【レビュー】

再び常識を破ったSSD - リード最大3,500MB/sの第2世代M.2 NVMe「Samsung SSD 960 PRO」を検証

1 M.2 2280準拠で世界初の2TBを実現、性能もさらに向上

  • <<
  • <

1/6

2016年9月21日、韓国サムスン・エレクトロニクス(以下、サムスン)が、NVMe 1.2に対応した高性能SSD「Samsung SSD 960 PRO」および「Samsung SSD 960 EVO」を発表した。サムスンは昨年(2015年)の9月に、同社のコンシューマー向けSSDとして初めてNVMeに対応した「Samsung SSD 950 PRO」を発表したが、今回のSamsung SSD 960 PROはその後継となる。

Samsung SSD 960 PRO(以下、960 PRO)は、プロフェッショナルユーザーをターゲットにしたハイエンドモデルで、もう一方のSamsung SSD 960 EVO(以下、960 EVO)は、コストパフォーマンス重視のメインストリーム向け製品だ。今回は、Samsung SSD 950 PROの1TBモデルを試用する機会を得たので、早速その性能を検証してみた。

Samsung SSD 960 PROのパッケージ

M.2 2280準拠で世界初の2TBを実現、性能もさらに向上

960 PROはM.2フォームファクタに準拠し、インタフェースはPCI Express 3.0 x4に対応している。M.2規格では、長さと幅が異なるいくつかのサイズが規定されているが、990 PROは幅が約22mm、長さが約80mmの2280規格に準拠。NANDフラッシュメモリとしては、サムスンの第3世代2bit MLC V-NANDが採用されている。コントローラは、新開発の「Samsung Polaris Controller」。従来のコントローラは3コアのCPUであったが、Polarisは5コアに強化されたことで、書き込み処理のさらなる分散が可能になり、ランダムライト性能の向上に貢献している。

Samsung SSD 960 PROの表面

Samsung SSD 960 PROの裏面

容量のラインナップは、512GB、1TB、2TBの3モデルだ。特に2TBモデルは、M.2フォームファクタの製品としては世界初。キャッシュメモリとしてLPDDR3 DRAMを搭載し、キャッシュ容量は512GBモデルが512MB、1TBモデルが1GB、2TBモデルが2GBとなる。

シーケンシャルリード速度とシーケンシャルライト速度は、全モデル共通だ。リードが最大3,500MB/秒、ライトが最大2,100MB/秒となっている。ちなみに、旧製品のSamsung SSD 950 PRO(以下、950 PRO)の512GBモデルは、シーケンシャルリードが最大2,500MB/秒、シーケンシャルライトが最大1,500MB/秒だったので、リードもライトもかなり高速化されている。

ランダムアクセス性能も非常に高く、512GBモデルの4KBランダムリード(QD32)は最大33万IOPS、4KBランダムライト(QD32)は最大33万IOPS、1TBモデルと2TBモデルの4KBランダムリード(QD32)は最大44万IOPS、4KBランダムライト(QD32)は最大36万IOPSだ。

Samsung SSD 960 PRO(上)とSamsung SSD 950 PRO(下)の比較。文字の向きが反対になっている

950 PROの512GBモデルは、4KBランダムリード(QD32)が最大30万IOPS、4KBランダムライト(QD32)が最大11万IOPSだ。960 PROになってランダムリードは約1割の向上だが、ランダムライトは3倍も性能が向上していることになる。書き込み可能容量(TBW)は、512GBモデルが400TBW、1TBモデルが800TBW、2TBモデルが1,200TBWとトップクラスであり、保証期間も5年間と長い。

■Samsung 960 PRO
512GBモデル 1TBモデル 2TBモデル
キャッシュメモリ(LPDDR3) 512MB 1GB 2GB
シーケンシャルリード 3,500MB/秒
シーケンシャルライト 2,100MB/秒
ランダムリード(4KB・QD32) 33万IOPS 44万IOPS 44万IOPS
ランダムライト(4KB・QD32) 33万IOPS 36万IOPS 36万IOPS
ランダムリード(4KB・QD1) 14,000 IOPS
ランダムライト(4KB・QD1) 50,000 IOPS
TBW(Total Byte Written) 400TB 800TB 1,200TB
保証 5年、またはTBWの範囲内
※シーケンシャルアクセスとランダムアクセスは最大値
■Samsung 960 EVO
250GBモデル 500GBモデル 1TBモデル
キャッシュメモリ(LPDDR3) 512MB 512MB 1GB
シーケンシャルリード 3,200MB/秒
シーケンシャルライト 1,500MB/秒 1,800MB/秒 1,900MB/秒
ランダムリード(4KB・QD32) 33万IOPS 33万IOPS 38万IOPS
ランダムライト(4KB・QD32) 30万IOPS 33万IOPS 36万IOPS
ランダムリード(4KB・QD1) 14,000 IOPS
ランダムライト(4KB・QD1) 50,000 IOPS
TBW(Total Byte Written) 100TB 200TB 400TB
保証 3年、またはTBWの範囲内
※シーケンシャルアクセスとランダムアクセスは最大値
  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) M.2 2280準拠で世界初の2TBを実現、性能もさらに向上
(2) CrystalDiskMarkでシーケンシャルリード:3,458MB/秒を記録
(3) Iometerで公称値を上回るランダム性能を叩き出す
(4) AS SSD Benchmarkの結果も優秀
(5) ATTO Disk Benchmarkではライトが公称値を上回る
(6) 発熱も大きくダウン

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事