大雪、東京都でも交通網に影響 - 関東甲信では19日も大雪の見込み

 

国土交通省は1月17日、17日夜から18日にかけての大雪に対して緊急発表を行った。

今後の気象の見通し(国土交通省緊急発表資料より)

同省によると、東日本や東北地方の太平洋側を中心に湿った雪が降り、山沿いでは大雪となるとのこと。また、関東や東北地方などの普段雪の少ない平野部でも大雪となる場合もある。なお、気象庁の発表では、18日5時10分現在、東京多摩西武では大雪警報、東京23区全域には風雪注意報および大雪注意報が発令されている。

今後の見通しとしては、21日頃にかけて日本付近は強い冬型の気圧配置となる見込み。18日12時までに予想される降雪量は、いずれも多いところで、関東甲信地方40cm、東北・北陸地方30cm、中国・東海地方20~25cm、関東南部・平野部15cmとなっている。北日本と日本海側では、その後さらに降雪量が増える見込み。また、19日の昼から夜にかけて、関東甲信でも大雪が見込まれている。

なお、同省は、大雪や猛ふぶきに伴う交通障害に対して警戒するよう呼びかけている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ASUS、Android Wearを搭載したスマートウオッチ「ASUS ZenWatch 3」を発表
[23:17 8/31] スマホとデジタル家電
Lian Li、電動昇降機能搭載のPCデスクに大型モデル
[23:05 8/31] パソコン
「働きマン」に「さくらん」も!安野モヨコの20年振り返る展覧会が明日から
[22:47 8/31] ホビー
JR西日本「ラ・マル しまなみ」岡山~尾道間観光列車、10・11月の5日間運行
[21:59 8/31] ホビー
「デジモン」新作アニメのコミカライズが、Vジャンと最強ジャンプで
[21:51 8/31] ホビー