ANA、エアバスの超大型A380発注を正式発表--ホノルル導入でリゾート線強化

 

ANAホールディングスは1月29日、取締役会にてA380の発注を決議した。約1,500億円の同機を3機購入し、リゾート路線拡充を図る。初号機の引き渡しは2019年を予定している。

日本の航空会社としては初の運用となる

取締役会では「2016~2020年度ANAグループ中期経営戦略」を策定し、同機はエアライン事業領域を拡大するにあたり、リゾート路線を拡充するための機材を確保するための機材として位置づけられた。国内航空会社では同社が初のA380運用会社になる。導入路線は、首都圏発着のホノルル路線を予定している。

エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼CEOは、「ANAグループをA380の新たなカスタマーとしてお迎えできることを大きな誇りに思います。すでに実証済みのA380の運航経済性と比類ない機内の快適性は、世界でも名声あるANAグループに多くの利点を提供するでしょう」とコメントしている。

A380の機体サイズは、客室を最適化することで航空会社の収益を最大化し、収益への貢献度を競合機と比べ1飛行当たり最大65%高めることができる。客室の快適性によってロード・ファクターが向上し、より高い利益性を目指すことも可能となる。なお、今回のA380のエンジンには、ロールス・ロイス社製トレント900エンジンが搭載される。

総2階建てのA380は標準で4クラス制の544座席を装備。8,200海里/15,200kmを飛行し、東京から米国や欧州のどの都市にもノンストップ飛行が可能となる。ANAホールディングスの発注により、A380の総受注数は世界の19社の航空会社やリース会社から合計319機となった。このうち179機が13社の航空会社に引き渡され、現在100路線以上50都市でA380が運航されている。

関連キーワード

関連記事

【レポート】スカイマークが"身の丈に合わない投資"で世界一高額なA380を発注した理由
[2014/8/1]
【レポート】スカイマーク再建、支援するANAと各社との間にある課題・焦点の実態
[2015/11/2]
【連載】航空トリビア 第25回 A380も787-8も同じ大型機!? 大型機・中型機・小型機の正しい基準って?
[2015/2/13]
【連載】航空トリビア 第26回 ボーイング独占の中、なぜエアバスは追いつけたのか?
[2015/2/17]
【レポート】エアバス最新機A350XWBのすごさが分かる10のポイント - "ライバル機"のボーイング787と徹底比較
[2014/11/27]
【レポート】カタール航空の関空撤退に見る中東エアラインの戦略--首都圏空港問題の実態
[2015/12/8]
【レポート】エアアジア・ジャパン就航への課題とは - CEO交代の裏で起きていたこと
[2016/1/22]
【レポート】羽田空港の機能強化は世界の空に何をもたらすのか - 東京2020に向け変わる羽田
[2015/12/24]
【レポート】国内初にして最大となる空港運営権売却で、関空・伊丹はどう変わるのか?
[2015/5/21]
【レポート】LCCが望む空港は日本で実現するのか?--エアアジア・ジャパンと中部空港より
[2015/10/15]
【レポート】ついにロールアウトされたMRJの実力とは? ANA・JALの導入路線は?--写真24枚
[2014/10/22]
【コラム】航空ビジネスの裏側 第5回 JAL・ANA値下げ合戦が起きない理由 - スカイマークやLCCは運賃構造を変えた
[2015/7/24]
【ハウツー】JAL・ANAのビジネスクラス/ファーストクラスを格安に空で体験できる方法
[2015/9/30]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

実中研と慶大、ゲノム編集で先天性免疫不全の霊長類を作製することに成功
[15:14 7/1] テクノロジー
7月放送開始の『ウルトラマンオーブ』、早くもBlu-ray BOXの発売が決定
[15:04 7/1] ホビー
【連載】夫婦のLINE 第92回 お言葉ですが閣下
[15:00 7/1] ライフスタイル
ソニー銀行で円定期特別金利引き上げなど夏の特別企画
[14:57 7/1] マネー
中堅・中小企業にもO2Oが容易に構築できるようになった「AppGoose」
[14:53 7/1] 企業IT