ディズニーがルーカスフィルム買収、『スターウォーズ エピソード7』制作へ

 

米ウォルト・ディズニーは30日、ジョージ・ルーカス監督が1971年に設立し、『スターウォーズ』シリーズで知られる映画会社「ルーカスフィルム」を買収することを発表した。また、2015年に『スター・ウォーズ エピソード7』の公開を目指すことも明らかとなった。

公式声明の中で「『スターウォーズ』はこれからも間違いなく生き続け、何世代にもわたって繁栄していくだろう」と語ったジョージ・ルーカス

「ルーカスフィルム」の買収額は40億5,000万ドル(約3,224億円)で、内訳は20億ドルとディズニーの約4,000万株。現金と株式公開で行われている。これによりウォルト・ディズニーは、『スター・ウォーズ』シリーズのキャラクターなどの権利も取得することなり、今後のシリーズはディズニー傘下で制作され、「ルーカスフィルム」が所有する特殊効果および視覚効果スタジオ「インダストリアル・ライト&マジック」と、音響スタジオ「スカイウォーカー・サウンド」も傘下に入る。また、『スター・ウォーズ エピソード7』の2015年を公開とともに、将来的には2~3年に1度のペースで同シリーズの新作を公開を目指していくという。

ルーカス監督は、米ウォルト・ディズニーの公式サイトに掲載された公式声明の中で「この35年間、『スター・ウォーズ』という映画が次の世代へと引き継がれていくことを目にすることができたのは、私にとって最も大きな喜びの1つだった。そして今こそ、その『スターウォーズ』を新世代の映画製作者たちに託す時だ。私はこの作品が、私自身と時代を超えて永遠に生き続けることをいつも信じてきた。私が生きている間に引き継ぐことが重要だと考えたんだ。『スターウォーズ』はこれからも間違いなく生き続け、何世代にもわたって繁栄していくだろう」と語っている。

『スター・ウォーズ』の完全新作は2005年の『エピソード3・シスの復讐』以来であり、ルーカス監督は兼ねてから同シリーズの続編はないと明言してきた。今年に入り「会社事業も、業界の付き合いも、今背負っている全てのビジネスも捨て去って、のこぎりとハンマーでも持って趣味の映画を作るために自宅のガレージに引きこもるつもりさ。以前からずっともっと映画の本質をついた実験的な作品を創りたかったんだ。映画館での興行の心配をしなくていいような映画をね」と皮肉るような発言も残しており、1999年から2005年にかけて発表した新『スター・ウォーズ』3部作と、70年代から80年代にかけて製作したオリジナル3部作に手を加えて近年発表したリマスター版、特別編などが批判を受けてきたことから、同シリーズの最新作を手がける可能性は低いと見られている。

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

働く男性の7割が「夏の肌悩み」あり ‐ 洗顔とシェービングの正しい方法は?
[15:03 7/29] ヘルスケア
i☆Ris、13thシングル「Re:Call」座談会 - この4年間をそれぞれ一言で表すと「積み木・分岐・挑戦・自分・葛藤・芹澤優」
[15:00 7/29] ホビー
『ミニオンズ』新作短編、初の本編映像公開! やりたい放題でお尻もポロリ
[15:00 7/29] エンタメ
アナログ半導体業界再編 - ADIのLinear Technology買収を読み解く
[14:57 7/29] テクノロジー
[長谷川博己]得意満面でゴジラポーズ 竹野内豊が続くも石原さとみは拒否!?
[14:52 7/29] エンタメ

本音ランキング