「デスクトップPC」最新記事一覧

デスクトップPCに関するさまざまなニュースや解説、レビューを掲載。

関連キーワード

ヘッドライン

ドスパラ、好みのスペックやケースを選べる「PUBG」推奨PC 10モデル

サードウェーブデジノスは22日、Blueholeが提供するオンラインゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(以下、PUBG)」推奨PC 10モデルを発表した。「PUBG」が快適に動作するよう独自の検証基準を設定し、その基準をクリアしたゲーミングPC。直販価格は税別価格96,980円から。

[17:34 9/22]

日本HPは新型ゲーミングPC「OMEN by HP」でゲーム試遊 - TGS2017

幕張メッセで行われている東京ゲームショウ2017(TGS2017)の日本HPブースでは、日本HPのゲーミングPCによる試遊台が計23台用意されており、最新ゲームを存分に試すことができる。また、特設ステージでは同社ゲーミングPC「OMEN by HP」シリーズの紹介などが行われていた。

[06:00 9/22]

iiyama PC、ThreadripperとRadeon RX 560搭載のゲーミングデスクトップPC

ユニットコムは20日、iiyama PCの「LEVEL∞」ブランドより、CPUにAMD Ryzen Threadripper 1920Xを、GPUにAMD Radeon RX 560を搭載したBTO対応のゲーミングデスクトップ「LEVEL-G039-LCRT2X-FSR」の販売を開始した。直販サイト「パソコン工房Webサイト」における基本構成時の税別価格は269,980円から。

[19:54 9/21]

【特別企画】マイナビニュース デジタル編集長に聞く! オン・オフで使えるPC選び - マウスおすすめの3製品とは

9月は3月に続いて転職する人が多い月。また、あらたな四半期の始まりで転勤や配転属を迎える人も多いはずだ。そんな第二新生活時期とも言えるこの時期に、心機一転、パソコンも新たな環境を整えたいという人もいるだろう。ビジネスだけでなくプライベートでもしっかり使える製品を選ぶため、マイナビニュースのデジタルジャンル 林利明編集長に、オン・オフでも使えることを意識したPC選びのポイントを語ってもらった。

[11:00 9/21]

ASUS、Optaneメモリ搭載で高速アクセスできるミニPC「VivoMini UN65U」

ASUS JAPANは15日、Intel Optaneメモリに対応するミニPC「VivoMini UN65U」を発表した。16GBのIntel Optaneメモリと1TB HDDを組み合わせることで、高速アクセスと大容量を両立する。また、標準装備のDisplayPortをデイジーチェーン接続することで、最大3台までディスプレイを増設できる。発売は9月23日。

[18:02 9/15]

サイコム、DeToNatorコラボの「Ryzen」搭載ゲーム実況配信用PC

サイコムはこのほど、ゲーミングチーム「DeToNator」とコラボしたゲーミングPCの新モデルとして、AMD Ryzenシリーズを搭載した「G-Master Spear X370A-DTN-STR」と「G-Master Mace B350A-Mini-DTN-STR」を発売した。価格は「G-Master Spear X370A-DTN-STR」が190,620円から、「G-Master Mace B350A-Mini-DTN-STR」が151,910円から。

[20:19 9/14]

ツクモ、Radeon RX Vega 64搭載のハイエンドゲーミングデスクトップPC

TSUKUMOブランドでパソコンおよびパソコン周辺機器を販売するProject Whiteは9月14日、ゲーミングPCブランド「G-GEAR」において、グラフィックスにAMDのハイエンドGPU「Radeon RX Vega 64」を搭載したデスクトップPC「G-GEAR GA7A-D92/T」の発売した。BTOに対応し、標準構成の税別価格は199,800円から。

[14:57 9/14]

G-Tune、小型筐体にCore i7-7700HQとGTX 1060を詰め込んだ「NEXTGEAR-C」

マウスコンピューターは9月13日、ゲーミングPC「G-Tune」の新シリーズとして、小型筐体を採用した「NEXTGEAR-C」を発表し、第1弾製品「NEXTGEAR-C ic100BA1-SP」を発売した。片手でも持てるサイズと重量ながら、4コアのIntel Core i7-7700HQや、NVIDIA GeForce GTX 1060 3GBを搭載する。価格は税別159,800円から。

[20:06 9/13]

日本HP、ゲーミングPC「OMEN X by HP Desktop 900」にCore X搭載モデル

日本HPは12日、ゲーミングデスクトップPCの最上位機「OMEN X by HP Desktop 900」シリーズのラインナップに、Intelの最新CPU「Intel Core X」シリーズ搭載モデルを追加した。10コアのIntel Core i9-7900X搭載の「OMEN X by HP Desktop 900-290jp」と4コアのIntel Core i7-7740X搭載の「OMEN X by HP Desktop 900-270jp」を用意し、いずれも11月中旬より発売する。直販価格は438,000円より(税別)。

[20:08 9/12]

StudioGOONEYS監修、「Maya」での映像制作に適したアニメーター向けPC

ユニットコムは、iiyama PCブランドの「SENSE∞」にて、オートデスク社のコンピューターアニメーションソフトウェア「Maya」が快適に動作するよう構成された、アニメーター向けBTO対応PCを販売開始した。3モデルをラインナップし、税別価格は134,980円から。

[20:27 9/11]

iiyama PC、税別8万円台からのCore i7搭載スリムデスクトップPC

ユニットコムは8日、iiyama PCブランドの「SOLUTION∞」にて、第7世代のIntel Core i7を搭載したBTO対応ビジネス向けスリムデスクトップPCを販売開始した。ストレージの違いで、3モデルをラインナップする。直販サイト「パソコン工房WEBサイト」の税別価格は86,980円から。

[18:27 9/8]

【連載特別企画】今さら聞けないパソコンのコト 第3回 グラフィックスの違いを見てみよう!(応用編・その1)

知ってるようで知らない、パソコンのスペック表の読み方。スペック表に書かれたPCパーツの意味と役割を知れば、PC選びがより楽しくお買い得になります。今回は、第二回「グラフィックスってなに?」で触れた「グラフィックス」の応用編です。グラフィックスの違いで実際にどのような変化が起こるのか、マウスコンピューターのノートPC、3機種を使って学んでいきましょう。

[10:25 9/8]

マウス、10コア20スレッドのCore i9-7900X搭載クリエイター向け水冷PC

マウスコンピューターは7日、クリエイター向けPCブランド「DAIV」にて、Intel Core i9-7900Xを採用するハイエンドデスクトップPC「DAIV-DGX750H2-M2SH5」を発表した。CPUにIntel Core i9-7900Xを、GeForce GTX 1080 Tiを搭載する。同日販売開始する。直販価格は409,800円(税別)。

[18:09 9/7]

G-Tune、10コア/20スレッドのCore i9-7900X搭載ハイエンドゲーミングPC

マウスコンピューターは9月7日、ゲーミングPCブランド「G-Tune」より、CPUに10コア/20スレッドのIntel Core i9-7900Xを搭載したハイエンドデスクトップPC「MASTERPIECE i1720PA1-SP3」を発売した。グラフィックスにはNVIDIA GeForce GTX 1080 Tiを2way SLIで備え、価格は税別519,800円から。

[16:22 9/7]

iiyama PC、6万円台からのSSD・第7世代CPU搭載デスクトップPC

ユニットコムは6日、iiyama PCブランドの「SOLUTION ∞」から、リーズナブルな価格で240GB SSDを搭載したBTO対応のビジネス向けミドルタワーPCを3モデル販売開始した。エントリーモデル「SOLUTION-T027-i3-HNS」の標準構成価格は税別63,980円から。本体サイズはW190×D485×H424mm。

[21:23 9/6]

ASUS、Ryzen搭載で税別109,800円からのゲーミングPC「G11DF」シリーズ

ASUS JAPANは6日、CPUにAMD Ryzenシリーズを搭載するゲーミングデスクトップPC「G11DF-R7G1070」と「G11DF-R5G1050」を発表した。ともに9月8日より発売する。店頭予想価格(税別)は「G11DF-R7G1070」が189,800円、「G11DF-R5G1050」が109,800円。

[19:01 9/6]

巨大おにぎりゲーミングPC「ALIENWARE AREA-51」 - Core X搭載の新モデル

デルは9月5日、ゲーミングPCブランド「ALIENWARE」から、CPUにIntel Core Xシリーズを搭載するゲーミングデスクトップPC「NEW ALIENWARE AREA-51」を発売した。ALIENWARE AREA-51は、ユニークなトライアングルデザインで知られたハイエンドマシンだ。新モデルの価格は299,800円から(税別)。

[17:43 9/5]

iiyama PC、第7世代Core i7とGTX 10シリーズ搭載の「雅」シリーズPC

ユニットコムは1日、iiyama PCブランドの「雅(Miyabi)PCシリーズ」にて、第7世代Core i7とNVIDIA GeForce GTX 10シリーズを搭載した、ハイエンドクラスのミドルタワーPC 2モデルを販売開始した。直販税別価格は169,980円から。BTOカスタマイズにも対応する。

[17:00 9/2]

Acer、18コアCore i9と最大4基のRadeon RX Vegaを搭載できるゲーミングPC

Acerは8月30日(ドイツ時間)、世界最大級の家電製品展示イベント「IFA 2017」に合わせて、ハイエンドゲーミングPC「Acer Predator Orion 9000」を発表した。CPUに18コアのIntel Core i9プロセッサ、グラフィックスに最大4基のRadeon RX Vega、もしくは2基のNVIDIA GeForce GTX 1080 Tiを搭載可能なモンスターゲーミングPCとなっている。

[21:16 8/30]

Acer、IFA2017で第8世代Core搭載の薄型PCを披露 - 5.97mmの一体型、9mmの2in1など

Acerは8月30日(ドイツ時間)、ドイツ・ベルリンで開催される「IFA2017」に合わせて、プレスカンファレンスを行い、Intel最新の第8世代Coreプロセッサを搭載したPCなど複数の新製品を発表した。IFA2017は9月1日より本開催となる。

[20:11 8/30]

【特別企画】デスクトップ向けCPUを搭載! - 動画・画像編集などマルチに使えるハイスペックノートPC「m-Book P500X1-M2SH2」

PCにより高いパフォーマンスがあって困ることはない。可搬性を重視したノートPCだって、できればデスクトップPCと同等のパワーがあれば嬉しい。そう思う読者の方も少なくないはず。そこで「それならノートPCにデスクトップPCのCPUを載せてしまえ!」と、本当にやってしまったのが、マウスコンピューターから7月に発売された、新型15.6型ノートPC「m-Book P シリーズ」だ。

[14:43 8/30]

G-Tune、GTX 1050搭載で税別約9万円からの「CSO2」推奨ゲーミングPC

マウスコンピューターは8月28日、ゲーミングPCブランド「G-Tune」にて、FPS「カウンターストライクオンライン2」の推奨ゲーミングPCを発売した。NVIDIA GeForce GTX 1050を搭載した入門モデルの価格は税別89,800円から。なお、購入特典としてオリジナルのゲーム内アイテム「G-Tune VRヘルメット」「G-Tune VRバックパックPC」が付属する。

[20:18 8/28]

Ryzen Threadripper搭載PCなどが販売開始「パソコン工房AMDまつり」

ユニットコムは、iiyama PCブランドの「LEVEL∞」より、AMDの最新CPU・Ryzen ThreadripperやRyzen 3、最新GPU・Radeon RX Vegaをそれぞれ搭載したBTO PCを販売開始したと発表した。Ryzen 7、Ryzen 5、AシリーズAPUを搭載したBTO PCが特別価格になるセールも開催する。期間は9月1日13時59分まで。

[21:10 8/25]

iiyama PC、鎧張りデザインの「雅PC」にGTX 10シリーズ搭載ミニタワー

ユニットコムは25日、iiyama PCの「雅(miyabi)PC」シリーズにて、NVIDIA GeForce GTX 10シリーズを搭載したBTO対応ミニタワーPC2モデルを販売開始した。同シリーズは、日本の伝統建築に見られる「鎧張り」がモチーフのケースを採用することで、PCと"和"の調和を目指したもの。税別価格で84,980円から。

[00:00 8/25]

サイコム、Ryzen Threadripper搭載の水冷PC - 269,510円から

サイコムは8月24日、AMDのハイエンドデスクトップ向けCPU「Ryzen Threadripper」を搭載した水冷デスクトップPC「Aqua-Master X399A」を発売した。12コアのRyzen Threadripper 1920X搭載モデルの価格は税込269,510円から。なお、30台限定で15,000円引きで提供するキャンペーンを実施する。

[20:13 8/24]

ASUS、7mmの極薄ベゼルを採用した23.8型液晶一体型PC

ASUS JAPANは24日、23.8型液晶一体型PC「Vivo AiO V241ICUK (型番:V241ICUK-I5HAB)」を発表した。奥行きがわずか16.5cmの本体のほか、ベゼル幅を約7mmに抑えた超狭縁設計により画面への没入感を高めている。8月26日に発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は129,800円前後(税別)。

[17:06 8/24]

パソコン工房、VRヘッドセット「VIVE」推奨PCを最大8,000円オフ

ユニットコムは23日、同社が運営する「パソコン工房Webサイト」で、VR用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「VIVE」推奨PCを最大8,000円値下げした。VIVE本体の値下げにともなう措置で、VRコンテンツを快適に動作させることができるハイエンドPCやゲーミングPCを値下げしている。

[18:14 8/23]

レノボ、Lenovo Legionシリーズ初のタワー型ゲーミングデスクトップPC

レノボ・ジャパンは22日、ゲーミングPCブランド「Lenovo Legion」シリーズとして、タワー型デスクトップPC「Lenovo Legion Y520 Tower」と「Lenovo Legion Y720 Tower」の2モデルを発表した。前面に赤色LEDがデザインされている。両モデルとも8月25日に発売。直販価格は117,000円から(税別)。

[15:55 8/22]

サイコム、プレミアムBTO「Premium-Line」にマイクロATXモデル

サイコムはこのほど、デザインや品質の高さにこだわったプレミアムBTO「Premium-Line」シリーズの新モデルとしてマイクロATXモデル「Premium-Line Z270FD-MICRO」を追加し、販売を開始した。最小構成での価格は税込150,170円から。

[18:27 8/21]

iiyama PC、第7世代Core i7と16GBメモリ搭載のミニタワーPC

ユニットコムは21日、iiyama PCの「STYLE∞」ブランドにて、CPUに第7世代Intel Core i7を採用したミニタワー型デスクトップPC「STYLE-M022-i7-HNR-K」の販売を開始した。BTOカスタマイズが可能で、直販サイト「パソコン工房WEBサイト」での税別価格は99,980円から。

[11:36 8/21]

デスクトップPC バックナンバー

このキーワードについて (パソコン>PC本体>デスクトップPC)

デスクトップPC トップへ
デスクトップPCに関するさまざまなニュースや解説、レビューを掲載。

人気記事

一覧

新着記事