綾瀬はるか、妄想OL役の映像初公開! 心の中で斎藤工に告白「好きです!」

 

女優の綾瀬はるかが妄想癖のOL役を演じる映画『高台家の人々』(6月4日公開)の映像が20日、初公開された。

映画『高台家の人々』で平野木絵を演じている綾瀬はるか

主人公は、平凡で口下手ながらも、頭の中では事あるごとに妄想を繰り広げる内気なOL・平野木絵(綾瀬)。ある日、元華族で不動産や保険会社などを持つ高台家の長男・高台光正(斎藤工)が転勤してくる。完璧人間の光正から突然、自分の妄想をのぞかれているような感覚に陥る木絵だったが、それもそのはず、光正は人の心が読めるテレパシー能力者だった。本作では、そんな2人の"不釣り合いな恋"を描き出す。土方政人監督がメガホンを取り、テレパシー能力者で光正の妹・茂子役の水原希子、弟・和正役の間宮祥太朗、母親・由布子役の大地真央、父親・茂正Jr.役の市村正親が出演する。

約30秒の特報は、軽やかな音楽とともに、さえないOL・木絵の妄想が炸裂。セレブのクォーターで超イケメン、しかも東大卒というエリートの光正が登場すると、妄想は加速していく。「実は彼は王位をめぐる陰謀に巻き込まれた王族の青年…」と設定を語りだし、自分を姫として優しく守られている姿を思い浮かべる木絵だが、光正は能力でそれを読み取り、思わず吹き出してしまう。"高台家の人々"との会食に招かれるシーンが続くも、和正にまでも妄想していることを知られ、木絵は困惑を隠せない。終盤では、2人で芝生に寝転がりながら、心の内で「好きです!」と叫んでいると、それを読んだ光正が「僕も」と口にし、驚きの表情を浮かべる木絵の姿も映されている。

なお、この特報映像は23日より、全国の劇場でも流れる。


(C)2016森本梢子/集英社・映画「高台家の人々」製作委員会

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ツクモ、プロ写真家の撮影テクニックとRAW現像が学べるワークショップ開催
[13:28 8/25] パソコン
ジェニファー・ローレンス、2年連続世界で最も稼いだ女優に
[13:21 8/25] エンタメ
今年で25周年! マクドナルドの月見バーガーに「満月チーズ月見」が登場
[13:20 8/25] 趣味
ホンダ新型「NSX」申込み受付開始 - 26年ぶりフルモデルチェンジ、2月発売
[13:08 8/25] ホビー
キヤノン「EOS 5D Mark IV」、センサーもエンジンもAFも全刷新
[13:02 8/25] スマホとデジタル家電

本音ランキング