017」を開催した。筆者が取材したのは、熱気に包まれた初日の午前中。その見どころをレポートしよう。

[08:20 8/28]

ニコン「D850」正式発表 - フルサイズ4,575万画素、秒間9コマ連写を実現

ニコンイメージングジャパンは8月24日、ニコンFXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ「D850」を発表した。有効画素数は4,575万画素。光学ローパスフィルターレス仕様となっている。9月8日の発売を予定しており、価格はオープン。推定市場価格は税込400,000円前後。

[18:42 8/24]

「PENTAX K-1」のシルバーモデル登場 - 世界で2,000台限定

リコーイメージングは24日、デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1」のシルバーモデル「PENTAX K-1 Limited Silver」を発表した。9月15日より、全世界2,000台限定で発売する。価格はオープンだが、実売で29万円台後半(税込)となる見込み。

[18:05 8/24]

ニコン100周年モデル3製品、出荷を一時停止 - ケースのロゴがはがれる問題

ニコンイメージングジャパンは、ニコン創立100周年記念モデルの一部製品について、出荷の一時停止を発表した。付属する専用金属ケースのロゴ印刷がはがれる問題があると販売したため。対象となる製品は「D5 100周年記念モデル」「D500 100周年記念モデル」「NIKKOR F2.8ズーム トリプルレンズセット 100周年記念モデル」の3製品だ。

[11:01 8/24]

タムロン「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD」実写レビュー - 世界初のズーム比22.2倍、640mm相当の超望遠に対応

タムロン「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028)」は、APS-Cサイズの一眼レフカメラに対応した高倍率ズームレンズだ。その特長は、29~640mm相当 (キヤノン用) という圧倒的なズーム倍率を持つこと。レンズ交換なしであらゆるシーンに対応できる万能レンズといえそうだ。その実写レビューをお伝えする。

[08:30 8/18]

【特別企画】「フルサイズ」の一眼レフはナゼ高画質? - キヤノン「EOS 6D Mark II」で学ぶ

フルサイズの一眼レフカメラといえば、かつてはプロや上級者向けという印象が強かったが、最近では初心者がいきなり購入するほど裾野が広がりつつある。そもそもフルサイズって何? どんなときに役立ち、どんなメリットがあるのだろうか? フルサイズセンサーを搭載したキヤノン「EOS 6D Mark II」を用いて、その疑問にお答えしよう。

[10:01 8/16]

写真甲子園2017 - 感じて、考えて、走り回ってシャッターを押す怒涛の4日間

写真甲子園2017こと「第24回 全国高等学校写真選手権大会」が7月25日から28日まで北海道・東川町を中心としたエリアで開催された。和歌山県立神島高等学校が優勝したのは速報の通りだが、ここでは、夏の北海道で繰り広げられた熱い写真魂のぶつかり合いを紹介しよう。

[09:00 8/9]

ニコン「D5 100周年記念モデル」、発売は8月5日に正式決定

ニコンイメージングジャパンは、デジタル一眼レフカメラ「D5 100周年記念モデル」の発売日を8月5日に決定した。発表当初は7月28日に発売を予定していたが、製品の最終調整に時間がかかるとして発売を延期していた。価格は税込1,000,000円。期間限定の受注生産方式をとっており、注文は8月31日まで受け付ける。

[19:38 8/3]

キヤノン「EOS 6D Mark II」実写レビュー - フルサイズ入門に最適な一眼レフ

キヤノン「EOS 6D Mark II」は、新開発した有効2,620万画素フルサイズCMOSセンサーを搭載した一眼レフカメラだ。アングルフリーの可動式モニターを採用しつつ、700gを切る軽量ボディを実現。旅行用にも最適なカメラといえそうだ。実写を見ながら、その画質と機能、操作性をチェックしよう。

[09:00 8/1]

ニコン「D5 100周年記念モデル」、発売を8月上旬に延期

ニコンイメージングジャパンは、7月28日に発売を予定していたデジタル一眼レフカメラ「D5 100周年記念モデル」の発売延期を発表した。製品の最終調整に時間がかかるとしており、発売は8月上旬となる。価格は税込1,000,000円。期間限定の受注生産方式で、注文受付は8月31日まで。

[10:51 7/27]

ニコン、「D850」の開発を発表 - 精細表現と高速連写に注力

ニコンは7月25日、ニコンFXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ「D850」の開発を進めていることを明らかにした。2014年7月に発売された「D810」の後継機種となる。発売時期や価格は未定としている。

[13:58 7/25]

キヤノン、「EOS Kiss X9」を7月28日に発売

キヤノンマーケティングジャパンは、バリアングル液晶搭載で世界最軽量をうたうデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9」の発売日を7月28日とすることを決定した。ボディ単体、ダブルズームキット、EF-S18-55 IS STM レンズキットを同時に発売する。キヤノンオンラインショップにおける価格は下記の通りだ。

[17:47 7/14]

キヤノン「EOS 6D Mark II」、8月4日に発売決定

キヤノンマーケティングジャパンは、フルサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS 6D Mark II」の発売日を8月4日に決定した。ボディ単体、24-70 F4L IS USM レンズキット、24-105 IS STM レンズキットを同時に発売する。キヤノンオンラインショップにおける価格は下記の通りだ。

[17:26 7/14]

キヤノン「EOS 5D Mark IV」、有償で「Canon Log」対応アップグレード

キヤノンは6月30日、EOS 5D Mark IVに「Canon Log」への対応を付加する有償アップグレードサービスを開始した。Canon Logは、ビデオガンマよりも広いダイナミックレンジでの動画撮影を可能とする機能のこと。サービス提供価格は、製品保証期間内・外を問わず税別10,000円。

[15:49 7/3]

ニコン「AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR」実写レビュー - 小さくて軽い超広角ズームレンズ

手ブレ補正機構を採用した超広角ズームレンズといえば「大きくて、重くて、お高いのでしょう?」と邪推してしまいそうだが、今回紹介する「AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR」は「小さくて、軽くて、リーズナブル」。すなわち、カメラバッグにも、体力にも、そしてお財布にも優しい一本である。

[16:11 7/2]

キヤノン「EOS 6D Mark II」は「EOS 6D」から何が変わったのか? - 新旧実機比較レビュー

キヤノンからフルサイズ一眼レフの新作「EOS 6D Mark II」が登場した。2012年に発売された「EOS 6D」の後継にあたり、「手に届くフルサイズ機」という基本コンセプトを継承しながら、画質やAF、連写、ライブビュー撮影など、あらゆる性能・機能を一新している。今回はさっそく入手した試作機を前モデルと比較しながら、進化ポイントをチェックしていこう。

[19:22 6/30]

EOS Kiss X9 発売キャンペーン、UNITED ARROWSの親子バッグがもれなく

キヤノンマーケティングジャパンは6月29日、同日発表のデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9」の購入者を対象としたキャンペーンの実施概要を発表した。応募者全員にもれなくBEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSがデザインしたリュックと2wayバッグをセットでプレゼントする。

[20:57 6/29]

キヤノン、「EOS 6D Mark II」発売キャンペーン - バッテリーなど全員に

キヤノンマーケティングジャパンは6月29日、同日発表のデジタル一眼レフカメラ「EOS 6D Mark II」の購入者を対象としたキャンペーンの実施概要を発表した。応募者全員にもれなくバッテリーパックなどのアイテムをプレゼントする。

[20:01 6/29]

キヤノン「EOS Kiss X9」、バリアングル液晶搭載で世界最軽量の一眼レフ

キヤノンは6月29日、有効2,420万画素・APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9」を発表した。価格はオープンで、7月下旬の発売を予定している。キヤノンオンラインショップにおける販売予定価格 (以下すべて税別) は、ボディ単体が65,500円、「ダブルズームキット」が102,500円、「EF-S18-55 IS STM レンズキット」が74,500円。

[13:00 6/29]

キヤノン、初めてのフルサイズ一眼レフに最適な「EOS 6D Mark II」

キヤノンは6月29日、有効約2,620万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS 6D Mark II」を発表した。価格はオープンで、8月上旬の発売を予定している。キヤノンオンラインショップにおける販売予定価格 (以下すべて税別) は、ボディ単体が225,000円、「EF24-70 F4L IS USM レンズキット」が327,000円、「EF24-105L IS STM レンズキット」が269,000円。

[13:00 6/29]

ニコン D7500 実写レビュー - D500と同センサー・同エンジンを持つミドルクラス一眼レフ

今年7月に創立100周年を迎えるニコンから登場した「D7500」。本機はセンサーサイズがAPS-Cサイズ相当となるニコンDXフォーマットの最新ミドルクラス機だ。フラッグシップ機並の撮影性能をミドルクラスのボディに詰め込んだD7000番台の4代目となる。

[22:09 6/25]

キヤノン「EOSシステム」、30年を振り返る開発秘話

キヤノンは6月21日、EOSシステム誕生30周年を記念した特設サイトにて、1980年代初頭から同システムの開発に携わった開発陣6人のインタビュー記事を公開した。EOS誕生までの道のりを明らかにした前編と、EOS DIGITALへの進化を語った後編の二部構成となっている。

[12:37 6/21]

ニコン「D7500」、6月9日に発売

ニコンイメージングジャパンは、ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ「D7500」の発売日を6月9日に決定した。価格はオープンで、ニコンダイレクトにおける直販価格はボディ単体が159,300円、「AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR」が付属する18-140 VRレンズキットが199,800円 (ともに税込)。

[17:52 5/23]

キヤノン「EOS 9000D」実写レビュー - 中級機「EOS 80D」と比べたくなるほどの充実性能

この4月に発売されたキヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS 9000D」の実写レビューをお届けする。同時に発表された「EOS Kiss X9i」のやや上に位置付けられるモデルで、有効2,420万画素のデュアルピクセルCMOS撮像センサー、全点クロスの45点測距AFといったハイスペックは共通だが、EOS Kiss X9iにはない操作性のよさが持ち味となっている。

[09:00 5/23]

一眼レフ バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2008年
2007年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (スマホとデジタル家電>デジカメ>一眼レフ)

一眼レフ トップへ
ミラーレスはAFが遅いという人には一眼レフ。キヤノン「EOS」やニコンなど。

人気記事

一覧

新着記事