オンキヨー、マグネシウム箔材採用のハイレゾヘッドホンドライバーを開発

 

オンキヨーは12月24日、マグネシウム箔材を使用した、ハイレゾ対応の「マグネシウムモノコック振動板」と、それを採用したヘッドホンドライバーの開発に世界で初めて成功した(同社調べ)。OEM製品や自社ブランドのヘッドホンに採用される予定で、2016年の実用化を目指している。

マグネシウムモノコック振動板

新開発のマグネシウムモノコック振動板は、実用金属材料として最軽量のマグネシウム箔材を使用。マグネシウムは、アルミニウムより約40%軽量で強度と剛性に優れており、歪みの低減に有効な内部損失が実用金属の中で最大である。

また、ドライバーは振動板形状を最適化したうえで一体成型しており。40kHz以上の広帯域再生と、歪みやノイズの抑制を実現した。このほか、表面強度と平滑性を確保し、初期性能を長期にわたって保つための特殊表面処理を同時開発した。

今後はヘッドホン用だけでなく、イヤホン用など様々なサイズのドライバーを開発し、BtoB事業およびAV事業の拡大と業績向上を目指すとしている。

マグネシウムモノコック振動板を使用した試作ヘッドホン

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

柴田英嗣、元妻&ファンキー加藤娘の健診に立会い宣言 "加藤違い"で狩野焦る
[00:12 7/30] エンタメ
ウレタン製の柔らかVRゴーグル「Merge VR」、ツクモ限定で30日から販売開始!
[00:00 7/30] パソコン
[シン・ゴジラ]日本政府対ゴジラの攻防 日本映画のスケールを超えた壮大で緻密な作品
[23:59 7/29] エンタメ
「機械仕掛けの愛」4巻発売、娘の結婚式に参列するAIのエピソード公開
[23:34 7/29] ホビー
声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」発売記念特番でMVを公開
[23:30 7/29] ホビー