日本エイサー、ハイスペック構成の重厚ゲーミングデスクトップPCを2モデル

 

日本エイサーは10日、ゲーミングブランド「Predator」の新製品として、デスクトップPCを2モデル発表した。2月19日から発売し、価格はオープン。店頭予想価格(税別)は、上位モデル「Predator G6(AG6710-H76K/G)」が300,000円前後、下位モデル「Predator G3(AG3710-H76F/G)」が210,000円前後。

Predator G6

Predator G3

Predator G6 / G3は、装甲やキャタピラをイメージした大振りの本体デザインを採用。黒を基調としたボディに赤のアクセントカラーを散りばめている。前面には、ヘッドホン/ヘッドセットを引っかけておける収納式クレードルを配置した。

ハイスペックなデスクトップPCながら、IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠の無線LANを搭載。Gigabit Ethernet対応有線LANとBluetooth 4.0も備える。なお、キーボードとマウスが付属しない点に注意。ゲーミングデスクトップPCということで、ユーザー愛用のキーボードとマウスを使うことが多いため、付属品を省いて少しでも価格を下げることにしたという。

Predator G6(AG6710-H76K/G)の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-6700K(4.0GHz)、チップセットがIntel Z170 Express、メモリがDDR4-2133 16GB(8GB×2、最大64GB)、ストレージが128GB M.2 SSDと3TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 980 4GB、サウンドがCreative Sound Blaster X-Fi MB5、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ。OSはWindows 10 Home 64bit版。

インタフェース類は、SDカードリーダー、USB 3.0×6(うち1基は電源オフUSB充電機能付き)、USB 2.0×2、マイク入力、ヘッドホン出力、オーディオポートなど。本体サイズは約W210×D462×H533.3mm、重量は約16kg。

Predator G3(AG3710-H76F/G)の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-6700(3.4GHz)、チップセットがIntel B150 Express、メモリがDDR4-2133 16GB(8GB×2、最大64GB)、ストレージが1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 970 4GB、サウンドがCreative Sound Blaster Cinema 2、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ。OSはWindows 10 Home 64bit版。

インタフェース類は上位モデルとほぼ共通だが、電源オフUSB充電機能には対応していない。本体サイズは約W180×D409×H510mm、重量は約10kg。

Predator G3(クリックで拡大)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

男性の部屋、ここを掃除していればモテる!
[04:00 6/27] ライフスタイル
「銀魂」財布は銀さんや土方など全4種、苺パフェやマヨネーズがアクセント
[23:37 6/26] ホビー
池田乾の「セバスチャン」2作品、最終巻が同時発売!特典も
[23:15 6/26] ホビー
【レポート】「下手くそなりに体を動かして、生駒と一緒にあがきたいです」-『甲鉄城のカバネリ』トークショーに生駒役・畠中祐が登場
[23:00 6/26] ホビー
「キン肉マン」の"完璧・参式"ミラージュマン、新シリーズから初フィギュア化
[22:35 6/26] ホビー