マイナビニュース | ヘルスケア | 大人の悩み

関連キーワード

イチオシ記事

【特別企画】暗い気持ちを抱えやすいEDだからこそ、笑顔で診察- すべてのED治療に安心と笑顔を

どんなに悩んでいても、友人や家族にはなかなか相談できないED。今回は「来院しやすい雰囲気づくりとお待たせしない診療」をモットーにしている「イースト駅前クリニック博多院」の深川修司診療部長に、来院しやすい工夫についてや、ED治療の現状についてお話しをうかがった。

[09:00 8/15]

新着記事

一覧

「介護業界のアイドル」のごぼう先生が伝える大人の健康体操とは?

あさ出版は9月13日、簗瀬寛(やなせ ひろし)さんの著書「ごぼう先生と楽しむ大人の健康体操」を発売する。同書の著者・簗瀬さんは「ごぼう先生」という愛称で、自社の介護事業のほか、全国各地の介護施設で「介護予防」をテーマにした講演、健康体操の普及に努めている。高齢者・介護業界のアイドル=「カイドル」として、全国から依頼の声が相次いでいるという。

[07:30 8/15]

ときどき介護のち育児へ 第25回 認知症のおばあちゃんを熱中症から守る方法

育児に励む専業主婦のpinkyさんが、家庭内介護について知ってほしいことや介護・育児にまつわる豆知識などを紹介する4コマ漫画連載「ときどき介護のち育児へ」。今回は「熱中症」に関するお話です。

[10:17 8/9]

特別企画

【特別企画】EDお悩み相談室

「これってEDの症状?」「EDの治療方法は?」などの疑問・質問をED治療のお医者さんが解決するスペシャルサイトです。

[18:37 2/9]

新着記事

一覧

「男性の夏のヒゲは暑苦しい」と回答した女性の割合は?

シック・ジャパンはこのほど、「夏場のヒゲに関する意識調査」の結果を明らかにした。同調査は6月30日~7月2日 、20代~40代の男性333名、同年代の女性320名を対象にインターネットで実施したもの。男性を対象に、夏の暑い時期の夕方(15時~18時頃)に、ヒゲを剃ったり整えたりしたいと思ったことがあるか尋ねたところ、41.4%が「ある」と回答した。

[09:00 8/5]

「目がよくなる魔法のぬり絵」第2弾が発 - テーマは世界旅行

扶桑社はこのほど、医学博士の日比野佐和子先生著、眼科専門医林田康隆先生が作画・監修を務めた『目がよくなる魔法のぬり絵2』を発売した。同書は、"目がよくなる"をコンセプトに作られた『目がよくなる魔法のぬり絵』の第2弾。「世界旅行」をテーマに、29か国を旅する32枚のぬり絵を収録した。

[12:42 8/3]

ライフネット生命、治療費と罹患後の収入減を支援する「ダブルエール」発売

ライフネット生命保険はこのほど、「ライフネットのがん保険 ダブルエール」を発売した。同商品は、がん罹患者の声を聞きながら開発したがん保険。約75%のがん罹患者が、がんと診断された後も、退職せずに働きながら治療を続けているという現状を考慮したものであるとのこと。

[10:45 8/2]

認知症予備軍「MCI」から正常に戻った人が行った生活習慣とは?

朝日新聞出版は7月31日、週刊朝日ムック『家族で読む予防と備え すべてがわかる認知症2017』を刊行した。認知症予防の情報はさまざまあるが、同書では最新研究でエビデンス(科学的根拠)があるものや、実際に効果があった予防法を紹介している。

[10:43 8/1]

ときどき介護のち育児へ 第24回 おばあちゃんとの「宝探しゲーム」

育児に励む専業主婦のpinkyさんが、家庭内介護について知ってほしいことや介護・育児にまつわる豆知識などを紹介する4コマ漫画連載「ときどき介護のち育児へ」。今回は「宝探しゲーム」に関するお話です。

[10:18 7/25]

50~60代の97%が「目に不調あり」 - どんな症状で悩んでいる?

オレンジページはこのほど、「目の健康」についての調査結果を明らかにした。同調査は5月26日~30日、50~60代の男女398人を対象にインターネットで実施したもの。ふだん、目の健康について気になることがあるか尋ねたところ、97.2%が「ある」と回答した。

[09:50 7/20]

仕事と介護を両立させるために必要な条件とは?

インテージリサーチはこのほど、「介護離職に関するアンケート」の結果を明らかにした。同調査は3月30日~31日、35歳~59歳の男女被雇用者2万人を対象にインターネットで実施したもの。現在または今後、家族として介護を担う立場にあるか尋ねたところ、5.8%が「現在、家族の介護を担っている」、5.3%が「近い将来(1~2年くらい)には担っている可能性がある」と答えた。

[11:57 7/19]

認知症や高血圧にもつながりかねない目の衰えの改善策とは?

オレンジページはこのほど、『おとなの健康 最新号vol.4』を発売した。同誌では認知症や睡眠障害、高血圧にもつながる「目の衰え」に対する改善策を特集している。脳が得る情報の8~9割は視覚情報が占めると言われており、加齢に伴って物が見えにくくなると、脳への刺激が減り、認知症のリスクが高まるという。また、目に入る光の量が減ることで、体内時計が乱れ、睡眠障害に陥る可能性もあるとのこと。

[09:56 7/19]

2位は伊藤英明! 「男性力」と聞いて思い浮かぶ著名人といえば?

メンズヘルスクリニック東京はこのほど、「男性力に関するアンケート」の結果を明らかにした。同調査は6月14日~16日、20代~60代の男性500名を対象にインターネットで実施したもの。男性にも更年期があるのを知っているか尋ねたところ、全体では62.0%が「知っている」と回答した。年代別に見ると、20~30代では認知度が低く、49.0%が「知らない」と答えている。

[17:00 7/12]

臭いや汗を水に変える「ハイドロ銀チタン」って何だ!?

宝島社は7月12日、『「ハイドロ銀チタン」で汗・ニオイ・花粉・ハウスダストを水に変える! 医師が開発した「魔法のクリーンタオル」 BOOK』を発売した。同書に付いている「魔法のクリーンタオル」は、新宿レディースクリニック会理事長の医師・岡崎成実氏が開発した「ハイドロ銀チタン」加工という技術を用いて製造したもの。

[11:02 7/12]

ときどき介護のち育児へ 第23回 猫たちとおばあちゃんの関係性

育児に励む専業主婦のpinkyさんが、家庭内介護について知ってほしいことや介護・育児にまつわる豆知識などを紹介する4コマ漫画連載「ときどき介護のち育児へ」。今回は前回に引き続き「猫たちとの触れ合い」に関するお話です。

[10:23 7/12]

フケやかゆみを徹底洗浄! h&s for menがリニューアル

P&Gは7月11日、「h&s」(エイチ アンド エス)の男性用地肌ケアブランド「h&s for men」のリニューアル新商品「ボリュームアップシリーズ」と「スカルプ EX シリーズ」の先行販売をwebで開始した。一般販売は9月16日から開始する。同商品には、h&s 独自の有効成分「深海ミネラル」を配合。目に見える老廃物だけでなく、毛穴に隠れた地肌トラブルの原因までクレンジングするとのこと。

[13:20 7/11]

1日1万歩でも寝たきりは防げない!? 健康リスク回避のためにできることは?

アチーブメント出版はこのほど、スポーツカイロプラクターの仲野広倫・著『世界の最新医学が証明した究極の疲れないカラダ』を発売した。同書では、最新のスポーツ医学をもとに「疲労の正体」「正しい体の使い方」などを解説。機能運動性を高めて、衰えや疲れ、不調も感じず、将来の健康リスクを回避するためにできることを紹介している。

[09:30 7/8]

2位は福山雅治! 見えない個所も気をつかっていそうな男性芸能人は?

ゴリラクリニックはこのほど、「男性の脱毛・ムダ毛ケア事情」の結果を明らかにした。同調査は、2016年6月3日~6月6日と2017年6月20日~6月23日に20~30代日本人男性220名を対象にインターネットで実施したもの。自分のムダ毛が気になるか尋ねたところ、「とても気になる「すこし気になる」を合わせると6割が「自分のムダ毛が気になる」と回答した。

[18:17 7/7]

糖尿病と高血圧の人向けの簡単レシピや最新情報を収録したムックが発売

朝日新聞出版はこのほど、週刊朝日MOOK『おいしい暮らしの相談室 糖尿病&高血圧』を発売した。同書は、病気の予防や管理、ダイエットなどを目的とした管理栄養士監修によるレシピ検索サイト「おいしい健康」と、病院選びについて解説した週刊朝日MOOK「手術数でわかる いい病院」がコラボしたムック。

[10:30 7/2]

【特別企画】EDを改善する生活習慣で健康的な生活に--ED治療を行うクリニックの院長に伺う

近年ではED診療を専門で行うクリニックが多く開業している。だがED治療は、専門クリニックのみならず、さまざまな診療科で診察を受けることが可能だ。今回は、泌尿器科の診療項目だけでなく、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の治療などを長らく行ってきた、おおくさ泌尿器・内科クリニックの大草洋院長に、ED治療について詳しくお話をうかがった。

[09:00 7/1]

糖尿病だけじゃない! 「血糖値スパイク」は心の病を引き起こすことが判明

青春出版社はこのほど、溝口徹・著の新刊『「血糖値スパイク」が心の不調を引き起こす』を発売した。同書の著者である溝口医師は、栄養療法(オーソモレキュラー療法)を専門とする「新宿溝口クリニック」を、東京都新宿区に開設している。栄養療法とは、血液検査でそれぞれの体内栄養状態を分析し、その人に合った食事指導、サプリメントの処方を行うことで、根本的な治療を行うという治療方法であるという。

[11:31 6/30]

ときどき介護のち育児へ 第22回 猫たちがくれた癒やしの時間

育児に励む専業主婦のpinkyさんが、家庭内介護について知ってほしいことや介護・育児にまつわる豆知識などを紹介する4コマ漫画連載「ときどき介護のち育児へ」。今回は「猫たちとの触れ合い」に関するお話です。

[10:15 6/28]

銀座HSクリニック、オンラインで薄毛診療から薬の配送まで行うシステム導入

銀座HSクリニック(東京都中央区)はこのほど、Webを通して外来の受付からビデオチャットでの診察、決済、薄毛治療薬などの配送までを提供する「薄毛オンライン診療」を開始した。同診療システムには、メドレーが提供するオンライン診療アプリ「CLINICS」を採用している。

[18:02 6/26]

ロウをたらす人も!? 水虫経験者の6割が行った対処法とは?

第一三共ヘルスケアはこのほど、「水虫に関するアンケート調査」の結果を明らかにした。同調査は5月12日~15日、20代~40代の男性838名を対象にインターネットで実施したもの。水虫経験率を尋ねたところ、「現在、水虫にかかっている」が17.9%、「過去にかかったことがある」が35.5%で、合計するとおよそ半数が水虫になった経験があることがわかった。

[17:00 6/21]

糖質制限をゆるキャラで学ぶ!? - 『まんがケトン体入門』が発売

光文社はこのほど、『まんがケトン体入門 糖質制限をするとなぜ健康になるのか』を発売した。同書は光文社文庫『ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか』(宗田哲男/著)をわかりやすくコミック化したものだという。

[17:46 6/20]

高血圧予防が期待できるナト・カリ調味料って何?

人間総合科学大学健康栄養学科の奥田奈賀子教授らの研究グループはこのほど、ナト・カリ調味料(ナトリウム/カリウム比が低い塩、しょうゆ、みそ)を調理に使うと、尿中ナトリウム/カリウム比が低下することを明らかにした。ナト・カリ調味料を継続して使用することで、食生活はそのままで高血圧予防ができることが期待できるとのこと。

[07:00 6/19]

墓石の石材展示場に最も求めることとは? - 3位は「明瞭な価格の提示」

全国石製品協同組合はこのほど、「墓石の購入に関するアンケート」の結果を明らかにした。同調査は5月1日~17日、全国40代以上の男女681人を対象にインターネットで実施したもの。石材展示場に一番求めることは何か尋ねたところ、 最も多い回答は「交通の便」(25.8%)、2位は「豊富な展示商品」(13.7%)、3位は「明瞭な価格の提示」(12.8%)だった。

[08:30 6/18]

医学博士が監修した『読むだけで深~い眠りにつける10の話』が発売

あさ出版は6月15日、菊地克仁著・白川修一郎監修の『読むだけで深~い眠りにつける10の話』を刊行した。同社は5月1日~7日に、10~80代の男女計600人を対象に睡眠事情についてのアンケートを行った。「いまの睡眠状況に満足しているか」という問いに対しては、60.8%が「満足していない」と答えている。

[08:00 6/17]

赤ワインエキス末を摂取すると、血管の柔らかさが改善することが明らかに

Rサイエンスクリニック広尾はこのほど、同院院長で医学博士の日比野佐和子氏が赤ワイン レスベラトロールの健康効果をヒトで検証し、赤ワインポリフェノールの健康効果を示したことを明らかにした。同試験の結果をまとめた論文「赤ワインエキス末(レスベラトロール含有)の持続的な血管柔軟性ならびに脂質代謝への効果」は、医学雑誌「新薬と臨牀」(2017年6月10日発行6月号)に掲載されている。

[17:00 6/16]

ときどき介護のち育児へ 第21回 一石二鳥の夕飯づくり

育児に励む専業主婦のpinkyさんが、家庭内介護について知ってほしいことや介護・育児にまつわる豆知識などを紹介する4コマ漫画連載「ときどき介護のち育児へ」。今回は「夕飯づくり」に関するお話です。

[10:25 6/14]

富士フイルム、EPA・DHAを含有した中性脂肪対策用の機能性表示食品を発売

富士フイルムはこのほど、機能性表示食品「EPA&DHA(イーピーエーアンドディーエイチエー)」を発売した。EPAやDHAは、中性脂肪値を下げる機能があることが報告されている必須脂肪酸で、イワシ・マグロをはじめとする青魚などに多く含まれている。

[14:20 6/12]

ポリフェノール含有! "最強"にこだわったバターコーヒーを飲める店が登場

最強の株式会社はこのほど、テイクアウト専門のバターコーヒーショップ「最強のバターコーヒー」を、東京都渋谷区の代々木駅前にオープンさせた。同店では、バター・オイル・コーヒー・紅茶の各素材をはじめ、味・品質・栄養素など"最強"にこだわって作った「バターコーヒー」を、管理栄養士が対面販売する。

[11:00 6/10]

バックナンバー

このカテゴリーについて (ヘルスケア>大人の悩み)

 トップへ
EDや更年期障害、糖尿病、薄毛、体臭など、主に中高年男性が悩みとして抱えるものの、なかなか他人に相談できないテーマに関するお役立ち情報を紹介。また、40~50代の年代が年齢的に直面しがちな介護問題に役立つ情報も提供する。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事