Apple、WWDC 2012会場に「iOS 6」の垂れ幕

 

WWDC 2012(Appleの開発者カンファレンス: 6月11日-15日)開幕に向けた準備が進むMoscone Westに「iOS 6」の垂れ幕が掲げられた。iOSの次期メジャーバージョンの名称はiOS 6になり、その概要が11日のWWDC基調講演で明らかになるようだ。

AppleはWWDC 2012で「iOSとOS X Mountain Lionの最新ニュースを伝える」と予告していた。OS Xの次期版は今年2月にMountain Lionが発表され、すでにデベロッパプレビューがリリースされている。WWDCでは正式版リリースに向けた具体的なスケジュールが示されそうだ。一方iOSについては同社がこれまで次期版に言及してこなかったため、Mac寄りのWWDCになる可能性も指摘されていた。

会場ロビーにはiOS 6、OS X Mountain Lion、そしてiCloudの垂れ幕が下がっており、昨年のWWDCで打ち出したクラウド(iCloud)をハブにした構想のアップデートも重要なトピックの1つになりそうだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

メルセデス・ベンツ、新型「Eクラス」を発表-運転の負担減らす新技術を搭載
[18:46 7/27] テクノロジー
猫のきにゃと、ごとうさん 第68回 無限ループ
[18:45 7/27] 趣味
次世代の無線LAN「802.11ac Wave2」は最大3倍のスループットに - Wi-Fi Allianceが推進中
[18:45 7/27] パソコン
猫のきにゃと、ごとうさん 第67回 なぜそのタイミングで
[18:45 7/27] 趣味
おとよめ~夫婦別リアクション~ 第21回 洗濯ルール
[18:44 7/27] ライフスタイル