「ヘッドホン」最新記事一覧

ソニー、BOSE、パイオニア、JBLなど、人気のヘッドホン情報。

関連キーワード

ヘッドライン

AUDEZE、平面磁気ドライバーを載せた開放型オンイヤーヘッドホン

アスクは6月23日、AUDEZEの平面磁気ドライバー搭載オンイヤーヘッドホン「SINE DX」の取り扱いを発表した。約290gの軽量設計ながら、大型の80×70mmサイズの平面磁気ドライバーを搭載する。発売は2017年7月末予定で、価格はオープン。推定市場価格は税別79,800円前後。

[14:55 6/23]

クアルコムが最新のオーディオ用チップセットを解説 - 「スマートスピーカー」「ヒアラブル」を後押し

クアルコムは20日、最新オーディオ関連IoTソリューションの説明会を開催。スマートスピーカーやワイヤレスヘッドホンなど、同社が展開するオーディオ向けチップセットの特長について説明した。Voice&Music部門のゼネラルマネージャーを務めるAnthony Murray氏は、オーディオを取り巻くさまざまな状況を踏まえ、クアルコムでは5つの新しいプラットフォームを定義したと説明した。

[11:51 6/21]

JBL、クインシー・ジョーンズが監修したプレミアムなBluetoothヘッドホン

ハーマンインターナショナルは6月8日、JBLのBluetoothヘッドホン「E55BT QUINCY EDITION」を発表した。発売は6月17日。価格はオープンで、直販価格は税別19,980円。Bluetoothヘッドホン「E55BT」のサウンドを、アメリカを代表する音楽プロデューサーであるクインシー・ジョーンズが監修したモデルとなっている。

[19:07 6/8]

日本エイサー、ゲーミングブランド「Predator」のゲーミングヘッドセット

日本エイサーは6月7日、ゲーミングブランド「Predator」に属するゲーミングヘッドセット、「PHW510」を発売した。敵の足音や爆発音の位置などの正確な把握をサポートし、ゲームプレイに適したモデルとなっている。価格はオープンで、店頭予想価格は8,980円前後(税込)。

[15:56 6/7]

オーテク、2.4GHz帯もBluetoothも対応するデジタルワイヤレスヘッドホン

オーディオテクニカは6日、デジタルワイヤレスヘッドホンシステム「ATH-DWL770」と「ATH-DWL550」を発表した。2.4GHz帯のデジタルワイヤレス方式を採用するデジタルワイヤレスヘッドホンで、6月23日より発売する。価格はオープン。推定市場価格はATH-DWL770が27,000円前後、ATH-DWL550が20,000円前後。

[16:20 6/6]

JVC、長時間再生が可能なノイズキャンセリングBluetoothヘッドホン

JJVCケンウッドは1日、JVCブランドのBluetoothヘッドホン3モデルを発表した。いずれも6月上旬より発売する。価格はオープン。推定市場価格は、「HA-S88BN」が13,000円前後、「HA-S58BT」が8,000円前後、「HA-S38BT」が5,000円前後。「HA-S88BN」は、ノイズキャンセリング機能を搭載するBluetoothヘッドホンの上位モデルだ。

[18:50 6/1]

「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」とコラボした密閉型ヘッドホン登場

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、ハイレゾ音源対応の密閉型ヘッドホン「SE-MX8-K」と、ブシロードの「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」から生まれたガールズバンド「Roselia」のコラボモデルを期間限定で予約販売する。価格は25,000円(税込・配送料込)。

[16:07 5/29]

e☆イヤホン、SOULの光るBluetoothヘッドホンなど5機種を独占販売

e☆イヤホンは5月27日より、SOULブランドの新製品を国内独占販売する。今回取り扱いを開始するのはいずれもBluetooth対応モデルで、スポーツイヤホン「Run free Pro HD」、ヘッドホン「X-tra」、ヘッドホン「Impact OE」、イヤホン「Impact」のホワイトモデル、スピーカー「Wave power」の5製品。

[18:49 5/26]

AKG、初のBluetooth+ノイズキャンセリングヘッドホン「N60NC WIRELESS」

ハーマンインターナショナルは18日、オーストリアのオーディオブランド「AKG」より、Bluetooth対応のノイズキャンセリングヘッドホン「N60NC WIRELESS」を発表した。5月26日より発売する。価格はオープンで、公式通販サイトでの価格は32,880円(税別)。40mm径のダイナミックドライバーを搭載し、自然で伸びやかな中高域と、タイトで力強い低域を実現するという。

[18:22 5/18]

Victorブランドから、自分専用の"持ち運べるリスニングルーム"「WiZMUSIC」が登場

Victorブランドの復活劇は今年3月、「EXOFIELD」(エクソフィールド)技術の発表で幕を開けた。再生音像を頭の中に感じる"頭内定位"が前提のヘッドホンリスニングだが、長い開発期間を経て実用化に漕ぎ着けたEXOFIELDにより、ヘッドホン使用時でも眼前にスピーカーがあるかのような"頭外定位"と音場感を再現するという。本稿では5月11日に開催された新サービス発表会の内容をレポートする。

[20:02 5/12]

ライカとMASTER & DYNAMICのコラボ、高品質ヘッドホンを3モデル

ドイツのライカカメラと、アメリカ・ニューヨークのオーディオブランドであるMASTER & DYNAMICがコラボレーション。ライカの高級アクセサリーブランド「0.95」シリーズの新作として、オーバーイヤーヘッドホン(2モデル)とイヤホン(1モデル)が加わった。5月11日から順次発売し、価格は26,000円から(税別)。

[19:20 5/1]

春のヘッドフォン祭 2017が開催、気になる新製品が目白押し

4月29日・30日、東京・中野サンプラザで春のヘッドフォン祭 2017が開催。本稿では、会場で見つけた気になる展示を紹介する。長蛇の列ができていたのは、13階のAstell&Kernブース。ここでは新作ハイレゾプレーヤー「KANN」の試聴機が一般向けに初めて展示されている。最上位「AK380」の専用アンプに迫る高出力を実現しているのが特長で、高インピーダンスのヘッドホンも余裕でドライブできるという。

[21:58 4/29]

テクニクスの"いい音"があなたの街に! 移動式のトレーラー試聴室、発進!

パナソニックのハイエンドオーディオブランド「テクニクス」から、5月に発売される「グランドクラス」新製品のデビューに合わせて、移動式の試聴ルーム「Technics Sound Trailer」が完成。ゴールデンウィークに東京の六本木で開催される音楽イベントに向けて出発した。

[21:01 4/25]

パイオニアのハイクラス密閉型ヘッドホン「SE-MONITOR5」

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは4月25日、パイオニアブランドの密閉型ヘッドホン「SE-MONITOR5」を発表した。発売は5月下旬。価格はオープンで、推定市場価格は100,000円前後。コンセプトは「自社開発ドライバーを搭載した密閉型ヘッドホンのハイクラスモデル」で、バランス接続に対応している。

[15:00 4/25]

ゼンハイザー「HE-1」の発売日が決定 - 税別600万円の超弩級ヘッドホン

ゼンハイザージャパンは、ヘッドホンシステム「HE-1」を、4月20日に発売する。受注生産品で、価格は税別6,000,000円。8本の真空管を搭載したヘッドホンアンプとコンデンサー型ヘッドホンを一体化したハイエンドオーディオシステムで、台座はイタリア・カッラーラ産の大理石から削り出している。台座のみの重量は約21㎏。

[14:14 4/14]

狙うは、有機ELテレビのトップシェア - ソニーマーケティング 河野社長に聞くストア戦略

2017年度は有機ELテレビでトップシェアを取る――。ソニーマーケティングの河野弘社長は、今年度の成長戦略に自信をみせる。2011年7月の地上デジタル放送への完全移行に伴う旺盛なテレビ需要の反動を受けて、市場低迷が長期化しているなか、いよいよ回復の兆しが見えてきた。

[09:00 4/13]

オンキヨー、ZEDDプロデュースのヘッドホンを生産

オンキヨーは4月19日より、OEM事業において、音楽プロデューサーのZEDDが手がける新ブランド「Double Zero (ダブル ゼロ)」のヘッドホンを発売する。オンキヨーのアナログ技術を投入し、10Hz~80kHzの再生周波数帯域をカバーした新開発のドライバーを搭載。デザイン集団「SF inc.」とのコラボレーションにより、外観や装着感にもこだわった製品となっている。

[17:26 4/11]

ソニーの新たな情報発信拠点 - 東京・渋谷「Sony Square Shibuya Project」

ソニーは4月8日に、東京・渋谷の渋谷モディ内に、情報発信拠点「Sony Square Shibuya Project」をオープンするのに先駆けて、報道関係者にその様子を公開した。ソニーグループの製品、テクノロジー、コンテンツなどを掛け合わせることで、ソニーのブランディング活動の拠点として活動していく。

[16:47 4/7]

上海問屋、8,999円でべリリウムドライバー搭載のハイレゾヘッドホン

ドスパラは3月31日、同社運営の「上海問屋」にて、45mmのベリリウムドライバーを搭載したハイレゾ対応ヘッドホン「DN-914311」を発売した。価格は税込8,999円。低域に迫力があり、ロック系の音楽や低音が好きな人に向いているという。イヤーパッドは楕円形で、肌触りの良いレザー調のイヤパッドを使用している。

[14:40 3/31]

パナソニック、2.4GHz帯で伝送する7.1chサラウンドヘッドホン

パナソニックは24日、トランスミッターとヘッドホンで構成されるデジタルワイヤレスサラウンドヘッドホンシステム「RP-WF70」を発表した。4月21日より発売する。価格はオープンで、推定市場価格は28,000円前後。

[21:45 3/24]

AKG、「プロフェッショナル」シリーズの入門ヘッドホン - 5880円から

ハーマンインターナショナルは25日、オーストリアのオーディオブランド「AKG」より、オーバーイヤーヘッドホン「K92」「K72」「K52」を発表した。3月24日より発売する。価格はオープンで、公式通販サイトでの価格は5,880円より(税別)。

[18:38 3/23]

JBLの新シリーズ「E」- Bluetoothヘッドホンなど4モデルを発表

ハーマンインターナショナルは17日、JBLのヘッドホン/イヤホンとして、新たなスタンダードクラス「E シリーズ」から4モデルを発表した。ラインナップは、Bluetooth対応オーバーイヤーヘッドホン「E55BT」、Bluetooth対応オンイヤーヘッドホン「E45BT」、ワイヤードタイプのオンイヤーヘッドホン「E35」、カナルイヤホン「E15」。いずれもブラック、ホワイト、ブルー、レッドの4色展開で、3月24日より発売する。

[19:01 3/17]

Victorブランド復活、ヘッドホンでも自然な音場「EXOFIELD」技術発表

JVCケンウッドは14日、ヘッドホンリスニングの常識を変える新技術「EXOFIELD (エクソフィールド)」を発表した。また、往年の人気ブランド「Victor (ビクター)」を復活させ、EXOFIELDを同ブランドの新型ヘッドホンに搭載する方針だ。同日開催された発表会では、JVCケンウッドのブランド戦略とEXOFIELDの技術について、詳細な説明が行われた。

[21:48 3/14]

「BanG Dream!」とのコラボヘッドホン、パイオニアから

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは3月10日、パイオニアのヘッドホン「SE-MX8-K」と、メディアミックス作品「BanG Dream!」のコラボレーションモデルを発表した。直販サイト「ONKYO DIRECT」にて、3月14日12時から5月15日15時まで予約を受け付ける。製品は7月末から8月初旬にかけて順次発送予定。価格は税込25,000円。

[17:55 3/10]

ゼンハイザー、apt X対応のBluetoothヘッドホン「HD 4.30」

ゼンハイザージャパンは3月6日、Bluetoothヘッドホン「HD 4.40BT」を発表した。発売は3月16日で、価格はオープン、推定市場価格は税別18,500円前後。

[16:26 3/6]

JVC、子どもの耳を大音量から守るヘッドホン

JVCケンウッドは3月3日、JVCブランドの子ども向けヘッドホン「HA-KS2」を発表した。発売は3月中旬。価格はオープンで、推定市場価格は税別2,780円。対象年齢は3歳以上となっている。

[15:19 3/3]

黒子のバスケとコラボしたハイレゾヘッドホン、パイオニアから

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは2月24日、『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とパイオニアブランドの密閉型ヘッドホン「SE-MX8-K」のコラボレーションモデルを発表した。直販サイト「ONKYO DIRECT」にて、3月21日12時から5月15日15時まで予約を受け付ける。製品は7月末から8月初旬にかけて順次発送予定。価格は税込23,000円。

[16:27 2/24]

ゼンハイザー、ノイズキャンセリング対応の有線ヘッドホン「PXC 480」

ゼンハイザージャパンは2月23日、ノイズキャンセリング対応のヘッドホン「PXC 480」を発表した。発売は3月2日。価格はオープンで、推定市場価格は36,000円前後(税別)。

[12:22 2/24]

Skullcandyの震えるワイヤレスヘッドホン「Crusher Wireless」

Skullcandy Japanは、Bluetoothヘッドホン「Crusher Wireless (クラッシャーワイヤレス)」を、4月7日に発売する。希望小売価格は税別21,800円。

[18:55 2/23]

SAOとコラボしたヘッドホンとウォークマン - LiSAのハイレゾ音源をプリイン

ソニーは2月22日、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』とコラボレートしたハイレゾ対応ウォークマン「NW-A35」、Bluetoothヘッドホン「h.ear on Wireless NC」(MDR-100ABN)を、ソニーストア限定で販売開始した。4月28日11時までの期間限定で取り扱う。

[17:28 2/22]

ヘッドホン バックナンバー

このキーワードについて (スマホとデジタル家電>サウンド / オーディオ>ヘッドホン)

ヘッドホン トップへ
ソニー、BOSE、パイオニア、JBLなど、人気のヘッドホン情報。

人気記事

一覧

新着記事