iOS 4.2でiPad 3Gのインターネットテザリングが可能になる?

 

iPad

現在ベータテストが行われているiPad向けのiOS 4アップデート「iOS 4.2 Beta 2」において、テザリング(Tethering)の項目が追加されていることが確認され、話題になっている。スクリーンショットを掲載した9 to 5 Macによれば、iPad 3Gで出現する通信キャリアのAPN設定項目の中に「Internet Tethering」という項目があり、これを使ってiPadをアクセスポイント化することが可能ではないかというのだ。

とはいえ、iOS 4.2はまだベータ版の段階であるうえ、スクリーンショットを確認する限りはAPNと同じ設定項目で、一般的なテザリング用の設定内容ではない。だが9 to 5 Macは、これはiPhoneがテザリングを導入した初期のころのインターフェイスに酷似しており、11月に正式配布されるiOS 4.2または将来バージョンでの標準機能になると主張している。だが現状のiPhoneにおいても、インターネットテザリング自体が国やキャリア、契約内容の組み合わせによっては利用できず、あまり一般的な機能ではない。

またiPhoneにおけるテザリングはUSBによる直接接続かBluetooth経由の接続のみで、Wi-Fiホットスポット化は行えない。あくまでMacやWindows PCと組み合わせて利用するものであり、用途は意外と限定されている。以前に米Apple CEOのSteve Jobs氏にiPad Wi-FiでiPhoneのテザリングを利用したインターネット接続が可能かどうかを聞いていた欧州のユーザーがいたが、Wi-Fi経由でのインターネット接続しか行えないiPadでは当然この仕組みは利用できない。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

故障したNASAの太陽探査機から2年ぶりに信号届く - 通信途絶から復活果たす
[11:32 8/24] テクノロジー
羽鳥アナ、高畑容疑者逮捕に「これだけ活躍している時期に、なぜ…」
[11:31 8/24] エンタメ
【特別企画】現役女子高生ダンサーが初体験! 『制服×カホン』で踊ってみた
[11:30 8/24] スマホとデジタル家電
炊飯器だけで家族の夕食は作れる! 子どもが喜ぶトマトチキンライスプレート
[11:30 8/24] ライフスタイル
ドリーム・アーツ、メッセンジャーを追加した多店舗運営支援「Shopらん」
[11:30 8/24] 企業IT