「ヘッドホン」最新記事一覧

ソニー、BOSE、パイオニア、JBLなど、人気のヘッドホン情報。

関連キーワード

ヘッドライン

Razer、7.1ch対応モデルなどゲーミングヘッドセット「Razer Tiamat」

Razerは10月20日、ゲーミングヘッドセットの新モデルとして、7.1ch対応「Tiamat 7.1 V2」と2.2ch対応「Tiamat 2.2 V2」の国内販売を発表した。10月31日に発売し、希望小売価格は「Tiamat 7.1 V2」が税別26,000円、「Tiamat 2.2 V2」が税別16,800円。

[17:08 10/20]

ヤマハ、"ワイヤレスでも有線でも高音質"を目指したヘッドホンなど2機種

ヤマハは10月18日、Bluetoothでのワイヤレス再生に対応するヘッドホン「HPH-W300」とイヤホン「EPH-W53」を発表した。11月下旬より順次発売する。価格はオープンで、推定市場価格(税別)は「HPH-W300」が27,800円前後、「EPH-W53」が16,800円前後。いずれも11月上旬より、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、e☆イヤホン、ヤマハ銀座店にて先行試聴できる。

[19:34 10/18]

エイサー、Predatorブランドのゲーミングアクセサリを最大5,000円値下げ

日本エイサーは18日、Acer Direct楽天市場店にて販売するPredatorブランドのゲーミングアクセサリのうち、ヘッドセットやゲーミングマウス、バックパックなど5種類を価格改定し、最大5,000円の値下げを行った。今回の価格改定は、日本エイサーが10月21日に発売するMAX-Qデザインのフラッグシップゲーミングノート「Predator Triton 700」を記念して実施されたものだ。

[18:56 10/18]

フィリップス、スタイリッシュなデザインのBluetoothヘッドホン

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは10月17日、フィリップスのBluetooth対応オンイヤーヘッドホン「SHB4805」を発表した。11月上旬より発売する。価格はオープンで、推定市場価格は10,000円前後(税別)。SHB4805は、フィリップスブランドの「Flite(フライト)」シリーズに属する、デザイン性に優れたBluetoothヘッドホン。カラーはダーククロムとローズゴールドの2色を用意する。

[19:02 10/17]

ソニーの新しい「1000X」ヘッドホンは逸品、と認めざるを得ない

ソニー独自のデジタルノイズキャンセリング機能を搭載するBluetoothヘッドホン「MDR-1000X」が、約1年のときを経てリニューアルされた。リニューアル後の新機種は「WH-1000XM2」。早速、旧モデル・MDR-1000Xのユーザーである筆者がチェックしてみた。今回は1000Xシリーズの象徴とも言える"明るい方"のカラーをお借りした。現行モデルでは「グレーベージュ」と呼ばれているが、最新モデルでは「シャンパンゴールド」に名前が変わっている。

[07:30 10/17]

ゼンハイザー、12万円のフラッグシップイヤホン「IE 800 S」など5製品

ゼンハイザージャパンは10月12日、フラッグシップイヤホン「IE 800 S」やヘッドホン新製品「HD 660 S」などの新製品を発表した。発表された製品は、「IE 800 S」「GSP 303 Need for Speed Paybackエディション」「MOMENTUM Free」「HD 660 S」「IE 80 S」の5製品。発売日は機種によって異なるが、10月26日から11月中旬にかけ順次。

[22:27 10/13]

アリアナ・グランデモデルのネコ耳ヘッドフォン、ネコ耳部分はスピーカー

QVCジャパンは10月11日、「ネコ耳ヘッドフォン アリアナ・グランデ モデル」を発売した。価格は17,800円(税別)。Bluetoothでデバイスと接続し、曲を流せるワイヤレスヘッドホン。ネコ耳部分がスピーカーになっており、自分が聞いている音楽を周りの人も楽しめる。ハウジング部とネコ耳部分にはLEDライトを搭載しており、ピンク、ブルー、パープル、グリーンへとカラフルに色が変わる。

[17:46 10/11]

オーディオテクニカから、オープンエアの理想を究めたヘッドホンなど意欲作が続々

オーディオテクニカは10月5日、2017年度新製品発表会を開催。オープンエアヘッドホンのトップエンド「ATH-ADX5000」など多数の新製品を披露した。2017年の新製品は、オープンエア(開放型)のトップエンドに位置付けられる「ATH-ADX5000」以外は、Bluetooth対応製品が中心。広報宣伝課 マネージャー 松永貴之氏は、ヘッドホン市場におけるBluetooth製品の割合が年々高まっていること、10代・20代のヘッドホン利用率の高さを引き合いにしたうえで、Bluetooth市場への取り組みを推進する方針を説明した。

[16:41 10/6]

EDIFIER、7.1chバーチャルサラウンド対応のゲーミングヘッドセット

プリンストンこのほど、EDIFIER製ゲーミングヘッドセット3シリーズ5製品の取り扱い開始を発表した。いずれの製品も40mmのネオジウムドライバーを採用するほか、7.1chバーチャルサラウンドサウンドに対応する。すべて10月6日の発売を予定する。

[19:39 10/2]

ソニー、「ハイキュー!!」とコラボしたハイレゾウォークマン&ヘッドホン

ソニーは25日、劇場版「ハイキュー!! 才能とセンス」とコラボレートしたハイレゾ対応ウォークマンやヘッドホンを発表した。ソニーストアにて数量限定で発売する。販売期間は9月25日から11月30日10時まで。価格は26,880円より(税別)。ラインナップは、「ウォークマン A」シリーズ(16GB)「NW-A45/HIKY」単品、ヘッドセット「h.ear on 2 Mini Wireless(WH-H800)」単品、上記2製品のセットの3種類。

[19:50 9/25]

フィリップス、豊かな重低音を再生する新ヘッドホンシリーズ「Bass+」

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは9月25日、フィリップスブランドの新ヘッドホンシリーズ「Bass+(ベースプラス)」の第一弾として、「SHL3075」を発表した。Bass+シリーズは、「豊かな重低音」をテーマに展開していく製品群となる。発売は10月上旬。価格はオープンで、推定市場価格は4,000円前後(税別)。カラーバリエーションとして、ブラック、ブルー、ホワイト、レッドの4色を用意した。

[18:22 9/25]

HyperXがTGS2017に初出展 - ゲーミングデバイス新製品などを展示デモ

Kingston Technologyのゲーミングブランド「HyperX」は、東京ゲームショウに初出展し、発表されたばかりのゲーミングキーボード新モデルを始めとした製品を展示・デモしていた。

[13:02 9/24]

CORSAIR、無線モデルなど50mmドライバ搭載ゲーミングヘッドセット3製品

リンクスインターナショナルはこのほど、CORSAIR製ゲーミングヘッドセット「VOID PRO」シリーズの取り扱い開始を発表した。無線モデル1製品、有線モデル2製品をそろえる。いずれも9月23日に発売する。

[06:00 9/20]

Beats、「Solo3 Wireless」と「BeatsX」にiPhone 8とマッチする新色

Beats by Dr. Dreは、iPhone 8シリーズとマッチするヘッドホン / イヤホンの新色として、「Beats Solo3 Wireless」と「BeatsX」のマットゴールドモデル、マットシルバーモデルを発売した。「Beats Solo3 Wireless」は、Bluetoothによるワイヤレス再生に対応したオンイヤーヘッドホンで、価格は29,800円(税別)。

[20:25 9/14]

Beats、W1チップ搭載のワイヤレスヘッドホン「Studio3 Wireless」

Beats by Dr. Dreは9月5日、ワイヤレスヘッドホン「Beats Studio3 Wireless」を発表した。発売は10月中旬。6色展開で、ポーセリンローズはApple Online StoreやApple実店舗で、シャドーグレーはApple Online Store、Apple実店舗、ビックカメラ、ヨドバシカメラにて先行販売する。価格は税別34,800円。

[16:13 9/5]

ソニーのヘッドホン「h.ear」が刷新、ノイキャン+外音取り込み対応モデルも

ソニーは5日、「h.ear」シリーズのヘッドホンやイヤホンなど5モデルを発表した。いずれも10月7日より発売する。価格はオープンで、推定市場価格は10,000円より(税別)。カラーバリエーションは、ムーンリットブルー / ペールゴールド / グレイッシュブラック / トワイライトレッド / ホライズングリーンの5色で、同時発表の「ウォークマン A40」と共通している。

[13:00 9/5]

ソニー、ノイキャン搭載の左右分離型イヤホンなど「1000X」シリーズ3機種

ソニーは9月5日、ノイズキャンセリング対応のBluetoothヘッドホン「MDR-1000X」の後継となる「1000X」シリーズを発表した。ラインナップは、完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」ネックバンド型イヤホン「WI-1000X」、ヘッドバンド型の「WH-1000XM2」の3機種。ドイツ・ベルリンで開催の家電見本市「IFA2017」にて初公開されていたが、このたび国内での発売概要が明らかになった。発売は10月7日。価格はオープンで、推定市場価格は下記のとおり。

[13:00 9/5]

ソニー、バイブレーションで着信を通知する約7000円のBluetoothイヤホン

ソニーは5日、Bluetoothイヤホンの新製品としてネックバンド型の「WI-C400」を発表した。発売は10月7日。価格はオープンで、推定市場価格は7,000円前後(税別)。ブラック / ホワイト / ブルー / レッドの4色を用意する。バイブレーションによるスマートフォンの着信通知が可能で、SiriやGoogle Nowなどの音声アシスタントの起動にも対応する。

[13:00 9/5]

パナソニック、Google アシスタント搭載スピーカーからHDR10+、自走式冷蔵庫まで - IFA2017レポート

IFA2017でパナソニックが気を吐いている。初めてのGoogleアシスタント搭載スマートスピーカーを発表したり、ベルリン・フィルと協業する4K/HDR高画質の動画配信サービスをアナウンスしたり。AV機器から白物家電、ロボットまで多彩なブース展示をしている。

[21:00 9/3]

ソニーの「欲しくなる」スマートスピーカーに熱視線! - 新型ウォークマンから超小型カメラまで、IFA 2017ソニーブースの注目製品まとめ

速報にあったとおり、ソニーはドイツ・ベルリンで開催されているエレクトロニクスショー「IFA 2017」のプレイベント期間に、Google アシスタントを搭載するスマートスピーカーや新しいウォークマンなど、新製品を大量に発表した。本稿では、オーディオ・ビジュアル関連の注目製品を振り返ってみよう。

[13:31 9/1]

ソニー初の完全無線+ノイキャンイヤホン、IFAで登場 - ヘッドホンも進化

ソニーは、ドイツ・ベルリンで9月1日から6日(現地時間)に開催される家電見本市「IFA2017」に先立ち、ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-1000X」の後継となる「1000Xシリーズ」を発表した。ラインナップは、完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」ネックバンド型イヤホン「WI-1000X」、MDR-1000Xと同じヘッドバンド型の「WH-1000XM2」の3機種。日本での発売時期と価格は明らかになっていない。

[23:12 8/31]

Beats、ヘッドホンなど3機種にアーバンな新色「Neighborhood Collection」

Beats by Dr. Dreは8月28日、「Beats Solo3 Wireless オンイヤーヘッドフォン」「Powerbeats3 Wireless イヤフォン」「Beats Pill+ ポータブルスピーカー」の新カラーバリエーション「Neighborhood Collection」を発売した。希望小売価格(税別)は、Beats Solo3 Wireless オンイヤーヘッドフォンが29,800円、Powerbeats3 Wireless イヤフォンが19,800円、Beats Pill+ ポータブルスピーカーが18,800円。

[16:11 8/28]

GRADO、最上位ヘッドホン「PS2000e」のバランスXLR端子モデル

ナイコムは8月18日、GRADOのフラッグシップヘッドホン「PS2000e」のバランスXLR端子モデル「PS2000e Balanced」を発表した。発売日は8月25日。希望小売価格は339,000円(税別)。

[20:27 8/18]

オンキヨーとネイン、音声認識などAI・ヒアラブル分野で共同開発

オンキヨーグループは14日、イヤホンなどを開発するネインと、AI対応ヒアラブル製品の共同開発について基本合意したと発表した。今後は、オンキヨーグループのヘッドホンにおける音声認識の開発、AI対応スマートスピーカーの音声認識や通知機能の開発、ネインが企画開発するヒアラブル・AIデバイスの開発支援などを検討していくという。

[17:14 8/16]

オンキヨーのヘッドホン「Pioneer SE-MX8-K」がトランスフォーマーとコラボ

タカラトミーは8月3日、オンキヨー&パイオニアイノベーションズのハイレゾ対応ヘッドホン「Pioneer SE-MX8-K」を、トランスフォーマー仕様にデザインしたコラボモデルを発表した。「Pioneer SE-MX8-K MODE TRANSFORMERS AUTOBOT ver.」および「Pioneer SE-MX8-K MODE TRANSFORMERS DECEPTICON ver.」の2種類で、希望小売価格は各28,000円(税込)。

[13:51 8/3]

COUGAR、USB接続で7.1chを楽しめるゲーミングヘッドセット

マイルストーンは7月28日、COUGARの7.1chバーチャルサラウンドに対応したゲーミングヘッドセット「COUGAR IMMERSA PRO」を発表した。発売は8月10日。希望小売価格は14,796円(税別)。外付けのサウンドカードを搭載し、前後左右360度、音源をバーチャルに再生する7.1chバーチャルサラウンドに対応したゲーミングヘッドセット。

[12:25 8/1]

Beats by Dr.Dre、LINEの「ブラウン」とコラボした「Solo3 Wireless」発売

Beats by Dr. Dreは、ソーシャルネットワーキングサービス「LINE」の公式キャラクター「LINE FRIENDS」とコラボレーションした「Beats Solo3 Wirelessオンイヤーヘッドフォン - LINE FRIENDSスペシャルエディション」の販売を8月3日より開始する。価格は税別29,800円。

[21:48 7/25]

Beats、Balmainとコラボしたヘッドホン2機種 - アーバン・サファリを表現

Appleは7月20日、Beats by Dr. Dreとフランスのラグジュアリーブランド「Balmain」のコラボレーションヘッドホンとして、「Beats Studio Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン - Balmainスペシャルエディション」と「Powerbeats3 Wirelessイヤフォン - Balmainスペシャルエディション」を発売した。カラーはいずれもカーキとサファリベージュを用意。税別価格はBeats Studio Wirelessが59,800円、Powerbeats3 Wirelessが24,800円。

[18:38 7/20]

ポタフェス2017で見つけた気になるあれこれ - "聴く"VRってなに?

7月15日と16日に、東京・ベルサール秋葉原で「ポータブルオーディオフェスティバル2017 SPRING&SUMMER」(ポタフェス2017)が開催。ここでは、会場で見つけた気になる製品をまとめて紹介する。

[18:20 7/15]

ULTRASONEのワイヤレスヘッドホン「Go Bluetooth」- 17時間再生、約2.1万円

タイムロードは7月14日、ULTRASONEのBluetoothヘッドホン「Go Bluetooth」を発表した。同時に予約受付も開始している。価格はオープンで、推定市場価格は税別21,000円前後。発売は2017年夏を予定。2015年発売のヘッドホン「Go」をベースにBluetooth機能を搭載したモデルで、Bluetoothのコーデックは高音質のaptXに対応している。

[11:00 7/14]

ヘッドホン バックナンバー

このキーワードについて (スマホとデジタル家電>サウンド / オーディオ>ヘッドホン)

ヘッドホン トップへ
ソニー、BOSE、パイオニア、JBLなど、人気のヘッドホン情報。

人気記事

一覧

新着記事