「一眼レフ」最新記事一覧

ミラーレスはAFが遅いという人には一眼レフ。キヤノン「EOS」やニコンなど。

関連キーワード

ヘッドライン

「PENTAX KP」夜景撮影レビュー - 高感度性能と強力な手ブレ補正が圧倒的

対応最高感度ISO819200。他社の同クラス新製品が最高感度ISO12800を謳っている中にあって、「PENTAX KP」のそれは衝撃的なフレーズだった。そして、CP+2017レポート記事の「リコー広報によれば、1/10秒でも手持ちで撮れます」という一文も、半信半疑的な意味合いも含めて話題となった。今回は、それら事前情報を検証すべく、PENTAX KP実機で夜景撮影に臨んだ。

[12:00 3/24]

リコー、CP+2017で「PENTAX KP」の高感度性能アピール

パシフィコ横浜で2月26日まで開催中の「CP+2017」。リコーブースでは、驚異のISO感度819200に対応した一眼レフ「PENTAX KP」、360°全方位カメラの元祖にして圧倒的人気を誇る「THETA」(シータ) を中心に展示している。

[21:03 2/24]

CP+2017 - キヤノン、発売前の「EOS M6」タッチ&トライを実施

2月23日からパシフィコ横浜でパシフィコ横浜で開催されているカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017」。本稿では、キヤノンのブースの様子をお届けする。同社のEOSシステムは今年で30周年を迎える。

[10:20 2/24]

ニコン、2013年発売の「D5300」に新レンズキット - AF-P 18-55 VRが付属

ニコンは2月17日、デジタル一眼レフカメラ「D5300」の新レンズキット、「D5300 AF-P 18-55 VR キット」と「D5300 AF-P ダブルズームキット」を発売した。価格はオープンで、市場価格は、前者が75,600円前後、後者が91,800円前後 (ともに税込)。

[16:55 2/17]

キヤノン、EOS 9000DとEOS Kiss X9iの発売キャンペーン

キヤノンマーケティングジャパンは、EOS 9000DとEOS Kiss X9iの発売日 (4月上旬予定) より、両機種それぞれの発売記念キャンペーンを実施する。

[20:47 2/15]

キヤノン「GOING 2020!」春のキャンペーン、最大10,000円キャッシュバック

キヤノンマーケティングジャパンは2月18日より、一眼レフカメラ「EOS 80D」やミラーレスカメラ「EOS M10」、高級コンパクトカメラ「PowerShot G7 X Mark II」「PowerShot G9 X Mark II」などの購入者を対象とした「GOING 2020!Canon SPRING キャンペーン」を開始する。

[20:47 2/15]

ここが変わった!「EOS 9000D」と「EOS 8000D」新旧実機比較

2015年4月、キヤノンが新カテゴリー「プレミアムエントリー」に位置する機種として発売した「EOS 8000D」。ミドルクラスに迫る性能で一躍人気機種となったのは記憶に新しいところだ。そして本日2017年2月15日、早くもその後継機「EOS 9000D」が発表された。いち早く新旧両機の外観・機能比較をお届けしよう。

[16:00 2/15]

キヤノン、大進化したエントリー系一眼レフ「EOS 9000D」「EOS Kiss X9i」

キヤノンマーケティングジャパンは15日、撮像素子にAPS-CサイズのCMOSセンサーを採用したデジタル一眼レフカメラの新モデルとして、「EOS 9000D」と「EOS Kiss X9i」を発表した。いずれも4月上旬から発売し、価格はオープン。

[13:00 2/15]

富士フイルムの新製品「GFX 50S」「X100F」「X-T20」 - 詳細説明会の内容をご紹介!

京都の二条城で開催された富士フイルムの新製品発表会については、すでにレポートをお届けした通り。ここでは、より詳細に新製品を解説した説明会の内容を、プレゼンテーションのスライドを主体にレポートする。文章と数値だけでは伝えきれない機能や性能について、より明確にご理解いただければ幸いだ。

[18:25 2/5]

タムロン、望遠ズーム「SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD」をリニューアル

タムロンは2月3日、望遠ズームレンズ「SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)」を発表した。発売は2月23日の予定で、希望小売価格は税別60,000円。キヤノン用とニコン用をそろえる。

[19:48 2/3]

「PENTAX KP 夜の撮影体験会」、CP+期間の横浜など全国5カ所で実施

リコーイメージングはPENTAX KPの発売にあたり、2月23日~25日の3日間、横浜で「PENTAX KP 夜の体験会」を開催する。その後、福岡、名古屋、神戸、札幌においても順次実施する。

[21:40 1/26]

キヤノン、「EOS 6D」の新レンズキット - EF24-105 F3.5-5.6 IS STMが付属

キヤノンマーケティングジャパンは、一眼レフカメラ「EOS 6D」に軽量なズームレンズ「EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM」を組み合わせた「EOS 6D・EF24-105 IS STM レンズキット」を2月2日に発売する。価格はオープンで、キヤノンオンラインショップにおける価格は税別235,000円。

[16:51 1/26]

「PENTAX KP」、高感度ISO819200対応のAPS-Cセンサー搭載一眼レフ

リコーとリコーイメージングは1月26日、APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載したミドルクラスのデジタル一眼レフカメラ「PENTAX KP」を発表した。2月23日の発売を予定しており、価格はオープン。推定市場価格は税込13万円台後半。

[10:21 1/26]

キヤノン、EOS 80Dなど対象に最大15,000円のキャッシュバック

キヤノンマーケティングジャパンは12月2日より、一眼レフカメラ「EOS 80D」およびミラーレスカメラ「EOS M3」「EOS M10」の購入者を対象とした「GOING 2020!キャンペーン」を開始する。

[17:30 11/28]

SDカードの規格を知っておこう - 今こそ知りたいデジタル一眼の基本

最近のデジタル一眼カメラは記録メディアにSDメモリーカード (以下、SDカード) を採用した製品がほとんどです。SDカードは時代に合わせて新たな規格が現れ、最近では4K動画撮影のために必要な転送速度を定義したものもあります。

[12:37 11/25]

「PENTAX K-1」最新ファーム公開 - 天体撮影に役立つ機能を追加

リコーイメージングは17日、効約3,640万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1」の最新ファームウェア(バージョン1.40)を公開した。

[16:45 11/17]

ニコン、DXフォーマットの一眼レフ「D5600」 - BLEでスマホと常時接続

ニコンイメージングジャパンは11月10日、エントリー向けのデジタル一眼レフカメラ「D5600」を発表した。価格はオープンで、11月25日の発売を予定している。推定市場価格はボディ単体で92,000円前後 (以下すべて税込)。

[14:39 11/10]

キヤノン「EOS 5D Mark IV」実写レビュー - 2本の新「Lレンズ」と3,040万画素センサーで楽しむ秋景色

キヤノン「EOS 5D Mark IV」は、フルサイズの3040万画素センサーを備えた一眼レフカメラだ。2012年に発売された「EOS 5D Mark III」の後継機であり、CMOSセンサーやエンジン、AF、ライブビュー、動画撮影機能などあらゆる部分が進化。今年9月の発売以来、プロやハイアマチュアから高い支持を得ている。

[17:30 10/28]

ソニー「α99 II」、予約絶好調で納品に遅れ

ソニーは、11月25日に発売予定の一眼レフカメラ「α99 II」について、納品の遅延を告知した。当初の国内向け販売計画を大幅に上回る予約が入ったため、納品まで時間がかかる場合があるという。

[16:39 10/24]

ソニーのAマウント最上位「α99 II」、税別39万円前後で11月25日発売

ソニーが国内向けとして9月28日に発表した、35mmフルサイズセンサーを搭載したAマウント対応一眼レフカメラ「α99 II」。その発売日と価格が明らかになった。各地のショールームおよびストアにて、先行展示も行う。

[11:12 10/7]

ソニー、Aマウント一眼レフ最上位機「α99 II」国内でも発表

ソニーは9月28日、35mmフルサイズセンサーを搭載したAマウント対応一眼レフカメラ「α99 II」を日本国内に向けて発表した。発売は11月の予定だが、具体的な発売日と価格は後日明らかにされる。

[12:25 9/28]

「α99 II」のタッチ&トライが人気 - Photokina・ソニーブース

ドイツ・ケルンで9月25日まで開催中の写真関連展示会「Photokina 2016」。ソニーブースでは会期前日に発表された「α99 II」を中心とした展示で、来場者の関心を集めていた。

[00:05 9/24]

ソニー、動体撮影の鬼「α99 II」をPhotokina 2016にて公開

ソニーは9月19日 (ドイツ時間)、ドイツ・ケルンで行われる「Photokina 2016」の開催前日カンファレンスにおいて、35mmフルサイズセンサーを搭載したAマウント対応一眼レフカメラ「α99 II」を欧米に向けて発表した。

[19:02 9/20]

ここが変わった! キヤノン「EOS 5D Mark IV」 - Mark IIIと実機比較

キヤノン「EOS 5D Mark IV」は35mmフルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラだ。プロやハイアマチュアに愛用者の多い「EOS 5D」シリーズの最新作であり、2012年に発売された「EOS 5D Mark III」の後継機にあたる。

[08:22 9/1]

EOS 5D Mark IVのタッチ&トライと人気写真家の講演がたまらない - FIVE GRAPHY EOS 5Dシリーズ スペシャルセミナー

キヤノンは8月27日と28日に、東京都・品川のCANON S TOWERにて「FIVE GRAPHY EOS 5Dシリーズ スペシャルセミナー」を開催。8月25日発表の「EOS 5D Mark IV」をタッチ&トライできるうえ、人気写真家によるスペシャルセミナーも用意されるとあって、会場は開始早々から新型5Dを待ちわびていた人たちで大盛況。その様子をお伝えしよう。

[16:44 8/28]

キヤノン、EOS 5D Mark IVの発売記念キャンペーン「POWER OF FIVE」

キヤノンマーケティングジャパンは8月25日より、フルサイズ一眼レフカメラ「EOS 5D Mark IV」の発売を記念して「POWER OF FIVE」キャンペーンを実施する。

[08:30 8/26]

キヤノン、SDカード型Wi-Fiアダプタ - EOS 7D Mark II / 5Ds / 5Ds Rに対応

キヤノンは25日、デジタル一眼レフカメラ「EOS 7D Mark II」などにWi-Fi機能を追加するWi-Fiアダプタ「W-E1」を発表した。9月下旬から発売する。価格は5,000円(税別)。合わせて、「EOS 7D Mark II」と「W-E1」をセットにしたレンズキットも用意する。

[17:32 8/25]

キヤノン「EOS 5D Mark IV」、センサーもエンジンもAFも全刷新

キヤノンは8月25日、有効約3,040万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark IV」を発表した。9月8日の発売を予定しており、価格はオープン。キヤノンオンラインショップにおける価格は、ボディー単体で432,500円 (以下、すべて税別)。

[13:02 8/25]

ニコン、Bluetoothでスマホとつながるエントリー向け一眼レフ「D3400」

ニコンイメージングジャパンは8月23日、エントリー向けのデジタル一眼レフカメラ「D3400」を発表した。有効2,416万画素ニコンDXフォーマットCMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 4」を搭載する。価格はオープンで9月16日の発売を予定している。推定市場価格は、ボディ単体で65,000円前後 (以下すべて税込)。

[14:48 8/23]

一眼レフ バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2008年
2007年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (スマホとデジタル家電>デジカメ>一眼レフ)

一眼レフ トップへ
ミラーレスはAFが遅いという人には一眼レフ。キヤノン「EOS」やニコンなど。

人気記事

一覧

新着記事