【コラム】

Mac Fan ハードウェアレビュー

56 スピーカ「i-Swing[PSP-IS]」

56/62

くるっと回転させてミニシアター
iPhone横置きで動画三昧! 【2009年6月号掲載】



スペック

[発売元] プリンストンテクノロジー [価格] オープンプライス [実勢価格] 8,000円前後 [インターフェイス] ドックコネクタ(30pin)、3.5mmステレオミニジャック [サイズ/重量] W274×D32×H100mm(開いた状態)/約360g(電池含まず) [備考] 電源:専用ACアダプタ、単4形乾電池×4本 対応iPod:iPhone 3G、第1・2世代iPod touch、iPod classic(120GB・80GB)、第2・3・4世代iPod nano [掲載号] 「Mac Fan」2009年6月号

OVERVIEW

アップルが定める性能基準を満たしていることを示す「Made for iPod」、「Works with iPhone」を取得している本製品。iPhoneやiPodに対応したスピーカが多く発売されている中、本製品の特徴はiPhoneやiPodの縦置き/横置きができる点にある。本体を横にスライドさせて伸ばすことで、iPhoneやiPodを横置きに設置し、動画再生時にiPhoneやiPodを充電しながら、外部スピーカとして利用できるのだ。

本体はACアダプタだけでなく単4形乾電池(最大再生時間6時間)でも利用可能だ。そのため、電源のない外出先でもiPodの音楽を大きな音で再生できるのはうれしいところ。重量も360g(電池含まず)と軽量なので、携帯するのもあまり苦にはならないだろう。

(1) スタンドは収納可能
スタンドは収納できるので、持ち歩くときにも邪魔にならない。スタンドには滑り止め加工がされているので不用意に動いてしまうこともない

(2) さまざまなアダプタが付属
ACアダプタを利用すれば、ドックコネクタ経由でiPod/iPhoneの充電が可能。iPhone以外に、さまざまなiPodに対応したアダプタが付属する

なお、3.5mmステレオミニジャックも用意されているので、iPod以外のポータプルオーディオやMac mini外部スピーカとしても利用できる。

(3) ステレオミニプラグも搭載
ステレオミニジャックを背面に搭載。ポータブルオーディオ機器のヘッドフォン端子に付属のステレオミニジャックケーブルを接続すればiPod shuffleも使用可能だ

FOCUS ON

iPhoneで利用してみると、iPhoneの回転機能が想像以上にスムーズなのに驚かされる。メニュー画面の関係で通常は縦置きで使用することになるが、動画やカバーフローを利用したいときには本体ごと取り上げて左手でスピーカを引き、iPhoneを左側に回すだけでよい。

iPhoneが横倒しになったらスピーカの5mmほどの遊びを戻せば横置きセッティングは完了だ。3ステップの操作にかかる時間は2秒以内なので動画の再生が終了して縦置きに戻すときも簡単でストレスになることはない。きしみもなく、よくできた機構といえる。

(4) iPhoneをくるっと回して横置き表示
iPhoneの横置きセッティングは簡単。本体を手に取り、左のスピーカを引くと全体がスライドする。特に力をかける必要もなくiPhoneを回して、余った長さを戻せばしっかりとiPhoneがホールドされる。戻すときは逆の手順だ

また、iPhoneやiPodをセットするときもアダプタがドックから4cmほど上方にあることから、ガイドに沿って中心が取りやすく、真っすぐにiPodをドックコネクタに挿入できる。iPod本体をがっしりとホールドするのでぐらぐらしないのもよい。

音量は3W+3Wの計6W。スピーカは直径40mmだ。本体が大変コンパクトなため、重低音や高品位な音の再現性を求めるタイプのものではないが、ボリュームを上げても筐体が揺れることなどはなく、持ち運び可能なiPodの外部スピーカとしては十分な音質といえるだろう。

AFTER REVIEW

コンパクトで軽量だがスタンド脚が滑り止めのシリコンになっていて安定感があったりと、なかなか細かいところまで配慮されているのは好感が持てる。横置きでのビデオ、カバーフロー再生を利用するかどうかがこの製品の最大の特徴を生かせるかどうかにかかってくるだろう。iPhoneに電話着信があったとき、スピーカから取り外して操作する必要があるが、2秒もあれば外せるので特に問題はないだろう。電池駆動可なのも利用シーンが広い。

56/62

インデックス

連載目次
第62回 名刺用スキャナ「WorldCard Mac de 名刺 Plus」
第61回 プロジェクタ「KG-PL011S」
第60回 プレゼンテーション用リモコン「プレジェンヌ」
第59回 デジタルペン「KG-DP301/KG-DP201」
第58回 メモリカード「SanDisk Extreme SDHC」
第57回 多機能コントローラ「Logicool G13 Advanced Gameboard」
第56回 スピーカ「i-Swing[PSP-IS]」
第55回 インクジェット複合機「MyMio DCP-535CN」
第54回 ワンセグチューナ「DH-KONE8G/U2DS」
第53回 映像キャプチャツール「Video cap Mac」
第52回 インクジェット複合機「HP Photosmart C5380 All-in-One」
第51回 無線LAN&メモリカード「Eye-Fi Share」
第50回 データ通信カード「W06K」
第49回 インクジェット複合機「PIXUS MP630」
第48回 PLCアダプタ「PLC-ET/M2-S」
第47回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ EP-801A」
第46回 外付けハードディスクケース「DT2 DeckTank(DT2-WBC)」
第45回 液晶モニタ「MultiSync LCD-EA241WM」
第44回 フラットベッドスキャナ「カラリオスキャナ GT-F720」
第43回 通信アダプタ「b-mobile3G hours150」
第42回 地上デジタルチューナ「CaptyTV Hi-Vision」
第41回 メディアストレージビューワ「Photo Fine Player P-7000/P-6000」
第40回 地デジチューナ「MacTV GV-MACTV」
第39回 フラットベッドスキャナ「CanonScan 5600F」
第38回 ペン型スキャナ「DocuPen RC810」
第37回 外付けハードディスク「My Book Studio Edition」
第36回 ラベルプリンタ「P-touch QL-580N」
第35回 インクジェット複合機「Lexmark X4650」
第34回 インクジェット複合機「HP Officejet J6480」
第33回 ドキュメントスキャナ「カラリオ スキャナ GT-D1000」
第32回 ラベルライタ「『テプラ』PRO SR3700P」
第31回 グラフィックカード「ATI Radeon HD 3870 Mac & PC Edition」
第30回 DVDドライブ「LDR-MA20FU2/WM」
第29回 カラーマネージメントツール「ColorMunki Photo」
第28回 TVチューナ「EyeTV 250 Plus」
第27回 リニアPCMレコーダ「R-09HR」
第26回 ドキュメントスキャナ「ScanSnap S510M/S300M」
第25回 デジタルビデオカメラ「Everio GZ-HD6」
第24回 ネットワークカメラ「CG-WLNCM4G」
第23回 インクジェット複合機「PIXUS MX850」
第22回 レーザプリンタ「magicolor 2590MF」
第21回 ワンセグチューナ「CG-3SGTRM」
第20回 LEDプリンタ「C8650dn」
第19回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ PX-FA700」
第18回 ICレコーダ「PCM-D50」
第17回 ブルーレイドライブ「BRD-UM4」
第16回 ワンセグチューナ「LDT-1S302U」
第15回 レーザプリンタ「magicolor 8650DN」
第14回 A3インクジェットプリンタ「Epson Proselection PX-G5300」
第13回 インクジェットプリンタ「Photosmart C6280 All-in-One」
第12回 ポータブルDVDドライブ「LDR-PMD8U2」
第11回 薄型複合機「MyMio MFC-880CDWN」
第10回 ロケーションフリーベースステーション「LF-PK20」
第9回 TVキャプチャボックス「TVMax+」
第8回 ペンタブレット「Bamboo Fun」
第7回 ボイスレコーダ「Voice Trek DS-60」
第6回 Blu-rayドライブ「BRD-UXH6」
第5回 ワイドペンタブレット「PTB-ST12」
第4回 CCDスキャナ「CanoScan 8800F」
第3回 コンパクトプリンタ「HP Photosmart A628」
第2回 USBモデム型データ通信アダプタ「D01HW」
第1回 薄型フラットベッドスキャナ「カラリオ・スキャナ GT-F670」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事