ブリトニー・スピアーズ、公演中にトラブル発生 - 安全ベルトに不具合

 

公演中にトラブルに見舞われたブリトニー・スピアーズ(C)BANG Media International

米歌手のブリトニー・スピアーズが2日、ラスベガスで行われた常設公演中、舞台装置の不具合により木のセットの上で立ち往生する事態に襲われた。

プラネット・ハリウッド・リゾート&カジノでの「ブリトニー:ピース・オブ・ミー」公演中、ブリトニーはヒット曲「トキシック」の途中で観衆の上を飛び回る予定となっていたものの、安全ベルトに不具合が生じたことで飛ぶことができなくなり、舞台監督によって救出されなければいけない状況に陥ったとTMZは報じている。その後もパフォーマンスを続けたというブリトニーだが、階段で下りてくる際には、まだその安全ベルトが装着されたままだったようだ。

今回の一件についてブリトニーは、ソーシャネルメディアでコメントをしてはいないものの、4日の今節最終公演に向けては一風変わったステージをするつもりだとツイッターに投稿しており、ステージの動画と共に「ご存じの通りピース・オブ・ミーの最終公演! ひねりを利かせるのが待ちきれないわ!」とツイートしていた。

ブリトニーは2016年の年明けからすでに不運に見舞われており、先日には「2016年、明けましておめでとう! おでこのあざなんて気にしないわ...ポールに突っ込んじゃったの」とツイッターで明かしていた。

(C)BANG Media International

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事