エレコム、LCPフィルム振動板採用のハイレゾヘッドホン「EHP-R/OH2000」

エレコムは11月4日、ハイレゾ対応ヘッドホン「EHP-R/OH2000」シリーズを発表した。ラインアップは、通話用マイクとリモコンを装備したスマートフォン向け「EHP-R/OH2000MBK」と、マイク・リモコンなしの「EHP-R/OH2000ABK」の2モデル。発売は11月中旬で、希望小売価格はEHP-R/OH2000ABKが38,260円で、EHP-R/OH2000MBKが39,150円(いずれも税別)。

EHP-R/OH2000ABK

EHP-R/OH2000MBK

EHP-R/OH2000はハイレゾ再生に対応した密閉型のオーバーイヤーヘッドホン。ドライバー径は43mmで、振動板には日本製のLCP(液晶ポリマー)フィルムを採用。不要な振動を抑えた解像度の高いサウンドを実現している。ハウジングはチャンバー内の音を効率よく分散させるラウンド形状で、素材には堅牢で軽量なアルミ材を採用している。

主な仕様は、周波数特性が20Hz~40kHz、インピーダンスが16Ω、音圧感度が100dB/1mW、最大許容入力が100mW、本体サイズはW180×D50×H190mm、質量は約180g。折り畳み時のサイズはW180×D50×H120mm。

ケーブルは片出しタイプで長さは1.2m。芯線には銀コートを施したOFC線を使用している。また、左右のグランドを独立させた4線とすることで、ノイズの影響を抑えている。イヤーパッドの素材はプロテインレザーで、内部には低反発クッションを使用。

折り畳み機構を採用

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事