Apple、WWDC 2012会場に「iOS 6」の垂れ幕

 

WWDC 2012(Appleの開発者カンファレンス: 6月11日-15日)開幕に向けた準備が進むMoscone Westに「iOS 6」の垂れ幕が掲げられた。iOSの次期メジャーバージョンの名称はiOS 6になり、その概要が11日のWWDC基調講演で明らかになるようだ。

AppleはWWDC 2012で「iOSとOS X Mountain Lionの最新ニュースを伝える」と予告していた。OS Xの次期版は今年2月にMountain Lionが発表され、すでにデベロッパプレビューがリリースされている。WWDCでは正式版リリースに向けた具体的なスケジュールが示されそうだ。一方iOSについては同社がこれまで次期版に言及してこなかったため、Mac寄りのWWDCになる可能性も指摘されていた。

会場ロビーにはiOS 6、OS X Mountain Lion、そしてiCloudの垂れ幕が下がっており、昨年のWWDCで打ち出したクラウド(iCloud)をハブにした構想のアップデートも重要なトピックの1つになりそうだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

さんま、SMAP解散の真相は報道通り?「ほぼ間違いないと思う」
[00:23 8/28] エンタメ
小柳歩、"舐め"オンパレードで「セクシーというよりはエロい」
[00:00 8/28] エンタメ
Fカップ松嶋えいみ、2人の男性からマッサージ「私生活でもやって欲しい」
[00:00 8/28] エンタメ
さんま『さんまのまんま』終了理由「制作費」と明かすも、 実は別に理由が?
[23:55 8/27] エンタメ
「PINコード」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[23:04 8/27] スマホとデジタル家電