高校生の3人に1人が「お金の面から大学進学は断念すべきかも」と考えている

  [2015/10/02]

神奈川大学は1日、「奨学金と給費生制度に関する意識調査2015」の結果を発表した。調査期間は7月31日~8月6日の7日間、対象は高校生・既卒生・大学生500名および高校生・既卒生・大学生の子を持つ親500名の計1,000名。なお、同調査では既卒生を含めて「高校生・大学生」としている。

親が考える家庭への経済的負担

親500名に対し、「子どもの大学進学または大学関連の費用が家計を圧迫しているか」と聞いたところ、78.0%が「あてはまる」と回答した。

「子どもの大学進学または大学関連の費用のために、懸命に節約に励んでいる」では、「あてはまる」は70.4%であった。「自分の家庭にとって、子どもが大学進学で親元を離れることによる経済的(生活費)負担は重いか」という問いには、80.0%が同意した。

大学進学とお金に関する状況や考え(対象:親500名)

「子どもには、家計を心配して大学進学をあきらめてほしくないと思うか」という問いには、83.8%が「そう思う」と回答した。「子どもが金銭的事情で大学進学を断念することは、社会にとって損失だと思うか」という質問には、88.0%が「あてはまる」とした。

学生が考える家庭への経済的負担

高校生・大学生500名に対して、「自分が大学に進学する(した)ことで、家族への経済的負担が大きくないか心配だ」という設問に対し「あてはまる」との回答は82.2%。

「高校在学中、家計を助けるため、アルバイトをしたことがある」では、「あてはまる」は21.0%で、5人に1人の割合となった。また、大学生269名に対する「大学進学後、学費や生活費を稼ぐためのアルバイトで、学業が疎かになった」という問いには、58.0%が「あてはまる」と答えた。

大学進学とお金に関する状況や考え(対象:学生500名)

高校生221名に対し、「金銭的事情を考えると"大学進学を断念すべきなのでは"と思うか」と尋ねたところ、38.5%が「あてはまる」と回答。3人に1人を超える割合となった。また、大学生のうち、「金銭的事情を考えると"将来的に大学中退を選択することもあり得る"と思う」に同意したのは21.5%で、5人に1人が、金銭的事情による中退が選択肢に入ると答えた。

関連したタグ

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

iiyama PC「SENSE∞」、Quadro M4000搭載のクリエイタ―向けミドルタワーPC
[19:43 5/30] パソコン
ランサムウェアがもっとも攻撃者にとって有効になる業界は? - McAfee Blog
[19:36 5/30] 企業IT
【レポート】Windows 10の要件変更でピンチになるのは誰? - 阿久津良和のWindows Weekly Report
[19:20 5/30] パソコン
OL3人が官能的な表情で肉料理を食べまくる「肉女のススメ」1巻
[18:34 5/30] ホビー
勝地涼が「赤シャツ」の孫役で主演『“くたばれ”坊っちゃん』
[18:30 5/30] エンタメ

特別企画 PR