【レポート】

CES 2016 - 新フラッグシップ「D5」に触れるニコンブース、360度カメラの参考展示も

 

ニコンは「International CES 2016」において、デジタル一眼レフカメラ「D5」や「D500」を発表し、ブースでは実機を展示している。プロフェッショナル向けとして登場したD5を多くのユーザーが触りに来ていた。

ニコンブース

新たなフラッグシップ「D5」

D5は、2014年発売の「D4S」の後継機として、35mmフルサイズに相当するニコンFXフォーマットのCMOSセンサーを搭載。有効画素数は2,082万画素で、常用ISO感度がISO100~ISO102400、拡張感度がISO50、ISO3280000相当と、特に高感度側で大幅に拡張された。画像処理エンジンとしてEXPEED 5を搭載し、高感度の画質やホワイトバランスの精度、肌色の再現性の向上などが図られている。

ニコンブースに展示されていたD5

AF測距点は153点(うち99点はクロスセンサー)へと拡大。ユーザーが任意に選択できるのは55点だ。さまざまなシーンで正確なAFを実現するため、初めてAF専用エンジンを搭載。並列処理によって、高速な処理が可能となった。

連写はAF追従で10~12コマ/秒、ファインダー像の消失時間の短縮も図られている。4K動画の撮影もサポート。30p/25p/24pに対応しており、4K画質でのJPEG画像切り出し機能も用意する。

背面には3.2型・236万ドットのタッチパネル対応モニターを搭載。ファインダーは視野率約100%、倍率は約0.72倍。マグネシウム合金のボディは剛性感が高く、防塵・防滴性能も持つ。剛性感の高いマグネシウム合金ボディは防塵・防滴性能も持つ。

D5のカットモデル

DXの最上位機となる「D500」

ブースに展示されたD500

D500は、DXフォーマットのフラッグシップとなるデジタル一眼レフカメラ。有効画素数2,088万画素のDXフォーマットCMOSセンサー、EXPEED 5を搭載し、常用ISO感度はISO100~ISO51200、拡張感度としてISO1640000までサポートする。99点のクロスセンサーを含む153点AF、10コマ/秒の連写、4K動画撮影機能など、D5に搭載されている機能を惜しみなくつぎ込んだ。ファインダーは倍率約1倍、視野率100%。無線LAN(Wi-Fi)だけでなくBluetoothに対応しており、スマートフォンとの連携機能を強化。スマートフォン向けアプリ「SnapBridge」をリリースするなど、新たな使い方を提案していくようだ。

360度カメラを参考展示

D5とD500に加えて、参考出品となる360度アクションカメラ「KeyMission 360」も展示されていた。こちらはクリアケース内に収められていたのだが、ニコンが360度カメラを出すという意外性も手伝ってか、来場者が多く集まっていた。

KeyMission 360は前面と背面に撮像素子とレンズを備え、360度全方位を撮影できる。発売は2016年春の予定。防水性能に加えて耐衝撃、耐寒性能などタフさを備えている点も特徴だ。オリジナルのマウントを採用しており、吸盤などのアクセサリを装着してさまざまなシーンで使えることをアピールしていた。

クリアケース内で展示されていたKeyMission 360。オレンジのケースも用意

正方形のようなデザイン

リモコン(左上)や多彩なアクセサリとともに展示されていた

ブースではそのほか、レンズの試用コーナーやプロカメラマンなどによるセミナーなども開催。ニコンは、CESに出展する数少ない大手カメラメーカーではあるが、2016年開催のリオ五輪を見据えたプロ向け新製品の投入で、来場者から大きな注目を集めていた。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

竹内結子、藤野涼子に見下され「命令されるのって気持ちがいい」
[11:00 6/29] エンタメ
【レポート】アメリカ人に珠玉の酒を“おごる”!? クラウドファンディングで日本酒の魅力を世界に広げる
[11:00 6/29] 経営・ビジネス
【インタビュー】今、日本の中堅企業が抱える人材管理の課題、その解決策とは?
[11:00 6/29] 企業IT
【レポート】安井謙太郎はなんでもできる"儲けもん"! 無邪気なオカルト好きがはまり役となった要因は? - 監督は語る
[11:00 6/29] エンタメ
【レポート】妊婦必見! 簡単な脳貧血の予防・治療法を知って有事に備える
[11:00 6/29] ヘルスケア