Apple TVのファームウエアがv4.1に - AirPlayに対応

アップルは11月23日、第2世代のApple TVを「AirPlay」に対応させるソフトウエアアップデートの提供を開始した。Apple TVの[設定]→[一般]から[ソフトウエアをアップデート]を選択するとアップデートが始まる。完了するとバージョン番号が4.1になる。

AirPlayは、iOS 4.2を搭載したiPhone/iPad/iPod touchおよびiTunesから各種コンテンツをApple TVや対応スピーカーにストリーミングする機能だ。対応するiOSデバイスでビデオや写真、音楽を再生し、AirPlayボタンからApple TVを選択すると、すぐにApple TV経由の再生に切り替わる。iTunes(v10.1以上)では、従来のオーディオ・ストリーミングに加えてビデオ・ストリーミングが可能になった。ホームシェアリングされていないパソコンでもiTunesからビデオや音楽をTVやAVシステムにプッシュできる。

iPadでのビデオ再生中のAirPlay切り替え

iTunesからApple TVへのビデオストリーミングが可能に

iTunesでは、メイン画面下のAirPlayボタンからの切り替えも可能

また最新版では[設定]→[一般]の[アクセシビリティ]からVoiceOverを設定できる。

iOS 4.2関連記事

アップル、「iOS 4.2」の提供を開始 - iPadにiOS 4の導入が可能に
【レビュー】iPadユーザーから見た「iOS 4.2」──新機能&変更点を速攻チェック
アップル、MobileMe向けだった「iPhoneを探す」を無料開放
・Apple TVのファームウエアがv4.1に - AirPlayに対応
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事