ソニー、スマホ向け2,250万画素の1/2.6型CMOSセンサー

ソニーは2月16日、1/2.6型・有効2,250万画素の積層型CMOSセンサー、Exmor RS「IMX318」を発表した。スマートフォンやドローンへの採用を想定している。サンプル価格は税別2,000円で、2016年5月から出荷予定。

IMX318

IMX318は、1/2.6型で有効2,250万画素の積層型CMOSセンサーだ。1.0μmの微細な単位画素でありながら、ノイズ低減技術を駆使したことで夜景も美しく撮影できるという。

像面位相差オートフォーカスとコントラストオートフォーカスを組み合わせた「ハイブリッドオートフォーカス」を、業界で初めて(※)積層型CMOSセンサーに内蔵。これにより、0.03秒の高速オートフォーカスを実現した(60fps動画時で0.017秒)。さらには、3軸手ブレ補正機能も内蔵。外部のジャイロセンサーと連携して手ブレを補正すると同時に、レンズの歪みも補正する。

4K/30fpsの動画撮影にも対応。イメージセンサーからの出力インタフェースを最新規格「C-PHY1.0/D-PHY1.2」としたことにより、4K/30fpsの動画撮影と同時に2,250万画素の静止画も記録できる。

従来の「IMX230」(左、単位画素1.12マイクロメートル)と同程度の画質を維持する「IMX318」(右、単位画素1.0マイクロメートル)

※ソニー調べ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事