群馬の名字ランキング30 - 北関東三つ巴の中でも群馬は特殊なことが判明

 

群馬県民の名字は茨城県民や栃木県民ともちょっと違う

マイナビニュース会員に「ライバル関係にある都道府県」を聞いたところ、群馬県・茨城県・栃木県は何かと気になる"相手"であることが分かった。この関東3県、名字にはどんな違いがあるのだろうか。今回は群馬県民の名字に注目してみた。

1位「高橋」さんは群馬県と愛媛県のみ

「群馬県の名字ランキングベスト30」で第1位となったのは県民数およそ4万人の「高橋」さん。「高橋」さんは、全国におよそ149万5,000人みられる日本で3番目に多い名字だが、県内順位が1位なのは群馬県と愛媛県のみとなっている。高い橋や高い柱が語源であり、現奈良県である大和国、現愛知県である三河国など各地にルーツがあるとされている。群馬県出身の有名人では、サッカー日本代表の経験もある高橋秀人選手が知られている。

2位はおよそ3万5,000人が群馬県に住んでいる「小林」さん。隣接する長野県では1位、新潟県では3位、栃木県、埼玉県では4位となっており、群馬県周辺に多い名字となっている。「小林」姓のルーツのひとつに、現在の群馬県である上野の緑野郡小林と多野郡御厨小林を発祥とする桓武平氏秩父氏高山党があるとされている。俳優の小林桂樹さんが群馬県出身として有名だ。

3位は全国で最も多い名字である「佐藤」さんで、群馬県にはおよそ2万9,000人みられる。2014年にプロテニスプレイヤーの錦織圭選手が全米オープンで準優勝を果たした際、錦織選手以前にウィンブルドンなどで準優勝の実績があると紹介された佐藤次郎さんは群馬県の出身である。ちなみに、群馬県を除く関東地方の1都5県で1位となっている「鈴木」さんは6位だった。

群馬県の名字ランキングベスト30

「金井」さんは群馬県が全国ナンバーワン

全国順位が30位以下である一方、群馬県で30位以内となった名字は、4位「新井」さん(全国順位102位)、9位「星野」さん(全国順位157位)、11位「田村」さん(全国順位54位)、12位「茂木」さん(全国順位377位)、14位「金子」さん(全国順位56位)。

15以下だと、16位「関口」さん(全国順位204位)、18位「青木」さん(全国順位41位)、21位「金井」さん(全国順位305位)、23位「萩原」さん(全国順位187位)、25位「飯塚」さん(全国順位250位)、27位「石井」さん(全国順位37位)、28位「岡田」さん(全国順位33位)、30位「今井」さん(全国順位75位)がある。

「新井」さんは、現在の群馬県である上野国新田郡新井、「金井」さんは同郡金井村にルーツのひとつがあるとされている。「茂木」さんは全国の26%、「金井」さんは16%が群馬県に集中し、全国の中で群馬県民が最多となっている。ちなみに「関口」さん、「萩原」さん、「飯塚」さんは群馬県でのみベスト30にランクインしている。

希少姓に「拝詞」「雲越」「八月一日」

群馬県出身の有名人には、女優の篠原涼子さんがいる。「篠原」さんは、全国順位185位に対して群馬県では93位で、およそ4,200人が住んでいる。また、コピーライターの糸井重里さんも群馬県の出身。群馬県には京都府に次いで全国で2番目に多いおよそ1,600人の「糸井」さんが居住している。ベスト30にランクインした名字では、北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹選手、プロゴルファーの茂木宏美選手、モデル・女優の金井美樹さんなどがいる。

群馬県にみられる珍しい名字は、「拝詞(はいし)」さん(全国人数およそ30人)、「雲越(くもこし)」さん(およそ100人)、「八月一日(ほずみ)」さん(およそ100人)、「砂盃(いさはい)」さん(およそ200人)、「喜楽(きらく)」さん(およそ200人)、「和南城(わなじょう)」さん(およそ300人)、「書上(かきあげ)」さん(およそ400人)などがある。

また、県名と同じ「群馬」さんの全国人数はおよそ50人で、その内およそ40人が群馬県に集中している。ルーツは群馬県の県名の由来と同様、現在の群馬県高崎市の郡名が「群馬」だったことによるとされている。

群馬県の名字ランキングベスト30を見ると、関東地方の県では唯一「鈴木」さんが1位でなく、「高橋」さんが1位となっている。また、「茂木」さん、「関口」さん、「金井」さん、「萩原」さん、「飯塚」さんが全国で唯一30位以内にランクインする特徴がある。さらに、おなじ北関東である「茨城県の名字ランキングベスト30」「栃木県の名字ランキングベスト30」は上位5位の顔ぶれが共通していたが、群馬県では異なっている。名字において群馬県は、全国だけでなく関東地方の中でも特殊であると言えそうだ。

茨城県の名字ランキングベスト30

栃木県の名字ランキングベスト30

※ランキングは、月間400万アクセスの「名字由来 net」アプリと「名字由来 net(Web)」の名字データベースから、電話帳データをもとに群馬県・茨城県・栃木県で実世帯が確認できるもののみを集計し、人数の多い順に抽出。100人未満四捨五入により算出している。本文と写真は関係ありません

筆者プロフィール: 名字由来 net(リクルーティング スタジオ)

月間400万アクセスの「名字由来net(アプリ・Web)」や月間200万アクセスの「無料 赤ちゃん名づけ」アプリなど名字・名前・家系図に特化したサービスをアプリとWebで提供している。「名字由来net」はApp Store総合第1位200万DL、「無料 赤ちゃん名づけ」はApp Store、Googleplayジャンル第1位の実績。名字情報を活かした人気シミュレーションゲームアプリ「戦国村を作ろう!」、「世界村を作ろう!」に引き続き、2015年3月には「幕末村を作ろう!」をリリースした。また、調査・作成した家系図デジタルデータを半永久的に保管・管理できる「家系図作成サービス(生涯データサポート)」をスタート。さらに、2015年から日本初の「簡易武士調査」サービスを開始した。
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事