走行シーンなど画像32種類収録 - iPad用「阪神電車カレンダー2011-2012」

 

阪神コンテンツリンクはこのほど、iPad用アプリ「阪神電車カレンダー2011-2012」の配信をスタートした。

iPad用アプリ「阪神電車カレンダー2011-2012」。こちらはヨコのレイアウト

タテだとこのように表示される

同アプリでは、阪神電気鉄道の監修の下、全32種類の画像を収録。阪神電車の運行シーンをはじめ、すでに営業運転を終えた車両も用意されているという。これらの画像から好きなものを選び、2011年5月から2012年7月までのカレンダーの画像として設定できる。

タテ・ヨコのレイアウト変更も可能で、タテのレイアウトに設定するとカレンダーが見やすくなり、ヨコにするとタッチスクリーン全体に映った阪神電車の姿が楽しめる。

時計表示のON / OFFも設定可能。カレンダーの日付部分をタップする(タッチスクリーンを指で軽く叩く)ことで、スケジュールやメモの入力もできるようになった。

同アプリの価格は115円で、動作用件はiPad互換iOS 4.0以降。iTunes App Storeで「阪神電車」で検索するとヒットするとのこと。

関連キーワード

関連製品をチェック

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

3Dプリンタで会社生活の悩みを解決しよう! 第1回 どれが自分のビニ傘か一発でわかる「傘タグ」
[11:00 7/29] テクノロジー
「2016年夏ドラマ」19作を視聴&ガチ採点! 視聴率や俳優の人気は無視、本当に面白い作品はコレだ
[11:00 7/29] エンタメ
こぶしファクトリー「"こぶし組"の輪を広めて有名なグループに」と意気込み
[11:00 7/29] エンタメ
シリコンバレー101 第670回 ポケモンGO便乗アプリ、成功したアプリとつまづいたアプリの違い
[11:00 7/29] 企業IT
竹尾の紙に"電子回路を印刷" - 「紙のミライ」を探る企画展
[11:00 7/29] 企業IT

本音ランキング