サイボウズ、クラウド型グループウェアでメンタルヘルス対策サービス提供

 

アドバンテッジ リスク マネジメントとサイボウズ総合研究所は11月15日、クラウド型グループウェア「サイボウズ ガルーンSaaS」を活用してメンタルヘルス対策サービス提供することで合意したことを発表。同日より販売を開始した。

提供されるサービスの名称は「ワークスタイルアナライザー for ガルーン(仮称)」。労働時間やスケジュール件数などの情報をもとに勤務状況を把握し業務負荷を推定し、「要対応」とされた従業員についてセルフケアを促すほか、管理職への打診を行う。

サービスの提供価格は年間100万円~とされており、オプションとしてアドバンテッジ リスク マネジメントによるeラーニングやカウンセリング受診勧奨、医療機関の紹介といったサービスが用意される。

今回の発表内容は「サイボウズ ガルーンSaaS」を対象としたものとなっているが、自社運用型の「ガルーン」のユーザーに対しても順次このサービスが提供される予定。

サービスの概念図

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事