ティアック、ハイレゾ対応のコンパクトな同軸スピーカー

村田修  [2016/01/14]

ティアックは1月13日、コアキシャル2ウェイスピーカー「S-300HR」を発表した。発売は1月下旬。価格はオープンで、推定市場価格は62,000円前後(ペア・税別)。表面は天然木の突板仕上げで、レッド系のチェリーウッドと、ピアノブラックの2色が用意されている。

「S-300HR」のチェリーウッド(左)とピアノブラック(右)

S-300HRは 2011年にリリースした「S-300NEO」をベースに、ハイレゾ音源のニアフィールドリスニング向けにチューニングを行ったスピーカーシステム。

バイワイアリングに対応したスピーカー端子

使用ユニットは、低域用がφ130mmのペーパーコーン型で、高域用は50kHzまでの再生が可能なφ25mmチタンコーン型。この2本を同軸上に配置することで、優れた定位と高い解像度を実現している。

再生周波数帯域は50Hz~50kHzで、インピーダンスは6Ω。出力音圧レベルは86dB/W/mだ。最大許容入力は100W。ネットワークには空芯コイルや高音質フィルムコンデンサーを使用。クロスオーバー周波数は3.5kHzだ。また、バイワイヤリングに対応したスピーカー端子も装備している。

エンクロージャーはリアバスレフ式で、素材には高密度MDFを使用。ユニットのワイドレンジ化に対応するためにS-300NEOよりも20mm高さを増やし、サイズはW184×D229×H260mmとなった。内容積は6.2Lで、質量は4.4kg。製品には、金属製のフットベースと3点式のスパイクが付属している。

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【ハウツー】Googleお役立ちテクニック - 知りたいことをすばやく調べる(1)
[15:44 5/30] パソコン
千葉県船橋市「ビビット南船橋」で日本初のニトリ、大塚家具が同フロア出店
[15:07 5/30] ライフスタイル
[日本テレビ大久保好男社長]「笑点」新司会の昇太に期待 三平の加入で「番組のカラー豊かに」
[14:55 5/30] エンタメ
[石橋杏奈]吉野家新CMのエピソード明かす 三角巾姿は「新鮮でした」
[14:54 5/30] エンタメ
サンディスク、メインストリーム向け2.5インチSATA SSD - 5,000円程度から
[14:37 5/30] パソコン

特別企画 PR