WiMAX 2+のCA化、9月上旬から首都圏や京阪神などでも開始

 

UQコミュニケーションズは10日、WiMAX 2+の周波数帯域の拡張を、2015年9月上旬から首都圏や京阪神、名古屋、政令指定都市などでも実施すると発表した。2015年9月末には、キャリアアグリゲーション(CA)による下り最大220Mbpsの全国エリア化を完了させる予定。

WiMAXサービスの周波数帯域の変更内容

同社はWiMAXで利用している50MHzの帯域を、WiMAXに30MHz、WiMAX 2+に20MHz割り当てていたが、通信の高速化を図るため、WiMAXの使用帯域を10MHzに縮小、WiMAX 2+の使用帯域を40MHzへと拡張する。WiMAX 2+の周波数帯域の拡張は、2015年2月12日に栃木県真岡市から開始しており、順次全国に展開するとしていた。

拡張後は、複数の電波を同時に使用するCA技術の利用により、WiMAX 2+の通信速度が下り最大110Mbpsから220Mbpsへ増加する。一方で、WiMAXの通信速度は下り最大40Mbpsから13.3Mbpsに低下する。

人気記事

一覧

新着記事

TVアニメ『orange』が映画化! 『orange -未来-』が11/18より2週間限定公開
[00:00 9/27] ホビー
[パトレイバー]後藤隊長カレンダーが「月刊!スピリッツ」付録に 「みんなで幸せになろうよ」
[00:00 9/27] ホビー
[にゃんこデイズ]テレビアニメ化決定 擬人化したネコと人見知りの少女の日常描いた4コママンガ
[00:00 9/27] ホビー
Googleお役立ちテクニック - 資料作りがサクサク進む「リサーチ」ツールを使いこなそう
[00:00 9/27] パソコン
「まんが極道」から10年、作家の悲哀を描き続けた「まんが家総進撃」最終巻
[23:33 9/26] ホビー