【レポート】

夏至の日は逆転のチャンス!? 運気を上げる夏至の過ごし方

北半球では昼の時間が一番長く、夜の時間が一番短い日が夏至。2017年は6月21日、つまり明日です。風水で見ると、太陽は陽の気の象徴です。冬至を過ぎると陰の気に代わって陽の気が徐々に勢いを増し、夏至に最大に達します。一年の中で最も強い陽の気を放出させるのが夏至になります。この陽の気をふんだんに取り込み、実りあるものにする方法をご紹介します。

夏至は陽の気が最大に達する日

夏至は「二十四節気」のひとつ

そもそも、夏至は何を意味しているかご存知でしょうか。夏至は、1年を24等分にしてそれぞれの季節を表す二十四節気(にじゅうしせっき)の中のひとつです。太陰暦を使用していた時代には季節のずれを調整する意味をもっていました。

昼の時間が長く夜の時間が短い夏至、昼の時間が短く夜の時間が長い冬至を二至と言い、昼と夜の長さがほぼ同じとなる立春や秋分は二分と言います。このふたつを合わせた二至二分(にしにぶん)は、二十四節気の中でも季節の節目として、現代でもなじみ深いものとなっています。

夏至のパワーで運気を

毎年6月21日頃となる夏至は、日本では梅雨の最中です。梅雨が明ければ夏本番を迎え、熱くなっていきますが、その間にも日は徐々に短くなっていき、陰の気が少しずつ入り込んでいきます。

陰の気が「静」を表すのに対し、陽の気は「動」を表します。物事を動かし現実させる力を持ちます。理想と現実が食い違い、とでも言いましょうか。なかなかうまくいかず、悩んでいる人は、強力な陽の気を持つ夏至の力でパワーを借りてみましょう。

理想と現実にギャップ……そんな人こそ、夏至に行動を

夏至の日の行動は、現実力を高めます。なりたいイメージを具体化して、リストにしてみましょう。目標を明確にすることで前に進む力が育ち、夏至のパワーがサポートしてくれます。リストは午前中、遅くとも日が落ちる前までには書き終えてくださいね。

火の気で願いを叶える

6月は午の月(うまのつき)。午はじゃじゃ馬などの言葉もあるように、強い行動力や生命力を表します。陰陽五行では陽の火となる強いエネルギーを持ちます。夏至の日は、人気運、仕事運、ビューティー運が最も強くなります。しっかりパワーを取り込むには、過ごし方も大切です。

仕事運を高めたい人は観葉植物の用意を

人気運を高め愛されたい人は、良縁となるお部屋の東南側に赤い花を飾りましょう。愛があふれ出します。仕事運を高め充実したい人は、南側の両端に一対の観葉植物を置きます。観葉植物がいい仕事が舞い込むゲートとなります。ビューティー運を高めて美しくなりたい人は、事前にコスメや手鏡など美容に関するものを購入して、夏至の日はお部屋の南側へ一日置きしっかりエネルギーを蓄えてから使い始めます。


いかがでしょうか。北欧で行われる夏至祭は、「恋人に巡り合える」など愛をテーマにしたものも多くあるようです。日本では、夫婦岩の真ん中から昇る朝日を浴びながら禊を行う三重県の二見興玉神社の夏至祭が有名です。お天気が良ければ夏至の朝日を浴び、陽の気を充満させ、太陽の恵みに感謝するのもオススメです。

※画像はイメージ

著者プロフィール: 月香(つきか)

ハート占い1to1ハートスクール1to1主宰。
幼い頃よりさまざま体験を通じて、目には見えない何か不思議な力が存在していることに気づく。
スピリチュアルカウンセラーとして、風水や四柱推命、霊視をしながら、たくさんの方々を鑑定。人は誰でも最良の選択をすることで、幸せを引きよせることができると実感する。
スクールでは、占い師、セラピスト、スピリチュアルカウンセラー、ヒーラーを養成。
モータースポーツにも従事。レーシングチーム、Team Sky Lightに所属。
関連キーワード

人気記事

一覧

2017年6月29日の運勢

イチオシ記事

新着記事