ニコン、カメラとスマホを常につなぐアプリ - 撮ったら画像を自動送信

ニコンは1月6日、米ラスベガスにて開催される「2016 International CES」(CES 2016)において、同社製デジタルカメラとスマートフォンやタブレットの常時接続を可能にするアプリ「SnapBridge」を発表した。ダウンロードは無料。Android版とiOS版を提供することが告知されているが、提供開始日については決まり次第案内する。

SnapBridgeの対応機種「D500」

SnapBridgeは、Bluetooth Low Energyによってカメラとスマートフォンやタブレットを常時接続するためのアプリ。スマートフォン・タブレット側から日時や位置情報を取得し、カメラ側の情報を自動で更新。これにより、カメラで撮影した画像には更新された情報が記録され、海外旅行などの際にも手動で変更する必要がない。

スマートフォン・タブレットを常時接続しているため、カメラ側で撮影した画像を撮影中もしくは撮影後に自動送信できる。スマートフォン・タブレットにはオリジナル画像か、200万画素(フルHD画像相当)のJPEG画像が送信・保存される。また、「Nikon ID」へ登録(無料)すれば、200万画素相当の画像をフォトストレージサービス「NIKON IMAGE SPACE」へ枚数無制限でアップロードできる。

スマートフォン・タブレットからのリモート撮影も可能で、セルフタイマーなどもアプリから設定可能だ。1台のカメラにつき合計5台までのスマートフォン・タブレットをペアリング設定しておける。

同日発表の「D500」をはじめ、2016年以降に発表されるニコンのデジタルカメラのほぼ全機種が対応する予定だ(「D5」は非対応)。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事