「風水」最新記事一覧

インテリアや部屋づくり、引っ越しなど、風水を活用した住まいのポイントをご紹介

関連キーワード

ヘッドライン

土用に引越しや結婚は要注意! 土用の時期に気をつけたいこと

2017年夏の土用は7月19日~8月6日まで。つまり、今日からですね。季節の変わり目となる土用は、気が乱れ不安定になりやすいので注意が必要な時期でもあります。今回は、土用の時期に気をつけておきたいことを紹介します。土用は年に4回あります。「春土用」は4月17日前後~5月5日前後、「夏土用」は7月20日前後~8月6日前後、「秋土用」は10月20日前後~11月6日前後、「冬土用」は1月17日前後~2月3日前後、となります。

[06:30 7/19]

夏の土用の丑の日っていつ? ウナギだけじゃない土用の過ごし方

土用の丑の日は、ウナギを食べるのが風物時のひとつとなっていますね。雑節にあたる土用は年に4回もあることを、みなさんはご存知でしょうか。今回は、土用に行うといい運気アップの方法を紹介します。

[16:00 7/14]

投網で幸せを絡めとる! 七夕飾りの意味を知って願いを叶えよう

前回、七夕で飾る短冊の色には意味があることを紹介しました。笹の葉の飾りには、短冊の他にもさまざま形を模した飾りがあります。もちろん、それらの飾りにも意味が込められています。そこで今回は、それぞれの意味を知り、願いを叶える方法を紹介します。

[06:30 7/7]

赤い短冊に恋愛成就の願いはNG - 七夕の願いはこの5色が基本

七夕と聞くと、短冊やたくさんのきれいな飾りを笹の葉につけ、夜空に輝く星に願いをかける場面を想像する人も多いのではないでしょうか。カラフルな短冊は気分を盛り上げてくれますが、実は短冊の色にも意味があることをご存知でしょうか。今回は、七夕に願いを叶える方法を紹介します。

[09:22 7/5]

"年越し"同様、"夏越し"も大切に! 不調な人こそ6月に掃除をすべき理由

2017年もあと少しで折り返しですね。前半を振り返り、調子が上がらないと感じている人は、ご自身のエネルギーが停滞しているのかも。そんな人に特にオススメの、今のこの季節だからこそできる、いい流れをつくる方法をご紹介します。

[10:51 6/26]

夏至の日は逆転のチャンス!? 運気を上げる夏至の過ごし方

北半球では昼の時間が一番長く、夜の時間が一番短い日が夏至。2017年は6月21日、つまり明日です。風水で見ると、太陽は陽の気の象徴です。冬至を過ぎると陰の気に代わって陽の気が徐々に勢いを増し、夏至に最大に達します。一年の中で最も強い陽の気を放出させるのが夏至になります。この陽の気をふんだんに取り込み、実りあるものにする方法をご紹介します。

[10:00 6/20]

梅雨こそ窓を開けるべき!? 運気を下げない梅雨の過ごし方

暦の上での雑節にあたる「入梅(にゅうばい)」は、梅雨入りの時期として設定された特別な暦日。梅雨は風水の観点からみても、ジメジメとした湿気が邪気を呼び、運気の停滞を招くので注意が必要。そんな梅雨にやってしまいがちなNGポイントを紹介します。

[06:00 6/8]

江戸時代は年4回!? 風水師が教える衣替えの歴史と運気アップのポイント

風水では整理整頓に加え、地球のリズムに逆らうことなく季節感を大切に生きることでも大きな幸せが運ばれます。今回は、衣替えで運気を上げるポイントを紹介します。古いものを整理し、しっかりと良運を取り込みましょう。

[06:00 5/24]

"子どもの日"は"女性の日"だった? 五月人形を飾る理由

端午(たんご)の節句が近づくと、男の子がいる家庭では、勇ましい兜や立派な鎧の五月人形を飾りつける方も多いのではないでしょうか。今回は、五月人形が持つ意味について紹介します。

[06:00 4/28]

なぜ子どもの日には鯉のぼりを飾るの?

5月5日は、男の子のお祭り・端午の節句。ふと大空を見上げると、気持ちよさそうに風に乗り泳ぐ鯉のぼりを見ることができる季節となりました。今回は鯉のぼりを揚げる意味について紹介します。

[07:00 4/27]

子どもの日、なぜ菖蒲や柏餅で祝うの? 由来と本来の意味は

5月5日の"子どもの日"は、五節句の1つとなる端午(たんご)の節句。この子どもの日、そもそもの由来はどういったものなのでしょうか? 健やかな子どもの成長を願うための、伝統行事に込められた意味を紹介します。

[06:00 4/25]

頭の良い子供に育つ部屋って? 風水師が解説

入学シーズンの春。子供がいる家庭では、家の学習環境を考え直そうという人も多いのではないでしょうか。お父さんやお母さんの気配をいつも感じられる作りの住まいは、子供にとって最も安心できる環境となります。今回は、子供がすくすくと育ち、頭の良い子に育つ風水を紹介します。

[06:00 4/5]

ワンルーム&1Kの部屋の風水、何に気をつければいいの?

春は出会いと別れの季節。住み慣れた場所を離れ、新しい生活をワンルームでスタートさせる人も多いかと思います。ワンルームや1Kの部屋では、寝室、キッチン、トイレと多くの場所の機能がコンパクトにまとめられています。今回は、コンパクトな部屋ならではの、気をつけたい風水ポイントをご紹介します。

[06:00 3/30]

新生活から始める風水! 人間関係からお金まで

入学、就職、転勤など、春は生活に変化をもたらす季節。新たな環境で新生活を上手くいかせたいと思っている方もいらっしゃるのではと思います。今回は、新生活を上手くいかせる風水テクニックを紹介します。

[06:00 3/29]

正直、風水って信じてますか?

運気を左右すると言われる風水。家の間取りや家具の配置など運気をあげるためさまざまな方法があるようだが、実践している人はどのくらいいるのだろうか。今回はマイナビニュース会員のうち男女401に、「住まいと風水」に関するこんなアンケートを行った。

[04:00 3/26]

大人もひな祭りで運気アップ! 菱餅や白酒にどんな意味があるか知ってる?

縁起のいい食べ物である節句料理。「桃の節句」とも言われるひな祭りにいただく食べ物にも、厄を払い幸せになるパワーフードがたくさんあります。今回は、そんな食べ物で楽しみながら運気をアップさせる方法を紹介します。

[06:00 2/23]

ひな人形は"飾ってはいけない場所"がある!? 意外と知らないタブーを解説

子どもの健やかな成長を願うひな祭り。風水では、ひな人形は子どものお守りとなってくれるもの。それだけに、飾り方は重要です。災いとなる陰の気をしっかりブロックして、幸せがストレートに舞い込むよう詳しく見てきましょう。

[06:00 2/20]

ひな祭りの由来、説明できますか? 正しい飾り方を風水師が解説

3月3日のひな祭りは、五節句の1つである「上巳(じょうし)の節句」。ひな祭りに飾る華やかなひな人形にも大切な意味が込められています。ひな祭りの由来をみていきましょう。

[06:00 2/16]

生豆・昼間はNG! 意外と知らない豆まきのルール

この時期の定番行事といえば、節分の豆まき。鬼(災い)をしっかり追い払うには、ちょっとした注意が必要です。しっかり福を取り込めるよう、楽しく豆まきをして、健康な1年を過ごしましょう。

[06:00 2/1]

節分は大みそかの行事だった? 豆で追い払う"鬼"の正体とは

暦の上では春とされる立春。その前日(毎年2月3日前後となります)は節分(せつぶん)です。節分といえば、豆まきですね。近年では豆まきに加え、バラエティー豊かな恵方巻きをいただく方も多いのではないでしょうか。さて、風水でも節分には大きな意味があります。詳しく見ていきましょう。

[04:00 1/29]

2017年は南北が汚れていると最悪の運気に!? 風水師が教える開運掃除術

風水における2017年の本格的なスタートは、暦の上では春とされる立春から。お掃除での運気アップは、風水では基本です。そこで今回は、今年ぜひともおさえておきたい開運掃除術をご紹介します。

[06:00 1/24]

1月7日に七草粥を食べる理由は? "人日の節句"、ルーツは古代中国に

数あるお正月の行事。1月7日は、五節句のうちの1つ「人日(じんじつ)の節句」です。この日は、古くより七草粥を食べる風習が今もすたることなく残っています。七草粥を食べると「ハレ」の日特有の強いエネルギーを吸収でき、邪気払いとなります。詳しくみていきましょう。

[04:00 1/7]

古い年賀状、処分してもいいの? 処分すべき時期は?

大切な人からの年賀状。丁寧に書かれた年賀状を目の前にすると、どのように処分したらいいか迷われる方も多いのではないでしょうか。今回のテーマは、風水的に運気がアップする年賀状の取り扱いについてです。

[06:00 1/2]

節分の恵方巻きだけじゃない! 初詣に取り入れたい"恵方参り"とは

日本には古くから八百万の神(やおよろずのかみ)と呼ばれるたくさんの神さまがおられます。太陽、月、風、土地からトイレやキッチンに至るまで、自然界に存在するあらゆるものに神が宿るという考え方です。神様は日本の年中行事とも深く結びついています。1年で最初の行事である初詣では、お正月の神様を大切にお迎えして、1年の幸せを授かりましょう。

[04:00 12/31]

掃除も料理もNG!? 正月の正しい過ごし方って? 風水師が解説

着物姿の女性、かるたで元気よく遊ぶ子どもなど、晴れやかな雰囲気のお正月。日常とは少しちがう「ハレ」の日に味わうおせち料理は、風水でも特別な意味をもちます。今回は、お正月に味わいたいラッキーフードや、家事をお休みすることで運が開ける過ごし方をご紹介します。

[06:00 12/30]

2017年の運をつかめ! 年越しの瞬間に着ておきたい下着を風水師が完全解説

風水では、春の訪れとなる立春を迎えると本格的にその年の運気がスタートします。しかし、2017年の運気が始まるまでの流れは既に始まっているのです。2017年はどのような運気を持つ年になるか、見ていきましょう。

[06:00 12/29]

門松やしめ縄、いつからいつまで飾ればいいの? そもそも何の意味が?

正月になると門や玄関前に多くの福を授けていただけるよう、正月飾りの中でも門松やしめ縄は特に重要とされます。詳しくみていきましょう。

[06:00 12/26]

風水の"火の気"とか"水の気"って結局何なの? - 応用編

間取りやインテリアの参考になる風水ですが、意外と"気"や"陰陽"といった言葉の意味はわかりづらかったりしますよね。前々回の「陰陽」、前回の「五行・基礎編」に続き、今回は五行の相性について紹介します。

[06:00 12/1]

風水の"火の気"とか"水の気"って結局何なの? - 基礎編

暮らしに役立つ風水の知識。前回は「陰陽」について解説しましたが、"水の気"や"火の気"といった言葉もよく聞くフレーズではないでしょうか。今回は、木火土金水から成る"五行説"の基礎について紹介します。

[06:00 11/30]

風水でよく言う「陰」と「陽」って結局何なの?

インテリアや住まい選びに役立つ風水。風水の歴史は古く、紀元前2000年頃の中国が起源と言われます。私たち人間も宇宙の産物であり、自然の中で生かされ、自然から密接な影響をうけるとされます。風水とはその影響を推測し、自然の摂理に逆らわず調和することで、自然を味方につけ開運する学問です。今回は、その基本的な考えである「陰」と「陽」について紹介します。

[04:00 11/28]

風水 バックナンバー

2017年
2016年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (ライフスタイル>住まい>風水)

風水 トップへ
インテリアや部屋づくり、引っ越しなど、風水を活用した住まいのポイントをご紹介

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事